プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今現在の季節は、もう「秋」と言えるのかもしれませんし、これからいよいよ私が大の苦手な寒い「冬」が
到来しようとしています。
だけど・・・
今年の冬は、例年ほど「寒い、辛い・・」とはあんまり感じなかったし、
御存知の通り、7月~8月中旬の関東のあの「酷暑」は異常であり、ホント、マジで暑くて死にそうな日々でしたし、
元々・・・夏の方が冬よりは好きだったのですけど
今年の夏のおかげで、一気に・・「夏は・・・苦手・・冬の方がまだマシ・・」と少しだけ意識が変わったような
感じもあります。

それにしても段々と日本は「四季の無い国」になっていくのかもしれませんね・・

というか・・・夏と冬しか季節が無くなり、春と秋がほんの一瞬で終ってしまうような環境になる可能性だって
決してゼロではありませんよね。

そうなると・・・吹奏楽やクラシック音楽でも「春」とか「秋」と言っても今後は、全然ピンとこなくなってしまうような
近未来は・・・
何か嫌ですね・・・

管弦楽曲ですと、「春」と言うと・・

〇ヴィヴァルディー/四季より春

〇ストラヴィンスキー/春の祭典

〇シューマン/交響曲第一番「春」

〇交響組曲「春」

などが思い出されますが、

吹奏楽曲で言うと、リードの序曲「春の猟犬」が真っ先に思いつきますし、
他には・・・
バレンジャー/序曲「スプリング・レイク」とか1995年の課題曲Ⅱ/スプリングマーチとか
リード/春のよろこび とかスウェアリンジェン/春の喜びに
あたりが思い出されます。
最近では・・・
福島弘和/ 春に寄せて ~風は光り、春はひらめく~ なんかも印象的な一曲ですね・・

ま・・゛たけどやっぱりリードの「春の猟犬」が一番知名度&演奏頻度が高いのかな・・
さてさて・・・
リードの次に来るものと言うとどんな曲があるのかな・・・・
そうですね・・・私としては、ホルジンガー作曲/春になって、王達が戦いに出向くに及んで・・・・を推したいと思います。

でも、この曲は色々魅力が尽きない曲ですし、視覚的にも聴覚的にも飽きがこない作品です。
多彩な打楽器、金管群の高音域の咆哮、声を効果的に使用など
色々な意味で聴きどころ満載だと思います。
ストラヴィンスキーの「春の祭典」も、冬の間の鬱屈したモヤモヤしたものを
吹き飛ばすエネルギー感に溢れた曲と思いますが、
ホルジンがーのこの曲も、「春」のドキドキ・ウキウキ・ワクワク感をホント、上手に
管楽器と打楽器と声で表現していると思います。

それにしてもこの曲のタイトル・・・面白いけど長いですね・・・・(笑)

さてさて・・・この曲の由来なのですけど、

この曲は「旧約聖書」の「歴代志」上巻第20章の冒頭3詞章を表現した曲との事です。
その3詞章は大体下記のの内容となっています。

「年があらたまり、春になって、王達が戦いに出向くに及んで、
軍司令官ヨアブは、アンモン人の地を攻め、包囲した。
しかしダヴィデ王自身は自らの手を汚すことなくエルサレムに留まり、
ヨアブは町を攻略し破壊の限りを尽くした・・・
ダヴィデ王は、その地の王の冠を奪い取り、それ以外にも奪取した金銀財宝はすさまじい量になった・・
ダヴィデ王はその町の人々を殺さず、のこぎり・つるはし・斧などを持たせて労役をさせ、
そして・・ダヴィデ軍一行は意気揚々と凱旋した・・・」

ま・・要は「軍記」みたいなものですね・・・

そしてホルジンガーは、冒頭の「春になって、王達が戦いに出向くに及んで・・」という
言葉に何かしら感じるものがあったのかな・・
同タイトルにてこの吹奏楽オリジナル作品を作曲し、1986年にアメリカで初演されています。
ちなみに・・・この曲の吹奏楽コンクールの全国大会の初演は1992年の八戸北高校です。
(この八戸北高校の演奏に関しては、当ブログの過去記事の中で散々書いています・・・
ちなみに・・・
後日、八戸北高校吹奏楽部のOBの方よりコメントを頂けるという大変嬉しいサプライズもありました!!)

前述の通り、この曲の最大の持ち味は、その野性味あふれるダイナミックスさというのか
「生命感」が漲る「人間が本来有している本能の雄叫び」みたいなものがあちこちからこだましているようにも
聴こえます・・
とにかく・・・
この曲の持つ圧倒的な「パワー」にはひたすら脱帽するのみ・・という感じですね。
この曲の難易度は極めて高いです。確かグレード6の超難易度を誇っています。
ま・・・難しいというと最近このブログでも取り上げたシュワントナーの「・・・そしてどこにも山の姿はない・・」も
相当難易度が高いと思うのですけど
両者の明確な違いは、
シュワントナーの場合は、とにかく・・・よう分からんけど、なんかすごい・・・みたいな感覚がありるのに対して
ホルジンガーの場合は、「よく分からない」」」という感覚よりは
「なんかよう分からんけど、とにかく圧倒される・・曲の持つ迫力とエネルギーの前では・・つべこべ文句を言わせて
貰えない・・だけど何かとにかく面白い・・・
聴いていてなんかウキウキとさせられる・・」みたいな感覚があると思います。
曲自体の特徴としては、「声」を積極的に使用している事があると思います。
あ・・・ちなみに・・吹奏楽コンクールにおいては、「歌詞」を伴わないいわゆる「スキャット」であれば
声の使用はOKとなっています。
それと他の特徴としては・・・・とにかく・・・ホルンパートが極めて難易度が高いという事なのかな・・
あれは・・完璧に「ホルン殺し」だと思います。
C.スミスの大人気曲/ダンス・フォラトゥーラが「トランペット殺し」ならば、
ホルジンガーのこの曲は、とにかく・・・「ホルン殺し」ですね・・・
とにかく・・・・
あのホルンの技術的難易度の高さ、特に特に・・・あの超高音域・・・・
この曲を吹くことになったホルン奏者は・・・とにかく・・「ご愁傷様でした・・・」と声を掛けてあげたい気持ちで
一杯にもなりそうです・・・(苦笑・・)

ラスト近くで一旦静まり、チャイムがコーンと響く中、女声スキャットが高らかにこだまする中で
ここから更なる「混沌としたサウンド」が展開されていき、
ラストまで一気にたたみかけるように展開していきますけど、
あのノリは・・・とにかく何度聴いても実に胸がスカっ!!としますね・・・

この曲は過去において全国大会で9回演奏されていますけど・・・
そうですね・・・・
いまだに自分の中では、「この演奏が一番!!」という決め手に欠けているという感じですね・・・・
やっばり・・・相当難しいものがあると思います。

この曲は、支部大会でも何度も演奏されていますが、
個人的に一番好きな演奏は、関東大会スカ金ですけど、1992年の東海大学相模高校の演奏は、
知的さと爆発力がうまく融合した素晴らしい演奏だと思います。
(あの演奏・・全国大会代表でも決しておかしくはないと思うのですけどね・・・)

他には、音源がないため、今となっては記憶だけなのですけど、
東京都大会の「早稲田大学」です。
この大学が都大会に出てくること自体極めて珍しいので、余計印象に残っています。
ワセオケと呼ばれる「早稲田大学交響楽団」は比較的知的で上品なサウンドですが、
この時の早稲田の吹奏楽団は、雑で粗野で乱暴で荒っぽいとんでもない演奏です。
銅賞の評価は当然なのですけど、
すごく印象に残っている演奏です。
確か打楽器奏者が11人程度いたと思いますが、打楽器と金管群の暴発エネルギーには、
聴いていて、「うるさい、やかましい」と思う反面、
「聴いていてワクワクさせられる」というドキドキ感があったのも紛れもない事実です。
強奏時の音のうねりは、普門館の会場の空気を左右上下に彷徨っていましたけど、
その爆発的エネルギーは妙に感心させられました。
ワセオケが早稲田の知的さを示唆するものならば、
早稲田のこの年のホールジンがーは、早稲田の別の顔である「庶民性、粗野だけど大胆」という側面を
遺憾なく発揮してくれたと思います。

最後に・・・・

こうした声=スキャットを多用した曲として、
D.ウィルソンの「シャカタ~歌によって世界はつくられた」があると思うのですけど、
あくまで個人的な意見ですけど、
あれは・・・正直・・「吹奏楽曲」ではない・・
なんか・・・「声」のための曲のようにも聴こえます。
声・・・というよりは、
なんかずっと・・・「叫び声」が響き渡り、声の間に管楽器が紛れ込み、
「え・・これ、吹奏楽作品ではないじゃない・・」と思いっきり違和感を感じたものです・・・

そうですね・・・

声を多用した吹奏楽作品としての限界は、やっぱり・・ホルジンガー/春になって・・・あたりでは
ないのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2429-ce719071
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |