プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この記事の一つ前の記事が「スマイルプリキュア」第25話の再放送のお話、
この記事は2代目プリキュアである「ふたりはプリキュア Splash☆Star」の第25話に関するものです。
両方とも第25話で共に「海の家」でのプリキュア達のお手伝いに関連した話という
共通項がありますし、
そして両方とも「商売敵の意地の張り合い」みたいな共通点もあったりします。
何か・・・シリーズを超えてのこうした共通点というのは、
プリキュアシリーズ全体がなんかどっかで繋がっている・・・みたいな感覚もあったりして
私は結構好きです。
というか・・・結構このブログのプリキュアカテゴリにおける一つの特徴は、
「一つの代のプリキュア」の話をしていても、結構他のシリーズと色々と絡めてくるという事も
あるのかな・・・と自分自身思ったりもします。

ふたりはプリキュア Splash☆Star→長いので慣例に従い、以下SSと表記します・・・は、
意外と内容が濃いというか・・・
ムープとフープと満と薫との接点とか
咲がまたまたミズシタターレの名前を言い間違えて、最早伝説ネタと化している「ハナミズターレ」を生み出してもいますし、
またまた「商売をする上で必要な事とは何か・・?」みたいな
何やらビジネス本のネタになりそうな話もあったりして
話としてはかなり面白いです。
戦闘シーンでも竜が登場し(ミズシタターレ最後の戦いの際も竜が登場していましたね・・・)
結構派手なバトルを見せてくれています。
それにしても・・・
「太田優子は、早いとこ健太の嫁になっちまえ!!」みたいなオーラが出まくりの回でもありましたね・・・
なんか優子は本当に釣堀店の良き嫁になると思います・・・
なんか優子が健太の家に嫁に来ると、全然嫁姑の問題が発生しない理想的な家庭が作られそうな感じも
あったりもしますね・・・
それにしても・・同じ「海の家でのお手伝いの商売敵の意地の張り合い」みたいな共通のテーマを扱っても
SSは物語の多様性を・・・
スマイルは日産コンビのしょーもねーポンコツ振りを遺憾なく発揮し
やはり・・・・スマイルのポンコツ度はすごいものがあるな・・・と改めて実感したりもします・・・(苦笑・・)

SSは実は結構好きなシリーズでもありまして
(というか・・プリキュアシリーズで好きじゃないシリーズは一つも無いのですけどね・・・)
そうですね・・・
今現在の視点で見ると・・・・
これってよく言われる事ですけど、咲は現役の姫プリのはるかと雰囲気がよく似ているというか
両者ともその「タヌキ顔」のあの親しみやすい雰囲気は確かによく似ていると感じますね。
両者とも実家は食べ物関係の自営業ですし、妹がいるという共通点もあったりします。
二人とも・・・眉毛がぶっといですしね・・・・(笑)
一方咲の相方の舞ですけど、舞ちゃんは人によっては「歴代プリキュア最大級の美少女」と評する方も
大勢いるようですが、そうした見解は私も大賛成です。
あくまで個人的見解ですが、プリキュアにおける「美人四天王」は、
舞・ラブ・れいか・トワ【イーグレット・ピーチ・ビューティ・スカーレット】ではないのかな・・・と思ったりもしています。
ま・・・こうした美人の基準度は人によって全然見解は異なるのでしょうけどね・・・(笑)
舞ちゃんは、普段は髪型がアップ気味なのですけど
(何となくですけど・・・ハートキャッチのサソリーナの髪型に少し似ているような気も・・・??)
滅多にそうしたシーンはありませんが、例えばSSの第21話のラストシーンで星空を不安そうに眺めていた際の
舞ちゃんが髪をおろしたシーンを見てしまうと・・・
「やっぱり舞ちゃんは歴代プリキュアNo.1美少女なのかな・・・」とも思ったりもしますね・・・

そうそう・・・舞の一つのチャームポイントなのですけど
プリキュアでは比較的珍しい部類に入るあの「吊り目」がとても印象的ですね。
吊り目というと最近ではきららとか六花が大変印象的ですけど
舞の吊り目はかなり印象に残ります。
というか・・あんなに温厚で優しくて思いやりに溢れた人が意外にも外見的には少しキツイ印象を与えかねない吊り目
というのも何か意表を突かれた様な感じもありますね・・・







さてさて・・SSの方の第25話は、スマイルの同じく第25話の「海の家でのお手伝い話」のポンコツ話とは
全然異なり、
かなりまともなお話になっています。
というか・・・SSは全体的にとっても真面目なお話が多く、だけどその割には全然肩を張らずに
リラックスした雰囲気で楽しむことが出来る本当に素敵な作品だと思います。
全体的に・・・SSは「自然と人との調和」を一つのテーマにしているような気もするのですけど
あのゆったりとした感覚は・・・
最近のプリキュアではまず見られない感覚でもありますので、
そうですね・・・・
「プリキュア」に何か「癒し」を求めたい人は、このSSを見る事を強くお勧めしたいと思います。

SSの第25話の一つのテーマとして
人が商売をする上で何が一番大切なのか・・・という事もさりげなく提示しているような気もします。
そうですね・・・・
最終的に消費者は何を求めているのか・・・
もちろん「価格」というのはその大切な要素なのですけど、何か他にも大切なものがあるのではないか・・・みたいな事も
提示しているような気がします。
私なんか、なんだかんだ言って金融・住宅・建築関連の営業・アフター系の仕事はかなり長い事
やっていて、
ま・・・勿論、商売敵・競合先・相見積先とは結局は「価格競争」みたいなことになってしまい、
結局は不毛なお互いの値引き合戦という悪循環に陥り
契約を受注したところも出来なかったところも・・・最終的には顧客も決して「ハッピーな結果」には必ずしもならない・・
という事は正直よくある話なのだと思います、
今回のSSの話も要は・・・不毛なダンピング競争のなれの果て・・みたいな感じもありますよね。
ま・・・もっとも・・・健太の海の上の強豪相手は
なぜか・・・ミズシタターレのかき氷店でして(苦笑・・)
シタターレは一応・・・水の泉を支配するダークフォールの戦士という事で、自由自在に水を操り
かき氷を作るなんておちゃのこさいさい・・・
ま・・要は原価ゼロですし、シタターレにとっては「儲かる」なんて全く関係がない話・・・
だけど・・
健太たちにとっては商売する上ではまさに死活問題・・・
そこで何をしたかと言うと前述の通り不毛なダンピング競争・・・
つまり・・・価格は据え置きで量が2倍→4倍→6倍→10倍・・とまさに利益度外視の不毛競争・・・・
ま・・・結局は「これは無意味」という事にさすがに気が付き
それでは、どうすれば隣の競合店に太刀打ちできるか・・・と考えて、その結果出てきたのが
太田優子の言葉・・・
「量よりもバランス・・・」
「冷たい海の中で遊んできた人が求めているモノは・・・温かい食べ物・・・
つまり・・この店なら焼きそばがいい」と提案し
その結果・・・咲達の店の方が大繁盛、今度はシタターレの店の方が閑古鳥・・・という展開になってしまいます。

ま・・・これって・・・

消費者・お客様は何を求めているのか・・・

会社側の一方的な視点で考えてもうまくいかない事もある・・・そういう場合は
顧客視点でもう一度「ではどうすればいいのか・・」という事を見直す必要があるみたいな事を言っている訳でも
ありまして・・・
あれれ・・・SSってこういう「ビジネス本」でも何かネタになりそうな事をやつていたんだ・・・
となんか妙に感心もしてしまいました・・・

ま・・・その点、単なるあかねとなおの意地っ張り競争・・・そしてそれに巻き込まれたみゆきとれいか・・・言う形の
スマイルのポンコツ具合とは明らかに一線を画すのかな・・・(苦笑・・・)
うん、やっぱり先輩たちは・・・格が違いますね・・・(笑・・)



20060730213716.jpg


20060730221549.jpg


さてさて・・・この回から本格的にミズシタターレも絡んできます。

とにかくこの人は・・・・年増系お姉さんという感じでしたね・・
特徴的なのは・・・やはり「オーーッ、ホッホッホッ!!」というテンション高めのあの特徴的な高笑いという事
なのでしょうけど、
声優さん繋がり関連なのですけど、
このSSでミズシタターレを演じた声優さんはハピネスの妖精・リボン役も務めていましたけど
まさかリボン役としてこの「オーーッ、ホッホッホッ!!」という高笑いを
SSで霧生薫&フープ役を務めていた声優さんからホッシーナ役として受けるとは
まさかこの時は思わなかったでしょうね・・・

このミズシタターレなのですけど、敵幹部としてはやたら強かったな・・・という印象があるのですけど、
シタターレが登場した頃にプリキュア達も新しい力とアイテムを得ていましたので
なんか登場するタイミングが悪かったな・・と少し気の毒にも思えますね・・・
初登場の際は、結構というかかなりやばい状況までプリキュア達を追い込み、
「あれれ・・この人は出来る人なのかも・・・」と思わせておいて、いきなり次の回は、
健太の海の家の隣で「みずした屋」というかき氷店を開業し、健太の親父と商売敵として張り合っていた
あのポンコツ振りとのギャップがなんかすさまじくて
この回を初めて見た際は、正直・・なんか笑ってしまったものです・・・

というか・・・なんてゴーヤーンまで登場してくるのだ・・・??

ま・・・結果論になるのですけどSSの真の親玉がまさにこのゴーヤーンだったのですけど、
この人は・・・
この回のようにかき氷を食べ過ぎて「あたま、いたっ・・」などのように随所で色々とお茶目な姿を見せてくれていたのは
とても印象的です。

シタターレの髪のくるくるっとした髪の巻き具合は・・なんか・・後年のトワの巻き髪を何となく
彷彿とさせてくれますね・・・
シタターレも結構強い部類に入るのだけど
ある時はかき氷屋の女主人、ある時は夏祭りでの景品荒らし・・
ある時は電車の運転手、ある時は大道芸人、そしてはたまた・・・学校の先生と
そしてある時はろくろ首と
変身能力は一応は身につけていたようですね・・・
だけど・・・スイートのエレンみたいなあんな悪意のあるやっかいなものではなくて
何となくポンコツ系のお茶目な雰囲気が終始漂っていて
「あ・・この人、本当はいい人なのかも・・」という香りもありましたね・・・
というか・・・最後はなぜかキントレスキーと結ばれて浄化されてしまいましたけどね・・・


20060730222152.jpg



だけど・・・

ミズシタターレというとやはり・・・
咲に毎回毎回名前を間違えられてその度に「しばいたろーか!!」とムキになってツッコんでいる辺りは
毎回毎回楽しかったです。
というか・・・
咲が正確にシタターレの名前を言えたのは一度だけなのですけどね・・・(苦笑・・)
そう言えば咲は、カレハーンの事も終始カレーパンと間違えて読んでいましたね・・・

この回はその最たるもので・・ミズシタターレの事を
「ハナミズターレ」と間違えて呼んでしまい、なぜか舞にもツッコまれていたのは
とてつもなくお茶目でした!!

シタターレはこの回、ムープとフープを人質に取り、太陽の泉のありかを訊き出そうとしていましたけど
この際・・・・
なぜかガニマタ気味に横歩きでシタターレとの距離を縮めようとする咲と舞、特に・・舞ちゃんの
太ももが眩しく見えたものです・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2482-897d3712
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |