FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


兼田敏の吹奏楽作品と言うと・・・
そりゃ誰が何といっても「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」でほぼ決定・・・という感じなのかな・・
他にもバラード・序曲・エレジー・交響的瞬間・交響曲・交響的音頭など色々名作はありますし、
吹奏楽コンクールの課題曲としては・・・
1986年課題曲B/嗚呼! とか
1967年の課題曲の「ディヴェルティメント」あたりでいわゆる吹奏楽オールドファンの皆様には
お馴染みの作曲家だと思います。
ちなみに私なんかですと・・・
日本民謡組曲「わらべ唄」~Ⅰ.あんたがたどこさ Ⅱ.子守歌 Ⅲ.山寺のお尚さんなんかはとっても
懐かしい曲の一つです。

ですけど・・・

やっぱりこの人は「パッサカリア」でもって、日本の吹奏楽コンクールの歴史の中では完全にその名を
残すことになりましたし、
この曲は今現在でも全国大会でも継続して演奏され続けていますし
(ま・・・ここ10年ほどは全国大会では演奏されていませんけど・・)
この曲の内容の深さ・面白さ・形式美の素晴らしさは、おそらくは未来永劫末永くこの曲は
誰かによって演奏され続ける曲だと確信しています。

それにしても・・・あまりにも早すぎる死でしたね・・・
確か享年67歳でしたっけ・・?
まだまだこれから・・・という時でしたし、これからも日本の吹奏楽の発展のためには絶対に欠かすことは出来ない人の一人
と誰しもが思っていた人でしたから
本当に残念です・・
心の底からご冥福をお祈り申し上げたいと思います。
盟友の保科洋が、現在、吹奏楽コンクールでは大人気となっている「復興」を残しているだけに
やはり勿体無いな・・とも思ってしまいますね。


さてさて・・・

兼田敏の吹奏楽作品なのですけど
前から一つ分からなかったことがあります。
そのタイトルの表記なのですけど、
ある時は、「吹奏楽のための・・・・」、ある時は・・「シンフォニックバンドのための・・・」
そしてまたある時は・・・「ウィンドオーケストラのための・・」と
微妙に変化しています。
これは兼田敏の「吹奏楽」についての年重ねるごとのなにか「意識の変化」というものなのでしょうか・・・?
それとも単なる「新しいもの好き」という事なのでしようか・・・(笑)

そんな中・・・・

兼田敏の作品の中で、そうですね・・あくまで個人的見解なのかもしれませんけど
一つ全体の作風の中では
「異質」というか・・・なんか・・ストレンジ・・・つまり・・「奇妙」に感じてしまう作品が一つあり
実は結構前から気になっているというのか
なんか妙に頭に引っかかっている曲があります。

それが何かと言うと・・・

「ウインドオーケストラのためのファイヴ・イメージズ」という五楽章構成の8分くらいの曲なのです。

この曲って、例えばパッサカリアみたいな分かりやすさ+形式美みたいな感じでは全然ないし
「シンフォニックバンドのための序曲」みたいに「ああ・・・日本人で良かった・・・」みたいな「和」の感覚の曲とは
明らかに性質を異にしているし、
聴いていても、何を言いたいのかさっぱり分からない言語不明瞭意味不明みたいな曲なのかな・・とも
思います。
5楽章構成の曲なのですけど
全体も8分程度の決して長くは無い曲ですので、
一つの楽章の演奏時間も極めて短いです。
Ⅰ・Ⅱがゆったりとした楽章、Ⅲが早い楽章、Ⅳがゆったり、Ⅴが早い楽章となってはいますけど
各楽章ごとの緊密性とか繋がりはほぼ皆無で、
楽章ごとにバラバラな印象があります。
そうですね・・・「心象」というのか「各自の心の風景」を描いた曲なのかもしれませんけど、
この曲で作曲者が私達に何を伝えたかったのかは・・・そうですね・・・今でも私にはまるで理解できませんし、
そうですね・・・
この曲から「何かを感じ取れ・・」と無茶振りされても多分無理なような気がします。
こうやって書いてしまうと、いかにも私がこの曲が大嫌いなようにも聞こえてしまうのでしょうけど、
ま・・・確かにそれは否定はしませんけど、
なんか・・・妙に引っかかる曲なのですよね・・
推理小説を読んでいて、ラスト1ページまで来ているのに何一つ謎が解明されず、
唐突に小説が閉じられるみたいな何とも言えない「すっきりしない感」が何かこの曲の持ち味なのかな・・とすら
感じてしまいます。
曲自体別に激しく盛り上がる箇所とか泣かせる箇所は皆無です・・・・ドラマも葛藤もありません・・
あるのは「モヤモヤ感」のみ・・・・
だけど、なんかしらないけど、
「別にストーリー性や劇的緊張感だけが音楽ではないじゃん・・」とふと思う時に
この曲を何気なく聴いたりすると
なんか微妙に「なるほどね・・」とも感じてしまいます。

ま・・・ヘンな曲であるのは言うまでも無いのですけどね・・・

兼田敏の曲としてはかなり異色な曲なんですけど、
もしかして・・・・兼田敏は「今までの路線」とは違う「何か」を表現したかったのかな・・・
分かり易とさとは異なる何かを演出したかったのかな・・とも思ったりもしますし、
同時に
この曲って何となくですけど
あの無調音楽バリバリのシェーンベルクの「管弦楽のための五つの小品」となんか感覚というか曲の構成というか
雰囲気が
すこーーーしだけ似ているような感じもあったりします。
こんな事書くと、
一部のクラシック音楽のマニアの方から
「兼田敏とシェーンベルクを一緒にするな!!」とお叱りを受けそうなのですけど、いやいや、だって
そう聴こえる事もあるのだから仕方がないです・・・(苦笑・・)

この演奏、過去の吹奏楽コンクールでも滅多にというか・・・ほとんど演奏される事は無いのですけど
この曲の元々の委嘱団体である
静岡大学吹奏楽団の1988年の演奏は、
この何とも言えない「モヤモヤ感」をうまく伝えていると思います。
だけど、こういう曲を自由曲にされたら、奏者も困ってしまうのかも・・・??

ちなみに・・東京佼成というプロの吹奏楽団からもこの曲はCD化されていますので、
あまりお勧めはしませんが、興味がある方は一聴してみて下さい・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2479-e8272e69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |