プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2013年にセカンドシーズンが完結した西尾維新の「物語シリーズ」ですけど、
ついについに・・・待望の「ファイナルシーズン」が始まりました!!
いやいや、これずーーーーーっと待っていたのですよね!!
物語シリーズの核心中の核心に触れる作品という事で、とにかく早期のアニメ化が待たれていましたけど
セカンドシーズン終了から丁度2年が経過した頃に
こうやって「ファイナルシーズン」を見る事が出来てとても嬉しいです!!
この「物語シリーズ」ですけど、一応原作は、ブックオフで「一冊20分前後」と言う驚異の斜め読みスピード立ち読みで
読んではいるのですけど
そうですね・・・・正直・・・ファイナルシーズンの「終物語」はよく分からなかったです・・・
というか・・・ファーストシーズンの「化物語」とか「偽物語」あたりならば、そうした読みかたでも全然OKだと
思うのですけど、
セカンドシーズンの傾物語・恋物語あたりからは、こうした読み方だと・・・正直、この物語の奥深さが
今一つ把握できず
ファイナルシーズンだとちんぶんかんぷんという感じになってしまいます。
特にファイナルシーズンは、じっくりと集中して心穏やかにして読む必要があるのかな・・とも思ったものです。
だけど改めてですけど・・・
この物語シリーズは時系列がバラバラで、しかも・・・物語と物語がクロスしている展開が多いし、
読むのはかなり厄介・・というかかなり面倒くさい側面があります。

この「終物語」をさーーーっと立ち読みしてよく分からないままラストを迎え、その時は・・・
「ま・・いずれアニメ化されるから、その時にじーーっくりと見てみよう!!」と思ったのですけど
いざファイナルシーズン第1話を見てみると・・・
うーーん、困った・・・やっぱりよく分からない・・・
いや何を意図しているのかは何となくは分かるのですけども、色々と伏線がありそうだし、話はもつれてきそうだし、
何よりも・・・
そもそも忍野扇って一体何者なの・・・??という核心が分からないと
この物語を把握する事自体難しいのかもしれません・・・






この「物語シリーズ」ですけど、これ厄介な点の一つが原作者のギャグとかマニアックな趣味がかなり色濃く
反映されている事で、
話によっては、ストーリーが全く進展せず、ただひたすらマニアックな会話とかしょーもねーギャグを
延々と会話調で繰り返しているものも多く、
そうですね・・これアニメでもそうなのですけど
この「物語シリーズ」はめまぐるしく変化するストーリーの転換というのはあんまりありません。
ただ・・・時系列があまりにもゴチャゴチャしている点がとにかく厄介なのですけど、
そうした中において、物語全体は一人対一人の「会話調」で進んでいく事が多く、これ、見る人によっては
「つまんない」とか「単調」とか「退屈」という評価をする人も結構いるのかな・・・とも思ったりもします。
そしてその会話が話によっては前述の通り、くだらねーギャグとか知る人ぞ知るネタみたいな重箱の隅を
つつくようなマニアック過ぎる話なので、
やっぱり・・・この物語シリーズは、決して「万人受け」するものではないようですね・・・(苦笑・・)

それでいて何となくですけど物語全体が終始「青春の光と影」みたいな要素もあったりして、
その登場人物一人一人のとてつもない魅力と合せて
やっぱり・・凄い話なんだな・・・と思ったりもします。

今までのパターンですと、こういう第一話というのは、
物語の大半が、登場人物のとりとめもない会話、一部マニアックな会話とグタグタな展開というもので、
最後の最後で、こうした流れを唐突に遮断するような出来事があり
「これはどうなる・・・!!」と思わせておいて、はい第一話終了・・・続きは次回以降・・・みたいなパターンが
多かった気がするので
今回も・・・正直・・・少し油断して見ていたら
(初回は一時間スペシャルという事で、まさか一時間もシリアス展開する訳ないだろ・・と思っていました・・・)
いきなり第一話から「核心」にズカズカと入り込んできたような印象があります。
まさか・・第一話からいきなりあんなシリアス展開になってしまうとは・・・
正直・・少しと言うかかなり予想外でした・・・

この「物語シリーズ」【ファイナルシーズンですけど】
東京MXで土曜のAM0:00~
そしてテレビ埼玉では火曜深夜に放映されますので、
そうですね・・・東京MX見てよく分からなかったら・・・もう一度テレビ埼玉の方でも見てみたいと思います。



22758bc4_convert_20151006152444.jpg



今回の話ですけど・・・・

要は・・・暦が自身の過去の痛い過去に閉じ込められてしまう話という事にしておきましょう・・・
ま・・・これを語り出すととてつもなく長くなってしまうし、
そうですね・・
あの話を小説もアニメも見た事がない人に「文字」で説明しろと言われても・・・多分無理なような気がします。
だから・・ここではネタバレにもなりますので
そうしたストーリーを書くつもりは毛頭ありません。

ま・・・簡単に言うと・・・

「自主的なとある勉強会に参加した人だけが異常にいい点を取っている。これは何か不正があるのではないか・・」と
余計な猜疑心を抱いた委員長の老倉育が
「犯人が判明するまでは何人たりともこの教室を出る事は許さない」と一方的に宣言し、
教室内は・・・
犯人捜しでクラスは収拾がつかなくなってしまいます・・・
一応議長役を押し付けられた暦が議事運営をするのですけど、話がこじれるばかりで一向にまとまりません・・・
まとめられない暦が議事進行を投げ出し、老倉さんが多数決で犯人を決めるという無茶な意見を出してしまいます・・・
その犯人探しの投票の結果・・
犯人にされたのは・・・老倉自身だったという皮肉な結末になってしまいます・・・
そして・・・老倉は学校に来なくなった・・・という内容です。

そして・・・忍野扇は・・その事件の真相をまるで見てきたかのように語り出します・・・

あれれ・・・なんで扇はそんな事を知っているかと言うと・・・
そりゃそうですよね・・・
だって・・・扇は・・・△△××なのですから・・・
(ネタバレになりますので以下略とします・・・)

ま・・・あえて一言で言うと・・・そりゃ・・扇自身の正体は・・・暦自身なのですから・・・
そうですね・・
ある意味、羽川が自らその己のストレスから生み出した「ブラック羽川」みたいなものですね・・・

そうですね・・・ファイナルシーズンの「終物語」とはある意味・・・暦自身の光と影の物語なのかも・・・



a98026c1_convert_20151006152319.jpg


第1話のラストでちらっと羽川翼が出てきました・・・

あれれ・・・なんで髪の毛が黒くて縞状になっていないのかな・・と思ったら
羽川の髪が黒白の縞に変容したのは「恋物語」以降の話であって
今回の話は・・・時系列で言うと、傾物語と囮物語の間のお話なんですよね・・・
あーー、ホント、ややこしい!!

だけど羽川翼は可愛いですね!!
物語シリーズの数少ない「天使」なのかな・・・と思いたい所ですけど
実際は・・・
羽川翼は少なくても天使ではありませんので・・・
ま・・この人も色々とかなり複雑な事情を抱えています・・・

そして羽川は暦に一言・・・

「老倉育が1年の時以来久しぶりに不登校状態を脱し、登校してきた・・・」と告げます・・・

そして・・・ここから物語は動き出します・・・

それにしても・・・ツインテールの老倉育は少し可愛いかも・・・??




CIMG8939_convert_20151006152144.jpg



さてさて・・・

話はガラッと変わるのですけど
現在セブンイレブンでは「物語シリーズ」フェアを展開中で
この「物語シリーズ」の様々な関連商品が店頭に並んでいます。

まず一つが・・・東ハトの戦場ヶ原ひたぎの「暴君ひたぎ」という激辛スナック・・・

うーーん、これは確かに一度食べたらひたぎ姉さんのあの「猛毒」という激辛に脳みそが浸食
されてしまいそう・・・(苦笑・・)
でも・・・戦場ヶ原ひたぎのあのすさまじいツンデレ振りは・・あの猛毒に落ちた男は間違いなく
30年程度は寿命は縮むと思います・・・



CIMG8940_convert_20151006152213.jpg



そして・・・これはまさかまさかのハローキティと戦場ヶ原ひたぎのコラボペンケース・・・

うーーん、どう間違えてもひたぎとキティちゃんの接点が思いうかばねぇ・・・・・・

とにかく意外すぎるコラボなだけにその「斬新さ」がいいですね!!



CIMG8941_convert_20151006152239.jpg



そしてこのペンケースの中に自由に4個のフーセンガムを詰めていいという事になっていて
そのフーセンガムは全部で4種類あります。
そうですね・・
4種類の中では、戦場ヶ原ひたぎ以外は・・・あんまり興味ないっしゅ・・・という事で
4個のうち三つを戦場ヶ原ひたぎ、残り一つは八九寺をチョイスしました・・・

実は・・「物語シリーズ」のこうしたグッズは今まで一つも持っていなかったので
このお話の中で一番大好きなキャラの戦場ヶ原ひたぎのグッズを手に入れる事が出来て
とっても嬉しいです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは、LILLAです。またまたおじゃまいたします。
前回は返信ありがとうございました!嬉しかったです(*^^*)

どう間違えてもひたぎとキティちゃんの接点が思いうかばねぇ・・・に思わず笑ってしまいました(笑)共感です
キティちゃんは本当いろんな作品とコラボしますね・・・

いつかはプリキュアとのコラボも・・・考えただけでもかわいいです(*^^*)

戦場ヶ原ひたぎ・・・

LILLA  様


今回も素敵なコメントをありがとうございます!!

そうなんですよ・・・

だって誰がどう考えたってあの戦場ヶ原ひたぎとキティーちゃんなんて
相性がいいはずがありませんし
キティーちゃんに最も相応しくないキャラのお方がまさかのコラボですからね・・・(苦笑・・)

だけどとっても面白い企画だと思います。
物語シリーズも待望のファイナルシーズンが始まり、とっても楽しみにしています!!
特に・・
「ひたぎランデブー」の話は今からすごく期待しています!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2491-f3542056
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |