プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我が家のリビングには、昔も今も時を刻み続けている掛け時計があります。

これって電波時計なんですけどね・・

電波時計というのは、標準電波を受信して誤差を自動修正する機能を持つ時計のことなのですが、
当たり前の事ですけど、
乾電池が無くなったり、電池切れ寸前だと、
時間は狂いまくりです。
実は、先日も電池切れを起こしてしまい、時計の針は止まったままになってしまいました。
こういう場合、電波時計と言うのはやっかいな面があり、何かと言うと、
前述の誤差の自動修正と言うのが大変時間が掛る点です。
長針と短針が正しい時間に同時にびったりと移動してくれると簡単なのですけど、
例えば正確な時間を16:00として、止まっている時間が18:00とすると、18:00→16:00へとずーーっと短針がクルクルと
廻り続けて正しい時間になるまでずーーっとクルクルと動いている状態が延々と続くため、
自動修正が終わるのは2時間程度毎回掛っているのかな・・・
ま・・・もっとも最近の電波時計と言うのはもっと性能がよくなっていると思われますので、
全ての電波時計がこんな感じとは思えないです。
(ま・・、よく分からないけど・・・)

我が家の電波時計もそんな感じでやっと元に戻った訳ですが、
実はこの掛け時計は、コチコチと音は一切立てていません。
本当は、「振り子」というものが下についていて、この振り子を付けるとコチコチと音を立てる仕組みになっているのですけど、
うちの奥様が・・・
人気がない所で時計だけがコチコチと音を立てているのはイヤ!!と妙な駄々をこねるため、
仕方なくこの振り子はわざと外しています・・・
うーーん、なんか勿体無いような気も・・・・
ま・・・・私の自室には・・・例によって・・(?)「プリキュア時計」なるものが・・・三つもあるおかけで
年がら年中コチコチと音を立てていますけどね・・・・(苦笑・・・)
ま・・・こういうのって、気になる人は私のように全然気にならないのだけど
気になる人はどうしても気になってしまう・・・という感じなのかもしれませんよね・・・



CIMG8813_convert_20150912071538.jpg



さてさて・・・・

実はクラシック音楽の「交響曲」のジャンルにも時計のコチコチという音に似ているから「時計」みたいな
タイトルが後世の人達によって付けられた曲もあったりします。

それがハイドン作曲、交響曲第101番「時計」なのです。

その「時計」の表題の由来なのですけど
19世紀の人が、この交響曲の第二楽章のリズムが、何となく「時計」の規則正しい刻みを彷彿とさせるものが
あるから・・・という理由で付けられたものとの事です。
そうですね・・・・
この交響曲は何度か生の演奏会で聴いた事がありますけど、
うーーん・・・正直、そのように言われなければ何も気にする事なくスルーしてしまいそうなほど
特に際立った特徴もないように感じるのですけど
18~19世紀の人たちにとっては、重奏低音がポンポンと規則正しいリズムを正確に刻み続けただけで
「おおーーーっ」と何か感動を生んでしまったのかもしれませんよね・・・
そうですね・・・
全く同じ事はハイドンの交響曲第94番「驚愕」第二楽章にも言えるのかもしれません。
あの交響曲の第二楽章は、出だしで単調なメロディーラインが二回繰り返されたところで
聴衆がうつらうつら・・・居眠りをしそうなところを叩き起こすためという俗説もあるほど、
唐突に全楽器とティンパニの打撃音が強烈な一撃を食らわしてくれるのですけど、
そうですね・・・正直・・・21世紀に生きる私達が今現在この楽章を聴いても・・・・
「あ・・べつに・・大したことない・・」みたいな反応で終るのかもしれないですね・・・(苦笑・・・)
ま・・・そんだけ・・みんな耳が肥えてきたというのか、
ちっとの事で驚かなくなったという「慣れ」があるのかもしれませんよね・・・・

この交響曲第101番「時計」も前述の通り、普通に低音が規則正しいリズムを展開するだけですから
現在の感覚・視点で聴くと・・
「これのどこが時計なの・・・?」と思ってしまうのかもしれませんよね。
だけど・・・
この曲の第二楽章は、多分・・・・どこかで聴いたことがあるように懐かしいメロディーが展開されますので、
例えば・・・
私がかつて聴いた1993年のGWのサントリーホールでの東京フィルの名曲コンサートにて
この「時計」が演奏された際、第二楽章が始まった際の会場の雰囲気は・・・
「あ・・・なんかこの曲知ってるしってる・・」みたいな空気が一瞬さーーっと流れたような気もします。

ハイドンの交響曲ってたまーーになんかヘンなタイトルがあったりもします。
例えば・・交響曲第83番「めんどり」は第一楽章の第二主題がめんどりの鳴き声に何か似ているからというのもありますし、
交響曲第82番「くま」は、第四楽章のメロディーがなんか「くま」みたいな感じがするという
何か今一つ良く分からない理由で付けられてもいます・・

この「時計」ですけど、
第一楽章は意外と・・・神秘的な感じで開始されるのが大変印象的です。
第三楽章の絢爛豪華なメヌエットも素晴らしいですし、
第四楽章も音楽が大変自由な感じがします。これから翔び立とうとする前向きな第1テーマと、
たおやかに羽ばたくような第2テーマが縦横に展開されて、堂々たるエンディングを迎えるのが
実に素晴らしいと思います。

最後に余談ですけど・・・

ハイドンの交響曲みたいに「吹奏楽」とは相性が悪そうな曲でもって吹奏楽コンクールの全国大会にまで
進んだチームもかつてはありましたね・・・
確か・・100番「軍隊」と104番「ロンドン」だったと思いますが、
さすがに現在は・・・そうしたあまりにも古典的な曲を自由曲にする無謀なチームはほとんど・・・ないですね・・・
ま・・・・かつて岡山学芸館がブラームスの交響曲第1番第四楽章を自由曲にした際は・・・
少し驚きましたけどね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

我が家は電池の掛け時計です。

♪カチコチカッチンお時計さん♪の歌も
歌の中だけになりつつありますね~。
私はあまり気にならないタイプです。
ハイドンの曲に「時計」という曲もあるのですね。
「めんどり」はインパクトで覚えていますが、
「くま」って(笑)
クラシックて本当面白いですよね~。
今聞くときっと寝ちゃいそうですが(笑)

ハイドン

りえ太 様


以前の記事でも書いた通り、先日のハピネスの時計で自室にはこれでプリキュアの掛け時計は
三つ目になってしまい、
さすがにコチコチとたまーに煩く思う時があります。
ま・・・エレン風に言うと・・・
「やっかましーわ!!」という感じなのかも・・・??

ハイドンの交響曲ですけど、たまーーにヘンなタイトルがあったりして
「校長先生」「うかつもの」「火事」「太鼓連打」というのもあったりもします・・
私が小学生の時の音楽の授業で聴いたハイドンの交響曲第94番「驚愕」は、
なぜか・・・
「びっくり」というタイトルで教科書に載っていて、これは結構インパクトはありました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2438-803f24b9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |