プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「スマイルプリキュア」の中では、「神回」とか「シリーズ最高の回」等名作誉れ高い回です。

だけど・・・・

第22話の感想記事で書いた通り、個人的には第22話の方が大好きです。
第22話は・・・絶対的リーダーが不在の中でも、チームのメンバー一人ひとりが悩みながらも・・・・
「自分はどうしたのか・・」という結論を
各自の頭で判断して各自一人一人が結論を出したその「プロセス」に大変強く惹かれるものがあり、
自分の頭で主体的に何かを判断して結論を出しましょう・・・・
そして・・・
出した結論があまりにも「過酷な試練」であったとしても
誰かに強制されたわけではなくて
勿論・・それを「拒否」する選択肢もあった訳なのだから、一度各自が出した「結論」を
本当に・・・嘘偽りなく実行する「覚悟」は本当にあるのか・・・
そうした事を真正面からみゆき達に問いかけたある意味、極めて重たい回だったと思います。





そうした前回の流れを受け継ぐ形でこの23話は大変劇的に、そしてすさまじい緊張感とスピード感を持って
進行していきます。
プリキュア達の変身シーンが半分程度カットされていたのも、尺が足りない・・・という事情もあったかとは思いますが
「普段とは違うんだよ・・」という緊張感を出す演出もあったようにも感じられます。

そうですよね・・・

まさしくこの第23話は、22話でみゆき達一人一人が各自で出した「結論」の真価と結果が求められ・・・・
しかも・・・
その決意は本当に本当に・・・・
「周りに流されただけではないのか・・・・」
「本当にその結論は自分が主体的に出した答えなのか・・」
「本当に・・・プリキュアとして戦う覚悟はあるのか・・・そのために自らが自らが元いた世界に二度と
帰れなくなる危険もあるのだが、本当にそれでよいのか・・・」
みたいな「プリキュアとして戦う覚悟」を正面から問われたものであると思います。

だけど・・・・

スマイルのメンバー達は・・・・一度各自が出した答えに対しては・・・・
誰一人ぶれることなく
最後までその「結論」を貫き通したことは本当に本当に・・・高く評価されて然るべきことだと思いますし、
とにかく・・・
この回のハッピー達は・・・・全員がとにかく凛々しく立派でした!!
まさに・・・現役の姫プリのキャッチフレーズではありませんけど、
あれはまさしく・・・・「強く、優しく、美しく」のプリキュアの鑑だったと思います。
ま・・・あのフレーズは・・・・ハピネスの最終回にて、レッドとの死闘を制した際のラブリーとか
同じくドキドキの最終回にて、やはり単身死闘を制したハートにも全く同じ事は言えると思いますけどね・・

だけど・・・スマイルのポンコツメンバーは・・、ま・・その・・普段が・・・ま、そのちとあまりにもアレすぎるので
普段のポンコツ振りとは全く考えられない素晴らしい働きを見せてくれたからこそ
あの神回が余計・・・神々しく見えてしまいますね・・・!!
とにかく・・・ハッピー達の「覚悟」は立派でしたし、とにかく・・・長いプリキュア史の中でも
「こんなすさまじい激戦は珍しい・・・」と思えるあの死闘を制し、
完全勝利&完全に目的を達成したスマイルのメンバーには・・・とにかく・・・賞賛の拍手を心から送りたいものですね!!

そして同時に・・・・みゆきが一度もボケる事もポンコツをやらかす事も無く、終始・・リアルさをキープしていた
ある意味大変貴重な回でもあります・・・



6a3aae59_convert_20150919204647.jpg


f1e50bbd_convert_20150919204949.jpg


6e787bfa_convert_20150919204712.jpg


改めてですけど、この第23話の激戦はとにかく・・・・素晴らしい!!

プリキュアシリーズでは珍しい部類の範疇に入るプリキュア対幹部の一対一のガチバトルが展開され、
(ま・・・プリキュア対幹部の一対一のガチバトルというと・・
昨年のハピネスのオレスキーVSフォーチュン ナマケルダVSプリンセス ホッシーワVSハニーのバトルも
大変印象的でしたし、特に・・・フォーチュンがオレスキーの強さを認めつつ浄化したある意味、あの強さと優しさは・・
見ていて惚れ惚れとしたものです・・
そして・・・トドメのラブリーVSミラージュの激戦は・・・あまりにも激しすぎて
最後は・・ミラージュの髪がチリチリになってしまいほどの熱すぎるバトルでした・・!!)

サニーVSウルフルン

ピースVSアカオーニ

マーチVSマジョリーナ

ビューティ+ポップVSジョーカー

といった対戦カードが実現されました・・・

これってある意味大変理想的な組合せですね・・・

サニーとウルフルンは・・・・お互いがまさに「炎と野獣」ですから、まさに熱い激戦を見せてくれましたし、
ピースとアカオーニは・・・
そうですね・・・この中では少し異色・・・
ま・・・アカオーニとしては・・・・
「やったね・・・!! これでオレ様はピースと二人っきりで遊べるオニ!! さてさてどうやってこやつをいたぶるかオニ・・」
みたいな事を考えていたのかな・・・(苦笑・・)
ま・・・ピースにしてみれば・・この中では唯一勝てそうな相手がアカオーニだったから、
これはこれで仕方がないオニ・・・・??
マーチがなんかある意味一番「外れくじ」を引いたかも・・・
だって・・・・マジョリーナは・・・唐突に若返ってしまうし、
しかも・・・なぜかあんな若い美人マジョリーナが何十人も登場してしまうし・・・・
ある意味・・・一番やっかいな相手・・・・
そして・・・・ついについに・・・ファン待望のシーンがこの回で実現されていました!!
それが何かと言うと・・・
既にOPでは登場していたのに本編ではこの時まだ一度も登場していなかったキュアビューティの剣舞シーン・・・
つまり・・「アイスソード」の登場です!!
でも・・・ビューティもマーチ以上に大変だったかな・・・
ま・・・いくらポップの加勢はあるとはいえ、相手が・・・前回5人でも全く歯が立たずに完膚なきまでに
叩きのめされたジョーカーですからね・・・それを一対一のバトルで仕留めないといけないビューティは
今にして思うと・・・ちと大変過ぎましたね・・・
でも・・・ビューティ様のジョーカーとの一対一のチャンバラは・・・とにかく素晴らしかったです!!
ビューティ様のあの「剣舞」は・・・・
とにかく華麗で鮮やかで大変な迫力がありました!!
本当にあの時は・・・・ビューティ様に惚れ直した・・・という感じでしたね!!
とにかくあのビューティ様は凛々しく美しかったですね!!!

さてさて・・そんな中、ハッピー一人だけ・・・キャンディ救出に向かいます・・
リアルタイムで見ていた時は・・・
「さすが主人公は・・・制作者サイドからも優遇されている・・一人だけ激戦バトル無しなのか・・・?」と
思っていたら・・・
ま・・・そんな甘い事はある訳がなく、黄色っ鼻アカンベエと一人戦う羽目になっていました・・・

そして・・・・プリキュア達5人は・・・一旦は5人全員・・・敵幹部の圧倒的強さの前に撃沈し、
全員・・・散りかけてしまいます・・・・


be61bb89_convert_20150919210023.jpg


165fe204_convert_20150919204834.jpg


でも・・・ここから俄然盛り返すのがプリキュアのプリキュアたる所以です!!

サニーは・・・・OPの場面の通り・・・・なんとここであの「Dr.スランプ アラレちゃん」の地球割も真っ青の
なんと・・・
手の拳だけで地面を叩き割り、岩盤ごとウルフルンに叩き込む豪快過ぎる荒業を披露してくれ、
いち早くウルフルンを撃破・・・
ピースは・・・アカオーニによってボコボコにされ泣きじゃくりますが
(ピースの逃げながら後ろ向きに後退する様がなんか面白い・・・)
多分・・・アカオーニは・・泣き顔のピースを見て・・・「なんとオレは・・・幸せ者だオニ・・・!!」と思ったのかな・・・(苦笑・・)
ま・・・だけど最終的にはピースに懐に潜り込まれ、ここでピースサンダーをまともに食らい・・・
感電死・・・・??
というか・・・この時ですら、ピースは自身の必殺技を放つ際・・・・わわわ・・・とびっくり顔をしているのは
なんともお茶目ですね・・・苦笑・・・
それにしても若返ったマジョリーナは・・・・意外にも美人さん!!
うーーん、これは案外若い頃は・・・相当モテたのかな・・・??
ま・・というか・・・・結果論になりますけど、マジョリーナは元々はメルヘンランドの妖精さんなのですけどね・・・・
色々と悪知恵を働かせるマジョリーナの相手が、ある意味・・・「単細胞」のなお=キュアマーチというのも何か少し
気の毒な話なのかも・・・・(苦笑・・)
だけど・・・マーチはやっぱり単細胞のマーチでした・・・
マジョリーナが一杯いるならば・・・
「そうなりゃ、下手な鉄砲も数撃ちや当たる」の理屈の下・・・とにかく頭に血が上ったハイテンション状態で
次から次へとマーチシュートを叩きこみもやっとこさっとこ撃破・・・・
いやいや、本当に「お疲れ様でした!!」という感じですね・・・
あ・・・でも・・・マーチ・・・キミキミ・・・・こんな所で倒れている場合じゃないよ・・・・君たちは後ほど
「プリンセスフォーム発動」という大仕事が控えているのだから・・・・と
なんか・・・
今現在の視点でツッコみたい気持ちはありますね・・・(苦笑・・)
それにしても・・・確かスマイルは・・・・一度の戦いで必殺技を発動できるのは一回だけじゃなかったっけ・・・・??
多分・・・マーチは・・・・マーチシューとを100連発ぐらいしていそうな雰囲気だったのですけど・・・・(苦笑・・)

そんな中・・・もってもエレガントな闘いを御披露されていたのが・・・やっぱり・・・ビューティ様でしたね・・・!!

ポップをおとりにジョーカーの背後に廻り込み
ビューティブリザードを叩きこむビューティ様は・・・まさに女神様!!
いやいやあの時は・・・・美しき軍神様でしたね!!


2a65b495_convert_20150919210125.jpg


2c4b3ecf_convert_20150919204615.jpg


それにしても・・・25分の本編だけでよくあけだけ・・・盛り込むことが出来ましたね!!

一対一のガチバトル、不利な戦局、そして再度のバトルと一対一バトルにおけるプリキュア達の勝利・・・
そしてハッピーによるキャンディ奪還
そして・・・
悪の皇帝ピエーロの登場・・・・
そしてそして・・・ついに満を辞しての「プリンセスフォーム」の発動とお披露目・・・
そしてピエーロの撃破・・・

うーーん、よくあれだけ盛り込むことが出来ましたし、最後までスピード感と緊張感を保っていたと
思います。
ま・・・その分のツケが・・・・次回に廻って来ちゃうのですけどね・・・・(苦笑・・)
ま・・・多分・・・・第24話に関しては・・・
この一連の大きな盛り上がり回で全てを出し切り消耗してしまった制作者スタッフを休ませてあげたい・・・・みたいな
意図があったのかな・・・(苦笑・・)

それにしても「プリンセスフォーム」は・・・特に特にやつぱりハッピーが素晴らしいですね!!

ホント、あのプリンセスハッピーは・・・まさに「可愛さの限界」を超えているような感じさえありました。

ビューティさんは・・・うーーんあの「プリンセスビューティ」は・・・
やっぱり・・・「ライオン丸」にしか見えませんよね・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2453-040d272f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |