FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


最近の記事の中で、
太ももを毛虫に刺されてしまい、エライ目に遭った・・・みたいな記事を書きましたけど
実は・・・
足に関する最近の受難がもう一つありました。
何かと言うと、これはもう一か月以上も前の話かな・・・・8月下旬頃の話でしたけど
とある工事顧客の工事完了後のアフターのご挨拶にお伺いしたところ、
一つ苦情が・・・・
何かと言うと、ま、これは建築の世界ではよくある話なのですけど
着工前に家屋に足場をかける際、足場の邪魔になるという事で、鉢とかタイヤのスペアとか犬小屋とか
自転車等を移動する事がよくあります。
そして工事が無事に完了し、足場をばらす際に足場屋さんがうっかりして、鉢とかプランター等を元に場所に
戻す事を忘れてしまう事は別に珍しい事ではありません。
ま・・・一般的に足場屋さんは、荒っぽい人が多いですからね・・・・(苦笑・・)

今回もそういった類の話で、鉢の位置が元々置いていた位置と違うという内容のものでしたので
「ま、それくらいは別に自分がやってもいいか・・・」と思い
鉢とかプランターを指示された場所に移動してあげました。
「やれやれ・・・」と思っていたら、最後に一つ無茶振りが待っていて、
縦幅と横幅が50㎝程度、高さも80㎝ぐらいの鉢に何かよう分からない木が植えてあって
これを少し移動して欲しいとの事・・・・
一人ではとても無理なので一緒に手伝って欲しいとの事・・・
「え・・・これなんかとてつもなく重たそう・・・相手は70過ぎの高齢者だし・・・・大丈夫かな・・・」と思っていたら
案の定・・・・
その高齢者の方は「せーのー!!」と持ち上げた瞬間に
「重ーーーい!!」と叫び手を放してしまいました・・・・
当然バランスを失い、その重たい鉢は・・・・私の右足の親指あたりを直撃・・・・
親指に鉢が落下した瞬間は・・・・一瞬・・・・頭が真っ白になるほどのすさまじい激痛が走っていました・・・・

ま・・・幸い・・・・鉢は割れずに済みましたし、
しばらくのた打ち回っていると、痛みも無くなってきましたので、再度一緒に二人で鉢を持ち上げ
今度は手を放すことなく無事に移動が完了しました。

だけど・・・

会社に戻って靴を脱いで靴下を外すと・・・・

親指が真っ黒になっていました・・・・

現場監督にそれを見せると、
「あーー、これは完全に爪が死んでいるね・・・これは放っておくしかない・・・
その内自然に爪が剥がれて新しい爪が生えてくるよ・・・」と言われてしまいました・・・

そしてしばらくの間放置している間に、黒い爪がどんどん剥がれていきましたけど、
正直、「完全に剥がれるのはもう少し先かな・・・」と思っていた所、
またまたチョンボをしてしまい、
朝、靴下を履こうと思って、立ちながら靴下を履いている時に、
黒い剥がれそうな爪の部分と新しく生えてきそうな爪の部分の間に靴下を挟んでしまったようでして、
その時、視線は・・・室内の「ハピネスチャージプリキュア」に目が行っていて靴下は全然見ておらず、
靴下を上げた瞬間に・・・
そう・・・
私の黒く剥がれていた爪は・・・全て剥がれてしまったのでした・・・・

いやいや・・・・この時は・・・・すさまじい激痛が走りましたね・・・・(苦笑・・・)

植木鉢が親指を直撃した時の痛みなんて全然マシ・・・・

何かこう、電撃を食らったかのような全身ピリピリというものが走っていましたね・・・

あの時は・・そうですね・・・・3~4分くらいのた打ち回っていましたね・・・

ま・・・だけど、いわゆる「生爪を剥がす」というものではなくて、
既に死んだ爪が剥がれ、その剥がれた爪の下には、既に新しい爪が生えつつありました。

でもこれって・・・
爪の剥がれによる出血は特に無く、それによる痛みは特に無かったのですけど
その後・・・
まだ完全に生えていない爪に絆創膏を巻いても、靴下とか靴に直接当たってしまうもので
やはりその擦れ跡が痛いですね・・・

聞いた話ですと、こういうケースの場合、新しい爪が完全に生えるまでには三か月程度はかかるという事ですので、
ま・・・しばらくは我慢の日々ですね・・・(苦笑・・)

うーーん、なんか先日の毛虫の件と言い、今回の言い
なんか「足」に「厄・難」がありそうですね・・・
「浦和の調ちゃん」ではありませんけど、ここは調神社にお詣りに行き、厄払いでもしようかな・・・・??






8cde5b7d-s_convert_20150928155853.jpg


67c5b0b8-s_convert_20150928155927.jpg



ここから先はちょっとした余談です。

今回の話は、あくまで死んだ黒い爪が剥がれてしまった事によるヒリヒリした痛みなのですけど
聞いた話によると・・・・
「生爪を剥がす」というのは拷問にも使用されるほど大変に苦痛と痛みが発生するそうですね。
ま・・・だから今回は生爪を剥がすよりは全然マシだったと思います。

そうそう・・・「生爪を剥がす」というと、何か・・・
2010年にフジテレビで月に一回、深夜の一回一時間枠で放映されていた西尾維新原作の「刀語」というアニメの第4話を
思い出してしまいます。
西尾維新原作というと、「めだかボックス」という作品も印象的ですけど
私個人としては、「物語シリーズ」が大好きですね!!
あ・・・ちなみに今年の10月からこの「物語シリーズ」の第三弾というかファイナルシーズンの放映が
開始されます。
そうですね・・・・
私にとっては今秋一番期待しているアニメと言うと・・・・
やっぱりこの「物語シリーズ~ファイナルシーズン」ですね・・・!!

だけどこの「刀語」も大変面白い作品だと思います。

ま・・・幕府の設定が「江戸=徳川幕府」ではなくて、「名古屋幕府」という事すらして既にぶっ飛んだ設定なのですけどね・・・

この刀語の第四話の中で・・・

真庭忍軍・虫組のカマキリ・蝶々・蜂の三人が
この物語の主人公である虚刀流7代目当主・鑢七花の姉である鑢七実を人質にとり、
七花から変体刀を奪い取ろうと
七実が一人暮らす不承島にやってくるのでした・・

だけど・・・

結果論になりますけど、この七実というお姉さんは・・・・
病弱なんだけど・・・とてつもなく強いのですよね・・・・(苦笑・・)
多分・・・この3人が束になって襲ってきても・・・瞬殺しちゃうと思います・・・

先鋒を務めたカマキリは・・・

七実を襲撃するのですけど、簡単に返り討ちにあってしまいます・・・

そしてその際、七実は、色々と情報収集を図ろうとこのカマキリを拷問にかける訳なのです・・・

その際の拷問の一つが、この「生爪を剥がす」という代物だったのですけど
あれは・・・
見ているだけで痛そうでしたね・・・・(苦笑・・)

ま・・・このお姉さんはドSでもありまして・・・・なんか拷問なんかは楽しんでやっていそうて゜したね・・・
しかもこのお姉さんは・・・・
子供の頃に爪をかむクセがあった弟の七花のこのクセを止めさせようと・・・・
なんと・・・・
七花の生爪を全て剥いでしまう事までやっていましたからね・・・
うーーん、可愛い顔して何と言う恐ろしい事を・・・・・という感じでしたね・・・・

ちなみに、この回ですけど、第三話終了時の予告編では
「日本最強の剣士、錆白兵から果たし状を送られた七花・・・次回は錆白兵VS七花の激戦」という内容だったのですけど
蓋を開けてみると・・・・
「全然違うじゃ―――ん」という感じでしたけど
私としては、この七実姉さんにスポットライトを当ててくれたことの方が良かったです!
というか・・・
原作自体に錆白兵VS七花の激戦という話は無いのですけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

お大事に。

ぬくぬく先生。こんにちは。はじめまして。『野の花日記』のマリコと申します。

足の親指に植木鉢!痛すぎですね(>_<)。

その上、靴下でビリッと、無理に爪を剥がす(>_<)。

読んでて私にまでも痛さが伝染しました。
指先に神経が集中しているから、ほんとうに痛いんですよね。

保護する爪がないのも、不便ですよね。

自然回復を待つより仕方ないのですが、お大事にしてください(^^♪。

勝手ながらリンクさせていただいて居ります。よろしくお願いします。

ありがとうございます!!

マリコ 様


はじめまして!! 今回こうやってコメントを頂きとても嬉しく思っております。
改めてありがとうございました!!
マリコ様の「野の花日記」は、
紫水晶様が管理運営されている「猫の天使」でいつもお見かけしていて
こうやってリンクも貼って頂き本当にありがたいです!!
どうぞこちらこそ改めて宜しくお願いします。
こちらも後ほどリンクを貼らさせて頂きます。

さてさて・・・

足の爪ですけど、生えたばかりの足の爪ってとっても薄いから
靴下を履くだけで
なんか微妙にくすぐったい気持ちになり
しばらくは・・・当面ガマンの日々ですね・・・(笑)

お大事にとしか言えませんが

こんにちは。

大変でしたね。
重いもの、無理やり持ち上げないで、片側を浮かすように
して転がせば何とかなる場合もあります。

でも、それも何度か重ねていると「ぎっくり腰」になる
場合があります(経験しました)。

い、痛そう~っ!
私も幼稚園の頃、幼稚園の門扉に手の親指を挟んでしまい病院で親指の爪を剥がされた記憶があります
もうほとんど覚えてないのですが死ぬほど痛かった記憶が・・・
病院で剥がされて、あれだけいたかったのだから、どれだけ痛かったのか想像するだけで恐ろしいでありますのです
お大事にでありますのです。

おはようございます。

う~~~っ
読んでいるだけでも痛みが伝わってきます><
指に関する拷問としては、爪をはがすとか、爪と指の隙間に
針を刺すとか、万力で指を挟んで締め上げるとか
色々ありますが。。。
どれも絶対経験したくはないです( ;´Д`)

お気の毒に…。

ひっ!
これは…。
治りかけに、再び…、なんてことにならないように、
どうぞお大事に。

関係ないけど。
ロッテ、CS出場おめでとう。
もしや、下克上ふたたび!?

Re: お大事にとしか言えませんが

ichan 様


いつもコメント頂きありがとうございます!!

重たいものの移動は・・そうですね・・・もう年だから(?)自重したいものです・・・(苦笑・・)
ま、今回の鉢移動は自分とさらに二回りも年上の高齢者だから、ある意味仕方がないのですけど
それにしてもいきなり手を離さないで・・という感じですね・・


爪の痛みはヒリヒリしてダメですね・・・

キングハナアルキ 様


コメントありがとうございます。

そうなんですよね~、爪というのは手であっても足であっても剥がれる際のショックはかなりの激痛が
あり、本当に嫌なものですね・・
だけど・・・
毎日の生活の中で、まだ爪が生えかかったばかりの状態と靴下の引っかかりが何ともヘンな違和感があって
そっちの方が現在尾を引いています・・・(苦笑・・)

もしかして・・・女王様・・?? (笑)

紫水晶様


うーーむ、紫水晶様のコメント読んでいる方が足の爪よりも「痛い感覚」があります・・・(苦笑・・)

指に関する拷問記事を読むと・・・

なんだか・・・

もしかして「紫水晶様は女王様・・・??」みたいなヘンな妄想も湧き起こりそうですね・・・(笑)
爪と指の隙間に 針を刺すとか、万力で指を挟んで締め上げるなんてのは
想像するだけでなんか血の気が引きそうな痛さがありそうですね・・・

早いとこ、元の爪に戻りたいですね・・・

ありがとうございます!!

mama.ikuko 様

いやいやご心配頂きありがとうございます。

ま・・三か月ぐらいは靴下履くと違和感がひどいと思いますけど
あの激痛がないだけマシです・・・

ロッテのCSは本当に嬉しいです!!
巷で囁かれる「5年周期」が本物なら
またまたあのソフトバンクを撃破できるかも・・・??

それよりも・・・

阪神が藤波で落としてくれてよかったですね!!
そして黒田も偉いです!!
そして泣いても笑ってもあと一試合・・・
うーーん、なんて劇的な最終戦なんでしょう!!
だけど私はカープのCS進出を信じていますし、当日はカープファンではないけど
カープを応援します!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2468-2b6cece8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |