FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


「ドキドキプリキュア」の第四話ではなくて、第三話になってしまうのですが、
改めて六花さんとジョー岡田の会話を聞いていると、
噛み合っているようでいて、実は全然噛み合っていない会話を聞いているみたいで
とても楽しいです。
各人がそれぞれジョー岡田からキュアラピースを貰っているのですが、
各人にその受け取り方に違いがあり、三人の個性の違いが際立っていると思います。
ありすは、明確に受け取り場面の描写がありませんので、大体の予想ですが、
恐らく何の抵抗もなく素直に受け取ったと思います。
まなは、一応は断りますが、「頼まれると断れない」まなの性格がここでも表れます。
(というか、最後は六花さんに無理やり引っ張られたようなものだけど・・)
六花さんだけは、明らかに警戒心むき出しに、かなり論理的に理知的に断りを入れます。
見方によっては、悪い虫がマナに付かないように、マナの浮気相手を監視するような
「正妻感」あふれるような感じですが・・・・





これからどのような展開を経ていくのかとても楽しみなのですが、
今後の方向を予測する時、気になる点も幾つかあります。

〇マナ

 自分の正義感や困っている人がいると自分よりもその相手を助ける事に夢中になってしまい、
 その行為が見方によっては、「自己中心」とどこが違うのか、敵方の怪物のジコチューとの
 境界はどこにあるのか、
 第四話でも示唆されたように、「自分を犠牲にしてまで相手に関わる行為」が「おせっかい・うざい」に
 リンクしないのか、その辺りをマナが気が付くのか、六花さんに指摘されるのか、
 そうした場合、いかにマナの正義感との間に整合性を保つのか・・・

〇六花さん

 マナと二人ならば、「色々な可能性に挑戦出来る」という事でプリキュアになってはみたものの、
 相変わらずマナは、他人への世話焼きとプリキュアとしての戦いに夢中で、
 「自分がいなくくたってマナは大丈夫ではないのか」・「自分なんか必要とされていないのではないか」
 という猜疑心が芽生える可能性・・・

〇ありす

 当初プリキュアになる事を拒否したのも、「プリキュアとしての圧倒的な力」を自分が
 保持しても本当に良いのか、その力が結果的に昔のように誰かを傷つける事になるのではないか
 という恐怖心の存在・・・

〇キュアソード

 今後、3人のプリキュアとの出会いが確定していますが、
 やはり「自分一人で十分、自分には仲間なんていらない。
 トランプ王国の事は、自分達の問題であってマナ達には本来関係のない事。
 だから彼女達を巻き込みたくないし、自分一人の力で王国復活を果たしたいという気持ちと
 どうやって折り合いをつけていくのか・・・

確かに色々と見所は満載だと思いますし、
まさに「ドキドキ」の展開が待っていそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/249-5e691c3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |