プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.野庭高校

  D/吹奏楽のための組曲「ハムレットへの音楽」(リード)


  最近の若い世代の皆様ですと、「野庭高校吹奏楽部」とか「中澤忠雄先生」と言われても
  もうあんまりピンとこないのかな・・・??
だけど・・・私としては・・
  勿論、花輪高校・市立川口・秋田南高校・就実・屋代高校・仁賀保高校・雄新中学校等の「伝説的名演」を
  ずっとずっと後世に語り継いでいきたいのですけど
  上記の学校以外でも、色々と後世の方達に何か「言葉」として受け継いでいきたいような演奏も
  数多くあると思います。
  その一つの学校が「野庭高校」なのだと思います。
  そうですね・・・この学校に関しては・・・・正直・・・私の中では見解が二つに割れています。
  アルメニアンダンスパートⅠ・ハムレット・オセロ・春の猟犬の頃のようにリードを主なレパートリーとしていた時代と
  アパラチアの春以降、クラシックアレンジ路線に転じ、
  「くじゃく」以外は・・・何だかすっかり去勢された様な牙を抜かれた様な演奏になってしまった時代を
  何か同次元に扱って果たしていいのかな・・・・とも感じています。
  これはあくまで「私の意見」というあくまで一個人の見解なのですけど、
  本当の本音を書くと・・・・
  私はリード等吹奏楽オリジナル作品を演奏していた頃の中澤先生=野庭高校は大好きなのですけど
  クラシックアレンジ路線以降の野庭高校のサウンドはどうも魅力を感じません・・・
  (例外は、1993年のハンガリー民謡「くじゃく」による変奏曲・・)
  なんかいかにも生徒の首根っこを無理やり押さえつけ「型」にはめ、去勢された様なおとなしくて
  消極的なあの演奏を聴いてしまうと・・・
  「うーーん、アルメとかハムレットをやっていた頃の中澤先生=野庭高校は一体どこにいってしまったのだ・・・
  こんな洗練され過ぎた控えめな演奏は野庭じゃない・・・」と
  当時感じていたものです・・・
  ま・・・現在の視点・感覚で改めて聴いてみると
  「もしかして・・・中澤先生は吹奏楽の別の魅力とか可能性を感じていたのかな・・・
   そして・・道半ばにして・・・彼岸の方になられてしまった・・・
   先生としても・・・少し悔いが残られる中でこの世を去られたのかな・・・」としみじみ感じる事もあります。
 
 そうですね・・・・

 これはあくまで「個人の感じ方」の問題だと思うのです。

 私のように・・・あの個性的で躍動的で・・・とにかく音楽というものをあんなにも楽しく生き生きと聴かせてくれた
 中澤先生=野庭高校が大好きという人間もいれば、逆に・・・
 音の洗練さ・静かな熱演を心掛けたと思われる1992年以降の中澤先生=野庭の方が大好き
 という方も大勢いるでしょう・・・・
 そうですね・・・・
 どちらもそれは他ならぬ中澤先生=野庭高校の「軌跡」だと思うのです。
 それを「こちらの方が好き」と感じるのはあくまで個人の感じ方の問題であって、
 それを単純に好き嫌いだけで論ずることは出来ないのでしようね・・・
 だけど・・まさに・・・野庭高校吹奏楽部の「軌跡」は本当に・・・「奇跡」なのだと思います。
 だって・・・・
 1980年代~90年代にかけてのあの激戦極まりない「関東大会」にて・・・・
 あんな公立の無名校が・・・あんな強豪校がひしめく関東大会を何度も何度も勝ち抜け
 全国大会であんな素晴らしい演奏の数々を聴かせてくれたのですよ!!
あれは・・本当に当時から・・「すごいな・・この学校は・・」と思っていたものでした。
 確かに今現在は・・・学校統廃合により「神奈川県立野庭高校」の名前は消えています・・・
 だけど・・・特に特に・・・あの伝説の名演・・・アルメ二アンダンスパートⅠとかオセロとか春の猟犬等の
 数々の中澤先生が残してくれた名演は・・・
 陳腐な表現で申し訳ないのですけど、永遠に私達の心の中に生き続けると思いますし、
 あの素晴らしい演奏は・・・
 後世の人達にも是非是非語り継いでいければいいな・・・とも思っています。

 野庭高校が全国大会初出場そして初金賞を達成したのは1983年・・・
 この年は私自身高校3年生で、
 当時後輩達か部室で「日本の吹奏楽83 高校の部 vol.5」だったかな・・・野庭高校の
 「アルメニアンダンスパートⅠ」が収録されているレコードを聴いていて、
 私自身も最初にあの演奏を聴いた時の衝撃は・・・・これは多分・・・死ぬまで忘れないと思います。
 そのくらい・・・大変個性的でインパクトが強く、とにかく・・・「躍動感」に溢れた生き生きとした語り口で
 同時に表現が実に斬新・・・・!!
あの第ⅴ曲をpから徐々にあんなに盛り上げていく演奏はかつてなかったと思いますし、
 とにかく一つ一つの音が「生命感」と「躍動感」に溢れていて・・・
 「うわわわ、なんだこの素晴らしい演奏・・・これで全国大会初出場・・・
 しかも・・・あの激戦の関東大会を公立の全くの無名校が勝ちぬけている・・・??
 それに比べて自分達は・・・何とふがいない・・」と
 しみじみ思ったものです・・・
 ま・・・私自身、高校の定期演奏会でこの「アルメニアンダンスパートⅠ」を演奏する機会に恵まれたのですけど
 残念ながら・・・・
 楽譜を音にするのが精一杯で、とてもとても・・・野庭みたいなあんな「自由な表現」なんてできなかった・・・
 本当に情けないな・・・
 とにかく・・・圧倒的にそう感じさせるくらいの素晴らしい伝説的な名演だったと思います。
 そうですね・・・あの野庭のアルメに関しては・・・・あんな個性的な演奏ができるチームは野庭以外今後も
 出てこないと思いますし、
 あの演奏を超える演奏は・・・・
 そうですね・・・自分が知る限りでは、1987年の創価学会関西ぐらいかな・・
 だけど音楽の躍動感・個性的な表現力において野庭を超える演奏は存在しない・・というのが
 私自身の今の所の見解です・・・・

 あ・・・・何か前振りが長くなってしまいました・・・・

 そうした中で・・・・野庭はアルメの翌年もリードの「ハムレットへの音楽」で2年連続全国大会出場を果たし
 そして2年連続の金賞を受賞します。

 だから・・・私も・・・・とにかくこの野庭高校の演奏は、この年の大会の注目学校の一つでした。
 とにかく・・・
 期待して・・・胸が高まりながら・・演奏を聴いていました・・・
 
 そしてその演奏は・・・・私の期待を全く裏切らないどころか、それ以上の「感動」を頂けたと
 今でも思っています。
 課題曲は大変オーソドックスなマーチ・・・全てが正攻法であり、チャーミングでしかも堂々としている・・・
 そんな「相矛盾する要素」を楽々と表現出来ていたと思います。
 そして圧巻は「ハムレットへの音楽」でした!!
何が素晴らしいかと言うと、確かに一部やり過ぎで演出過剰なんだけど
 全然それが嫌らしく作為的に感じさせない所です。
 音楽の流れが実に自然で、一つ一つの「表現」が
 「なぜこの箇所で私達はこのように演奏をするのか・・」みたいな事が音楽を通して伝わってくるのが
 生演奏で聴いてもビシビシと伝わってきて・・・・
 まるで何かの「電撃」を食らったかのように・・・前身からビリビリと音楽的緊張感とか感情の流れが
 伝わってくるのが自分でもよくわかりました・・・・
 とにかく・・・・
 プロローグの息の長いメロディーラインをあんなに緊張感を終始保ち続け、
 奏者と指揮者がほぼ舞台上で完全燃焼し尽くした充実感さえ感じたほどです。
 Ⅲの役者たちの入場も「鮮やか」という言葉しか出てこないです。
 ラストの、クローディアス王の宮中も、
 かなりチューバをバリバリと鳴らし、低音セクションを「これでもか!!」というぐらい煽り立て
 トムトムとスネアドラムによる連打も加わり、
 すさまじい大音量なのですけど、それが全然「うるさい」と感じさない表現力の幅の広さが
 とにかく素晴らしかったです。
 多分・・・この年の高校の部では・・・・
 もしも「音楽的表現賞」というものがあったとしたら、断トツに野庭を一位に推したいです!!
とにかくこの年の野庭は、「音楽的感銘度」が素晴らしく高かったのが大変印象的です。

 ま・・・こっそりと書くと・・・・

 当時の自分のプログラム余白の採点では・・・・この年の高校の部の
 1位は・・・・圧倒的に花輪高校
 2位が・・・野庭
 3位が・・・淀川工業でした・・・・

 淀川工業が銀賞という所が、なーんかこの年イマイチ審査員と自分自身の感性が合わなかった事を
 如実に物語っていますね・・・・






そうそう・・・最後に「ブラパン・キッズ・ラプソディー」という野庭高校を取材した1991年刊行のノンフィクション作品を
簡単に取り上げたいと思います。
そうですね・・・
この本については、近いうちに改めてじっくりと語ってみたいと思います。

そうした中で一つ印象的なエピソードを一つ・・・

この本を読むと分かるのですけど、中澤先生は・・・相当の短気&怒りんぼうだったのですね・・・
だけど生徒に対する「熱い気持ち」は本当に胸を打たれるものがあります。
あの1983年のアルメでの初出場のウラでは・・・ま・・・色々と見えないドラマはあったものですね・・・
そうですね・・・
初期の頃は・・・中澤先生と生徒達の関係は一対一の対等なパートナーという感じもなくはなかったのですけど
段々と野庭高自体が「吹奏楽有名校」としてマークされ
他校の追い上げが段々ときつくなる中で・・・徐々に・・・対等な関係から
幾分上から目線の奏者対圧倒的なカリスマと実績を誇る指揮者みたいな弱者対強者みたいな関係に
変わっていったのかもしれませんよね・・・
(多分・・実態はそうではないとは思いますけど・・)
それを象徴しているのが・・・・94年以降の普門館の舞台への入場方法の特殊性かな・・・
なんかあれは・・・悪く言うと・・・先生からの無理矢理押し付け・・・
何か客席から見ていると・・・
「この生徒さん、そんなに中澤先生がおっかないのかな・・」みたいな何かヘンな雰囲気はあったようななかったような・・・??

例えば・・・この「ブラバン・キッズ・ラプソディー」を読むと・・・

1990年の結果的にダメ金になった関東大会のエピソードとして・・・

関東大会の前日に・・・
トランペット奏者が自由曲で使用する掛け持ち用のコルネットを学校に置き忘れ、
部長もその奏者も中澤先生に中々報告できずにいて、
ついに練習中にそれが発覚し、中澤先生が大激怒したというエピソードが語られていますけど、
当時は既に中澤先生は大御所だったから、生徒も中々悪い報告はしにくいという
雰囲気はあったのかもしれませんよね・・・

実は・・・1990年の市川市で開催された関東大会は私も聴いていたのですけど
野庭の演奏は・・
綺麗なんだけど・・・なんかおとなしい・・・・
飼い馴らされた羊・・・みたいな感覚もあったのですけど
それは・・・・
前日のあの事件がひきずられたままだったのかもしれませんよね・・・

こうしたスクールバンドというものは・・・・時に色々と「変遷」はしていくものですけど
野庭の場合、特にそれが顕著のような感じもあるので
なんかその辺りの事は・・・部外者としては知る由もないのですけど
何となく・・・興味はありますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

二つの顔

野庭高校と中澤忠雄先生、懐かしいですね(^^)
オデッセイの方を復刊した時に読みましたが、当時の苦労がひしひしと伝わって来ますね(>_<)
最初の頃は中澤先生も野庭高校の生徒さんもパワーが有り余るから本当に勢いがある高校生らしいサウンドですね(^^)
(初期のリード作品はそんな感じですね)
途中中澤先生が癌が発覚してからサウンドも内省的で奥深いサウンドに変わって来ましたね(^^)
(確かに80年代まではとにかく鳴らせ!の時代でしたが、90年代以降はブレンドの時代に変わって来ていますね)
サウンドに元気感があるバンドも余り聞かなくなりましたね(>_<)
そういう意味では貴重な財産なのかも知れませんね(^^)

題名のない音楽会

以下引用です
>今週日曜日からスタートするヴァイオリニスト五嶋龍司会による
「題名のない音楽会」では、

現在募集中の10/28収録で吹奏楽特集をします!
ゲーム音楽の神様・植松伸夫さんのよる「ゲーム音楽史の音楽会」と
歴代吹奏楽コンクール課題曲を集めた
「吹奏楽部を知る音楽会」です。リクエスト募集中!

との事ですよ~。
ちょっと先ですが楽しみですよね♪

野庭高校


esakui69  様


確かに・・・あのアルメとかオセロ・ハムレット・春の猟犬は、とにかくパワーとエネルギーに
満ち溢れていましたよね。
特に初出場の時のアルメのあの躍動感あふれるサウンドは本当に本当に素晴らしいものがありましたね!!

ああいう「生きるチカラ」に溢れた演奏こそが野庭の真骨頂という固定観念に縛られると
92年以降の演奏はとてつもなくものたりなく感じてしまうのですけど
あれは・・・
中澤先生の体力低下もありますけど
先生自体の「意識の変化」というのか「これまでとは違う方向性の音楽も残したい」という
最後の最後まで「チャレンジ精神」の表れだったのかもしれませんよね。

佐渡さんが卒業してしまい、寂しいです・・

りえ太 様


いつもながらコメント頂きありがとうございます!!

プリキュアが終わった後は「題名のない音楽会」ですよね・・

だけど・・・
佐渡裕さんが番組を卒業されてしまうのですよね・・
なんかこれはかなり寂しい話で残念です・・・
個人的には、日本の指揮者で今一番魅力溢れる演奏を聴かせてくれる人が佐渡さんと思っている
ものですので・・・(泣・・)

コンクール課題曲特集ですか・・・

そうですね・・・・

これは「自分が在籍していた時代」が確実にばれてしまう企画ですね・・・

りえ太さんあたりですと・・・
「栄光を讃えて」・「SLが行く」・「ラメント」・「ベストフレンド」あたりですか・・?
ちなみに・・・
私は・・・・
1980年/北海の大漁歌 83年/インヴェンション第一番 84年/土俗的舞曲 85年/並の見える風景
86年/変容 87年/風紋
あたりが懐メロ課題曲かな・・
と書くと・・・・
実年齢がバレバレですね・・・(苦笑・・・)
ちなみに・・これは完璧にマニアックな余談ですけど
1984年課題曲B/土俗的舞曲の作曲者・和田薫氏の奥様は・・・・
なんと・・・
キュアパインというかブッキー役の声優の中川さんです・・・

リードを自由曲に選曲していた時代、特に自分が3年の時の猟犬の時は中澤先生が野庭に来てから一番下手くそと言われ続けていました。アルメニ、ハムレット、サンタフェ、オセロルイボルジュアまではそこかしこに上手い先輩がいました。
でも、今野庭といえば、で出てくる曲の一つが猟犬というのは嬉しい反面、そんなにいい演奏ではないよ、といつも思います。
アルメニとハムレットは、僕が野庭に入学しようと決意した曲でもありますので感慨深い曲です。

春の猟犬

猟犬の時のコンマス 様


OBの方の大変貴重な生のお話を聞かせて頂き大変興味深いです!
そうした大変面白いお話を聞かせて頂き本当にありがとうございます!
私は88年の「春の猟犬」は普門館の生の演奏を聴かせて頂きましたが、
コメントにあるような「そんなにいい演奏ではないよ」とは全く思っていません!!
むしろ・・・野庭を代表するような素晴らしい演奏だったと思いますし、
普門館が揺れたような素晴らしい名演だと今でも確信しております。
課題曲も自由曲も「ダイナミックスの変化」が素晴らしかったですし、とにかく個性的で
躍動感溢れた演奏ですし、
特に「春の猟犬」の中間部のあのロマンチックな感じはとっても素晴らしかったです!!

是非是非その頃の思い出は「生涯の誇り」として大切にして頂きたいと思います。

>ぬくぬく先生

返事ありがとうございます。

全国の演奏終了後、先生からは今年は銅賞じゃ。
って(T ^ T)

それくらいひどかったでした。

どこかのブログでも書いた事がありますが、僕らにとって関東大会の演奏の方が数段いい演奏でそのお陰で全国に行けたと思ってます。関東大会の大トリの演奏で、コンクールというよりコンサートの最後という気持ちで演奏したのが良かったのではと。
ただ、いい音源がないので比べようがありませんが、全国の演奏は細かいミスが積み重なってが合奏のバランスが若干崩れてます。2年ぶりの普門館で気持ちが上ずってたんだと。
舞台に上がった50人のうち自分合わせて4人しか前回の普門館を経験していません。その辺りがモロに出たのだと。
演奏終了後、他の団体を聴いてる時はみんな凹んでましたから。(笑)


それも今ではいい思い出です。
そんな演奏を褒めていただきありがたく思っています。

入場

書きそびれましたが、演奏前の揃えて入る入場は僕が一年の時、(オセロの年)には普通に行ってましたよ。定期演奏会でも地域の小さな演奏会でもそれは必ずやってました。
あれは軍隊的と思われる方が多くて…
実は合わせるという気持ちを表しているので、強制ではなく当たり前に行っていました。どんな事も、アインザッツ、音の終い、音程、音色、音楽のイメージ等…をみんなで合わせるんだという気持ちを表現しているというか、合わせるという事にかなり意識をしていたので。

やっぱり素晴らしい名演だと思います!!

猟犬の時のコンマス 様


いえいえ、本当にそんな事ないですよ!!
確かに当事者の皆様はそうした思いがあるのかもしれませんけど、
私なんかはいまだに・・「春の猟犬」というと、
82年の福岡工大付属と88年の野庭を超える演奏は存在しないと思っています。
福岡は正統派の演奏、野庭は少し変化球気味でしたけど、それでも両チームの「熱い演奏」は
永遠に後世に語り継がれるべき演奏だと私は思います。
どうか、そうした舞台で聴く者に「感動」とか「何か」を伝えられたという素晴らしい経験は
生涯の大切な「誇り」として永遠に大切にしてほしいものです!!

中澤先生は、元・N響のプロ奏者ですから、音合わせも含めて、求める「水準」も数段上のものがあったのかもしれません。
ステージ入場の一連の動きは、そうした事の象徴なのかもしれないですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2452-d6b97135
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |