プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京MXテレビで再放送中の「フレッシュプリキュア」の第3話について少しばかり・・・

この回より山吹祈里(通称・ブッキー)=キュアパインが登場します。
でもやっぱりブッキーはいいですね!!
キュアパイン、私の「大好き黄色系四天王」の一角なのですけど
ロゼッタの聡明さ、ハニーの万能さ+食い気+色気、トゥインクルの小悪魔のように他の四天王と比べると
先輩プリキュアなのですけど
他の3人とは異なる特徴があると思います。
とにかく・・・優しくておっとりとしていてまさに・・・「天使」の名に相応しいプリキュアだと思います。
私、よく、ハッピーとかラブリーとかピーチとかメロディなんかを「天使」と呼んだりしますけど、
こういう場合の「天使」とはどちらかというと「女神様」みたいな意味合いが強いのかな・・と思っています。
だけど・・・
ブッキーの場合は、本当に・・・まさに「エンジェル」みたいな言葉がぴったりで
本当に・・・本当に・・誰からも愛されて、どんな「怒りの感情」を有している人の心も癒してしまう
そうした「優しさと慈愛」に溢れた素晴らしいプリキュアだと思います。
(おいおい、最近まではハッピーはまさに理想的な天使とかラブリーこそ最高の天使、
現役のスカーレットは最高の女神様、
そして・・・半年前ぐらいはメロディこそが天使
そしてそして・・・終始一貫してドリームこそが歴代No.1のプリキュアとか言っていたくせに・・・・苦笑・・)

そうですね・・・

どうしてもフレッシュプリキュアと言うと、せつなの再生の物語・ラブとせつなの愛の物語・愛すべきマヌケ幹部のウエスターの
印象が大変強くなってしまい、
見方によって、祈里と美希たんは・・・影が薄いキャラになりがちなのですけど
ブッキーに関しては・・・・全くそうした事も無く、ラブとせつなとは違う意味で「存在感」を発揮しまくっていたお方だと
思います。
ま・・・その分・・・・フレッシュの中では・・・意外も・・・あの美人系キャラの「私、完璧!」の美希たんが・・・・
完璧に「一人負け」状態を食らってしまい・・・・
なんか・・・一人影が薄い&損な役回り・・・みたいなキャラになってしまったのは
なんか・・・気の毒でしたね・・・・(苦笑・・)
うーーん、美希たん・・・全然完璧じゃないっすね・・・(苦笑・・)
それにしても・・美希のプロポーションは抜群でしたね・・・・!!
あれは・・・現役の姫プリのやはり同じくモデルのきららから見ても・・「コイツ・・・できるじゃん・・」と思わせる雰囲気でしたけど、
一代先輩の同じ青プリキュアのかれんさんの視点から眺めてしまうと・・・
「最近の若い子の発育は・・・なかなか見事なのね・・・」とか言ってしまいそうですね・・・(苦笑・・)

キュアパインというと・・・・そうですね・・・ハピネスの「キュアプリンセス」という歴代シリーズでも屈指の
ポンコツプリキュアが登場するまでは
「もしかして・・・歴代で一番弱いのは・・・戦闘力が低いのはパインなのかな・・・」とも感じさせるくらい
とにかく・・・「やられキャラ」という感じもありましたね・・・
(ま・・・歴代にはシャイニールミナスという戦闘力ゼロの人もいましたけど、ま・・ルミナスはあくまで防御専用要員ですので・・)
だけどパインのそうした「すぐやられちゃう感」が実にいいんです!!
ま・・激しい戦闘はピーチに任せておいて、パインはああいう「守ってあげたい感!!」のオーラ出まくりの所が
実に素晴らしいですね!!
その点が・・・・戦闘面ではかなりの強さを誇るハニーとかトゥインクルとの明確な違いなのかな・・
でも・・・祈里が後輩のありす・ゆうこ・きららと記念写真を撮影したら・・・
なんか色々ときららからイタズラをされそう・・・(笑・・)
シャッター直前にきららが祈里先輩の頬をギューーッと引っ張って変顔させたり、
やはり直前に祈里の胸とか脇をコチョコチョしてそうな雰囲気もありそうですね・・・(苦笑・・)
あ・・そういえば・・・きららはトワっちにもコチョコチョしていましたね・・・
うーーむ、私もトワッチをコチョコチョしてみたい・・・(苦笑・・・)←すいませんね・・ただのヘンタイさんですね・・・苦笑・・

ブッキーのこうした魅力に魅了された「隠れファン」はかなり多いとのウワサをどこかで聞いた事がありますけど、
そうしたブッキーファンの人達の事を
「ブッ教徒」=ブッキョウトと呼ぶそうですね・・・(笑) これはなかなか上手い表現ですね・・・
ま・・・そういう意味ならば、私も・・・・ブッキョウトの一人なのかも・・・
そして・・・・公式としては「ラブリー大好き!!」というラブリー教徒でもあるので、
ブッキーの場合は・・・・
隠れキリシタンではなくて、隠れブッキョウト・・・という事になるのかな・・・(苦笑・・)

そうそう・・・・

この「ブッキー」という言いかたなのですけど、
そうですね・・・・アニメ本編でもブッキーは「山吹さん」とか「いのり」とはあまり呼ばれていませんでしたね。
プリキュア達はほとんど「ブッキー」と呼んでいましたけど、
考えてみると・・・
視聴者からは本名はあまり定着せず、ブッキーと言うあだなの方が完全に定着してしまったという
珍しいパターンですね。
こうしたパターンは・・・そうですね・・他には
ドキドキのまこぴーとハピネスのゆうゆうぐらいなのかな・・・
姫プリのトワっちは・・・・結局・・・きらら一人だけしか言っていないようですね・・・・






それにしても・・・・

序盤の3人のプリキュアが全て通う学校が違うというのも珍しい・・・
スマイルなんか・・・5人のプリキュアが全て同学年で同じクラスという「ありえない偶然」が
起きていましたからね・・・・(笑)
だって・・・スマイルの場合、クラスの1/7がプリキュアというのもある意味すごい話・・・・(苦笑・・)

さてさて・・・祈里が通う「白詰草女子学院」は・・・・典型的なミッション系お嬢様学校のようです・・・
それにしても・・・
生徒同士の挨拶が・・・
「ごきげんよう・・・」というのは・・・
そうですね、現在の視点で見てしまうと、
「あれれ・・・この白詰草女子学院はもしかしてノーブル学園と同系列の学校で、もしかして学園長は望月先生なのか・・」とも
なんか詮索したくなってしまいますね・・・・
実は・・・・白詰草女子学院内にはたまーーに、白金さんが偵察にやってきていたりして・・??

そっか・・・序盤は・・・祈里は「自分のこの引っ込み思案の性格を治したい・・」と願っていて
学校内の教会で
お祈りをしているのですけど、
この辺りは・・・いかにも「祈里」=いのりという名前に相応しい素敵なエピソードですね。
なんか「引っ込み思案の性格を治したい・・・」というのは一代後輩のブロッサム=つぼみもそうでしたけど、
ブッキーの場合、つぼみほどは酷くはなかったような気も・・・??

そうそう・・そう言えば・・ブッキーの決め台詞は「私、信じている・・・!!」でしたね・・・!!
この言葉は・・・その後何度も何度も登場してくるのですけど、
いやー、やっぱりこの言葉が一番似合う方は・・・歴代プリキュアの中でもブッキーしかいない気もしますね・・・
あ・・・ハピネスのゆうゆうからもこんなセリフを言われてみたいっすね・・・・(苦笑・・)



22c25686_convert_20150918223024.jpg


歴代プリキュアを見ていると、
プリキュア達を常に優しく温かい眼差しで見つめていて
時には的確なアドバイスをしてくれる大人ポジションの人達が登場する事も結構あります、
初代のさなえさん、プリキュア5のおタカさん、ハートキャッチの薫子さん(ま・・・薫子さんは元プリキュアですけど・・)
スイートの音吉さん、姫プリの望月学園長に白金さん・・・
ま・・色々といましたけど、
共通点は・・・・
上から目線ではなくて、自分の過去の体験談を押し付けるのではなくて、プリキュア達の現在の悩み等に
共感しながら、かつ・・・・的確なアドバイスをさりげなく授けるという事なのだと思います。
フレッシュの場合、こうした役割を担っていたのはカオルちゃんなのですけど、
ま・・・この方は色々と「謎」も多いのですけど、
確かに・・・そのアドバイスの確かさには素晴らしいものがありましたね!!
特に・・・ラブとイースのあの決闘シーン直前のラブに対する「罪を憎んで人を憎まず」の提示は・・・・
ラブ自身すらも変えてしまいましたからね・・・

そして第三話においても
本当はラブと美希のダンスユニットに加わりたいのだけど、前述の引っ込み思案と恥ずかしがり屋が災いし
なかなか「一緒にやろう」とは言えないブッキー・・・・
そんなブッキーに対して
「誰かが代わってくれるわけじゃない。だから最後には自分を信じて結果を出すしかない・・・」と諭すカオルちゃんは・・・
うーーむ、やっぱりこの人は・・・フレッシュの一年を通して
本当に出来る大人でしたね!!
(そのヘンな外見とのギャップが実に素晴らしいですね!!)
そしてラブも・・・そうしたブッキーに対しては・・・
「本当にダンスがやりたいなら自分から言ってくる、それまで待とう・・・!!」というのも実に素晴らしいですね!!
そこには・・・祈里に対する言葉ではない「信頼感」がありますし、
単なるおせっかい焼きではないところが実にいいですね!!
ま・・これがハピネスのめぐみだったら、同じおせっかい焼きでも、祈里がドン引きするほど
「一緒にやろう!!」と強引に迫りまくるのがオチなのかな・・・(苦笑・・・)

さてさて・・・序盤は・・・意外にも・・ウエスターの登場場面はあんまりないです・・・
だから・・・
この時点では・・・・まさかウエスターがあんなマヌケ幹部の「愛すべきバカ」とは全く思わなかったですね・・・
どちらかというと、
イースを管轄するリーダーみたいな雰囲気もあったのですけど、
この頃はまだ普通の敵幹部扱いでしたね・・・

それにしても・・・イースはえげつねぇーーー!!

なにこれ・・・

こんな小さい子供にも一切容赦無し・・・という感じですね・・・

本当に・・・イースは・・後にキュアパッションになってもよかったのかな・・・となんか序盤のイースを見てしまうと
ふとそのように感じる瞬間もありますね・・・・(苦笑・・)

イースが暴れさせた飼い犬のナキワメーケを悲しそうに見つめるブッキー・・・・

だけど・・同時に・・・

「私がやらなくちゃ、自分を信じて、私を信じて!! 」という強い気持ちをもった所で、はい・・・ここで例によって・・・
ブッキーはめでたく3人目のプリキュアとなってしまいます・・・
フレッシュの場合、自分が思いがけずにプリキュアになっても
プリキュア5や初代のように・・・「なに、これ・・・私、プリキュアになっちゃったーー!!」みたいなヘンなテンションの高さが
無いところが面白いですね・・・
あんな引っ込み思案のブッキーも何の動揺も無くそのまんまプリキュアになってしまい、
そのまんま普通に戦闘に加わり、そして普通に浄化してしまいます・・・



b977f318_convert_20150918223155.jpg


それにしても・・・・

「キュアパイン」はとっても可愛いですね!!

歴代黄色系の中でも・・・・ま・・・かなり胸のふくらみはある方だと思うのですけど・・・(苦笑・・・)
ハニーのようなお色気
トゥインクルのような小悪魔を感じさせず
むしろ・・・・「普通のお嬢さん」みたいな感じになっているのは・・・やはりブッキーの元々有している「優しさ」の
おかげなのかもしれませんよね。
キュアパインって、変身前も変身後もそれほど大きな変化は無いようにも感じられるのですけど
それでも御子柴くんあたりは・・・
最後までその正体が見抜けませんでしたね・・・
あんなポンコツのスマイルのメンバーですら、変身前から変身後はかなり姿が変ってしまうというのに
一発でその正体を見抜いていたのとは
またエライ違いがあるものですね・・・

そうそう・・・この回の終わりでイースは
「一体プリキュアは何人いるのだ・・・・どこまで増えるんだ・・・」とブツクサ言っていましたけど
ご安心あれ・・・!!
四人目のプリキュアが実は・・・あなた自身なのですから・・・(苦笑・・・)



f728acde_convert_20150918223227.jpg


最後に・・・・

この回でついにラブ達のダンスユニットが結成されるのですけど
それにしても・・・
ブッキーは手際良すぎ・・・!!
あんな衣装まで既に準備しているとは・・・
まったく・・・本当は・・ダンスユニットに参加したくてたまらなかったのに・・・この恥ずかしがり屋さんめ・・・!!と
リアルタイムで見ていた時は・・・
ブッキーにツッコミ入れまくりでしたけどね・・・(苦笑・・)

そして・・・この回は・・・その後のせつなの「クローバー」加入時でも
ブッキーが当時感じていた事がせつなを通して再現されるのですけど、
あの時の・・・・祈里のせつなを思いやる「優しさ」とか「気遣い」は本当に素晴らしいものがありました!!

さすがに・・・「癒しと祈り」のプリキュアですね!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

フレッシュは恒例のMX再放送で初めて見ましたが、
「ブッキー」ってあだ名は嫌だなが最初の感想でした(苦笑)
いのりんにしてあげれば良かったのに!と
勝手に一人で怒ってました(笑)

ブッキー

りえ太  様


いやいや、最近こちらのブログに頂くコメントがなぜか吹奏楽関連ばかりであり
(ま、それは本当に大変ありがたい事なのですけどね・・)
こうやってホント、久しぶりに「プリキュア」関連のコメントを頂けると
なんかホームグラウンドに戻ってきたかのような感覚があり、とっても嬉しいものです!!
そうですね・・2009年のリアルタイムでの第一話を見た際は確かに
「ブッキー・・・?? なんじゃそりゃ・・」と思ったものですが
ま・・要は慣れの問題でしたね・・
ま・・祈里がああいうおっとり+天然さん+癒しのキャラでしたので
なんか自然となじんでいったような気もしますね・・・
最初、ハピネスを見た時、めぐみがやたら「ゆうゆう」と呼んでいた時は、「あれれ・・」とも感じたものですけど
これもすぐになれちゃいましたね・・
うーーん、きららのトワっちは・・・・意外と広まらなかったような気も・・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2450-ebee3ee7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |