FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


うちには・・・なぜか知らないけど
「吹奏楽コンクール」の昔のプログラム・・・例えば・・・1970年代の県大会あたりのプログラムが
結構残ってたりしています。
そうなんですよね・・・・
なんかこういうのって今更捨てるに捨てられないのですよね・・・
面白いもので、雑誌とかDVDとか本なんかは、
「あ・・・なんか最近これほとんど見なくなったな・・・捨てるのも勿体無いし、
ブックオフにでも持っていって一つ30円程度でも値がつけばいいや・・!!」と思い
結構ブックオフ等で処分も簡単にできるのですけど
こういう昔過ぎるものは・・・・意外と捨てるに捨てられない・・・
しかも・・・その対象が「吹奏楽関連」でしょ・・・・そりゃ、中々今更簡単には捨てられないですね・・・・
もしも・・・
あと10年くらい経過したら・・・
その時・・・「プリキュア」関連の本とか食玩とかDVDなんかを見て
「あの頃は・・こんなの大好きだったんだな・・・」と思う事は果たしてあるのかな・・・
もしもプリキュアとか吹奏楽に興味を失っている自分がいたとしたら・・・
なんか怖いものがあったりして・・・(苦笑・・)

ちなみに・・・・うちの奥様は典型的な「捨てることが出来ずになんでもかんでも保管しておくタイプ」・・・・
だから・・・
彼女の断り無しに
自分が勝手に「これ・・・もう要らないだろ」とか「これは単なるガラクタじゃん」と思って
勝手に捨てると・・・
あとで大変な痛い目に遭います・・・・(苦笑・・)

ま・・・そんな話は置いておいて、前述の1970年代の県大会レベルの吹奏楽コンクールの
当時のプログラムを開いてみると・・・・
今では絶対にありえないような曲が色々と並んでいて、実に興味深いです!!

一例を記すと・・・・

〇モーツアルト       歌劇「フィガロの結婚」序曲

〇ベートーヴェン     交響曲第5番「運命」第一楽章

〇  同上         劇付随音楽「エグモント」序曲

〇  同上         序曲「コリオラン」

〇ヘンデル        水上の音楽より、メヌエット・フィナーレ

〇ハイドン         交響曲第100番「軍隊」より第四楽章

〇ヴィヴァルディ     合奏協奏曲集より

〇ウェーバー       歌劇「魔弾の射手」序曲


うーーーん、これは確かに・・・現代ではほぼ100%ありえない選曲ですね・・・

そうですね・・・
当時は・・・まだまだ「クラシック音楽の名曲」を模倣することから始めよう・・・みたいな意識が強かったのかも
しれませんし、
指揮者の先生も・・・・
「ま・・・・とりあえず・・・著名なクラシック音楽の作曲家の先生たちの曲を演奏すれば・・ま・・・いいのかな・・」みたいな
ノリがあったのかもしれませんよね・・・

考えてみると・・・

今現在の現役奏者の皆さんはある意味幸せですよね・・・・

これだけ・・・吹奏楽に合わせる形での色々なアレンジが数多く存在し
邦人オリジナル作品も充実し、
アメリカや西洋の吹奏楽オリジナル作品も一層充実し
現在の吹奏楽の実情をよーーく考慮した良質なアレンジ物が溢れ・・・
とにかく「何もないない・・・」尽くしだった自分達の現役時代から眺めてしまうと
本当に羨ましいものがありますね・・・

1970年代当時なんかは・・・

まだとこかに・・・
「こんだけ音楽史的に有名な作曲家が作った曲なのだから、別に吹奏楽用に多少・・・アレンジしても
おかしくはないだろ・・・
もしも・・・ヘンな演奏になったとしたら・・・
それは生徒達の下手くそなウデのせい・・・」という気持ちはあったのかもしれませんよね・・・

当時は・・・・そうですね・・・

自分の感覚としても・・・

いくら著名な作曲家でも吹奏楽作品にアレンジして相応しい作品と全然相応しくない作品があるという
初歩的なイロハのイ・・すらも中々理解できない頑固者指揮者が
まだまだ数多く存在していた・・・という事なのだと思います。

ま・・・その辺りのギャップは・・・・

このブログでも「響け! ユーフォニアム」カテゴリの中で自分の中学時代のトラウマとして
色々と語っていましたね・・・・

最後に・・・・

今年の吹奏楽コンクールでは、実に興味深い選曲が一つありました・・・・

何かと言うと・・・

ブルックナーの交響曲第8番です・・・・

果たしてあんな「吹奏楽」とは極めて相性の悪そうな曲をどのように料理するのか・・・・
あくまで「原曲」を尊重しながら原曲に近い雰囲気を維持するのか・・・・
あくまで「原曲」は原曲・・・自分達が演奏するのは・・・
その原曲をモチーフにした原曲とは趣向を異にする別の曲みたいな解釈で演奏するのか・・・
なにかこのあたりは・・・・
大変興味があります。
以前・・・・確か2005年辺りだったかな・・・
ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」とかラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」という
管弦楽で言う所の「協奏曲」のジャンルを吹奏楽コンクールの自由曲として選択したチームがありましたけど、
あれは・・・・
そうですね・・・
どちらかというと・・・
原曲ではない・・・なにか別の曲みたいな感覚がありましたね・・・

さてさて・・このブルックナーをどのように調理してくれるのか・・・
今年のコンクールの楽しみの一つです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

このラインナップは新鮮です!
(逆に聞いてみたいですね)
もう中学の記憶が遠すぎて忘れてますが、
多分私の頃はショスタコービッチ大人気時代だったかと・・・
曲名も全て忘れましたが、中2の時にマリンバでソロがあって
死にそうに緊張した事だけは未だに覚えています(苦笑)

いつだったか・・・
全国大会で新日鉄室蘭だったかな(?)が「魔弾の射手」序曲やってた気がします。

しかし、当時はいろんな曲が演奏されてましたよねぇ。

77年の愛媛県大会では、「うんりき」が中学A部門で3校(出場14校)

78年の中学B部門では前年度の菊間中の演奏に惹かれたのか、「エルザ」を演奏した学校が5校。(出場31校)

極め付けが、クラシックではないんですが、「吹奏楽のための民話」が7校。しかも4校連続で課題曲D(砂丘の曙)との組み合わせwww
同じ課題曲と自由曲が4校続くと・・・聴衆の皆さん・・・飽きませんかね。。。

今年の全国大会中学の部も四国代表の拓南中と関西代表の中山五月台中が連続で同じ課題曲・自由曲のようです。

楽しみ半分、前年金賞受賞校の直前演奏でビビらないように・・・というお願い半分で落ち着いた演奏をしてくれることを祈ります。

おぉ~!懐かしい!

極端に多くではありませんが、「フィガロの結婚」や「魔弾の射手」は1980年代にコンクールで演奏されてました。そういわれてみれば、「ロッシーニ」とか「メンデルスゾーン」とか「シベリウス」とかの作曲家の類いの曲は滅多に演奏されませんね。
オリジナル作品もコンクールと限らず、マクベスの「マスク」やエリクソンの「序曲祝典」もそうですし、あの「A・リード」の曲も今ではあまり演奏されませんし、中学校小編成部門でよく演奏された「スウェアリンジェン」や「オリバドッティ」の曲もほとんど演奏されません。個人的には「インヴィクタ序曲」や「イシターの凱旋」はいい曲だと思いますが、もう時代遅れな曲なのかな……。
昨今の新進気鋭な邦人の曲は、演奏効果はあるかもしれませんが、あまりにも多くのバンドで選曲されてばかりで没個性を感じます(特に某作曲家のセレクションもの)…。
もう少し、幅広い選曲であってほしいと思いますね。

組曲「黄金時代」かな・・・??

私自身は吹奏楽10年間の中で楽器はクラリネット9年・アルトサックス1年なのですけど
実は・・・吹奏楽以前の小学校時代の金管鼓笛隊時代の担当楽器は
パーカッションなのですよ・・・(笑)
ま・・この辺りの話はいずれ記事にしたいと思います。
昔の吹奏楽は、とにかくなんでもかんでも名曲をテキトーに移調して吹奏楽用にアレンジしてしまえ!!という
感じでしたので、今にして思うとめちゃくちゃな選曲ですね・・・(苦笑・・)

ところでりえ太さんがマリンバで叩いた曲は、ショスタコの組曲「黄金時代」なのかな・・
たしか・・結構目立つ鍵盤打楽器のソロがあったような気が・・・
21世紀初頭はショスタコが大人気で、馬あぶ・モスクワのチェリョムーシカ・ボルト・ベルリン陥落・マクベス夫人
色々と演奏されていましたよね!

1988年はダフクロの競演ばかり・・・

なおりパパ  様


あ、そうそう・・歌劇「魔弾の射手」序曲は確か・・1983年にブリジストン久留米が演奏し
この年から指揮者が変更になった影響もあったのか
単に選曲ミスなのか
このチームとしては初めて全国では金以外の受賞となっています。
あの演奏は・・・結構ホルンが崩れていましたね・・

コーディルの「民話」ですか・・懐かしいですね!!

ちなみに・・・1988年の全国大会・中学の部ではダフクロが計5チームも演奏されていて
しかも4チームの課題曲が深窓の祭りでしたので
聴いている方は・・・少し飽きましたね・・(笑)

そういえば・・・

一秋田県民  様


いつも素敵なコメントをありがとうございます!!

そうですね・・・シベリウスと言うと小林先生赴任直前の花輪が交響曲第2番第一楽章を
取り上げていましたけど
あれも今思うとすごい選曲ですね・・・
華々しく盛り上がる第四楽章ではなくて、オケでやっても地味な第一楽章を取り上げること自体
花輪らしさがよく出ていると思いますね。

最近の邦人作品の躍進ぶりは確かに目を見張るものがありますが
10年後に生き残っている作品が果たしてどのくらいあるのか・・・興味津々ですね。
そうそう・・・エリクソン/序曲「祝典」は来月にこのブログでも取り上げる予定です。
というか、この曲・・・私の中三の時の自由曲でした・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2461-50a9845e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |