プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このブログでも既に「物語シリーズ」の事は何度も出ているのですけど
西尾維新原作の「物語シリーズ」のファイナルシーズンがついに・・・待望のアニメ化が10月4日より
開始されます。
9月に「干物妹 うまるちゃん」が・・・そして「ガールズ&パンツァー」の再放送が最終回を迎えてしまい、
なんか少し寂しいな・・・と思っていたら
そうそう・・・
「物語シリーズ」のファイナルシーズンが10月から放映開始となる事をすっかり忘れていました・・・・

これはすごーーく楽しみな作品です。



邨・convert_20150928175352




私は、ファーストシーズンの「化物語」などがリアルタイムで放映されていた頃は
残念ながらこの素晴らしいアニメは全然知らなかったもので、見ていなかったのですけど
2013年7月~12月の半年間にセカンドシーズンが放映されている頃からこのアニメを見始め
一気にはまってしまいましたね・・・
そしてファーストシーズンをレンタルしまくって、
そして最終的には原作の小説版まで読みだしてしまい、現在に至っています。
そうですね・・・・
この「物語シリーズ」は・・・とにかく「時間の流れ」・「時系列」がかなり複雑て゜、しかも物語同士の時期が
重なっていたり、クロスしたりもしているので
初めてこのアニメ・小説を読む方は少し戸惑うのかも・・・・
以前どこかのレンタル屋さんで「物語シリーズの時系列表」が長々と横に貼りだされていましたけど
それを見て私自身・・・
「あ・・・そうなんだ・・実は・・物語と囮物語の間に時系列としては花物語がくるんだ・・・」とか
「時系列としては、猫物語の前にあの姉妹の偽物語があるんだ・・・」みたいな
発見もあったものです・・・
ま・・・要は・・・主人公の暦が迎えた高校3年の春から大学受験までの一年程度のお話が
「物語シリーズ」なのですけど、
全体の概要を掴んだ上で細部のあの細かい数々のギャグを楽しむ・・・というかなりマニアックでやっかいな視聴方法が
求められそうな話でしたね・・

私自身は、「物語シリーズ」の最大のヒロインは「戦場ヶ原ひたぎ」という解釈を取っていて
とにかく・・
私はあのツンデレちゃんが本当に大好きです!!
ま・・・だけど・・・実際にああいうタイプが自分の彼女とか奥さんだったら・・・
そうですね・・・・
30年近くは確実に寿命は縮まると思います・・・(苦笑・・)

「物語シリーズ」を2シーズン見た方は多分誰しもが感じていると思いますけど
とにかく・・・・
伏線が多いですし、
セカンドシーズンが終わった中でも色々と「謎」は残ったまんまなのですよね・・・
しかも厄介なのは・・・・
例えば、
ファーストシーズンの放映が終わった後で、ファーストシーズンで未放映の「猫物語」(黒)を特別枠で放送したり、
セカンドシーズンが終わった後に、セカンドシーズン未放映の「花物語」を特別枠で放映したりと
ま・・・確かに一部ゴチャゴチャ感がぬぐえないのですよね・・・
しかもこの物語シリーズは、大半が「会話調」で物語が進展し、中には・・・話のほとんどがギャグとマニアックな会話だけで
終ってしまい、ストーリーの進展が一つもなかった・・・・みたいな事もしばしばなんですよね・・・・

ま・・・とにかくどちらかというとマニア受けしそうな作品で、決して万人受けするようなアニメではないのですけど
やはのこの物語のとてつもない魅力にはまった人は相当多いと思います。
そういう私もその一人であることは間違いないのですけどね。

さてさて・・・物語シリーズのファイナルシーズンは下記の6作品で構成されています。

・憑物語
・暦物語
・終物語(上)
・終物語(中)
・終物語(下)
・続終物語

そして・・・・憑物語は既に昨年2014年の大晦日に・・・特別枠として既に放映済です。

だから今回の「ファイナルシーズン」は暦物語というよりも・・・「終物語」がメインとなると思われます。

さてさて、この終物語ですけど、
ま・・・ここであんまり深く語ってしまうとネタバレになってしまいますけどあんまり語りませんけど
とにかく・・・
「忍野扇」という終物語全体のキーパーソンがとても楽しみです・・・
ま・・忍野扇はセカンドシーズンでもちらっと登場し、その時から既に「謎要素」に満ち溢れていましたけどね・・・



謌ヲ蝣エ繝カ蜴歙convert_20150928175325



さてさて・・・「物語シリーズ」の中で私が特に特に大好きな戦場ヶ原ひたぎですけど、
原作で言う所の「終物語」下巻第6話「ひたぎランデブー」でヒロインとして登場してきますのて
この箇所は特に特に楽しみにしています!!

だけど・・・・

戦場ヶ原ひたぎってどこがいいのかな・・・??

この嫉妬深くとにかく理屈っぽくて、10000回口喧嘩をしても
多分10000回言い負かされてしまうほどの頭脳明晰さを誇り
それでいて、ツンデレで上から目線で、多分・・・・ヤンデレの傾向も濃厚・・・・
家庭環境は破滅的で、母親はとある宗教団体にはめられて、そこで財産を全て吸い取られた挙句
両親は離婚・・・
自身も母親の策略で一時、宗教団体の幹部に「性の餌食」として捧げられる寸前・・・・
ま、とにかく無茶苦茶なお方なのですけど、
なんかとにかく惹かれるのですよね・・・・

戦場ヶ原ひたぎのどこに惹かれるのかは正直自分でも何かよく分からない点はありますし、
多分・・・・ 前述の通り、
この娘が自分の彼女、または妻になったとしても・・・・
ま、多分、確実に寿命は30年程度は縮むと思うのですけど
なんか「それでも全然構わない!!」という感じですね・・・・

でも・・・・

戦場ヶ原ひたぎは時に、ホロッとさせるほど優しい側面を見せる事も多々あり
例えば「恋物語」で貝木に自分の無理難題の依頼事項を頼みに行き、それが了承された際の
あの涙顔とか・・・・
偽物語における暦とのあの伝説の・・・・「星空シーン」はとにかくじーーんとくるものはありましたね・・・
うん、まさに戦場ヶ原ひたぎは「ツンデレの鑑」ですね・・・

戦場ヶ原ひたぎは、そのツンデレ名言を数多く残してくれましたけど
特に印象的なのは・・・

「これまでの私の人生はあんまり幸福とは言えないものだったけれど……
だからこそ阿良々木くんと知り合えたのだと考えると、それを、全部、チャラにしてもいいと思えるのよ」

「ずっと一人でいると、自分が特別なんじゃないかって思っちゃうわよね。
一人でいると、確かに、その他大勢には、ならないもの。でも、それはなれないだけ。
笑っちゃうわ・・」

「好奇心というのは全くゴキブリみたいね・・・・
人の触れられたくない秘密ばかりに、こぞって寄ってくる。
鬱陶しくてたまらないわ。神経に触れるのよ、つまらない虫けらごときが!!・・・」

あたりなのかな・・・・

さてさて・・このファイナルシーズンでは果たしてどんな名言&名シーンを見せてくれるのでしょうか・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2469-ab59f432
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |