プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


13.東邦高校


  B/吹奏楽のための交響曲より第四楽章(ジェイガー)


  そうですね・・・
  結論から言ってしまうと、東邦高校吹奏楽部は純粋な「男子校チーム」としてはこの年が
  最後の出場となります。
  翌年からは確か・・男女共学になっていたと思いますし、
  確か1987年のヴェルディ/レクイエム~怒りの日の演奏では、メンバーの半分くらいは女子部員となっていて
  「あ・・・・東邦も変わったな・・・」としみじみ感じたものでした・・・
  ま・・・東邦高校も1987年の普門館を最後に、その後一度も全国には出場していませんからね・・
  以前からこのブログで何度も書いている通り、私自身は、高校はとある田舎の県立男子高校の
  吹奏楽部に所属し、ここでクラリネットを担当していました。
  昔も今も・・・・ま・・とにかく「吹奏楽部」と言う所は「女の子の園」ですので、とにかく・・・男子部員は
  人数が少なく肩身が狭いです・・・
  だから、「男子高校」というと・・・当然ながら、「吹奏楽部に入部しよう・・!!」という人自体少ないですし、
  その中でも特に特に・・・・クラリネットの絶対的奏者不足は・・・
  多分・・・どの男子校も共通の悩みだったと思います。
  本音を言うと、吹奏楽部に入部して、まともな演奏をしようと思ったら、最低でも45人前後の奏者は
  欲しいところです・・・
  だけど・・・
  あの当時の私の高校の吹奏楽部は・・・・部員を30~35人程度揃える事で精一杯でしたね・・・
  酷い年では・・・わずか23人でコンクールに臨んだこともあるようです・・・
  しかも・・・
  トランペット5 トロンボーン3 ホルン5 チューバとユーフォ各2 打楽器4~5 サックスセクション3~4と
  他パートはかなり充実しているのに
  クラリネットは・・毎年毎年・・・3~5名・・
  しかも半分は・・初心者か無理やり気の弱い金管の子をクラリネットにコンバートというパターンでしたね・・・
  (ま・・・この辺りは・・・「響け! ユーフォニアム」カテゴリの記事で散々愚痴っています・・・)
  ま・・・そういう意味では・・・中学からのクラリネット経験者でもある私は・・・・まさしく男子校の中では
  「救世主」みたいな感じだったのかも・・・・??
  男子校というと・・・だからどうしても・・・演奏は豪快になりがちなのですけど、
  クラリネットの絶対的奏者不足が共通の悩みですので、
  そのせいかどうしても「全体的なバランスの悪さ」とか「しなやかさ・ひそやかさ・色気」の希薄とか
  合奏体としての「核」の欠落・・みたいな演奏にどうしてもなりがちなのです・・・
  だから・・どうしても男子校の自由曲というと、金管主体の「鳴る曲」に偏りがち・・・というのも何となく
  理解できる気もします。
  そうした意味では、同じ男子校でも、関東一高の演奏は、クラリネットの数は不足していもあれだけ
  しなやかな響き・洗練された落ち着いた響き・「ウインドアンサンブル」に相応しいサウンドが実現出来ていた事は
  本当に・・・驚愕に値すると思います。

  さてさて・・・1984年の東邦高校の演奏ですけど・・・

  そうですね・・・・本当に一言で書いてしまうと・・・

  「うん・・!! いかにも男子校らしい演奏・・・男子校の良さも男子校の欠点も
   実にストレートに出た演奏!!
うーーん・・なんて分かりやすいんだ・・」
  という感じですね。

  課題曲B/土俗的舞曲の冒頭が奏でられた瞬間にまず感じた事は・・・
 
  「うーーん、なんて粗っぽくて雑な響きで、そしてなんと・・サウンドが軽いんだ・・」という事でした・・

  いかにも男子校らしい豪快で男気溢れる演奏なんですけど
  やっぱり・・・細部までは手が入っていない感じで、仕上がりがいかにも雑・・・・という感じでしたね。
  だけど聴いていて実に気持ちはよかったです!!
あ・・これは本当に嘘偽りの無い感想で、リアルタイムで聴いていた時から
  「あ・・多分・・100%の確率でコンクールの評価としては銅賞だな・・・だけど聴いていてとっても楽しい・・・!!」という
  印象を強く持っていました。
  そうですね・・・音が・・・サウンドが粗いというよりは、
  音が生臭く聴こえるというのか、
  各楽器がブレンドして響いていないから、全体的に少し濁った響きのように感じてしまう事と
  音楽的にffの部分は大変躍動感があり生き生きとしているのに
  ppの部分になるととたんに自信なさそうになってしまい、なんか説得力を欠いてしまう・・・
  そんな感じの演奏だったと思います。
  ある意味・・・少し個性が強すぎたのかもしれませんよね・・・
  ジェイガーの交響曲も、中間部のオーボエのソロあたりは結構不安定な感じもあったのですけど
  それ以降は俄然盛り上がり、エンディングまでは怒涛の一気に駆け抜けという実に豪快な演奏が
  結構印象的です。
  ま・・・ちと音は軽めだけど・・

  あ・・そうそう・・・1983年までは東邦は学生服がステージ衣装でしたけど
  この年からステージ衣装は緑のブレザーになっていましたね・・
  東邦というと、伝統なのかな・・・
  演奏が終了すると、小太鼓が即座に「タン!」とリズムを刻み、全員速効でスタンドアップして
  指揮者がやはり速攻で一礼してステージを後にする姿が
  結構目に焼き付いています・・・

  余談ですけど、
  ジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」は、1970年代あたりはかなりの人気曲で
  数多くのチームがこの曲を演奏していましたけど
  最近は・・・ほとんど演奏されないのがなんか勿体無いですね・・・
  というか・・全国大会では、1984年の東邦の演奏を最後に演奏されていません・・
  この曲は、四楽章構成なのですけど、形式としてはチャイコエスキーやフランクみたいな「循環主題」を
  モチーフにしていて、第一楽章のテーマが第四楽章でも再現されています。
  あ・・・そうそう・・・
  このジェイガーの「吹奏楽のための交響曲」ですけど、
  なんと・・・
  全楽章全て吹奏楽コンクール全国大会で演奏されているというある意味快挙も果たしています。
  ま・・ほとんどのチームは第四楽章を演奏しているのですけど
  北海道教育大函館分校のように第一楽章を自由曲にしたケースもありますし、
  中には・・・
  第二楽章と第三楽章を順番を逆にして演奏した事例もあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は・・・完全に余談です・・・

前述の通り、私の高校時代は男子校でしたけど、
男子校の吹奏楽部の部室はとにかく「乱雑」の一言に尽きます・・・
(ま・・それはどの部でもほぼ同じでしたけどね・・苦笑・・)
火炎瓶だのエッチな本や雑誌だの、なぜか・・・!?ビール缶とか週刊「プレイボーイ」とか
少年ジャンプとかサンデーとか、
食べかけのお菓子やジュースとか
スルメイカとかビーフジャッキーとか
何か知らないけど近くの女子高の制服とか・・・・(一体どうやって入手したのでしょうかね・・・・)
訳の分からんガラクタとゴミが至る所に散らばっていて、
部室の大掃除なんて一年に一度あるかないかの感じでした・・・
全体練習とかパート練習で吹けない事がバレて指揮者に怒られ、
その後、指揮者対自分の一対一のそれは楽しい楽しい(?)「個人練習」が行われるのは
いつもこの部室でしたけど
指揮者の頭上の天井には、なぜか河合奈保子とか柏原芳恵のポスターがベタベタ貼られていて
指揮者と目を合わすのが気まずい時に、このポスターを何となくポケッと眺めていると
「どこみているべ!!」とまたまた怒られたものです・・・・

だけどこの部室内には
さすが吹奏楽部らしいもの、というか
音楽史とか楽典関係の本とか、クラシック音楽や吹奏楽オリジナル曲のフルスコアとか
クラシック音楽・吹奏楽コンクールの実況録音など様々なレコードの他に
前述の「バンドジャーナル」のバックナンバーなど音楽関係の資料もかなり充実していて
その部室内の書物とか雑誌とかレコードを色々とレンタルして
自分なりに学べていたのは大変良かったと思います。

ま・・・とにかく訳の分からんガラクタに囲まれての練習でしたけど、
ま・・名誉のために言っておきますけど、
とにかく・・・練習の際は・・・厳しかったですよ!!
先輩達なんて・・・・「妥協」とか「ごまかし」という文字はないほど・・・結構容赦なく
ビシビシと怒られていましたね・・・

そして・・・・反面・・・
前述の通り、ホント・・色々と訳の分からんものが山積していましたね・・・・(苦笑・・・)

ま・・・その中でも一番ひどかったのは・・・ま・・・エッチ系のスケベ本かな・・・(苦笑・・)

というか・・・これって・・
家の中で「処分」に困った先輩とかOBとかがその引き取り先として部室内に・・
ま・・その色々と持ち込みをしてくれるものですから・・・
そうですね・・・
当時の男子高生たちは・・・そうしたエッチ系の本を入手するのに結構色々と無駄な苦労とか気恥ずかしさなどが
あったと思うのですけど、
うちらの場合・・・・
ま・・・・そうした「夜のおかず・・」(→すいませんね・・・・苦笑・・)には全く困りませんでしたね・・

当時部内には、音楽関係のレコードとか書籍のレンタルもノートに記しておけばいつでも自由にレンタル出来たのですけど
さすがに・・エッチ系の本は・・・
記録にする訳にもいかなかったのですけど
時たま・・・
部員同士で・・・・
「あの・・・セーラー服のお姉ちゃんのあの本を家にこっそり持ち帰ったのはどこのどいつだ!! おまえだろーー!!」とか言って
喧嘩をはじめてしまうアホどもも・・・
ま・・・その・・・結構いたものですね・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ウチの高校は・・・

当時はまだ人数が多く、また、共学の高校の例に漏れず女子比率がヒジョーの高かったですw

しかも部員の1/3が菊間中学校出身者(当然全員女子です)のせいか、高校なのに鈴木イズム炸裂しておりまして・・・

パート練習時はとにかくピリピリしてましたねぇ。。。
私はトロンボーンだったんですが、トロンボーンパートだけは菊間中の割合が低く、どちらかといえば和気藹々としてたかなぁ。

で、結構近くの学校の先生とかが指導に来られるんですが、鈴木先生が来られたときは女子の黄色い声が・・・

一部の男子生徒など、「キヨシばっかりなぜモテる?」と愚痴ってるヤツもいましたねぇw

吹奏楽のための交響曲第四楽章は、個人的に大好物な曲です。
やっぱり70年の天理の演奏が好きですねぇ。
市音の演奏もハリがあっていいと思いますよ。

あと、更新頻度がヒジョーに低いうえ、役立つ情報は皆無だと思いますが、私のブログのURLを入れておきます。

お暇なときにでも覗きに来てくださいまでw

ジェイガー/吹奏楽のための交響曲


なおりパパ 様


高校生というある意味一番女の子に興味津々な時期に
男子校と言うのはある意味悲惨です・・・(苦笑・・)
だからたとえ、鈴木先生ファンの方ばかりでも「女の子」が一杯いる共学の方が
羨ましいですね・・(笑)
ジェイガー/吹奏楽のための交響曲ですけど
私の知る範囲では、第四楽章に限った話ですと、プロアマ関係なく
過去最高の名演は、1973年の瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
あの演奏が銀なんて、ちょっと信じられないです・・・

それと・・・

なおりパパ様のブログは・・・少しと言うか・・かなり意外でした・・・・(笑)

ん~。。。

実は高校時代はクラスも文系クラスだったので、部活だけじゃなく、教室のほうも女子比率が高く(45/47が女子w)、あれだけ多いと幸せ気分は【確実に】吹っ飛びます。

まず男子の意見は反映されませんので><

私のブログのほうは・・・
アレがデフォですw

何とかドキプリキャラの名前の馬を載せたいのですが・・・
残念ながら大きいところが勝てません><

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2451-137485ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |