FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


冒頭の「ロックの正体は実は妖精だった・・」のシーンを見ていると
あれれ・・・なんかこれどっかで見た事あるな・・と思っていたら、
そう・・・あれはハピネスの「ファントムの正体は実は・・ミラージュの元・パートナー・妖精ファンファンだった・・・」と
何やら被りそうな雰囲気はあったと思います。

うーーむ、何かスイート辺りから、妖精の闇堕ちというのか、
妖精系が例え一時的であるにせよ、敵幹部になってしまうケースが増えてきたような感じもありますね。
スイートのセイレーンもそうですし、
スマイルのマヌケ三幹部も実は全員メルヘンランドの妖精でしたし、
(というか・・・・妖精化したウルフルンとか子供になったウルフルンは・・・目茶苦茶可愛かったと思います・・)
前作のファンファンに、
そして今回ですか・・・
そうですね・・・・正直、ロックの正体が妖精系とは全く予想外でした・・・・
ロックが、トワイライト様にごますり戦略の一環みたいな感じで赤絨毯を引いてお出迎えたり、
スカーレットに、トワイライト時代の事を色々とネチネチ持ち出し精神攻撃を仕掛けたり、
はたまた・・ディスピアに代わって自分がディスダークになるみたいな野望を口にする辺りから
ロックの正体は・・
頭脳は優秀なんだけど、周囲との人間関係に疲労困憊した理系大学生あたりを妄想していただけに、
まさか妖精さんだったとはね・・・
正直・・・ものすごーーく意外でした・・





あれれ・・この元・ロックの妖精さん・・・・何だか雰囲気は可愛らしいですね・・・

ま、だけど昨年のハピネスも、あのファントムの正体が実は妖精・ファンファンだって事が判明した際も
ファンファンが何か泣き出しそうなタレ目系という事もあり、
そのギャップの大きさに正直・・・ドン引きしてしまったものですけど、
今回も・・そこまでは至らなくても、何かそれに近い雰囲気はありそうですね・・・

当面・・・この妖精は、ニャンコ先生、ではなかった・・ミス・シャムールが面倒を見るという設定になっていますけど
何となく・・・
いずれこの妖精ちゃんがプリキュアの更なるパワーアップとか何らかの新しいアイテムを生み出すための
何か原動力になるとか
今後「何か」の形で物語に絡んできそうな予感もあったりもします・・・

前作/ハピネスチャージにて、私が特に特に大好きで個人的には名作誉れ高い神回と大絶賛している
「アンラブリー」回においては、
プリキュア達の新しい力の前に敗北し、負傷し気を失ったファントムを、プリキュア達は「回収」していきましたけど、
今回も・・
その元・ロックの妖精ちゃんは・・・・第30話の後で、やっぱりフローラ達は「回収」としていったのでしょうね。
そっか・・・こういう「回収」については、ハピネスも姫プリもその場面を明示しないというのは
何か興味深い共通点ですね・・・
これは・・・子供たちへの配慮なのか、
「武士の情け」という奴なのかな・・・・??

ま・・・ハピネスにおいては、ゆうゆうのファントム看護回においては、
プリキュア達はファントムは回収しても、惨敗して川に流されるオレスキーは別に回収も何もしないで
そのまんま放置・・・という
その扱いの対照さは・・・何か笑ってしまいましたけどね・・・・(苦笑・・・)


30826796_convert_20150908202537.jpg


そうそう・・・今回なのですけど、物語全体としては、正直・・・きらら=トゥインクルはそんなに大活躍した・・みたいな
印象は無いのですけど
(ま・・・今回に関してだけは、印象度のMVPはクローズ、主演お笑い大賞は・・・シャットですね・・・苦笑・・)
ヘンな所できららが目立っています・・・
スポンサー提供のバックの画像で、きららが今回は使用されていますし、
EDも前回はフローラでしたから、順番で言うと今回はマーメイドなんでしょうけど、なぜかトゥインクルに
順番が廻っていました・・・
(あ・・そっか・・次回はみなみんの恋話・・? 妙な許婚者の登場のみなみ回のようですので、
次回のEDがマーメイドなんですね・・
おーーっと・・・それじゃ・・・次の次の回は・・トワの個人回なのかな・・・)

改めてですけど、ホント、きららは万能ですよね・・・

勉強・スポーツ・ヴァイオリン・礼儀作法・モデルとしての実績・コミュニケーション能力の高さ・強烈な未来志向・
プロ意識の高さなどなど・・・
全てが「完璧!!」という感じですね。
最近では、トワッちと同室になったという事で更に人としての「丸み・柔軟さ」も加わってきていますし、
なんか歴代でも無敵の黄色系の一人みたいな感じすらあります。
前作ハピネスの黄色系のゆうゆうも万能すぎる黄色系でしたし。
前々作のドキドキのありすお嬢様の万能さも突出していましたけど(おまけに・・・ケタが違い過ぎるお金持ちですし・・)
二人の偉大過ぎる黄色系先輩にも
ほぼ互角で渡り合えるような感じすらありますね・・・
(ま・・・ボケと食欲とお色気に関してだけは・・ゆうゆうには敵わないのかも・・・)

今回もはるかが「不器用さ満開」をさらけ出しているのに対して
きららは・・
はるかがイマイチだった「フラワーアレンジ」すらも・・・難無く且つ個性的にこなしているのは「さすが!!」としか
言いようが無いですね!!
みなみは「お化け」という苦手なものがあるようですけど、
きららには苦手なものってあるのかな・・・??
何か・・・とてつもない自由人なんだけど、突出した優秀さも秘めているすごい黄色系プリキュアですよね・・・

いやね・・・

3月あたりからテレビ埼玉で「スマイルプリキュア」の再放送が展開されているのですけど
スマイルのれいかさんを除くポンコツメンバー・・・特に特に・・・ピンク×黄色のある意味史上最強のポンコツ鉄板コンビに
慣れてしまうと、
現役の姫プリのきららがとてつもなく優秀に見えてしまいます・・・(苦笑・・)
ま・・・言うまでも無く、学年としてはきららの方がみゆき達よりも学年が一つ下・・・というのは・・・
ま・・・この際聞かなかった事にしておきましょう・・・(苦笑・・)
今回のお話は始業式絡みの話で、「夏休みの宿題提出」という歴代プリキュアにおいては「鬼門」と言うべき
イベントもありましたけど、
はるかはきちんと期限通りに丁寧に仕上げていて、あの担任なのかな・・ざあます先生に
その成長振りをきちんと認められていた事はとってもいいシーンでしたね・・
ま・・・歴代プリキュアにおいて夏休みの宿題の提出が期限までに間に合わなかった先輩たちは・・・
なぎさ・咲と舞(ま・・舞ちゃんは咲たちに巻き込まれる形になってのアレでしたので、少し気の毒だったかな・・・)
そして言うまでも無く・・・・れいかを除くスマイルのメンバー達・・・
うーーむ・・・本当に・・・やよいは・・・きららの3代先輩なんでしょうか・・・(苦笑・・・)



22735bf0_convert_20150908202459.jpg



さてさて・・・・今回の姫プリの「目玉」は何と言っても・・

まさかの「クローズ復活」ですね!!
正直・・・これは意外でしたし驚きました。
だって・・・あのクローズですよ・・・
序盤の頃は、いい所が全く無く、フローラ達に連戦連敗を食らいつづけ
(一体この人は・・・開幕何連敗していたのでしょうね・・・)
印象としては・・・「乱暴者のポンコツ幹部」という感じしかなかったですし、
姫プリが放映開始になって一ケタの回でフローラに敗れ去り、そのまんま浄化してフェイドアウトした人ですよ・・・
そうしたポンコツ幹部がまさかの「復活」でしたから・・・
正直・・・想定外もいいところでした・・
あ・・・・だけど今にして思うと、その予兆はありましたよね・・・
というのもOPがリニューアルした際も、既に浄化されていたにも拘らずクローズはOPに登場していましたから、
こうやって見てみると、
その復活も「想定通り」といった感じなのでしょうね。

ディスピアの視点から見てみると・・・
マヌケ三幹部・・・じゃない・・・ディスダークの三銃士の中では・・・
実は一番・・ディスピアに対する「忠誠心」が高く、その忠犬振りが突出していたのは
実はクローズなんですよね・・・
ロックは・・・見ての通り・・・実は「自分がディスピアにとって代わって王になる」みたいな野望の塊りでしたし、
シャットは・・・・既に・・・お笑い要因みたいなもんだし・・・・
うーーむ・・・ディスピアにとって・・・
三銃士の中で使えそうなのは・・・単純に消去法で考えると・・・・実は・・・クローズしか持ち駒が
ないのですよね・・・・
うーーん、なんて人材不足の国なんだ・・・(苦笑・・・)
ま・・・今回の話を見た限りでは、クローズは少なくとも初期の頃のようなマヌケ幹部ではないみたいですね・・・
ま・・序盤の頃のように・・・なんか鼻歌交じりで倒せそうな感じではないようだから、
その辺りも・・・今後注目して見ていきたいですね。

フレッシュも・・・・ウエスターとサウラーというマヌケ幹部だけではプリキュアを倒せそうもないと
メビウスが判断したから、歴代敵幹部でも珍しいくらい狡猾で結構強いノーザが後半以降登場しましたけど、
今回のクローズ復活とその手下2名の登場は・・・
ま・・・ノーザに相当する話なのかもしれませんね。

それにしても・・・・クローズの登場時に、クローズの攻撃を身を挺してはるかをかばったトワ様は・・・
やっぱり素敵!!
あ・・考えてみると、トワとクローズは初対面という事になるのかな・・・
トワがトワイライト時代にクローズとは会う機会とか無かったのかな・・・??


a9e6f635_convert_20150908202613.jpg


pp3140_convert_20150908202656.jpg


復活したクローズは・・・・うーーん、意外と言っては失礼になるかもしれないけど
かなり「手ごわい」みたいに印象を持ってしまう程、かなり強い感じはありましたね・・
そうですね・・
そこには姫ブリ開幕時のあの連戦連敗の頃のクローズではありませんでしたね・・・
そして・・・
あまりのふがいなさにディスピアから叱責を受けてオドオドして時のクローズでは最早ないようですね・・

それでも果敢にクローズに挑むプリキュア達は・・・やはり強くて美しい・・・

特に・・トゥインクルのキリッ!!とした雰囲気もかっこよかったし、スカーレットの珍しい横向きとか
中々演出もよかったと思います。

だけど・・・・今回は・・・クローズの他に実は新幹部も登場していたのでした・・・・


pp3166_convert_20150908202737.jpg


新しい後期OPを見た際、
「あれれ・・・なんかヘンなネズミみたいな二人組が登場している・・」と思っていたのですけど
それが今回登場してきたフリーズとストップの二人組でした。
ちなみにこの二人ですけど
放映時では分からなかったのですけど男女の二人組との事です。
歴代プリキュアで、「二人組」としてプリキュア達とバトルを展開した人って・・・そんなにいないだけに
これは少し珍しいですね。
例としては、SSの満と薫 プリキュア5GoGoのイソギ―ンとヤドカーンくらいかな・・・

姫プリのフリーズとストップの二人組を見た最初に感じたイメージとしては・・・
そうですね・・・
二人とも雰囲気と言うか見た目が似ている点とか
少々機械的な雰囲気がある点とか
二人揃って「同じ事」を口にしている点とか
少し幼い雰囲気がある点とか
常に二人揃っての行動というあたりは・・・・
何となくですけど・・・
ま・・・それ程メジャーな作品ではないかもしれませんが、「XXXHOLiC」のマルダシ&モロダシの二人組を
何だか彷彿とさせてくれるような気もします・・・

さてさて・・・

いつの間にか・・・ディスダークの三銃士のトップはクローズになってしまいました・・・
組織図としては・・・
ディスピアをトップに、腹心の本部長がクローズ・・・
そしてクローズの三人の部下として、上記のフリーズとストップ・・・・そして・・シャットが配置される事に
なったようですね・・・・
うーーむ、姫プリ開始当時は、何となくですけど、クローズよりはシャットの方が格が上みたいな雰囲気も
無くは無かっただけに、この何だか下剋上みたいな「人事発令」は・・・
なんか・・・マジでシャットが少し気の毒なのかも・・・(苦笑・・)
なんかこのこの「悲哀さ」は・・・プリキュア5のブンビーさんを少しだけ連想させてくれますね・・・

最近・・・何か本気で想像するようになりましたね・・・・

多分・・・シャットは最終決戦が終わっても多分生き残るんだろうなって・・・・

シャットの「トワイライト様・・・大好き!! 自分はトワイライト様にお仕えするのみ!!」というのも・・・
実は・・・これはこれで一つの立派な「夢」なのかな・・とも思っています。
はるかの「プリンセスになりたい」とか
きららの「世界を代表するトップモデルになりたい」とか
ロックの「ディスピアにとって代わって絶望の王になりたい」とか・・・
このシャツトの「トワイライト様にお仕えしたい・・」というのも
実は・・・共通するものは「夢」なんだと思います。
ま・・こうした「夢」というものは、一人一人の価値観によって大分差異は出てしまうのですけど、
シャットの夢も実は・・・立派な一つの理想形としての夢なのかもしれません・・・

ま・・・勿論、今ではトワイライト様は既に存在しておりませんので、
その「夢」は、トワ=スカーレットにお仕えするという事に差し替えられるのかもしれませんけど、
ま・・・本人にとっては・・・それこそが「本望」なのかもしれませんよね・・・(笑)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2433-97451f11
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |