FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.出雲高校

  A/幻想交響曲よりⅴ.ワルプルギスの夜の夢(ベルリオーズ)

  あ・・・出雲高校というとすごーーく久しぶりに全国大会に戻ってきますね。
  確か森脇先生時代のホルジンガー/春になって・・・の演奏以来だから、多分・・15年振りなのかな・・?
 久しぶりの古豪復活という事ですけど、現役の奏者にとっては「初出場」みたいな感覚に近いと思いますので
  とにかく・・・普段通りの演奏をして欲しいなと思います。

  確かこの学校はすごい進学校のため、コンクールは基本的には3年生は一人も出ない・・
  コンクールメンバーは1~2年生のみという話は以前確か・・BJだったかな・・・・聞いた事がありますけど
  そうした伝統は今も変わらずなのかな・・・?
  だけど3年生抜きのコンクール出場と言うのは、ある意味凄い事だと思いますし、
  なんかいかにも・・・上級生に頼らなくても自分達だけでなんとかする・・・!!みたいな下級生の心意気が
  伝わってくるような感じで、なんか思わず・・・「頑張って!!」と応援したくなっちゃいます。
  昔は、島根県の中学というと、出雲第一・出雲第二・大社など全国でもその名を轟かせた
  「吹奏楽の上手いチームが数多くある県」というイメージがあったのですけど、
  そういう中学で既に全国大会出場の経験があり、おそらくは相当高い技術を持った生徒が数多く入学だろうと
  思われる「出雲高校」は、なんでそんなに抜きん出た実績が無いのかな・・と思っていた時期も
  あるのですけど、
  ま・・・それは・・そうした進学校ならではの色々な事情があるのかもしれませんよね・・・

  さてさて、1984年の出雲高校ですけど、
  私の印象としては・・・
  (当時の私のプログラム余白のメモ書きにも散々書かれていましたけど)
  課題曲と自由曲の演奏になんか「落差」がありすぎたような感じがあります。
  一般的にこうした場合、自由曲の素晴らしい演奏に比べて課題曲の演奏が今一つ・・という事例は
  ま・・・吹奏楽コンクールの歴史の中では腐るほどあり全然珍しい話ではないのですけど、
  出雲高校の場合、課題曲の素晴らしい演奏に対して自由曲があまりにも無難というか平凡な感じて
  終わってしまい、通常とは全く逆の意味での課題曲と自由曲の落差に  
  少し驚いたものでした・・・

  課題曲A/変容-断章は、かなりの難曲です。
  技術的にもこれを表現するのも奏者も指揮者も大変なものがあると思います。
  最近の花輪高校の記事の中で、この「変容-断章」の演奏パターンとしては、
  ①メカニックな機能性重視 ②日本的な「和」の感覚を重視という2パターンの演奏に別れたみたいな事を
  書いたのですけど、出雲の場合は、プログラム1番の天理と同様に、
  かなりメカニックに解釈していたと思います。
  だけど全然無機質という印象もドライすぎるみたいな印象も無く、
  静けさと激しい動きの極端な対比をかなり大胆に鮮やかに使い分けているみたいな印象がありました。
  聴いていても・・
  「あれれ・・・花輪のねっとりとした和の響きとはかなり異なる世界だけど、
  なんか・・・コンピューターで計算し尽くしたようなメカニック的な対比がなんか面白い・・・」と
  私自身はエキサイトして聴いていました・・・
  この時の心境としては・・・
  「うーーん、今年の出雲高校は一味もふた味も違う・・・・これは何かやってくれるかな・・・
  もしかして・・・出雲高校として初めての金賞受賞となるのかも・・・」と・・・
  かなり期待していました・・・

  だけど・・・

  スクールバンドというものは面白いものですし、このあたりはコンクールの一つの醍醐味だと思うのですけど
  課題曲での印象がそのまんま自由曲に結びつくかと言うと・・・
  必ずしも・・・そうではない・・・
  音楽は・・・・そう簡単にうまくいくものではない・・
  そんな事を教えられたかのような自由曲の演奏でした。
  これほどまで劇的緊張感を持ち、指揮者の解釈によっては色々と思い切った挑戦とか斬新な解釈&表現が
  出来る「大きな可能性」を秘めた曲なのに・・・
  課題曲とは打って変わって・・・
  まるで「借りてきたネコ」のようにおとなしくて無難な平凡な演奏で終ってしまいました・・・
  課題曲の演奏では、技術的な不安は全く感じさせなかったのに
  自由曲になると、あちこちでボロが出てしまい、
  演奏自体も決して安定したものではなかった事もマイナスだったかな・・・・

  結果的に銅賞という評価でしたけど、少なくとも課題曲だけを聴いた限りの印象では、
  この評価は厳しすぎ・・・
  ま・・自由曲とセットで考えると・・・「ま・・・仕方ないか・・・」みたいな感じになってしまったのが本当に
  惜しまれます・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2448-9cacd4e7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |