FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


イタリア総選挙の結果もそうですし、今年の7月に予定される日本の参議院選挙もそうなのですが、
現状では、「二院制」の意味が喪失されているような感じがします。
これではただの足の引っ張り合いというか、
一方の院がもう一方の院からの賛成を得るために妥協とか政治的駆け引きを図ったり、
政治日程が止まったりするここ数年の政治情勢に多大なる疑問を感じます。

本来、「二院制」の意味って何なのでしょうか・・・?
議会が二つあれば、一方の院の暴走を食い止められるとかチェック機能とか
確かに本来的側面ではそうした良い効果も本来はあったのかもしれません。
だけど現状のように、別に取り立てて「目立った違い」がない二つの議会が存在しても
特にチェック機能に意味があるとは思えません。
例えば、一方の院が一般大衆代表 一方の院が学識経験者で、どちらかの院に優先権があるのならば
それなりに意味があると思うのですが、
特に違いがない二つの議会の場合、その存在に特に大きな意味があるとは感じられません。

それならば「一院制」にした方が余程政治決断は早いし、複雑な昨今の国際情勢の変化に
即断即決できるし、
何よりも一方の議会がもう一方の議会と妙な駆け引きをする事もなくなり、それなりに
メリットはあると感じています。
それに「一院制」と言っても元々国民の意思を反映している事に変わりはないのですし・・・

「一院制」にしたとしても問題解決が図れる訳ではありません。

現在の政党のように、選挙の際に、自分が当選できるようにするために選挙活動中に
様々な団体と妙な約束事ばかりをするから、いざ当選後に主体的活動をしたくても
その約束事に縛られたり、支援団体からのプレッシャーにさらされるから、
大局的観点から物事を見る事ができないのです。
結局は、議会制民主主義ってものは、いつまでも物事が決まらない、大局的観点から
物事を見られない、国民全体の利益の為に「何を優先すべきで、何をやむなく切り捨てるのか」
「国家全体的観点から、国全体をどのような方向に導いていくべきなのか」などという事が
いつまでたっても何も決まらない制度なのです。

確かに、第二次世界大戦の悲惨さ、戦後の荒廃から考えると、民主主義が一定の効果を果たしたのは
間違いのない事実です。
だけど、そうした「古い民主主義」をいつまでも維持するのはいかがなものなのでしょうか?

そろそろ国民全体で、「民主主義とは何?、自分達一人一人はいかにして自分達の意思を代表者に
託すべきなのか? 代表者とはどうやって選ばれるべきものなのか?
その代表者にどのような権限を与えるべきなのか、又そのチェック&抑制機能はどうすれば良いのか」
などを真剣に考える必要が来ていると
感じます。

主観的な考え方ですが、
基本的には、議会は一院制度で十分、その構成員は「システムマシーン的くじ」により公正に
選出された30人程度の委員程度。彼らの役割は、あくまで「行政」に対する意見具申とチェック機能、及び
その時点での問題点の精査と調査と行政機関への報告と改善事項の提案です。
そして「行政機関」とは、これも少数精鋭の「8人程度の行政官」で十分と考えます。
この行政官にほぼ全ての決裁権限を与え、何が国益に適い、国民全体の幸福を実感させられるか
国家全体が良い方向に向かうにはどうすれば良いのか、どの産業に重点を置き、どの分野を
整理撤退させるべきなのか、国家予算をどのように組み立て、どうすれば無駄のない効率化を図れるのか、
財政問題をどうやって解決し、膨大な債務をいかにゼロに持っていくのか、
未来のこの国をどういう方向に持っていくべきなのかを徹底的に考えて欲しいと
思うのです。
この行政官中からトップを選出するのですが、そのトップだけは、10年に一度、国民投票として
選出するべきなのです。
そして、トップを含めた行政官に対する抑制機能として、「50%以上の不支持」の国民投票が成立すれば
問答無用で退陣というルールを制定するのも
一つの方策ではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/248-c0a8de78
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |