プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回のきららのお話がとっても素敵なお話で、同時にはるかのとてつもない向上心も大変丁寧に
描かれていて、
そうした流れを受けて「カナタ王子」の話に展開させていくのは結構大変なのかも・・と多少危惧はしていたのですけど
いやいや、そんな危惧は簡単に吹っ飛ばされる素晴らしい回だったと思います。
まず何よりも・・・カナタ王子が闇堕ちしていなくてよかったです・・
何となくですけど・・・ディスダークのストップとフリーズの二人組が妙な仮面をつけたままでしたので
もしかして・・・あの片割れがトワイライト様同様に洗脳されたカナタ王子のなれの果て・・・?とも一時期心配
していましたので、
例え・・・記憶喪失であっても無事でよかったです。

うーーん、この辺りは、前作のクズ神様・ブルーとはエライ違いですね・・・
ブルーは何やっても色々批判受けまくりで、ま・・・少し気の毒な側面はあったのですけど、
ま・・・本人の日頃の行いがね・・・(苦笑・・)
そして・・・めぐみを振ってミラージュを選んで「昔のヨリ」を復活させた挙句めぐみをあんなに大泣きさせてしまった事は・・
私は・・・生涯忘れない・・・・(苦笑・・)
その点・・・カナタ王子は全然好感度が違いますね!!
ま・・それは・・・本人がきちんとはるか達に説明責任を果たし
「巻き込んでしまい申し訳ない」ときちんと謝罪をし、
その上で・・自らも逃げることなくディスダークと戦い抜いているその姿に・・・
多分全視聴者は、前作ブルーと比較をしつつ、
「やっぱりカナタはブルーとは全然違うね・・・」という事に落ち着いているのかな・・・
恐らくは・・・・カナタ王子のこれまでの評価は相当高いものと思われます。
それだけに、今回「記憶喪失」というまさかの事態になってしまいましたけど、
「それじゃ仕方ないね・・・なんとか早いとこ回復して・・」という同情と復活への期待の声が相当高いようにも
思えます。

なんかこうした「記憶喪失」というと、
ドキドキのイーラとかプリキュア5GoGoのシロップを思い出してしまいますけど
シロップの時と同様に一つの出来事をきっかけにゆっくりゆっくりと思い出していくというパターンなのかも
しれませんよね。
今回もしかして・・・プリキュア達の戦いを見て「そうだった・・・実は自分は・・」とイーラの時のように
一話のみで記憶喪失が終了という事もあるのかな・・・と思って見ていたのですけど
実際は・・そんなに甘くはなかったですね・・・
それに・・・
後述しますけど、このカナタの「記憶喪失」というのは、もしかして・・・トワの「贖罪」とも絡めて展開していくのかなとも
ふと思ったりもしましたので
そうした場合・・・すぐに記憶が戻ってしまったら、トワのそうした意識も希薄になってしまい
物語としては正直どうなのかな・・とも考えていましたので
しばらくはかえってこういう展開の方が望ましいのかな・・・とも思ったりもしています。

ま・・・プリキュアの場合、予想を立てるというのは本当に難しいものですし、こうした予想と言うか
こうなってほしい・・・みたいな妄想が当たったためしはあんまりないのですけどね・・・
せいぜい、ディスピア-トワイライトに親子関係は存在しないという予想が当たったぐらいが関の山という
感じですね・・・






それにしても・・・・カナタ王子は海岸に打ち上げられていたのですね・・・
(なんか六花が見つけて看病しそうな雰囲気もあったりして・・・??、あ・・別にゆうゆうが見つけてもいいのですけど・・・)

それを発見したのは、はるかにヴァイオリンをプレゼントした先生だったのですけど
全く・・・プリキュアの世界はなんとそうした「偶然」が多いのでしょうね・・・(苦笑・・)
というか・・・スマイルの5人が全員クラスが同じと言うのも・・なんかとてつもなくありえない偶然ですよね・・・
あ・・・このヴァイオリンの先生こそが、考えてみるとトワイライト様の被害第一号でしたね!!
そうそう・・今回の話の中でちらっとですけどああやってトワイライト様の映像が出てきたのはとっても
嬉しかったです!!
今回はるか達はカナタの記憶を呼び戻そうと色々と手を尽くしていましたけど
なんか以前聞いた話では、記憶喪失の場合、記憶を失う直前に見たもの、接したモノを見た際に
記憶が蘇る事が多々あるらしいのですけど、
それだったら・・・
カナタが最後に見たものの一つが・・・あのトワイライト様なのだから
ここは・・・トワッち・・・是非是非あのトワイライト様の衣装を着て、髪をグレーに染め
髪をお団子ヘアにして下さい!!と
懇願したいと思っているのは、果たして全国で私一人だけでしょうか・・・??(苦笑・・・)

トワの偉いところは・・・・そうしたトワイライト様時代の「過去の自分の悪行」も色々と覚えていて
こうやって自分の過去の罪から逃げることなくきちんと向き合っている点ですね。
ま・・その辺りがあの後期ED歌詞の「どの過去も生きるチカラに」に結びついているのでしょうね。

あ・・そうそう今この瞬間思い出しました・・・このヴァイオリンの先生は錦戸先生という名前でしたね・・・

だけどいきなりこんな若くて綺麗な女子中学生から
「あの時は申し訳ございませんでした!!」と平謝りされたら・・・多分・・・錦戸先生に限らず
大半の人は・・・
「はぁーーーっ??」みたいな反応になってしまうのでしょうね・・・

だけど私だったら・・・・是非是非トワ様に頭を下げられてみたいっしゅ!!(By キュアマリン・・)


4e504636_convert_20151006132330.jpg


本来だったら、感動の「生き別れの兄妹再会シーン」になるのでしょうけどね・・・

というか・・・

錦戸先生は、もしかして・・・記憶を失ったカナタ王子を無償でこき使っていたのかな・・・(苦笑・・)
後ほどトワもそうした行動を取るのですけど
錦戸先生は、カナタが以前何かしらヴァイオリンを弾いた経験があるのではないか・・と推察し
カナタにヴァイオリンを弾かせようとします。
あ・・・でもこれってよーーく分かりますね・・・・
楽器を比較的長期間経験した人はお分かりかと思いますが、過去に楽器を弾いたまたは吹いたという経験は
多分・・・生涯忘れないと思います。
何て言うのかな・・・・頭は・・意識の上では忘れていても
体が覚えているものなのですよね・・・
こういうのって・・・・ある一定以上の楽器経験があり例え何かの理由で長期間楽器から離れていたとしても
口が・・・手が・・覚えているものでして、
自然に何となく音は出てしまうものですね。
私自身も・・・いつだったかな・・・吹奏楽部を引退し10年以上楽器から遠ざかっていても
確か知人の結婚式だったかな・・・久しぶりに吹く事になったのですけど
意外と・・・口と指は自然に動く・・・という感じで自分自身正直驚いたものです・・・

カナタは・・・今回それすらも出来なかった・・・

という事は・・・何か相当大きな「外部からの力」がカナタを圧倒したという事なのでしょうね・・・

カナタが記憶を取り戻すのは最終決戦直前なのかな・・・

それにしても唐突に「お兄様!」と呼ばれてトワ様に抱き付かれるカナタは・・・まさに役得ですね!!
うーーむ、是非是非あのシーンは・・・
私に代わって頂きたいっしゅ!!(苦笑・・・・←ただのヘンタイさんですね・・)

今回の話の中でトワ様の本名が判明いたしました!!

「プリンセス・ホープ・ディライト・トワ」がその本名との事ですけど・・・これは・・・・
どっかの青いポンコツお姫様よりは少し短いものの
それに次ぐ長さですね・・・
ひめは確か・・・ヒメルダ・ウィンド・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイでしたっけ・・・
うーーん、これは確かにめぐみじゃないけど
中々覚えて貰えそうもない名前ですね・・・(苦笑・・)



9d65c2af_convert_20151006132424.jpg


あの手この手でカナタの記憶を取り戻そうとするはるかとトワ達・・・

妖精たちを紹介したり
(というか・・・普通の人間にあの妖精たちを普通に紹介したら・・ドン引きされそうですね・・・)
ホープキングダムの事を説明したり
お城を見せたり、
ヴァイオリンを弾かせようとしたり、
はるかとカナタが初めて出会った「あの場所」にカナタを連れて行ったりと
色々と手を尽くします・・・

ちょっと待った――!! 改めてですけど・・・
はるかとカナタが初めてであった場所というのは、埼玉県川越市なのですよね・・・・
うーーむ、これは・・・
なんか同じ埼玉県民としては、なんか・・・微妙に嬉しいものがあったりもします・・・(苦笑・・)
ま・・はるかは川越、私は川口で、方向は全然違うのですけどね・・・苦笑・・
なんかはるはるだったら、ついつい調子こいて
川越の想いでの場所にカナタを連れて行き
「ほら、ここだよ・・ここで私はカナタからプロポーズをされたんだよ・・」みたいな余計な事を言ってしまい
きららから「おいおい」とツッコまれ
トワ様からは・・・「お兄様! そんな話、私聞いておりませんわ、どういう事ですのっ!!」と何か睨まれそう・・・・(苦笑・・)

ま・・それはどうでもいいとして、
カナタの記憶を呼び戻す一環として、はるはるはなんと・・この錦戸先生の教室内で
キュアフローラに変身してしまいます・・・(笑)
うーーん、何て言う軽いノリなんた゜・・とはるかにツッコみたい気持ちはあるのですけど
歴代の中には、
自室でプリキュアの姿のまんま爆睡してしまったヘンな青いプリキュアもかつていましたけどね・・・(苦笑・・)

だけど・・・

皆から色々言われるのですけど
その都度カナタは困った浮かない表情を見せます・・・

ま・・それは仕方ないですよね・・・
記憶を失った人がいきなり他人からこんな「夢物語」みたいな話をされても
確かに・・・戸惑うしかないですよね・・・
川越のあのシーンでもカナタははるかに
「本当に何も覚えていないの・・・!?」みたいな詰問されるような感じになっていましたけど
これはある意味カナタが気の毒なのかも・・・・
そりゃ・・・本人が全然覚えていないのに
「周りがそう言うのだから間違いないのだろう・・・だけど・・・本当に何も覚えていない・・・
自分は一体どうすればいいんだ・・そもそも自分って何者・・??」と悩み苦しむカナタを見てしまうと
少しはるはるやり過ぎたかな・・ともふと思ってしまいますね・・・

だけどはるかはやっぱり優しい子・・・・

涙ぐみながらも・・・「ごめんね、こんな遠くまで連れて来ちゃって・・」とすかさず素直に謝れるはるかは
やっぱり凄い子ですね!!
そして・・
きららの
「いいのいいの!やってみないと分からないんだから・・・」は素晴らしいフォローでした!!
いいねぇーーー、このきららの「空気を読めている感」は最高ですね!!
この辺りがハピネスのめぐみとの違いなのかな・・・??
ま・・・逆にそうしためぐみの鈍感さこそがめぐみの持ち味なのですけどね・・・!!
この日のきららの肩だしニットがとっても可愛かったです!!


b6bc1de3_convert_20151006132646.jpg


53637e9a_convert_20151006132450.jpg


a56219db_convert_20151006132541.jpg



トワの「やっとお兄様に、ごめんなさいとありがとうを言えると思ったのに…」というセリフは大変泣かせるものが
ありました!!
というか・・・本当に泣いているトワが本当に美しくて惚れ惚れしてしまう・・・という感じでした・・

ラストの・・・

はるか: いいよ、今は思い出さなくても
 トワ : 何を言い出すの!?
はるか: 何も覚えてなくても、カナタはカナタだもん!!

というシーンはとっても素敵でしたし、
涙ぐむトワを優しく抱き寄せるみなみときららはまさに・・・天使という感じでした!!

ある意味とっても哀しいお話なんだけど、そうしたいかにもお涙頂戴みたいな感じではなくて
「爽やかな感じ」で仕上げてきたのは
とっても好感が持てますね・・・・

そして・・・

トワには少し気の毒な言いかたになってしまうのですけど、
トワにとって実兄のカナタがこうした記憶喪失に陥ってしまったのは・・・その一因はやはり・・・トワ自身に
あると言えるのかもしれません・・・
ま・・・言うまでも無く、トワの過去の「トワイライト時代」の事なのですけどね・・・
このトワイライト様時代の事は今更ここで蒸し返すつもりはありません・・・
このブログでも、トワの「贖罪」とは果たして何なのか・・・
それは・・・己の「過去の罪」を背負いながらもプリキュアとしての日々を精一杯過ごす事・・・
そしてそれが「グランプリンセス」への近道であり
グランプリンセスになる事がトワとカナタの故郷であるホープキングダムを救済する事になるという事が
はっきりしている以上、
トワの為すべき「道」は・・・ノーブル学園の生徒として・・・プリキュアとして・・・
とにかくベストを尽くすという事なのです。

だけど・・・ここにきてトワの「贖罪」が一つ追加になったような気がします・・・

それは何かと言うと・・・

己の過去の行動が一つの要因となって兄の記憶喪失を招いてしまったという「後悔」をかみしめて
最終決戦まで生きていくという事なのかもしれません・・・
勿論・・・・トワイライトとしての「過去」は、あくまでディスピアに洗脳されてしまった事・・・私には関係が無いという事も
言えるとは思いますが、
トワのああいう真面目な性格・・・責任感の強さを考えると・・・
「お兄様がああなってしまったのは自分のせい・・ではそのために自分に何が出来るのか・・・
何をすべきなのか・・・」というプラスの方向に働けばいいのだけど
自分で全てを抱え込むという事になってしまうと少し厄介なのかも・・・・
それを再度・・・ディスピアにつけ込まれない事を祈るのみです・・・
ま・・その辺りは・・恐らくは・・はるか達が的確にフォローしてくれるものと・・・
私・・・信じている!!
(By フレッシュプリキュアのブッキー・・・)

トワがカナタと再会を果たすことが出来たのは大変喜ばしい事でしたが、
カナタは既に記憶喪失状態で、トワの視点で見てみると
「せっかく再会できてもお兄様・・・と呼びかける事も出来ない・・なんと悲しい事・・」という事なのでしょう・・・
トワにとっては・・・幼少の頃にディスピアに拉致されたのも哀しい宿命・・・
そしてせっかくトワイライトとしての呪縛から解放され、なんとかカナタと再会しても兄は記憶喪失というのも
やはり哀しい宿命・・・
それを招いてしまったのは、例えトワに非が無いのは自明な事ですけど、やはりトワにも一因があったのは
一応事実は事実・・・
そうした哀しい宿命という大変重たい十字架を背負いながらも・・・
トワは少しずつはるか達と歩き続けるしかないのです・・・
それが・・・
結果としてトワにとっての一つの「贖罪」と言えるのかもしれませんよね。


5c019071-s_convert_20151006132356.jpg



最後に・・・

今回のOPはついに映画宣伝仕様となっていました・・・

ああやって映画宣伝が始まると、ついつい・・・・
「今年も観に行こう!!」と思ってしまうのですよね・・・・(笑)
昨年のハピネスの映画/人形の国のバレリーナの完成度があまりにも高く、とにかく素晴らしい作品であったので
今年もそれ以上の作品を期待しています。
「3本立て」というのも初めての試みですし、
今回は・・なんか「ディズニー映画」を彷彿とさせるようなデザイン・雰囲気もとっても気になってます。
とにかく・・・公開が楽しみですね!!
今年の秋は間違いなく
このプリキュアの映画と「ガールズ&パンツァー」の映画は観に行く予定です!!

両作品とも、本当に公開が楽しみです!!

特に姫プリの場合、レフィとバンプルル姫の二人がとっても気になっています・・・
特に・・レフィは・・とっても可愛いですね!!



追記

先日、当ブログのリンク先の「猫の天使」の管理人の紫水晶様から
「暗黒プリキュア」の仮装をするとしたら 誰がいいでしょう?」という大変素敵なお題を頂き、
ムーンライトとかメロディとかエース等の名前を出させて頂いたのですけど
その私の回答の中からプリキュア5GoGoの「ミルキィローズ」を
暗黒化したイラストを描いて頂けました!!

ご本人様が奥ゆかしい照れ屋さんとの事で・・
「もしもこちらのブログで取り上げるのならば片隅にちょこっと・・」というお許しを頂けましたので
サムネイル版としてちょこっと・・
掲載をさせて頂きたいと思います。



20151004193311653_convert_20151007232134.gif


紫水晶様にプリキュアを描いて頂けたのはキュアピーチに続いて2回目
(厳密に言うと3回目なのかな・・・)
ですけど、
ピーチはとっても可愛らしかったですけど
このミルキィローズは・・・ローズの可愛らしさをキープしながらも
いかにも・・・「暗黒の邪悪な使者」みたいな雰囲気も漂っていて、
なんかミルキィローズの別の魅力再発見!!という感じです!!

紫水晶様!! 今回も素敵なイラストをありがとうございました!!

通常サイズ版をご覧になりたい方は、是非是非 紫水晶様が管理運営されている「猫の天使」を
ご覧下さい!!
当ブログのリンクの上から六つ目の「猫の天使」がそうです!!
ちなみに・・・
最新作の「ローゼンメイデン」の真紅は・・・まさに会心の一枚ですよ!!
それと・・・最近の作品の一連の色っぽいおねいさんとか正統派の少女漫画風の作品は・・・
どれもこれも皆素晴らしいものばかりです!!
是非是非皆様・・・一度ご覧あれ・・・!!



関連記事
スポンサーサイト

コメント

映画館でも

こんにちは。

映画館でも予告ありました。
管理人さまも絶対に見られるんだろうなって。

ガルパンの予告もありました。
ダージリンさんが言っている詩はヴェルレーヌのもので、上田敏が訳したのは管理人さまも、ご存知のこと。
第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦をフランスのレジスタンスに知らせる暗号として、イギリスBBCラジオが流したことでも有名ですね。

管理人さまは前売り券を購入されますか?
ボクは当日券派です。

こんにちは。
ちょっと風邪気味です( ;´Д`)
ぬくぬく先生さまも気をつけてくださいね。

ブログ紹介ありがとうございます。隅っこでも(いえいえ、十分
隅っこではなかったですけど)
嬉しいです(´▽`*)
今度はローゼンメイデンの水銀燈をリクエストされているのですけど
ドールの中では私のお気に入りということもあって、イラストも
「どう描こうか」と悩んでます。
近日公開できたらいいなと思います^^

みなみきにもコメント頂けて嬉しいですぞ!(笑)

こんばんは。お忙しい中、本日も丁寧なコメントありがとうございました!
あくまで個人的には、ですが…ぬくぬく先生様はフレッシュではウエスター、
祈里、ラブせつがお好きなイメージが強いので(笑)この絵にもコメントくださる
とは驚き&嬉しかったです!サウラーは引きこもりのドS(苦笑)でウエスター
とは良い感じで対照的、結構キャラが立っていたと思います。一方スイートの
バリトン様は…彼よりずっと影が薄い気がします(苦笑)バリトンアンソロを
作成された方には負けてしまいますが、彼はスイートで1番大好きですし(笑)
今後も影の薄いキャラに積極的にスポットを当てていきたいです…!

ご感想の通り、確かにベリーの横向きは私もあまり見た事がなくて資料もあまり
なく、ちゃんと見ないで想像で描いている部分もあります(苦笑)サイドテールは
横からだとまた違った印象になりますよね!構図も誉めてくださりありがとう
ございます♪でも私の場合は…カップリングで描く時は割とどちらか、または
どちらも横向きになっている事が多い気がしますね。以前コメント頂けた
ナマひめは両方、ファンゆうはファントムがそれぞれ横向きでしたし…
「食欲の秋」のうちに仕上げたいと思っている2代目(?)愛すべきバカ(笑)な
オレスキー将軍とあのキャラをセットで描いた絵のあのキャラや、その前に
仕上げる予定のあの敵キャラがぬくぬく先生様の「○色四天王」のあの子に
ある意味紳士な(?)悪戯をしてる絵のあの敵キャラも横向きだったりします。

そして白サウラーが眩しいと言って頂け嬉しいです!あの時のベリーへの甘い
言葉や「ホホエミーナ」の瞬間的な改名も印象的でした!それと私と同じ
ように、2人の手と手、心と心が繋がっていると信じて頂け嬉しいです☆
46話は本当に神回でウエスターもサウラーも本当にかっこよくて
凛々しくて、まさに「侍」でしたよね!そちらではフレッシュも再放送中、
まだまだ先だと思いますが…来年にはぬくぬく先生様のブログでまた、
この素晴らしい46話について語ってくれると…私、信じてる…!(笑)

それと今週のGoプリ感想も楽しく読ませて頂きました。トワには悪いかも
ですが、あっさりとカナタの記憶が戻らなかったのは、これで良かったのかも
…と思ってしまいますね。そして再会できた喜びで抱き付いたり、最後には
お兄様と呼んでも良いですか…と涙ぐむ姿は本当に愛おしかったです。
シリアスなシーンも多い一方、カナタの前ではるかが変身しちゃうシーンは
増子美代の前で変身するラブリーを彷彿させました(笑)それから
みなみんを誉めて頂け嬉しかったです!来週の活躍も楽しみです♪

それと先日は改めまして、ミューズを誉めてくださってありがとうございました!
なんだか冒頭でプロフィール画像に触れて頂けた印象が強くてアコ絵と混ざった
感じでとらえてしまいましたが(汗)、あのミューズも誉めて頂け嬉しいです。
変身後のミューズ自体はワンドロでしか描いた事がないので、(というか
スイート組はメロディ以外はワンドロばかりという…!)いつかちゃんと
描いてみたいです。ではでは読んでくださり、ありがとうございました☆

イケメンさん

じょるの 様



そうですね・・・

ま、イケメンキャラは色々な意味で視聴者からのやっかみ&焼きもちの対象になりやすいという事
なのかもしれませんよね。
歴代プリキュアをずっと見ていて感じる事は、
プリキュアと恋愛ものはあんまり相性がよくないということ・・・
そうですね・・・
フレッシュのラブと大輔の「あまずっぺー関係」あたりに留める事の方が
無難なのかもしれませんよね・・(笑)

前売り券の特典グッズ目当て・・

五航戦の愛鷹 様


そうですね・・・

ガールズ&パンツァーとプリキュアは何が何でも劇場公開版は観に行く予定です。
予告編は他の映画を見た際に私も見ましたけど
おの音の迫力が最高ですね。

それと・・・

私は断然「前売り券」です。

これはプリキュアでは特に顕著なのですけど
前売り券購入の特典グッズはなかなか魅力的だと思います・・

お大事に・・・

紫水晶様


こちらの紹介ブログも見ていて頂き嬉しいです!!

それと・・・
お嬢様からの「ローゼンメイデンの水銀燈」のリクエスト絵の公開も楽しみにしています。
だって・・・
水銀燈はあの漫画&アニメのメインヒロインですからね!!

それと・・・

くれぐれも風邪お大事に・・・

あんまり無理されないで、どうぞマイペースでのご更新を!!

もう「風邪」の時期になってしまったのですね・・・つい最近までは「暑い暑い」だったのに・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2490-ef5121ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |