プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・・今回の姫プリは・・・まさに「驚き」ばかりで
ドキドキの六花風に言うと・・・
「ツッコミ所が多過ぎで、どっからツッコんでいいのかわからなーーい!!」という感じですね・・・(苦笑・・)
ただ一つ言える事は・・・
今回の話の本来の意図としては「クロロ」のお披露目という事がメインなのでしようけど
結果は・・・
そうですね・・・
まさに・・・・シャムールのシャムールによるシャムールのための回になってしまい、
まさにこの回の主役はミスシャムールというニャンコ先生でしたね!!
ま・・・主演女優賞はシャムールで決まりなのですけど
主演男優賞は・・・意外でしたけど、シャットで「けってーーーーい!!」という感じなのでしようね・・・
(by 夢原のぞみ・・・・)

それにしても・・・・

今更改めての話ですけど
「ロック」の消滅はかなり意外というか、この人は間違いなく最終決戦まで生き残り、プリキュア達に色々と
えげつない事したり、更に・・・トワ様に色々と精神攻撃を仕掛けて揺さぶってくるのかな・・と思っていただけに
その「早すぎる退場」が惜しまれる・・・と思っていたら・・・
なんのことはない、
昨年のハピネスのファンファンと全く同じ展開になってしまいましたね・・・・
というか・・・
最近のプリキュアの傾向として「妖精の闇堕ち」が多用される傾向にありますね・・・
スイートのセイレーンがその始まりなのかな・・・
そしてハピネスのファンファンに、今回のクロロですか・・・
そうですね・・・前作のハピネスのファントムがあまりにも男前で格好良くて、しかも・・・「アンラブリー」という
まさかの女装までお披露目してくれたのですよ!!
だからファントムが浄化されて、なんかあんな泣き顔のタレ目の妖精の姿に戻った時は・・・・
そうですね・・・正直、思いっきりテンションが下がったものですけど
今回も・・・ま・・同じような傾向なのかな・・・
ま・・だけど・・個人的には、ロックはあまりにもトワ様=スカーレットを色々と苛めすぎたし
最後は野心丸出しのガマオ・・・みたくなってしまったから・・・
「バーーカ!! 自業自得だね!!」という感じになってしまったかな・・・・(苦笑・・)
「妖精の悪堕ち」というと、その源流はどのあたりにあるかと言うと・・・そうですね・・・
「プリキュア5GoGo」のシロップがアナコンディにたぶらかされて瞬間的にエターナルの陣営に加わりかけた事とか
フレッシュの最終決戦前後にて、シフォンが「インフィニティ」として
メビウス様の無限メモリー装置の一部と化したことがそうなのかな・・・
「妖精の闇堕ち」というとセイレーンもファンファンも
そうした悪堕ちした際の記憶が浄化されても残っていたのが特徴なのですけど、
今回の場合は・・・クロロにロック時代の記憶が一切無い・・・というのも何かそれはそれで新しい試みのような
感じがあります。
どうなんだろう・・・なんかあのクロロは・・・いずれ何かをやってくれそうな気がします。
最終決戦直前に、プリキュア達に何か新しい力を与えるとか
はるかたちが「グランプリンセス」になるために何かアイテムを生み出してくれるとか・・・
ま・・・とにかく・・・今回で少しははるか達に心を開き、徐々に「仲間」となっていくのでしょうから、
その動向も注目して見ていきたいものですね・・・・

私自身、シャットは、「多分この人は最終決戦後もしぶとく生き残り、最終的には浄化されて
トワ様の執事として未来永劫変わらない忠誠を誓う道を選ぶ」のかな・・・と勝手に予想を立てていたのですけど
そうした中・・・
ある御方から頂いたコメントの中で
「シャットは、スカーレットがディスピア等の攻撃を受けてピンチに陥り、これがトドメだーと言わんばかりの
何かとてつもないビーム等の攻撃を食らった際に
スカーレットの前に立ちはだかり、自身の身を挺してスカーレットをかばい、そして消滅していく・・」
という予想を聞かせて頂いたのですけど
それを見て、そうですね・・・自分自身も「なるほど!! そういうのもありか・・・」と感じたものでした。
そうですね・・・・
出来れば、そういう事態が万一起きた場合、
「そんなにも私の事を思ってくれていて・・・」と悲嘆にくれて号泣するスカーレットを横目に・・・
クロロが現時点では「何か眠っている能力」が覚醒し
シャットを蘇らすことができたりしたら・・・・それはすごいな・・とも勝手にヘンな妄想をしちゃったりもします・・・








55adf7f8_convert_20150922232531.jpg


それにしても・・・今回のはるはるのお化粧顔は・・・まるで「お化け」そのものですね・・(苦笑・・)

その点・・・やっぱり、みなみときららとトワ様は・・・やっぱり・・・出来る人ですね・・・

ま、はるかの偉いところは、バレエ・ヴァイオリン・テニス・お茶の淹れ方など全てがそうだったのですけど、
最初はダメダメでも
きちんとはるか自身が努力を重ねて、
自分自身の努力の結果として、そうした事一つ一つをきちんと自分のモノにしている点は凄い・・・としか言いようが
ないと思いますし、
それが自然にできちゃう点がこの娘の最大の美点なのだと思います。
「ドラえもん」ののび太がドラえもんのアイテムにばっかり頼り過ぎで、逆に「自助努力」を全くしない姿とは
全く対照的であり、この点は・・・のび太ははるはるの爪の垢でも煎じて飲む必要がありそうですね・・

はるかは・・・寝起きの髪の毛の爆発もすごいものがありますけど、
こんな厚化粧をしてしまうと・・・なんかもう既に「おばさん」みたいな雰囲気になってしまいますね・・・・(苦笑・・)
なんかこれはあくまで私の妄想なのですけど
もしも30年後に「プリキュア同窓会」を開催したとしたら・・・・
何となくですけど、すさまじい「おばさん化」が進行している人は・・・なぎさ・咲・奏・あかね・なお、
そしてはるかあたりなのかな・・・と思ったりもしますね・・・・
ま・・これはあくまで何となくですけど・・・・(笑)
逆に全然変らないお方は・・・かれんさんとゆりさんあたりなのかな・・・(苦笑・・)

それにしてもトワの薄化粧もやっぱり素敵!!
「メイドに昔習った・・」なんていかにもこの人らしいお言葉ですね・・・

さてさて、そんなメイクがダメダメなはるかが、シャムールにメイクレッスンを受けようとしたところ・・・
呼んでも応答なし・・・
心配したはるか達がシャムールを探しに街まで行ったら・・・
見てはいけないモノを見てしまった・・・(?)というのが今回の話なのかな・・・


ee4493a3_convert_20150922232639.jpg


dfb36ef0_convert_20150922232734.jpg


8f0355a3_convert_20150922232506.jpg


3bc90849_convert_20150922232409.jpg


それにしてもミス・シャムールは優秀な妖精さんですね・・・・

歴代プリキュアの妖精さんって、
どちらかと言うとプリキュア達の精神的なフォローという役割以外は、例えば戦闘面あたりなんかは
ほとんど「役立たず」という人が多かったようにも感じられるのですけど
(その典型的な事例がココとナッツ・タルトくんあたりかな・・ま・・ハミィのお人よしポンコツ振りも凄まじかったですけど・・)
中には出来る妖精もいたりします。
その典型例がスマイルのポップとか(あの変身能力と戦闘能力の高さは凄いものがありました・・・)
ドキドキのダビィだと思いますが
特にダビィの場合、人間体として普通にまこぴーのマネージャーを担当したり、更には・・・普通に自動車の運転なんかも
出来ちゃたり、
またまた妖精体としては・・・ソードをガードしたり、ある時は攻撃に加わったりもしていましたから
もしかして・・・出来る妖精No.1なのかもしれませんよね・・・

だけど・・・

ミスシャムールもダビィに劣らない優秀さを誇っていましたね!!

だって・・・日常的にははるかたちの「ロイヤルティーチャー」として指導を適切に行っているし、
たまーにああやって街にやって来ては人間界の事を色々と吸収学習したり、
普通に買い物したり、
またある時は・・・ジャグリングをお披露目したり
はたまた・・鳥や猫たちと会話をしたりと・・・
とにかくその優秀さは際立っていたと思います。

だけど・・・・そんな事よりも・・・今回の一番のツッコミ所でもあり見せ場でもあるのですけど、

何と・・・!!

シャムールはここの所・・・自信喪失気味のシャットに対しても
メイク教室&悩み事相談回を開催していましたからね・・・・
いやいや・・・・これは驚き!!
私、歴代プリキュアをずーーーっと長い間見ていましたけど、こうした敵幹部に対する「悩み事相談回」なんてのも・・・
多分初めてなのかな・・・
ま・・そのあたりが冒頭の「ツッコミ所多過ぎ・・!!」みたいな感じなのですけどね・・・
ですけど、最近はシャットに対しては・・・単なる「マヌケ幹部」という扱いではなくて
確かに同情する面は多々ありますね・・・
憧れのトワイライト様はいなくなってしまうし、仕事の上でも段々と自分の居場所がなくなりつつあるし、
かつては「三銃士」の仲間でもあった
ロックは瞬間的にでも「自分が王となる」みたいな野望を抱いた揚句、元の姿に戻ってしまうし、
初期の頃はディスピア様からお叱りを受けただけであんなにブルブルと震えていたクローズは、既に
自分の上司みたいなもの・・・
つまり・・・シャットの「自信の無さ」の根源は何かと言うと
「自分らしさが発揮されないストレス、自分の居場所と言うか存在場所が無い哀しさ」という事なのだと思いますが、
要は・・・
最近のこのブログでも頻繁に登場してきた「主体性」の欠如というのか
「自分はこうしたい!!」といものが見えないもどかしさ・・・という事なのだと思います。
だけど・・ま、確かにシャットは敵幹部なのですけど、
こうした事は人間社会においても企業や学校と言った組織ではよくある話ですし、
そういう意味では、大変同情したくもなってしまいます・・・

そうしたシャットの「孤独・迷い」に対して適切なアドバイスを送ったのが・・・ミス・シャムールという事なのだと
思いますけど、
ま、それに関しては確かに色々な意見もあるかとは思いますが、
最近のプリキュアの傾向として「敵幹部の救済」にも光を当てている事とか
プリキュア達も・・・例えば昨年負傷して動けなくなったファントムをゆうゆうが看護していたように
「敵に塩を送る」というか
「困っていると時は、敵と言えども救いの手を差し伸べる」みたいな事を象徴しているのかな・・・とも
感じました。
ま・・・そうですね・・前作のハピネスにおいても
「新しい幹部が登場した・・・俺の立場は・・・存在意義は・・」と悩んでいるオレスキーに
ラブリー達が「困った時はなんでも相談して」と手を差し伸べた事も既にありましたからね・・・・
ま・・・あの時は「実は・・・」と言い掛けた所で終ってしまいましたけど、
なんか今回のシャットの一件は、こうした「前作からの継承性」という事も示唆しているのかな・・とも感じたものでした。
余談ですけど、プリキュア5GoGOののぞみも・・
エターナルを放逐し一人悩んでいるブンビーさんと公園のベンチで相手の姿が見えない状態で背中合わせに
なっていて、
のぞみが試験勉強のため辞書を引き、例えば・・・「時期尚早」なんて四文字熟語を唱えていると
ブンビーさんが「そうだよな・・確かに時期が早すぎるよな・・」とか色々ブツクサ言って
結果的に全く会話が噛み合わなそうで噛み合っている人生相談回みたいなものもありましたけどね・・・・(苦笑・・)
私の脳内妄想としては、のぞみが素敵な学校の先生になっても
たまーーにブンビーさんの「便利屋」の様子を探りに行き、
ブンビーさんが、高齢者の独り暮らしの家から、預貯金等を巻き上げようと悪巧みしている所を
「あーれーー、なーにやってんのかな・・・」と何かと目を掛けている様子を
なんか・・・妄想してしまいますね・・

いやいや、それにしてもミス・シャムールは出来る妖精・・・

シャットと普通に戦闘も出来ますし、シャットの「心の迷い」も一発で見抜いてしまいますし、
相手の話をきちんと聞いたうえで、何と・・「人生相談」までしてしまい、
結果的に・・・シャツトの自信まで回復させてしまう・・・
うーーむ、ダビィもすごいけど、シャムールもなかなかのものでしたね・・・

前述の、もしも・・・という仮の話ですけど
シャツトがスカーレットを庇って消滅したとしたら・・・
なんかそうした場合は・・・フレッシュの最終決戦でベリーとパッションを庇って
ブラックホールへと吸収され一旦は散って行ったサウラーとウエスターを彷彿とさせてくれちゃいますね・・・・



3ce72291_convert_20150922232432.jpg


なんか今回に関してはプリキュア達の戦闘シーンすらも印象を弱くしてしまうシャムールの活躍でしたけど、
そんな中・・・・
なんかフグ対キュアスカーレットという妙な対戦カードが組まれていたのはなんともお茶目でした!!

ああいうスカーレットも中々いいものですね!!

最後に・・・

姫プリは4人の素敵な女の子がそれぞれの「夢」を見つけて実現していくお話でもありますし、
その「夢」の過程の結果が「グランプリンセス」という大変分かりやすい構図になっていて
しかも・・・・
グランプリンセスになる事でホープキングダム救済も図れるという
いわば一石三鳥みたいな側面もあるのですけど、
これは同時に・・・
敵幹部にだって「実現したい夢」はある・・という事なのかもしれませんよね。
何か脳内妄想としては・・・・
クローズもシャットも案外その正体は、ロック同様ホープキングダムの妖精だったりして・・・・
クローズは、父親の宮廷楽師から
「お前も・・・・クラシック音楽を勉強しヴァイオリンを練習しろ!!」と言われた事に反発し、
実は自身の本当の願いである「ロックミュージッシャンになりたかった・・・」という夢を実現出来なかったとか・・
シャットは・・元々はトワにお仕えする執事だったけど、
中々うまくお仕えする事が出来ず、
「なんとか・・・トワ様のそばにいてお仕えする事にこの身を捧げたい!!」と元々そうした夢を持っていたとか
なんかそうした「捻り」があると面白そうな感じもありますね・・・

ま・・・プリキュアは最後の最後まで予想が外れる所がまた面白いところ・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

私もシャットさんとシャムール先生しか見て無くて
「そうか化粧してたか・・・」と思い出しました(笑
はるかのおてもやんメイクはまさに幼児のお母さんの真似化粧って感じでしたねw
しかし今回は口調に特徴あるキャラが多くて楽しいです(^-^)
もう飽きられてますがシャット・ロック・シャムール先生は真似して言うと子供が受けてましたw
それだけにシャットさんにはやっぱり生き残っていて欲しいですね~。

アホだけどウエスターも素晴らしかったです!!

じょるの  様


いえいえ・・こちらこそ素敵な予想を聞かせて頂き、
「なるほど・・!!」と感じたものでした!!

ウエスターもあのシーンは本当によかったですね!!
どうしてもこの人は・・・「愛すべきバカ」というイメージが強いのですけど、
かなり義理堅いというか、
最後までパッションを「イース」と呼び続けていた事は、逆に言うと「仲間意識の強さ」の表れ
でしたからね。
本当に復活してくれてよかったです!!

さてさて・・・シャットはどういう展開を見せてくれるのか、プリキュアの戦いとは別に楽しみな要素ですね。

今作は甘えん坊声が多いような気も・・・

りえ太 様


はるかは・・この回はポンコツ回に近いけど
9/27の回は素晴らしかったですね!!
きららも素晴らしかったけど、はるかの自助努力というか他人の力を借りながらも
「自分でもできる事は自分で何とかしよう!!」というまっすぐで素直な言動にも大変好感が持てます!!

ハピネスのイノセントフォーム初期の頃の厚化粧も・・ま・・ちとすこしひどいものがありましたけど
はるかの場合は・・・
「けばい」レベルも超えていたのが何とも言えずお茶目な所でした・・・(笑)

それにしても姫プリは、シャムールと言いはるかと言い
なんか特徴的な声が多いですね。
あの二人の独特な甘えん坊声は・・かなり耳に残りますね・・・

シャットは・・・そうですね・・・なんとかしぶとく生き残って欲しいものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2463-ac3b8c3e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |