プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


大江健三郎ですか・・・

最近の作品は正直読んだことないけど、高校時代に初期の頃の作品は色々と読んでいた記憶がありますね。
というか・・
この方も・・・初期の頃の作風と今現在の作風は・・・
そうですね・・・正直・・・「本当に同じ作家なの・・?」と思わず口にしてしまう程、かなり変容してしまったような
印象がありますね。
今現在がいいのか、昔の作品の方がよかったのかは・・・正直、私なんかには語れる資格は全く無いと思いますけど
そうですね・・・
初期の作品で新潮文庫の「性的人間」に収録されている「セブンティーン」なんかは・・・・
今現在の視点・感覚で読んでみても
中々面白いものはあると思います。

そうそう・・・この「死者の驕り・飼育」の中に収録されている「死者の驕り」ですけど、
聞いた話ですけど
この小説こそが
あの都市伝説・・「大学病院内の死体洗いのアルバイト」を生み出した根源という人もいます・・・
私の知人で、大学の医療関係に勤めている人に言わせると
ああした「死体洗い」というアルバイトというかそうした死体の保管方法は
「100%、絶対にありえない・・・!! あれは完璧に大江健三郎の創作・・」と断言しています。



CIMG8819_convert_20150917152010.jpg


さてさて・・・新潮文庫のこの大江健三郎の「死者の驕り・飼育」という単行本の中には
一つ大変短い作品ながらとても不気味な作品があり、
これ・・・自分が高校生あたりの頃からとっても気持ちが悪いというのか
とてつもなく後味が悪い作品として強く印象に残っています・・・

ま・・・一言で言うと・・・他人に対する悪意のあるおせっかいというものは・・・
ある意味「狂気」に近いものがあるという事なのだと思います。
ま・・・当人にとっては「自分のおせっかいは善意から来ているものだ・・・その人のためを思って
そうした言動を取っているのだ・・」という理屈になると思うのですけど
それは・・・単に・・・「ストーカーが言っている事」と大して変わりがないのかな・・・とも思ってしまいます。

この話に近い作品って・・
このブログの8月終わり頃の記事/山本文緒の「ブラナリア」という本で登場する永瀬さんという登場人物・・・
主人公・春香に対して本人にとっては・・善意あるおせっかい、春香にとっては「うざい・・」以外の何者でもない行為を
色々と展開してくれた人の話にちかいようなものがあると思うのですけど
そうですね・・・
ブラナリアの永瀬さんはまだ善意があるおせっかいだとは思うのですけど
大江健三郎の小説は・・完璧に悪意あるおせっかいの領域ですので、両者にはかなり大きな違いが
あるのかな・・とも感じてしまいます。

ブラナリアの永瀬さんの場合、たまたま飲み会で春香が「私・・・生まれ変わるとすればブラナリアになりたい」と
口走ったのを気に止めてその後・・その後そのブラナリアの学術写真を春香の自宅にまで送りつけるという
余計なおせっかいをついついしてしまうのですけど、
そうですね・・・春香にとっては・・・
正直・・・
「うぜーー、こいつマジでうぜーー、私、あなたにこんな事をして欲しいと頼んだのか・・・」
「別にいいじゃない・・もう放っておいて・・!!」
「別に私はこんな学術的解説書なんか読みたくはない・・」
「なんでそっとしておいてくれないの・・・!?」
「あなたにとっては善意のおせっかいであっても、私にとっては見たくも無い傷を強制的に
鑑賞させられたような気分・・・」
みたいなものだったのだと思います。

要は・・・本人にとって「あたなのため・・」と思ってした善意あるおせっかいでも逆に当の本人にとっては
迷惑以外の何者でも無いという事もある・・・
みたいな話なのだと思います。
ま・・ものすごーーく後味が悪い話なのですけどね・・・

それにたいして大江健三郎の「人間の羊」は完全に悪意そのまんまです・・・

この話の概要を簡単に記すと・・・・

戦後間もない年の冬、アルバイトから帰る途中の「僕」が、バスの中で外国兵と乗り合わせる。
外国兵は酔っていて、同伴していた女に色々とちょっかいを掛けるもののうざがれる・・・
その女は面倒になったのか「僕」に対して逆にちょっかいを掛け始めてしまう・・
「僕」は面倒になって、その女を払いのけようとしたとき、
たまたまバスが傾いて、その勢いで女の体を突き飛ばしてしまう。
外国兵はひどく怒りだして、「僕」の胸ぐらを掴んで小突き回す。さらに屈辱を与えるべく、
「僕」にズボンと下着を下げさせ、衆人環視の中で四つんばいにさせる。
そして剥き出しの尻をナイフでぴたぴた叩き、「羊撃ち、羊撃ち、パン パン」と歌い、笑い興ずる・・・
運転手と何人かの日本人乗客も同じ目にあう。
やがて外国兵が女を連れてバスを降りる。被害にあわなかった教員が、
「僕」に近づいてきてしきりに同情する。教員が「警察に届け出て事情を話せ。自分が証人になる」と言う・・・
だけど・・・「僕むを含めて被害に遭った者たちは誰も相手にしない・・
バスを降りた「僕」のあとを教員がしつこくついて来る。
「僕」は半ば強引に交番へ連れて行かれる。義憤に駆られた教員が、熱心に事情を説明する。
警官は一応経緯を聞き、同情もするが、内容が内容だけに薄笑いを隠さない。
「被害届を出すか」と問われ、「僕」は首を横に振る。
教員は「泣き寝入りするな。事件を世に知らしめるため、犠牲の羊になれ」と言う。
結局「僕」は被害届を出さずに交番を後にする。
教員はなおも付きまとう。そしてしまいにこう言う。
「俺はお前の名前をつきとめ、お前の名前とお前の受けた屈辱をみんな明るみに出してやる。
そして死ぬほど恥をかかせてやる。お前の名前をつきとめるまで、俺は決してお前から離れないぞ!!」と・・・

うーーん、これってほぼ完璧に「嫌がらせ」に近いものがありそうですね・・・

確かにこの教員は・・・「いくら占領下とはいえこうした米兵の横暴は絶対に許されるものではない!!」という
「義憤」から発生したおせっかいといえるのかもしれないのですけど
これは・・・ある意味・・・・
傍観者のたわごと・・みたいな側面もあるような気がします・・・
「僕」をはじめ被害にあった人間達は・・・
こんな屈辱を味わったうえ・・・さらにこの件の傷口を広げるような「公開」みたいな事はしてほしくない・・・
もう自分達の事は忘れて放っておいてほしい・・
みたいな切実な願いはあつたと思います。
これは・・・被害者としての立場から考えると・・・「もうそっとしておいてほしい・・」というのは自然な事だと
思えます。
だけどこの教員は別にこの事件の被害者でもなんでもない・・
単なる傍観者にすぎないのです・・・
傍観者だからこそ・・・・・そうした被害者たちの気持なんか分からないで・・
「自分の義憤」だけでおせっかいをしようとしているのです・・・
要は・・・自分が「いい事をした!! だから他人からも感謝されるであろう・・」というある意味勝手な推測に基づいての
おせっかいであり、
しかも・・・被害者本人の気持ちなんか何も考えずに
自分が「気持ちいいことしたい!!」というだけの行為に過ぎないのではないか・・とすら感じてしまいます。

結局・・・こういうのって・・・「悪意あるおせっかい」と言えるのかもしれないですよね・・

この教員がなぜこんなにも執拗な行動を取ったのか・・・

そうですね・・・

教員にとっては
「自分がこんだけ一肌脱いでこの被害者のために頑張っているのだから、
こいつらは・・当然自分に感謝をするはずだ!!」みたいな
上から目線的な感覚があったのだと推察されます。
同時に・・・「自分がやっている行為は全て正しい!!」みたいな思い上がりもあったのだと思います。
要は・・・悪意あるおせっかいの典型的パターン・・・一歩間違うとストーカーそのもの・・という感じ・・・
だけど教員にとっては、その自分の厚意が全然報われない・・・・
被害者たちは、なぜか自分と関わりを持つのを嫌がるし、全然感謝もされない・・・
一体なんで自分は誰からも正当に見て目てくれないんだぁーーー!!みたいな「叫び」があのラストの後味の悪い
捨て台詞なのだと思うのです・・・

これ・・・今現在の視点・感覚で読んでも相当後味が悪い作品ですよね・・・

ま・・・多分・・・今現在の大江健三郎さんは、間違ってもこんな話は書かないと思いますけど・・






1a4a0d62_convert_20150916071441.jpg


最後に・・・・

この種の「おせっかい」というとよく引き合いに出されるのがマナとめぐみのその「対照性」だと思います。

マナも歴代では・・・多分トップクラスのおせっかい焼きですけど
それが周囲の人から嫌そうな顔をされた事はほぼ皆無・・・
対照的にめぐみの場合・・色々とあっちこっちに首を突っ込み、余計な事しまくりなのですけど
うまくいく場合もありましたし、
深大寺まみさんのロケット回のようにほぼ完璧に裏目に出た回もありましたし
第7話で、せっかくケーキを焼いてめぐみたちをびっくりさせようとしたひめの気持ちを全然考えないで
「ケーキ作り手伝いたい!!」というおせっかい心を爆発させ、ひめの怒りを招いてしまう辺りは
めぐみの鈍感さの表れでもありましたね・・

うーーん、このマナとめぐみの違いって何だろう・・・

言うまでも無く両者ともに「善意あるおせっかい」であるのは間違いはないのですけどね・・

一言で言うと・・・

マナの場合、おせっかいをするのならば、ほぼパーフェクトにそれを完遂させるという事に対して
めぐみは・・時に・・完遂ところかそれをする事でかえって余計に相手の負担を掛けてしまうという事が多々ある・・
という点なのかな・・・?
それと・・・一番大きいのは、
マナの場合・・・無意識のうちに「相手が本当に望んでいる事」を看過し、それをさりげなくフォローという形で
相手に協力しているのに対して
めぐみの場合・・
「困っている人が目の前にいるから場当たり的におせっかいしてしまう・・・、結果的に余計な事をしてしまう・・」という
点が最大の違いなのかな・・・・??

そうですね・・・

この記事の結論として・・・

他人に対しておせっかいをするのなら、最後まで責任をもって完遂しろ!!
それが最初から出来ないと分かっているならば、そもそもそんなおせっかいなんてしない方がマシ・・・
という事なのかも・・・??

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2445-3920ae14
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |