プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.金山学園

  C/序曲「ローマの謝肉祭」(ベルリオーズ)


  岡山県の「金山学園高校」と聞いてもあまりピンとこない人も多いのではないか・・と思ったりもします。
  そうなんですよ・・・
  確か・・・1994年に校名が「岡山学芸館高校」と名称が変り、この「金山学園」という名前は一応は消滅という事に
  なりました。
  だけど最近の岡山学芸館の躍進ぶりと素晴らしい演奏の数々には目を見張るものがありますね!!
  本年度2015年も全国大会に出場していますけど、
  最近の演奏・・・特に特に・・・「ダンス・フォラトゥーラ」とか「ルイ・ブルジョワの讃美歌による変奏曲」とか
  「宇宙の音楽」の大変高い技術と大変スケールの大きいその表現力の高さは
  まさに近年の吹奏楽のスクールバンドにおける「お手本」を提示しているようにも思えます。
  この1984年の「ローマの謝肉祭」は、この岡山学芸館の全国大会初出場の演奏という事になるかと思います。
  この時の指揮者は後に明誠に移られた佐藤先生でしたけど、
  佐藤先生にとっても普門館デビューという事になりました。

  そうですね・・・

  演奏自体の率直な感想は・・・

  一言で言うと「平凡な演奏」という感じで、譜面に書かれている音符を音にする事で精一杯で、
  「楽しそうな雰囲気」とか「熱気」とか「粋な感じ」・「高揚感」みたいなものを表現するまでには
  全然至っていない・・・
  何て言うのかな・・・・すごーーく真面目な演奏で、
  いかにも優等生が楽譜通りきっちりかっちり吹きました・・・だけど何も伝わりませんでした・・・
  みたいな印象を
  私は生で聴いて感じたものです。
  もう少し開き直った感じというか、何か「自分達自身」をもう少しさらけ出して
  ふっきれた感じが足りなかったのかな・・・とも思いますね。
  やっぱり全国大会初出場という事で、奏者の人達も相当緊張していたと思います。
  全国大会に向けて一生懸命練習したけど、本番当日は、何かよく分からないまま課題曲が始まり、
 「あれれ・・・普段となんか違う・・」みたいなステージ上での違和感を感じたまま自由曲に入ってしまい、
 何だかよく分からない内に、全国大会初出場の演奏が終わってしまった・・・みたいな雰囲気が当日の客席にも
 痛いほど伝わっていたような感じがありました。
 多分・・・中国大会とか普段の練習の際は、もう少し上手く吹けていたとは思いますけどね・・
 課題曲・自由曲を通して、木管セクションのもたつき、金管セクションの高音域の破裂音のきつさが
 なんか終始気になってしまい、
 あんまり純粋に音楽自体が楽しめなかったのはマイナスポイントなのかも・・・・
 「ローマの謝肉祭」もタイムオーバーを心配していたのか、なんか比較的せかせかと進行してしまい
 全体的に淡泊な印象があったのは少し惜しまれます。

 1984年の評価は銅でしたけど、正直、これは妥当過ぎる評価・・・

 だけど・・・

 結果的に岡山学芸館の歴史はここからスタートするのです!!

そうそう、以前から何度も書いていると思いますが、
 私がこのブログを開設したそもそものきっかけは、花輪・秋田南・仁賀保・市立川口・雄新中・屋代等の
 過去の素晴らしい演奏を後世に伝えたいと思った事なのですけど
 その中でも、「就実高校」のあの素晴らしき名演(特に特に・・ル・シッドと幻想舞曲集)を何か形として
 残しておきたいという気持ちも大きかったと思います。
 それだけに、1984年の全国大会を聴く楽しみの一つが就実高校の生の演奏を初めて聴くという事は
 間違いなかったのですけど、
 いかんせん・・・その肝心の就実が中国大会でまさかのダメ金で全国出場ならず・・・
 正直これはすごーーくショックで残念でしたね・・
 (結果的に就実の生演奏を始めて聴けたのは1986年のコッペリアでした・・)
 当時の気持ちとしては、
 「1984年の中国大会は基町がダメ金だったし、しめしめ・・多分今年も就実の全国は間違いないはず・・」と
 タヌキの皮算用をしていたのですけど、
 結果としてその年の中国代表は、川本・出雲・・・・そしてまさかまさかの伏兵がこの金山学園だったのです・・・
 だから
 「えーー、就実を中国大会で撃破した金山ってさぞかし凄い演奏をするのかな・・」と思っていたら
 上記のような演奏・・・
 当時としては・・「うーーーん、就実どうしたんだろ・・・早く普門館に戻ってきてくれないかな・・・」という思いは
 ありましたね・・・

 余談ですけど、この金山学園の演奏は、多分当時のこの学校の制服・・・グレーのスカートorズボンとブレザー
 だったのですけど、
 女の子たちの制服のスカートがかなり短いように感じられ、思わず・・「ドキッ・・」としたものです・・・(苦笑・・)
 そうですね・・・
 この当時の自分達の感覚としては、今とは全く逆で
 「女の子の制服のスカートは長い方がステータス」というイメージがあったため
 逆にとてつもなく新鮮に感じたものです・・・

 最後に・・・

 これは以前就実高校のOGの方より頂いた情報なのですけど、
 岡山学芸館の現・指揮者の中川先生のお姉様が、1980年の就実で
 あの伝説とも言える「ル・シッド」の冒頭の長大なコールアングレを吹いた方なのですね・・・!!
 そして・・・岡山学芸館を佐藤先生の後に一時期指導をされていた吉市先生は、一時期就実の
 アレンジャーを務められたお方・・・
 やはりどこかしらで色々と人と言うものは繋がっているという事なのですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

中国支部の高校といえば・・・

私の世代だとやっぱり就実か基町になるんでしょうかねぇ。

このたび会社の人事異動で関西支部から中国支部(w)に転勤と相成りましたw

まぁ、大阪から松江の事業所に転勤するんですが、住むのはヨメの実家がある鳥取県境港市www

鳥取県は日本で唯一の「吹奏楽不毛の地」と呼ばれている地域です。
最近だと2011年の境高校と2012年の勝田町一番地寄合楽団が中国支部大会で金賞を受賞していますが、残念ながら吹奏楽コンクールがスタートしてから現在まで「全部門を通じて全国大会への代表を1度も出していない」唯一の県となっております。

お隣の島根県は全国常連の団体も数多いんですが、なぜか鳥取は・・・厳しいですねぇ><

大阪に引っ越すまで10年以上鳥取県に住んでおりまして、応援したい気持ちでいっぱいです。

来年は下の娘が中学に入学しますので、ぜひ吹奏楽部に入部してほしいものですね。

特に2012年の勝田町一番地の金賞は、前年の中国支部大会で自由曲の演奏中に指揮者(私の友人です)が突然倒れ、一度は意識を取り戻しましたが、残念ながら帰らぬ人となってしまい、悲しい気持ちを吹き飛ばして、前年の指揮者の方へのはなむけの演奏となったと思います。

いつの日か全国大会で「鳥取県代表」のアナウンスを聞きたいものです。

中国支部の高校といえば・・・→誰が何と言っても「就実」です!!

なおりパパ 様


宮仕えの身としては「異動」というものは避けて通れないものですけど
大変でしたね・・
新しい環境でも是非是非頑張って頂きたいと思います。
「鳥取」ですか・・・・
そういえば吹奏楽では全く聞かない名前ですね・・・(苦笑)
人口が少ないし指導実績がある人が少ないというのも一因なのかもしれませんよね。
だけどそれを言ってしまうと私が在住している「西関東ブロック」だって、埼玉以外の3県は
やはり吹奏楽コンクールでは不遇地帯だと思いますよ・・

中国支部は誰が何と言っても私は「就実高校」・・・
特に特に80年のル・シッド、82年の幻想舞曲集 87年のルーマニア狂詩曲、95年のキューバ序曲は
本当に大好きでしたし
中でも「幻想舞曲集」は私の中では「お気に入り演奏ベスト3」に間違いなく入る
思い入れのある演奏です。

鳥取県

一度全国出場したことあります、アンサンブルで。

その時私は会場にいたんですが、すごい騒ぎでした。
で、発表後の連盟の方の挨拶?で怒られてましたね、「嬉しいのはわかるが、騒ぎすぎ」って笑

Re: 鳥取県

さくら 様


ご無沙汰しています!!

またこうやってコメント頂きとても嬉しいです!!

そういえば就実は当時はアンサンブルでも有名でアンサンブルコンテストでも素晴らしい演奏&上位入賞を
果たしていましたね。
鳥取県の学校がアンサンブルで全国出場実績があるとは初めて知りました。
確かに狂喜乱舞しそうな雰囲気がありそうですね・・(笑)

アンコンでしたら・・・

鳥取県代表は、過去に8団体。10回の全国大会出場経験がありますね。

そのうち4回は全国大会で金賞を受賞しています。

「ウチのガッコ、アンコンで私が現役のときに、パート違うけど全国出てるよ!」
ってウチのヨメに文句言われました><

申し訳ございませんorz

アンコン

なおりパパ 様


鳥取はアンサンブルコンテストでは全国大会出場実績があるのですね!!
すいません・・・全然知りませんでした・・・
そうですね・・・
私自身、高校時代アンサンブルコンテストに出場し、クラリネット五重奏で県大会銅賞という
にがーーーい思い出がトラウマになってしまっていて(苦笑・・)
アンコンは全くノーマーク・・・
というか・・・
支部も全国も一度も聴いた事が無いという感じですね・・・

鳥取だって、優れた指導者が一人いれば・・・絶対いつの日にか全国大会出場の悲願は達成できると
思います!!

!!

なおりパパさま

すみません、自分が見に行った時のアンコンしか知りませんでした(--;)

ちなみに1988年の米子北高校です。

さくら様

確かそのときが鳥取県初のアンコン全国出場だったはずです。
そりゃ喜びますよねぇ^^

ちなみに、米子北高校は吹奏楽コンクールでは31年連続で中国支部大会に出場していますが、全国の壁が厚く、なかなか残念な結果になっています。

特に88年、89年と連続で「課題曲」は採点1位なのに、自由曲でどちらも失敗して全国に行けなかった・・・と、当時現役の米子北高校吹奏楽部員だったウチの奥さんが今でも残念がっています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2481-9eab410b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |