プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.市立川口高校


 D/吹奏楽のための詩曲「永訣の詩」(名取吾朗)


 そうですね・・・・以前も書いた通り1984年の高校の部の全国大会は
 私が生まれて初めて普門館で聴いた全国大会でありますし、とにかく・・・思い入れがある大会でした。
 高校の部の開催前日なんて・・・
 別に自分が出場する訳でも何でもないのに、なんかとにかく興奮してあんまり夜も眠れず
 多分・・・半分徹夜状態だった記憶がありますね・・・
 出場するチームの中では、特に特に・・・天理・花輪・秋田南・習志野・東海大学第四・淀川工業・野庭あたりが
 「絶対聴いてみたい!!」と思わせてくれる注目チームでしたけど
 (唯一つ残念だったのは・・・
 とにかく・・・1982年の「幻想舞曲集」のあの素晴らしい名演を聴かせてくれた就実高校が
 まさかの中国大会ダメ金で、全国大会への出場を逃し、この大会では就実の雄姿を拝めなかった事かな・・)
 
 その中でも・・・特に特に大注目チームが市立川口に尽きましたね!!

 市立川口高校は、
 1979年の全国大会初出場でいきなり金賞を受賞したネリベルの「二つの交響的断章」の
 歴史的ウルトラ名演によって一気にブレイクしたと思いますが、
 1981年~82年の2年間は、更にとてつもない「偉業」を成し遂げてくれました。
 それが何かと言うと、
 当時の指揮者の信国康博先生による「無言の変革」という自作自演の自由曲を二年間に渡って
 全国大会でお披露目し、そのあまりにもぶっ飛んだ内容で
 当時の吹奏楽関係者に強烈なインパクトを残しています・・・・

 ま、だけど・・・・

 この2年間に渡る市立川口の「無言の変革」シリーズの際は、
 私は高校1年~2年の時だったのですけど、
 こんな音楽の事なんか何も分かっていない当時の自分にとっては、市立川口の演奏の「毒」は
 効果覿面でしたね・・・・
 結果的に・・・・
 「こんなもの凄い事をやってのける高校の演奏を是非生で聴いてみたい!」とか
 「まずは高校を卒業し上京し、出来ればこんな凄い学校がある川口市に住んでみたい・・・」とか
 考えるようになり、
 なんと、本当にそれから十数年後に生まれも育ちも川口市のうちの奥様と出会い、
 本当に本当に・・・埼玉県川口市に住むことになってしまい・・・
 ま・・・・そうですね・・・
 「アホの執念、岩をも通す・・・」という感じなのかもしれませんよね・・・
 そうですね・・・
 プリキュア風に表現すると・・・
 「強く願い続ければ・・・どんな夢も叶う事が出来る!!」みたいなものなのかな・・・・??

 ま、それだけ「市立川口」の演奏は、結果として、とある仙台の田舎の県立高校の吹奏楽部在籍の
 青少年の運命すらも左右する事になっていましたし、
 それだけ印象度の極めて高い演奏を私に残してくれたのだと思います。

その意味では・・・「市立川口高校吹奏楽部」の存在は、私にとっては
 「秋田県立花輪高校吹奏楽部」の存在と同じくらい、私の人生を変えてしまった存在と言えるのかも
 しれませんよね・・・
 どちらにしても・・・
 この二つの学校に対しては、私は・・「感謝」という言葉しかありません!!

あ・・・・なんかまたまた話の前振りが長くなってしまいました・・・

 1984年の「永訣の詩」ですよね・・・

 とにかくそんな訳で市立川口高校の演奏は、個人的には大注目学校の一つでした。

 そして演奏を聴いてみての感想はと言うと・・・

 そうですね、たった一言で言うと「すごい・・・市立川口はこういう内省的な演奏も出来るんだ・・」というものでした。
 どうしても市立川口と言うと、
 あの二つの交響的断章の爆演とか1980年の「神の恵みを受けて」といういかにもアメリカオリジナル作品らしい
 都会的洗練さと過剰過ぎるとも思えなくもないダイナミックスさ、
 そして・・・何よりもあの2年間に渡る「無言の変革シリーズ」のように
 表面的な華やかさ、多才な楽器の使用、あまりにも鮮やか過ぎるffとppの落差の激しさ、静と動の極端な落差などといった
 「外見的な派手さ」が目立つ印象にあったのですけど、
 その点、この年の演奏は、従来とは全く異なるものであり、
 どちらかというと・・・・
 そうした見た目の曲華やかさで勝負するのではなくて
 音楽の「内面」にぐぐっと踏み込んだ「内省的な演奏の世界」に入り込んできた・・というような印象を
 強く持ったものでした。

 そうですね・・・市立川口みたいに技術的に高い水準をもった学校が
 こうした技術的には易しい課題曲D/マーチ「オーバス・ワン」を取り上げた事自体極めて意外でした。
 (と言うか・・・この年の関東4代表のうち、3チームが課題曲Dを選んでいました・・・)
 信国先生のこれまでの選曲パターンで言うと
 「当然・・・課題曲B/土俗的舞曲のような日本的情緒が漂う曲を選ぶのかな・・」と思っていたらこうした簡単なマーチを
 選ぶとは少し意外・・という感じもしましたけど
 課題曲は実にオーソドックスに普通に何の捻りも無く仕上げられていましたので、逆に・・・
 「へーーー、市立川口はこういう普通の曲も普通に演奏できるんだ・・」となんかヘンな感じ方をしたのも・・
 なんか逆にこの学校らしいですね・・・
 テンポ設定が落ち着いていてサウンドもとても美しい響きでしたので、課題曲Dとしては当日聴いた中でも
 見事な出来栄えの一つだったと思います。
 そして、自由曲の「永訣の詩」ですけど、
 とにかく・・・こうした内省的な深みのある曲を一音一音よく考え抜いて吹いていて、
 じっくりと練りに練った解釈の下、曲の内省的な緊張感を終始キープしたまま演奏を展開し、
 とにかく・・・最初から最後まで
 何かウトウトする事も許されないような有無を言わせぬ圧迫感というか劇的な緊張感をずーーっと
 客席に与え続けていたような印象があります。
 それとこの演奏で何がすごいかと言うと・・・
 どうしてもアマチュアの吹奏楽の場合、全体での勢いがある場面は華やかでいいのですけど
 ソロになったりサウンドが薄くなったり、奏でる楽器の数が少なくなってくると
 とたんにサウンドが貧弱になったり表現が消極的になるような傾向も決して無くは無い中・・・
 市立川口は、ソロの場面でも
 大変うすく書かれている場面でも
 奏者が臆することなく自信たっぷりに堂々と吹いていて
 音楽としての表現力が消極的になる事は全く無く、逆に・・・
 ppの熱演・・・静の場面の音楽的熱狂とか劇的な息が詰まりそうな緊張感を演奏開始から
 静かに曲が閉じられるまでの間ずーーっと保っていたのは
 とにかく・・・「お見事!!」としか言いようがなかったです!!

それまでのようなお相撲さんの豪快な「突き押し相撲」みたいな演奏から
 舞の海の「技の百貨店」・「猫だまし」みたいな多彩な表現が出来る演奏へと見事に脱皮を果たしてくれたと思います。

 演奏自体、静かに曲が閉じられ、演奏が終わっても客席には
 なんか緊張感が漂いつづけ
 「一体今のはなんだったんだ・・・」みたいな空気が流れていたせいか
 私の記憶の中では、演奏終了後の拍手は意外と少ない・・・という感じはありましたけど
 そうですね・・・あれは完全に・・・
 客席が市立川口の演奏にのまれていました・・・

 この「永訣の詩」ですけど、1987年にも花輪高校がこの曲を自由曲に選んでいましたけど
 両校の演奏らはかなりの違いがみられましたね。
 一番大きな違いとしては 
 序盤の金管楽器なのですけど
 市立川口はユーフォニアム一本のみを使い、朗々と吹き上げ、なんか「寂しさ・孤独」を演出していたようにも
 思えますが
 花輪はあの部分はトランペットを複数使用し逆に「豪快さ」を演出していたようにも思えます。
 市立川口は比較的淡々と都会的に洗練された演奏を展開していますが
 花輪は・・・
 そうですね・・・いかにも「日本の幽霊の怨念」のようなドロドロとした演奏を聴かせてくれていて
 やはり、同じ音楽の素材でも指揮者の解釈でこうも印象が変わってしまうんだ・・・みたいなものを
 如実に表していたと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


市立川口を取り上げさせて頂きましたので、
やはり・・・
「花輪・就実・秋田南・市立川口等の演奏を後世に少しでも伝えたい」と願っている私としては・・・・
やはり「無言の変革」、その中でも1981年の「問い」を
再度語りたくなってしまいますね・・・・(苦笑・・)

このブログの吹奏楽カテゴリをご覧頂いて方の中には「またか・・・」と思われる方もいるかとは
思いますが、
ここは・・・市立川口の花輪の「自称・後世への伝道師」を勝手に語っている身としては
ついつい語りたくなってしまいます。

そこで以下に少しばかり・・・語らさせて下さい・・・


 改めてですけど、市立川口の1981年の「無言の変革」~問いは凄かったですね!!

 あれはまさしく「伝説の演奏」に相応しい演奏だと思います。

 1課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュも
 前半のテンポをすさまじいくらい遅めに設定し、信国先生らしいアクの強さを全面に押し出しただけでも
 既に「お腹一杯」だったのですけど、
 自由曲の自作自演の「無言の変革」~問いは、更に・・・・
 凄い事になっていましたね・・・・

 演奏ユニフォームが当時としては斬新だった真っ赤なブレザーに白スカート(白ズボン)というのも凄かったですけど、
 そして何よりも・・・・
 打楽器奏者が10人くらいいたかな・・・・・
 普門館のステージにとにかく打楽器をずらーーーっと並べ、
 二台のティンパニー、大小のチャイム・カリヨン(鐘)・大小のドラ、様々なトムトム、各種鍵盤打楽器を
 曲の冒頭から叩きまくっていましたね・・・・
 さらにその上で、
 曲の中間部あたりで突然ホルン奏者等が立ち上がり体をくねらせながら「法螺貝」を吹きまくったり
 グランドハープを恐らくコンクール史上初めて普門館に持ち込んだりと
 とにかく見た目の演奏効果は抜群でした!!
 曲自体とても斬新でしたね・・・・
 アルトサックスのソロも素晴らしかったです!!
 当時としては、「やや硬直化しマンネリ気味だった自由曲の選曲」について
 「こういう方法はどうなのか・・・・」という斬新な「問いかけ」という意味合いももしかしたら
 信国先生は意図していたのかな・・・・?
ま、今となっては知る由もありませんけど・・・・
 曲の終わらせ方も極めて秀逸で、コラール風に荘厳に鳴り響き、
 「これから何かとてつもないことが始まろうとしている・・・」みたいな事を暗示するように
 大変高潮化したような気分のまま興奮のるつぼのまま
 曲が劇的に閉じられ、
 とにかく「凄まじいインパクト」は残してくれたと思います。
 確実に普門館の聴衆に「何か」は伝えていたと思います。

 打楽器が普門館のステージにずらーーーーっと並んでいた光景と言うと
 1991年の埼玉栄の「・・・・・そして、どこにも山の姿はない」とか
 1995年の都立永山の「我、死者たちの復活を待ち望む」というのもかなりインパクトはありましたけど、
 やっぱり・・・・楽器の数の多さ、舞台上の演出・曲自体の斬新さに関しては・・・
 市立川口の「問い」は超えられないかな・・・
 だからこそ、あの年の市立川口の演奏は、まさに「伝説」なのだと思います!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2464-91dd8787
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |