プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9/27の姫プリは・・・・とにかく見ていてとっても気持ちのいい回であり
見終わった後には・・なんかこう・・・「爽やかな空気」に包まれていたような感じすらあります。
ま・・改めての話ですけど、
私、日曜日は毎回出勤という事になっていて、当然・・・残念ながら姫プリは帰宅後に録画したものを
見るという事になります。
9/27は結構残務が多く、家に帰ってきたのが既にAM00:00を廻っていたかな・・・
ご飯とかお風呂とか日常の事を色々やって、今回の姫プリを見て前述の通り、大変爽やかな気分になったのですけど
それからしばらくして「ガールズ&パンツァー」の最終回が始まり、
あまりの凄まじい砲撃の連続で、何か・・・姫プリの「爽やかな気分」は一瞬のうちに文字通り
吹き飛ばされてしまいました・・・・(苦笑・・)
ま・・ガルパンの最終回はとにかく・・・素晴らしく感動的なものでして、これはこれで楽しまさせて頂きました。
ちなみに・・・「ガールズ&パンツァー」最終回の記事は・・・9月月末の記事にて
かなり長大にしつこく書いています・・・

さてさて・・・姫プリの第34話なのですけど、これは一見するとはるかメインの回のようにも思えますが、
いやいや・・!!
この回の主役は・・・・そう! 言うまでも無くきららだったと思います。
はるかの「自分で何とかしよう!!」という意志も大変素晴らしかったけど
それ以上に・・・きららのこの八か月間の中での「成長」が大変丁寧に描かれていて、
本当に・・・きららに改めて惚れ直した・・・みたいな感じもありますね!!






d03ff912_convert_20150929183413.jpg


さてさて・・・今回は何かミス・シャムールの星占いときららがたまたま持ってきた「プリンセスコンテスト」が
たまたまうまく合致してしまい、
ひょんな事ではるかがそのコンテストに出場する事になったお話です。

そう・・・これ、面白いのは、
そうですね・・・ま・・・はるかには大変申し訳ないのてすけど
このコンテストにみなみとトワが出場すれば、もしかして・・・この二人が優勝&準優勝を独占した可能性すらあります。
その位・・・既にこの二人は・・・人間的にも色々な資質・技能の面からも
ほぼ完成されたキャラであり、
何て言うのかな・・・この二人は既に「グランプリンセス」の資格を有しているレベルと言えるのかもしれません。
ま・・・悪く言うと・・・
この二人・・そしてきららの3人は・・・はるかの「更なる成長」を楽しみながら待っている・・・という側面もあるのかもしれません。
それに対してはるかの素晴らしい点は、
そうした状況を特にプレッシャーに感じる事も無く・・・
「私・・・とにかくゆっくりとでいい・・・一歩一歩・・プリンセスに近づいていきたい・・・」と
普段から・・・何気ない日常から
絶え間ない「努力」を継続して続けている事なのだと思います。
そのはるかの「努力の継続性」は本当に尊いものがありますし、それを実践できていたプリキュアって・・・
意外といるようでいないような・・・という感じもありますので
とにかく・・・
歴代プリキュアの中でも群を抜いた「努力の人」という感じなのかもしれませんよね。

すごいよ・・・はるか・・・やっぱり・・君はすごい!! やっぱり・・・ピンク系プリキュアは違いますね!!

それと・・・今回の作画のせいなのかもしれませんけど
2月の姫プリ開始直後の印象から比較してみると、明らかにきららは人間的に成長していると感じます。
というか・・・
初期の頃は、黄色系にしては極めて珍しい「孤高の人」・「異常に高いプロ意識の高さ」という印象が大変強く
どちらかと言うと・・・
他人と強調して自分の貴重な時間を潰すくらいなら、
元々他人とのコミュニケーション自体を放棄して、とことん「自分がやりたい事・目指したい事」のみを追求していく
という感じ・・・・
そうですね・・・ドキドキで言う所の「ジコチュー」そのまんまの人みたいなイメージも決して無くは無かったのですけど
その意味でもはるかの存在はやはり大きかったようですね・・・
うーーん、そうですね・・・
はるかには大変申し訳ないのですけど、現時点で表面的な事・・技術的な事で
はるかがきららに勝っている点って・・・そんなに無いと思います。
ほとんど全てにおいてきららの方が勝っているようにも思えます。
番組当初のきららだったら、はるかを見ても・・・
「ふーーん、なんかヘンに熱い子・・」だけで終わったような気さえします。
だけど・・・
きららははるかから何を学んだのか・・・どういう点を美点として吸収してきたのか・・・・
ま・・・色々とあるとは思いますが、やはり一番大きいことは、
何事も諦めずに着々と「自分の夢」を一歩一歩実現しているその「人間的スケールの大きさ」というのか、
強く願えばどんな逆境の中ですら、そうした自分の夢も実現出来てしまう可能性があるという事を
自分の目の前で
着実に「成果」として見せてくれていた事なのかな・・・
そうした事が幾つも重なり、きらら自身も「こいつ・・・やっぱり認めざるを得ないな・・、だけどそういうコイツが私も大好き!!」
という事に意識がシフトしていったという事だと思いますし、
そうした「相手を認める」という行為とか
「他人に応援してもらう嬉しさ」を実感出来て、そう応援して貰った気持ちを
「よーーし、それじゃ今度は私がコイツのためにひと肌脱いであげよう!!」という
単なるビジネス上のギブ&テイクではなくて、
人と人としての「触れ合い」としてそうした事を自然と身につける事が出来たのが
何か・・きららの人としての「成長」なのかな・・と思ったりもします。

この回のきららの「はるかは・・・私が思っているよりも更に上を行く・・思っていたよりも凄い子・・」という言葉にそうした意識が
なんか表れているようにも思えますし、
同時にはるかを「自分の対等なパートナー」として認めた瞬間であるようにも感じられます。
ま・・もっとも・・きららは大分以前からはるかの事はきちんと認めて高く評価していましたけどね・・・

こうやって・・メイクが苦手なはるかのために色々と教えてあげて
さらにコンテスト当日も、はるかのコーディネートのためにひと肌脱いでくれるというきららはやっぱり素敵ですね!!
ま・・今回の話は、結果的にこうしたきららからの厚意は色々な諸事情で(ま・・ディスダークのせいですけど・・)
受ける事は出来なかったのですけど
普通にきららからのヘルプを受けていても
今回の話のように、きららからのヘルプを受けないではるかが咄嗟の機転で全く別のコーディネートになったとしても
それはそれで両方ともOKのような気がしますね・・・・

逆に言うと、それだけ、はるかときららの結束というか信頼関係は高まっているのだと思います。


d2add39e_convert_20150929183347.jpg


それにしても・・・・

今回は・・・

このきららのまさかの「ポニーテール姿」をお目にかかれただけでも
私は大満足です!!
以前から何度も書いている通り「大のポニテ好き」の私は・・・
まどか☆マギカの佐倉杏子とかキュアラブリーとか緑川なおなどなどがとってもお気に入りなのですけど
まさか・・・
きららが「ポニーテール」をお披露目してくれるなんて夢にも思わなかったので、
これは・・・姫プリからの「サプライズプレゼント」なのかもしれませんよね・・・

だけど、あのポニテのきららもとっても可愛くて魅力的でしたね!!
こうなると・・・
あのトワっちのポニテも是非見てみたい!!と思っているのは全国の姫プリファンの中で
私一人だけでしょうか・・・(苦笑・・)

だけど・・・このきららのポニーテールは今回のお話の中で・・・実は大変な「伏線」だったのかもしれません・・・

きららはモデルとしての撮影時に、カメラマンから
「首元のネックレスをもう少し目立たせたいのだけど・・・」みたいな結構無茶振りをされてしまうのですけど、
それはさすがにプロ意識の高さは半端無いきらら・・!!
咄嗟の思いつきというか、柔軟な思考回路のせいなのか・・・
思わず・・・ポケットからシュシュなのかリボンなのかよく分かりませんけど
そうしたものを取出し、髪をアップ気味のポニーテールにする事で
髪のボリュームというバックの重さを回避し、ネックレスに少しでも視線が集まるようにしたのは
「お見事・・・!! さすが!!」という言葉しか無いですね!!

うんうん、やっぱり・・きららは可愛いしよく出来る子・・・
なんか私の個人的好感度としては、最近そうですね・・・・きららがぐいぐいと私の個人的黄色系No.1プリキュアの
ハピネスのゆうゆうに迫ってきているような感すらありますね・・・

きららははるかに言います。

「こうした撮影現場なんかでは、例えば・・・靴のサイズが合わないとか用意しておいたものが無くなっているとか
服装がイメージと合わないとか
トラブルと言うかドタバタはつきもの・・・
それは仕方がない事・・・
だけど・・・
無い物ねだりをしてもしょーがないじゃん・・・
あるものだけで何とかしないとね・・・」みたいな事を言っていましたけど、
これってさり気なくきららはとても大切な事を言っているような気がしますよね・・・

人間の欲はキリがない・・・・

「あれも欲しい、これも欲しい・・」なんて無い物ねだりをしていたら・・・ストレスが溜まるばかりだし
「なんで私がこんなに欲しいのに・・」とそれを所有している者を恨むという何か筋違いの方向性に行く事も
しばしばあるのかもしれません・・
7月以降、なんか私、「ガールズ&パンツァー」という戦車アニメの事をよく記事にしていましたけど
あれだって・・・
他校に比べて戦車台数も火力の威力も戦車の性能もメンバーの経験値も・・・そうですね・・・全然ないない・・
だけど・・・
あの物語のヒロインの西住みほは・・・・
そうした何にもないない状態においても、
「無い物ねだりをしても仕方がない・・何も無いならば、私達にあるものだけで何か作戦や戦術を
考えてみよう・・・!!」とずーーーっとあの創造力豊かなアィディアと作戦を考えついていたのですけど
まさにそうした点は・・・・
姫プリのきららも同じでしたね・・・

そして・・・・それと似たような事が・・・・大ピンチとしてはるかにも起きてしまいます・・・・

コンテスト当日、きららは雨のため撮影が大幅に遅れている様子・・・
きららは元々はるかに対して
「コンテスト当日のメイクやコーディネートは全部私に任せて・・・」と言っていましたので
これは結構まずい状況・・・
しかもはるはるは相変わらずのメイク下手・・・そして輪を掛けて
はるかのステージ衣装がかなりブカブカである事に気が付きます・・・

うーーむ・・・これははるか・・・かなりやばいっすね・・・

しかも最悪な事に・・・ようやく撮影が終わり「何とかはるかのもとに駆けつけられる・・」と
一安心していたきららの視線の先には・・・
なんと・・・ディスダークのあの二人組がいて、きららのメイクさんをゼツボーグにしてしまいます・・
うーーむ・・さすがにこの状況では変身せざるを得ないですよね・・・

本番直前になってもきららはやって来ない・・・

さすがにはるかは「きららに何かがあったんだ・・」と悟らざるを得ず・・・
「ここは自分が何とかしないと!!」と思案に暮れます・・
その時・・はっと思い出したのが・・・前日のきららのあの「ポニーテール」なのでした・・
「何も無いなら・・・この場にあるものだけを使って私がなんとかしないと・・」と思い立ち・・・
なんと・・・・!!
はるかは控室に置いてあったガムテープを巧みに使い、あのブカブカの大きめ衣装を
かなり可愛らしいミニスカートフォームに変えてしまいます!!
あ・・・そっか・・・はるかって・・・初期の頃に「ドレス作り」をした経験があったから
その時の経験も案外上手く活用できたのかもしれませんよね・・・

いやいや、はるかすごいよ・・・やっぱりはるかは・・・姫プリの真の主人公なのですね!!
(おいおい、先日までは姫プリの主人公は、トワイライト様=トワ=スカーレットと言っていたくせに・・苦笑・・)

ドラえもんののび太は何か困ったことがあるとすぐにドラえもんに泣きつき
その場しのぎのアイテムを出して貰っていましたけど
私が子供の頃からなんで「ドラえもん」が嫌いだったかと言うと
のび太のその「甘え体質」・「困ったことが起きても自分の頭で考えたり、自分の体で行動を起こさない」という体質が
どうも・・・・合わないというのがありました。
だけどはるかはその点が全然違う!!
確かに・・もしもきららに何事も無かったら安心してきららにお任せだったのでしょう・・
ま・・それははるかときららの信頼関係の上では当然の流れです。
だけど、今回のような偶発的な事件が起きた場合・・・
はるかは・・・オロオロするのではなくて、
誰かに頼らず、自力で何かをしようとした・・そして自立でこのピンチを何とかした・・・
やっぱり・・・プリキュアは凄いですよね・・・!!
のび太は、少しははるはるの爪の垢でも煎じて飲まんか――い!!とツッコミを入れたい気持ちで
一杯です・・・(苦笑・・・)



cef7ad45_convert_20150929183322.jpg


上記の出来事の前日のちょっとしたエピソード・・・

このあたりにも「きららの成長」が感じられましたね!!

きららのマネージャーから
「ノーブル学園に入学し友達が出来てからあなたは変わった・・」と指摘され、少しデレるきららがとっても可愛い・・・

そうですね・・・
初期の頃のきららだったら
ファンからサインを求められたとしても・・・
そうしたファンの気持ちなんか理解しようともしないで「忙しいから・・・」とか「そんな気分じゃないから・・・」と
多分・・無下に断ったのかもしれないでしょうけど
はるか達からの「日頃からの温かい気持ち」に触れて・・・・
「応援されるという事も決して悪い気分ではない、というか・・素直に嬉しい」という当たり前の事が
確実にきららの中で消化され、
物事は自分一人だけの頑張りで動くものではない・・・他人・・色々な人が関わりあって作られていく・・という事に
気が付いたきららには・・・
そうですね・・・最早敵は無し!!という感じなのかもしれませなよね。


41fa256e-s_convert_20150929184447.jpg


0c763d23-s_convert_20150929183144.jpg


今回の話の中でやたら・・「スマイル」という言葉が出てきました。

きららは、はるかに「女の子に大切なものは化粧ではなくてスマイル・・笑顔なんだよ・・」と諭していましたし
コンテスト本番でカチンコチンに緊張していたはるかの心をほぐし
本番ながらあの最高の笑顔を引き出せたのは・・・
トワやみなみなどからの温かい「スマイル!」という応援メッセージでした。

そうですね・・・

もしかして前回の放送回辺りは・・・もしかしてみゆきやあかねたちも
くしゃみをしっ放し・・・
「あれ、なんか誰か私達の事を呼んでいるのかな・・?」みたいな感じもあったのかも・・・??

ま・・・スマイル様なポンコツ先輩方がお見えになったとしても・・・ま・・多分・・れいかさん以外は
役に立たないのかも・・・?? 苦笑・・・・


1f4ba2ae-s_convert_20150929184509.jpg



最後に・・・・

歴代プリキュアは、ピンク×黄色というと・・・比較的「鉄板みたいな組合せ」というイメージも
あったりします・・・

例えば・・・

ドリーム×レモネード    →  先輩に対して「憧れ」を抱く後輩

ピーチ×パイン        →  幼馴染コンビ(黄色はやや消極的な性格)

ブロッサム×サンシャイン → ピンクが黄色に対して「恋心」(??)を抱いてしまう・・・レアなケース・・

メロディ×ミューズ      →  出来の悪い姉に口の悪い妹みたいなコンビ

ハッピー×ピース      →  歴代最強の組合せ・・??  歴代最強のポンコツの組合せ・・??

ハート×ロゼッタ       → プリキュアでは極めて珍しい優等生同士のハイレヴェルな組合せ

ラブリー×ハニー      → 幼馴染(黄色はかなり積極的で万能タイプ・・・ピンクはポンコツ系・・・)


そして・・・・

姫ブリの場合は・・・そうですね・・一言で言うと「対等なパートナー」という感じなのかな・・・

なんとなく・・・ドキドキのハート×ダイヤモンドみたい・・・と言えるのかもしれないですけど
フローラの場合は・・・
とてもとても・・・マナ大先輩のレヴェルには全然達していない・・というのが大きな違いなのですけど
将来的には・・
マナりつすらも超越しそうな大物カップリングになりそうな予感もありますね・・!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

のぞみとはるかは「無限の可能性」を秘めた子・・・

じょるの 様


全く同感ですね!!

はるかは大器晩成タイプだけど、ちょっと努力をすれば何でもできちゃうマナちゃんタイプの子ですよね。
同時に・・・
歴代ピンク系は皆そういう傾向はあるのですけど
特にのぞみとはるかは「無限の可能性を秘めた恐ろしく伸びしろのある子」だと思いますし
ある意味末恐ろしいものがありそうですね。
めぐみちゃんは・・・うーーむ、
あれが精一杯なのかも・・・??
ま・・そこがめぐみのいい所でもあります!!

確かにきららとマネージャーの会話は、まこぴーとダビィの再現だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2476-612c24cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |