プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


9.花輪高校


 A/交響曲第3番「シンフォニーポエム」(A.ハチャトゥーリアン)


改めてですけど、
 秋田県立花輪高校吹奏楽部は偉大ですよね・・・!!
このブログでも既に何度も何度も何度も繰り返し書いているのですけど、
 私が「クラシック音楽の深い森の中」に迷い込むきっかけを作ってくれたのが
 1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番第四楽章の
 圧倒的名演に心の底から感銘を受けたという事実なのですけど、
 これ以外でも・・・
 例えば・・・
 ハチャトゥーリアンの交響曲第2番・そして今回取り上げる「シンフォニーポエム」
 プロコフィエフの交響曲第3番
 ベルクの三つの管弦楽曲
 シチェドリンの交響曲第2番
 ブリス/バレエ音楽「チェックメイト」
 ラフマニノフ/交響曲第1番などは、全て花輪高校の吹奏楽コンクールの演奏がきっかけとなって
 「花輪の演奏素晴らしいな・・・ではその原曲はどういう感じなんだろう・・」と色々と興味を持っていったのが
 まさに始まりでしたし、
 それを起点にして・・・
 「それ以外にこの作曲家はどんな曲を残しているのかな・・」
 「この時代、他にはどんな作曲家がいたのかな・・」と
 クラシック音楽の入り込む「きっかけ」を私に作ってくれたのが、この花輪高校吹奏楽部なのだと
 今でも思っていますし、
 それゆえ・・・・私は・・・永遠に・・・
 「花輪高校吹奏楽部よ、永遠なれ!!」といつでも・・・そして今でも・・・心より遠き埼玉の地よりエールを
 送り続けています!!
 
 それにしても花輪高校の吹奏楽コンクールでの選曲は本当に素晴らしいものがありますよね!!

「え・・・その作曲家、誰・・・?? 聞いた事が無い・・」

 「ガジペコフって誰・・?? シチェドリンって誰・・・? ハチャトゥーリアンの鐘って・・何それ・・・初めて聞いた・・・」

 「ウィリアム=ウォルトンって何者・・・??」

 「プロコフィエフの3番なんて・・・聴いた事すらない・・・」

 みたいな反応は演奏当時もかなり多かったと思いますし、小林先生が花輪を指揮されていた頃と
 私の吹奏楽時代はほぼ丸ごと重なっていますので
 リアルタイム当時から
 「花輪ってあの選曲凄いよね・・」とか
 「どっからあの選曲の情報を仕入れてくるのだろう・・」とか
 「だけど・・・花輪って少しというか・・・・かなりヘンだよね・・・、ま・・個性が極端に強いというか・・・」
 というような声は、小林先生の在籍時から、色々な所で耳にしていましたので、
 改めて小林先生はすごい先生だったのだな・・とその「偉大さ」をつくづく感じてしまいます・・・・

 ま・・・花輪高校は、小林先生が赴任されたのが1978年なのですけど、
 それ以前の佐藤先生時代も・・・・かなり変わった選曲をしていましたよね・・・
 (厳密には、シベリウスは佐藤先生ではありませんけど・・)
 例えば・・・

 〇交響組曲「シェエラザート」を定番の終楽章ではなくて、あえて・・・第二楽章・カレンダー王子の物語を選曲

 〇組曲「展覧会の絵」も、定番のババヤーガの小屋~キエフの大門ではなくて、
  なんと・・・
  冒頭のプロムナードから開始し、前半のカタコンベで終了・・・という今ではありえない大胆すぎるカット・・
 〇チャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」を一番盛り上がる第四楽章ではなくて
  なぜか・・・第一楽章を演奏・・・
 〇シベリウスの交響曲第2番を・・・一番盛り上がる第四楽章ではなくて、一番盛り上がらない第一楽章を
  あえて選曲・・・

 うーーん、花輪高校は私にとっては「小林久仁郎先生」というイメージが相当強いのですけど、
 小林先生赴任前も・・・相当個性は強いですね・・・
 但し、演奏自体は・・・小林先生以前は、どちらかというと・・・地味という印象が強いです。

 だって・・・小林先生は赴任一年目から、いきなり、ラフマニノフ/交響曲第1番第四楽章という
 当時誰も目にも留めなかったあの曲を選曲し
 2年目のショスタコーヴイッチだって・・・・定番中の定番の5番ではなくて、第1番を選ぶあたり・・・
 小林先生の目の付け所の確かさを感じてしまいます。
 1980年のハチャトゥーリアン/交響曲第2番「鐘」も81年のプロコフィエフ交響曲第3番も
 どちらも第一楽章を選びながら、
 ラストにおいては、第四楽章の終結部を巧みに結合させてしまう辺りに、その大胆さと音楽的センスを
 感じてしまいます・・・
 そして1982年が・・・
 このブログでも腐るほど書いてきた・・・あの伝説的名演のウォルトンの1番・・・
 そして1983年が・・・
 なんと・・・吹奏楽コンクールで初めてベルクという「無調音楽」に果敢に取り組んでいます・・・

 いやいや・・・改めてですけど、小林先生=花輪高校は・・・・「伝説」ですね!!
ブレーン社から出ている「レジェンダリーシリーズ」の花輪高校編を聴くと・・・とにかく花輪の偉大さが
 ご理解して頂けると思います!!

あ・・・・なんか前置きがとてつもなく長くなってしまいました・・・

 1982年の東北大会のまさかのダメ金で全国に進めず、1983年の全国も・・・まさかまさかの・・・銅賞・・・
 (両方とも・・審査員に嫌われてしまったとしかいいようがない評価だと思います・・・)  
 小林先生としても・・・1984年の全国大会は・・上記のような経緯もあったと思いますが、何か胸に秘めるような
 ものがあったようにも感じられます。
 そして臨んだ演奏が・・・
 課題曲は、84年の課題曲で最難関の変容-断章
 そして自由曲は・・・もはや伝説と化しているハチャトゥーリアンのあの交響曲第3番「シンフォニーポエム」
 だったのです!!

 課題曲/変容-断章ですけど、私の個人的感想としては、この課題曲の解釈としては二つの方向性が
 あったようにも感じられます。
 一つは、天理・ヤマハ浜松・神奈川大学のようにとにかくサウンドが洗練され、計算し尽くしたような
 数字の感覚みたいなシャープな演奏・・
 そして花輪のように、どちらかというと「和の響き」を意識したような解釈に別れていたような感じも
 あるのですけど、
 花輪の場合・・・そうですね・・・正直に書くと・・・・プログラム1番の天理のような「洗練さ」はあまり感じられない・・
 どちらかというと・・・サウンドが少し混沌とし、部分的に・・・・音の整理があまり出来ていないような箇所も散見され、
 意外と・・・クラリネットの指の動きがもたついているような印象もあったりします。
 だけど・・・
 全体としては、天理の「機能性優先」みたいな演奏とは少し異なり、日本的なモヤモヤ感とか
 幽霊の走り抜けみたいなヒュードロドロ・・みたいな雰囲気を感じ取る事は出来ました。
 個性的だけど、私はこういう解釈も大ありだと思います。

 だけど・・・

 とにかく圧巻は・・・自由曲の交響曲第3番「シンフォニーポエム」でした!!

この曲・・・多分ですけど・・・

 1984年の高校の部の普門館にいた人達の中で・・・「知っている」とか「過去に聴いた事がある・・」という人は
 一人もいないような気がします・・・
 恐らく・・・審査員も含めて、初めて耳にした人ばかりだと思います。

 だからこそ・・・・

 あの演奏は・・・まさに衝撃でした!! あれはまさしく・・・「伝説の名演」ですね!!

 あの花輪の演奏を普門館で生で聴くことができた私は・・・当時18歳でしたけど、本当に幸せ者だったと
 今でも確信しています!!
 その位、とにかく素晴らしい演奏でしたし、
 とにかく・・・・この曲、あの演奏から「生きるチカラ」・「生きるエネルギー」を頂いた様な気がします。

 だって・・・私、いまだに何か嫌な事があってふさぎこんでいる時に、この花輪の演奏を聴いて
 自分自身を鼓舞するという事は・・・
 今現在もしていますから・・・・

 冒頭のドラの余韻から続くトランペットの凄まじい大ファンファーレの時点で・・
 わたしの中では既に「金賞当確」となっていました・・・
 それにしても課題曲と打って変わってクラリネットパートは本当に指がよーくあんなにクルクルと廻るものですね・・
 クラリネットのあの粘っこい安定感は「素晴らしい・・」としか言いようがないです。
 どちらかと言うと、この演奏、金管セクションにばかり賞賛の声が集中してしまいがちですけど、
 いやいや・・とんでもない・・・・木管セクションも打楽器も・・・皆全員がいい仕事をしています!!
中間部のしっとりとした「歌」も素晴らしいですね!!
そして中間部が過ぎてホルンの二重奏が静かに響き渡って、
 原曲ではクラリネットソロになるのですけど、小林先生のアレンジでは、マリンバ二重奏になるのですけど
 あのマリンバ奏者のテクニックには・・・
 リアルタイムで見ていた当時から、まさにぶったまげものでした・・・!!
そしてこのマリンバからラストまで一気に曲は盛り上がり、たたみかけるように展開され、
 感動のまま、演奏が終了します・・・
 いかにも・・・
 「最後の勝利は私達がこの手で掴み取る!!」みたいなメッセージが何か伝わるようにも感じられましたし、
 小林先生にとっても奏者にとっても1982年~83年のコンクールでの鬱憤を全てこの演奏で晴らしてくれ、
 多分・・・指揮者としても奏者としても「大満足」の演奏だったと思います。
 マリンバi二重奏の後から始まるシンバル奏者の怒涛の連打は・・・まさに圧巻でしたし、
 あれこそ・・・「生きるチカラ」なのだと思います。

 とにかく素晴らしい演奏でした!!

私は心から叫びたい!!

花輪高校吹奏楽部は永遠に不滅です!!

とにかく・・・82年のウォルトンと合せて、素晴らしい演奏をありがとう!!と感謝の気持ちしかないです!!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついでですので、ハチャトゥーリアンの交響曲第3番「シンフォニーポエム」について
その原曲版について簡単に記したいと思います。

ハチャトゥーリアンと言うと、
バレエ音楽「ガイーヌ」
バレエ音楽「スパルタカス」
組曲「仮面舞踏会」
ヴァイオリン協奏曲・交響曲第2番「鐘」が比較的有名かな・・・
中でも「ガイーヌ」の「剣の舞」は、恐らくは100人いれば95人程度は
「あ、この曲どこかで聴いたことがある」と答えそうなほど、
親しみやすいし知名度が高いメロディーだと思います。

だけど、交響曲第3番「シンフォニーポエム」は、正直ウルトラマイナーな曲だと思います。
この曲は、先ほど散々語ったように、
1984年の全日本吹奏楽コンクールで、
秋田県の花輪高校が、当時の指揮者・小林久仁郎先生の指導・編曲の下で
演奏し、その怒涛の名演に当時の観客は驚き、
「え、ハチャトゥーリアンの3番ってこんな曲だったの・・・」と一部で話題になり、
翌年に嘉穂高校が自由曲で取り上げたり、翌々年には津幡中も取り上げたり、
その後も多くのチームがこの曲を自由曲に選び、
現在でもこの曲は自由曲としては根強い人気を誇っています。
だけど、それはあくまで日本の吹奏楽コンクールという狭い世界の話であり、
オケの世界では、この曲はいまだに「知る人ぞ知る」という感じのマイナー扱いですからね・・

だけど、それは分かります。
だって、この交響曲、完全に「いっちやった」交響曲というか、
交響曲の概念を根底から翻してしまったというか、
「狂気」の領域に入ってしまったとか
音の暴力とか
色々な評価はあるとは思いますが、
とにかく一言で言うと「いっちやった」交響曲としか言いようがないのです。

とにかく曲を聴けば分かります。
冒頭、弱音から開始され、ドラのロールに導かれる形で
なんといきなり15本のトランペット隊によるすさまじいファンファーレが吹奏されます。
このファンファーレとバックの管弦楽の音量は、すさまじいというか、
音の過激な暴力と言うか
耳をつんざくというのか
とにかく正気の沙汰ではないのです。
このファンファーレの展開が終わると、何とこれにオルガンが乱入し、
とてつもないフーガを展開していき、これに管弦楽がねちねちと絡んでいきます。
中間部は民族音楽の夜みたいにしっとりした描写があったりもしますが、
クラリネットの速いソロに導かれ、またオルガンと管弦楽の怒涛の展開が再開され、
ラスト近くは響きも厚くなり、スピードもどんどん加速していき、
耳をつんざくようなすさまじい音の暴力によって
曲は閉じられていきます。

これは、ホント、最早「交響曲」ではありませんよね・・・
凄まじい狂ったエネルギーの塊以外の何物でもありません・・・
良く言うと、泥臭いのだけど何か「大地の香り」も漂うし、
人間の「生きたい!」という本能を原始的に表現した凄まじいパワーを感じます。
踊る阿呆に見る阿呆、どちらもアホなら踊らにゃ、ソン・損みたいな感じで、
全員踊り狂っているような感じの音楽としてか言いようがないです。

この曲は、バンダとかオルガンとか特殊編成というせいもありますし
本場ロシアでも、まず滅多に演奏されないと思います・・・
この曲が作られた頃、ソ連の地方幹部が
「こんな狂った曲を作られても、地方にはオケとは別に優秀な15人のトランペット奏者もオルガン奏者も
準備できない・・・」と文句をつけてきたエピソードがあるそうです。

だけど、こんないっちゃつた交響曲を一度生で聴いてみたいですよね・・・
そしてあまりの「いっちやった感」で失神してみたい感じになってみたいですよね・・・

この曲、CDで聴く場合
シャンドスのグリュシチェンコ/BBCフィルハーモニックが断然お勧めです。

だけど一度でいいから、吹奏楽コンクールのカットヴァージョンではなくて、あくまで原曲の方を・・
生の演奏で聴いてみたいですね!!


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

実は……。

管理人様、いつも素晴らしいそして興味深い投稿ありがとうございます。
1984年・花輪高校の全国大会の「シンフォニー・ポエム」は30年以上経った今でも、伝説の演奏として日本中で語り継がれてますね。
この年の秋田県大会では、前年度に高校の部で東北代表を独占した秋田南・花輪・仁賀保が金賞を授賞、秋田県代表には秋田南と花輪が選出されたのですが、実はあくまで当時の私のまわり・一部での話ではありますが、花輪が涙をのむ・貧乏クジを引くと言っていた・予想していた記憶があるんですよね…(秋田県の吹奏楽関係者全員がという話ではありませんので、誤解なく…)。理由を聞くと「演奏内容が奇抜過ぎる」・「この学校にハチャトゥリアンは合わない」・「全体的に演奏が荒すぎる」などでした。また、この年の前年が全国大会銅賞、前々年がまさかの東北大会ダメ金でレベルが落ちたという先入観もあったようです。ちなみに、秋田県大会の順位は秋田南が1位、花輪が2位だったと思います。
結果としては、今となっては、全くもって杞憂でしたが、もしこのときの秋田県大会の審査員が花輪に貧乏クジを引かせてたら、全国大会の名演は存在しなかったでしょうし、「シンフォニー・ポエム」も自由曲としては不適当な曲と烙印を押され、まさに「埋もれた名曲」になってしまったかもしれませんね…。
その後この曲は、現山王中の「木内恒先生」の指揮で飯島中が自由曲として演奏して全国大会初出場を果たすなど、秋田でも全国でも広く認知されてますが、個人的には、今にして思えば紙一重だったな思いますね。  
長文失礼いたしました。

花輪の「シンフォニーポエム」は永遠不滅・・・

一秋田県民  様


そうですね・・・一言で感想を言うと
「パイオニアとしての苦労」と言う感じですね・・・
今まで前例がなかった事を周囲に認めて貰う事は並大抵の事ではないという事なのだと思います。
だけど、それを花輪はやってのけた・・・
全国大会でも自分達の「やりたい事・伝えたい事」を正々堂々と普門館でも聴衆に伝えることが
出来たのは大変立派な事だと思いますし、
そうした場に居合わせて花輪のこの演奏を聴くことが出来た自分は、本当に幸せ者だと今でも思っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2443-0fc142e3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |