FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


前にも書いたと思いますが、1987年は学生生活最後の年で「来年からはいよいよ社会人・・・」という
気負いの不安の気持ちが交錯し、もしかしたら吹奏楽コンクールを聴けるのもこれで最後かも
という思いから、前日の高校の部の晩や高校の部が終わった日の晩は
何か妙に「ドキドキ」と「ワクワク」と「不安」が入りまじり、ほとんど寝つけない感じでした。
だから、中学の部は相当眠かったとは思うのですが、
体は疲れていても意識が、頭の中が妙に冴えまくり、全然眠くならずに
相当集中して「音楽」を楽しんでいた感じがします。

だけど、後半はさすがに疲れたかな・・・
前半ほど記憶に残る演奏が少なかったような感じもします・・・

〇当麻中学校

 サウンドが整然としているのが印象に残っています。
 よく言うと、大人の演奏、悪く言うと「面白みに欠ける演奏・・・」
 ホント、技術的にはほとんど文句のつけようのない演奏なのですけど、聴いていて
 日本人の感覚と言うか、踊ってみたいとか、鄙びているとかそうした感情はほとんど
 伝わってきませんでした。
 演奏がうまいだけに何か無機質・無表情な香りがプンプンとする演奏で
 何か釈然としないものは感じました・・
 全く同じ自由曲を1982年にこの中学校が同じ指揮者で演奏していましたけど、
 82年の方が感覚としては面白かったような気がします。

〇宝梅中学校

 このチームが初めて全国に駒を進めたのが82年の「ダッタン人の踊り」ですが、正直
 この演奏はホントひどかったですよね、よくあの激戦の関西大会を勝ち進んできたなーというのが
 正直な感想でした。
 だけど逆に言うと、当時の関西大会の審査員が、このチームの「将来性」や「何かピンと来るもの」を
 感じていたとすると、それはそれですごいと思います。
 このチームが化けたのは1986年の「トッカータとフーガ」かな・・
 BJの講評で「霧の中を朝日がさーーっと差し込む印象」と書かれていましたが、まさにそんな感じの
 演奏です。
 87年も前年以上に進化と飛躍がはっきりと確認された年でした。
 本大会唯一の課題曲B(渚スコープ)でしたが、やはり音色が美しい楽団は、どんな曲を
 演奏してもそれなりに説得力がある事を証明した演奏でした。
 自由曲の「ハンガリー狂詩曲第二番」も前半の重々しい歌い方は、渋さも加わり
 中々魅力的でした。音色がどこまでも透明なため、瑞々しい感触も十分です。
 後半の速いテンポは、少し前半ほど余裕がなかったものの、スピード感で補っていたと思います。
 ラストはもう少し「追い込み」が欲しかったかな・・・

〇宇品中学校

 本当に可愛らしい「ハロー!サンシャイン」でした。
 こじんまりとまとまつている印象なのですが愛くるしさがあり、これはこれで素敵なマーチです。
 自由曲の「海」もほぼノーカットで演奏され、印象に残りました。
 日本海の荒々しい海という感じではなくて、
 海は海でも「瀬戸内海」ののんびりとした感じの「海」という感じでしたが、
 課題曲同様、「愛くるしさ」・「チャーミングさ」が随所に感じられ、私個人としては
 高く評価したい演奏です。
 これは実に惜しい銀賞
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/243-47f1ed92
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |