プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉での「スマイルプリキュア」も折り返し地点の第24話まで来ております。
そうですね・・
この回は・・・
第21~23話、特に特に第23話のあのプリキュア史にも残る凄まじい大激戦とプリンセスフォームのお披露目という
大変重要な回であり、
多分・・・・制作者サイドからも・・・・
もしかして・・・・
「疲れた~~、少しやすませてくりぃーーー」みたいな声が沸き起こっていたのかな・・・
そんでもってスタッフを少し休ませて作られたのがこの第24話みたいな感じもありますね・・・(笑)

ま・・それは仕方がないと思うのです・・・

だって・・・第22話の内省的な緊張感、第23話の凄まじいダイナミックな回が続くと
「たまーには少し手を抜いたって・・・」は全然OKだと思いますし、
制作者サイドだってそりゃ・・・人の子ですし、毎回毎回神回クオリティーの作品を作り続ける事は
一年間の長丁場という観点からはどこかで無理がくると思うのですよね・・・・

ま・・・そうした中で、ふっと力を吹いた作品になったけどもいかにもスマイルらしい感じたな・・と
リアルタイムで見ていた頃は感じたものです。
こういう回もありだとは思いますね・・・
だって・・・毎回毎回神回クオリティーが続くと、見ている方も疲れてしまいますから・・・・(笑)





そんな訳で・・・

前回の大激戦を無事に終えて、みゆき達にも「日常」が戻ってきます。
ま・・・そうは言ってもみゆき達の世界での日常が始まるのは次回以降なのですけどね・・
この第24話は、大激戦を制したみゆき達へのポップからの「お礼」という意味合いもあったのかもしれませんよね。
みゆき達は「メルヘンランド」にて少しの間、休息を楽しむ事になります・・・

そして・・・みゆき達は・・・いつもの「ポンコツ」に戻ってしまいます・・・
まったく・・・
前回と前々回のあの悲壮さとか「自分の頭できちんと考えよう・・」という高度な主体性は
一体・・・・
どこに消滅してしまったのでしようか・・・・(笑)
ま・・・そういう非常時の劇的緊張感と平常時のあの「ポンコツ」のすさまじいギャップが「スマイルプリキュア」の
一つの魅力なのかもしれませんよね・・
そしてスマイルにおけるポンコツ的展開は、ロイヤルクロック発動あたりまでしばらく続く事になります。
(というか・・・れいか以外夏休みの宿題が終わらないなんて・・・一体どんだけポンコツ集団なんでしようかね・・苦笑・・)

さてさて・・・この回においてみゆき達はロイヤルクィーン様に初めて謁見の機会が与えられます・・・

なんかこうした「女王陛下との謁見」なんて初代プリキュアのクイーン以来ですよね。
初代のクイーンもかなり大きかったけど、このロイヤルクイーンも相当大きいですね・・・
なんか大仏様みたいな感じですね・・

ま・・・今現在の視点で書いてしまうと・・・

この時・・・みゆき達はロイヤルクイーンは既に死亡していたなんて知る由もなかった・・・という事になるのかな・・・
でも、その間にみゆき達と色々と話していたような気も・・・??
すると・・・みゆき達は・・・「幽霊」と話していたのかな・・・(苦笑・・)
ま・・要は・・・ロイヤルクイーンの「この世への未練」という「精神念力」みたいなものだったという事なのかな・・・
それと・・・
キャンディはこのロイヤルクイーンの子供であることが最終決戦で判明するのですけど、
そうすると・・・
キャンディはいずれあんなバカでかくなってしまうのかな・・・??

ま・・・どちらにしても・・・
「ロイヤルクイーン様は寝起きが悪い」から目覚めないと相変わらずポンコツな事を言っている
みゆきは・・・・
うん、そうなんですよ!!
これが本来のみゆきであって、特に第21~23話のみゆき=キュアハッピーの目覚ましい活躍は・・
うん、あまりにも上出来過ぎましたね・・・・(苦笑・・)




0644b79b-s_convert_20150929162118.jpg



メルヘンランドの妖精たちと仲良くなるには自分達自身が妖精になる事が一番てっとり早い方法とと
ポップのなんかよーわからん提案を受けて
みゆき達も妖精に可愛く変身・・・

基本的には・・・なんか皆あまり変わりないですね・・・
なおは妖精になってもポニーテールのままだし・・・


657b00d1-s_convert_20150929162141.jpg


そしてしばらくの間、妖精になったプリキュアとメルヘンランドの妖精との「交流」が続くのですけど
何かの拍子で
みゆき達の変身が解けてしまい、全員元の姿に戻ってしまいます・・・

うーーむ・・・・プリキュア5のココ・ナッツもそうでしたけど
プリキュアにおける変身機能は・・・
何か外部からの力が加わると変身が強制的に解除されるモードになってしまうみたいですね・・・(苦笑・・・)

でもここから人間と妖精としての交流が改めて始まり、
打ち解けていく事になります。
そうですね・・・
これはもしかして・・・E.Tじゃないけど「異文化交流」みたいな事を謳いあげる・・みたいな制作者サイドの
意図がもしかしてあったのかな・・・
(多分・・そんな高尚な意図はないと思います・・苦笑・・)

あ・・・だけど言える事は・・・

こうした異文化交流というものは・・・・
プリキュア達も妖精世界との交流は、「互いの心の交流」さえ果たしていれば問題なく可能・・・
同時にそれは・・・
後に実は「本当の正体はメルヘンランドの妖精だった・・」という事が判明したウルフルン達3幹部との
交流も可能・・・という事をもしかして示唆していたのかも・・・



6941ddef-s_convert_20150929162207.jpg



妖精としてのなおは・・・馬車を操縦しています・・・・

だけど・・・

後の回になりますけど、みゆきのシンデレラ回においては、
なおとあかねはなぜか・・・・シンデレラを送迎する馬車というか「馬」になっていましたけどね・・・・(笑)

こんな平和な回でも戦闘やるの・・・? 別に今回はいいじゃん・・・とも思ったのですけど
ま・・
せっかく「プリンセスフォーム」を発動したのですから、バンダイ様としては・・・・
少しでも宣伝をしないといけませんからね・・・(苦笑・・)
そうそう・・・・
この回より、バッドエンド側も新しいアカンベエ、すなわち・・スーパーアカンベエを召喚する事が出来るように
なったのですけど
このスーパーアカンベエの欠点は・・幹部達の言う事はあんまり素直に聞かない・・・・という
ある意味とんでもない代物でしたね・・・(苦笑・・・)

うーーん、こういうゆるさもいかにもスマイルらしいお話でしたね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2475-328532d4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |