プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


さてさて・・・テレビ埼玉で再放映中の「スマイルプリキュア」も何だかんだ中断もありましたけど、
中盤の一つの大きなクライマックス回へと差し掛かりました。
この第21話は、いわばその前哨戦みたいなものですね。

スマイルは前回が「ミエナクナール」のものすごーーいくっだらねー回(苦笑・・)
前々回とその前の回がリレー回とやよいの思い出話とかなり泣かせる話
やっぱりその大きなギャップがスマイルの一つの大きな魅力でしたけど、
全体を通しても、感動的な回とギャグ回の落差は、とてかくとてつもないものがありましたけど、
ま・・今にして思うと、
その「ポンコツ度」もスマイルらしいですし、時に見せてくれる「感動的で泣かせるお話」もスマイルそのまんまですし、
ま・・両者を切り離して考える事は出来ないような気がします。
どちらもまさに「スマイルプリキュア」の世界そのものだと思います。






さてさて・・・スマイルの第21話ですけど、
状況を一言で述べると・・・
取り急ぎ・・・デコルを16個集めると、何やら願いが叶うらしい・・・
当然、みゆき達はキャンディ達の故国・メルヘンランドのロイヤルクイーンの復活を願おうとします。
そのデコルも既に15個集まり、とりあえず・・・マジックナンバー1まで進めてきた・・・

そんな感じなのだと思います。

ま・・・・結果論になってしまうのですけど、デコルを16個揃えてもロイヤルクイーンの復活は出来ない・・・
もう少し数を集める必要があるという事でしたし、
それ以前の問題として・・・
うーーん、結果的に・・・この時点では既にロイヤルクイーン様はお亡くなりになっていたのですけど、
ま・・・そんな事は・・・
最終決戦までもみゆき達もキャンディもポップも・・・知る由はありませんでしたけどね・・・

「デコルが15個揃い、16個まで残り一つ」との報告を受け、駆けつけたキャンディの兄貴・・・ポップ・・・

あ・・・そう言えば・・・こういう兄妹の妖精というと、どうしても現役の姫プリのパフ-アロマというイメージになってしまいますけど、
そういえば・・キャンディとポップも兄妹でしたね・・・
キャンディは、後に・・・ロイヤルクイーンになってしまうのですけど、
という事は・・・ポップはキングという事になるのかな・・・?
(その辺りは本編では触れられずじまいでしたね・・・)

そうした流れの中、ポップがやってきたのは人間界で言う所の七夕の日・・・
そしてメルヘンランドにとってもこの日は「ペガサスの日」と何か知らないけど七夕と大変良く似た風習が
あるとの事でした・・・
(うーーむ・・・なんていう都合の良い展開・・・)
そんでもってプリキュア達から「ペガサスってなーに」と聞かれ、ついついポップはペガサスに変身・・・
すかさず・・・ペガサスに乗ってしまうみゆきとやよいは・・・さすが伝統のプリキュアのピンク×黄色の鉄板コンビ
という感じですね・・・
そして・・・
「ちと重たかったでござる・・」と変身が解除された際の
やよいの「いやん・・」という言葉は実に女の子っぽくて、リアルタイムで見ていた頃から、このシーン結構
大好きでしたね・・

だけど・・・・結果論になりますけど、ここから23話までは一気にシリアスな展開になります。

そう・・・プリンセスフォーム発動までは、スマイルプリキュアといえども、しばらくは・・・笑いとギャグは
封印される事になります・・・


ab0ef2bf_convert_20150908164053.jpg

4ee31df9_convert_20150908163727.jpg


そして・・・・人間界の「七夕」の風習に従い、みゆき達もキャンディ達も全員、短冊に各自の「願い事」を
記します・・・
そして・・・当然ながら、キャンディもキャンディとしての「願い」を記します・・・・

そうなのです・・・

このキャンディが書いた各人との「お願い」こそが・・・第22話で完膚なきまでにジョーカーによって叩きのめされた
5人のプリキュア達の「再結束」を促すに当たって・・・
大変重要な布石になるのです・・・
そうですね・・・・正直リアルタイムで見ていた時は、「別に・・」と特に何も感じず流していたのですけど、
こうやって全体が既に分かっている状態で改めて見てしまうと・・・
「あーーー、なるほどね・・・」と感じる事もありますし、
そうですね・・・・プリキュアは確かに「幼児向け番組」なのかもしれませんけど、意外と物語は奥が深いし、
結果的に・・・「あ、そっか・・・だからあの時・・」みたいな「布石」が大変多い感じもあります。

だから・・・プリキュアを侮っていると・・・痛い目に遭いますよ・・・・(苦笑・・・)

そして・・・この場面でもう一つ大事な布石が打たれていました・・・・

そう・・・・

実は・・・みゆきは・・・・本人には全くそうした意図はなかったのですけど、
「なんか竹に飾られている飾りが少なくて寂しい・・・そうだ・・! デコルを一つ飾っておこう」と思いつき、
デコルを一つだけ・・・プリキュア側に残しておくことになります・・・・
そうなんですよね・・・
このみゆきの何気ない行動が・・・・後で大変大きな意味を持ってくるのですよね・・・

えらい・・・!! みゆき、えらい・・・!! ま・・・本人にはそうした意図は全く無かったにせよ、
デコルを全てジョーカーにあのまんま奪われていたら・・・もしかして・・・
プリンセスフォームの発動も無く、あのまんまスマイルプリキュアも全滅し最終回・・・なーんていう事も
ありえたのかもしれない・・・という妄想に一人・・・明け暮れています・・・(苦笑・・・)


87010dff_convert_20150908163840.jpg


だけど・・・・

改めてですけど・・・

「スマイルプリキュア」ってみゆきをはじめ・・・全員がとにかく無茶苦茶可愛いですよね・・・
私、よくハッピーの事を「反則的可愛さ」とかいってべた褒めしていますけど、
いやいや、そんな事ない・・・
というか・・スマイルのメンバーは全員可愛くて大変魅力的・・・・!!
(れいかさん以外・・・頭の方は・・・ほぼ全員ポンコツですけど・・・・苦笑・・・)

やっぱ・・・プリキュア5とこのスマイルをデザインされた川村敏江大先生は・・・とにかく「素晴らしい!!」としか言いようが
ありませんし、
とにかくとにかく・・・
「こんな素晴らしいキャラを生み出してくれて、ありがとうが一杯!!」という言葉しか無いですね!!



1341100284226_convert_20150908163916.jpg


1341100362298_convert_20150908163941.jpg


さてさて・・今回のバトルは・・対アカオーニ戦・・・

ま、アカオーニとしても事前にジョーカーから「デコルが揃うまで残り一個・・・」と葉っぱを掛けられていますから、
ま・・いつもよりは少しは・・・気合が入っていたのかな・・・
だけど・・・
それ以上に気合が違っていたのはプリキュア達でした!!
この回、一人一人の珍しく(?)キリッとした凛とした表情がクローズアップされていましたけど
あの時の5人は・・・全員がまさに「戦う美少女戦士」という感じでしたね!!

特に特に・・・やっぱあのハッピーの引き締まったキリッとした表情は素敵過ぎました!!

そしてアカオーニなんぞ当然的ではなくて撃破してしまい、最後の残り一個のデコルが舞い降りてきます。

そして格納しようとした瞬間に・・・ジョーカーが全てのデコルと、そして・・・キャンディーをかっさらって
しまいます・・・

歴代プリキュアにおいては、こういう時、大抵・・・
「えーーい、アイテムを入手したけど、ついでにお前たちも・・」と余計な事をしてしまい、
ほぼ例外なくプリキュア達にボコボコにされた挙句、奪ったアイテムも奪い返されてしまうという
まさに「泣きっ面に蜂」状態になってしまうのですけど、
さすが悪知恵はよく働くジョーカー・・・
そんなアホな事は絶対しません・・・・
そして奪うものだけ奪って・・・大変効率よく自分の仕事だけを片づけてしまいます・・・
(→だったら・・・最初からあのマヌケ3幹部にやらせず、お前がやればよかっただろうに・・・・というツッコミか
 入りそうですね・・・)


1341100523048_convert_20150908164010.jpg


そして・・・・第22話と第22話は、キャンディ奪還作戦、そして待望の・・「プリンセスフォーム」が登場してきます・・・

よくプリキュア5とスマイルは似ているみたいな話は耳にするのですけど、
確かに・・・ギャラデザインは似ている面はあると思います。
だけど一つ決定的に異なる点があります。

それは何かと言うと「リーダーの存在」です。

プリキュア5の場合、のぞみという歴代でも類稀に見る不世出とも思える絶対的なチームのまとめ役=リーダーが
存在し、
のぞみという「核」を中心にまとまっている傾向があります。
一方、スマイルにはそうした「チームのまとめ役」とか「リーダー」というのは・・・結局存在しませんでした・・・
それではスマイルはどうやって・・・こういう困難な場面に対応したのか・・・

ま・・・それが顕著に提示されるのが次の回のお話だと思います。

私・・・次の第22話、本当に死ぬほど大好きな回なのですよ!!

誰か一人が決定し、全員がその指示に従うのではなくて、
まずは・・
一人一人・・・各人で「どうすればいいのか」を考えよう・・・・というのは実にスマイルらしい話だったと
思いますし、
あのまとまり方・・・再結束は・・・・ある意味・・・・なおのリレー回と同じくらい泣けるお話でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2431-1765b4d1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |