プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.伊予高校

  D/交響組曲「シェエラザート」終楽章(リムスキー=コルサコフ)

  
  この学校が登場するまで四国支部の高校の部は、高松第一と観音寺第一の二校が交互に
  出場しているというイメージがありましたけど、
  そうしたある意味マンネリ状況を打破したのが、この学校と土佐女子だと思います。
  伊予は、今年度も既に全国大会代表を射止めていますけど
  確か今回で22回目の出場・・・
  思えば、私が初めて伊予高校の全国での演奏を耳にした時がこの学校の全国大会初出場でしたので、
  ま・・・その分・・・私も年取った・・という事になるのでしょうね・・・(苦笑・・)
  だけどこの学校ある意味凄い・・
  いや、別に嫌味で書いている訳ではないのですけど、過去に全国に21回の出場で、
  金が1回 銀が3回、そんで・・残りが銅というのも・・・
  ま・・ある意味「快挙」なのかな・・・とも思っています。
  この学校は、上甲先生時代の時から今現在に至るまで、音楽としての「個性」はかなり強いと
  思っています。
  あの「熱さ」・「音楽的熱気」というのは、多分・・一つの「伝統」・「お家芸」と言えるのかもしれません。
  それを全くぶれることなく、
  常に「精一杯絶えず何かを伝えようとする姿勢」は、むしろ高く評価されるべき事だと
  思いますし、
  むしろ、それが「コンクール」の本来的姿ではないのかな・・とさえ思っています。
  その位、この学校は・・・ま・・確かにちと・・・技術面では一歩も二歩も劣る面はあるのかもしれませんけど、
  「何かを伝えようとする姿勢」は本当に胸を打たれるものがあります。
  ま・・・確かに・・・昨年のマーラー/交響曲第5番は・・・ちと痛い選曲でしたけど
  「苦い青春の思い出」という意図は伝わってきましたし、
  何て言うのかな・・・・あのスペインとか南九州みたいな「南国さ」溢れる牧歌的な明るさは、
  一般的なマーラーの世界とは少しずれてはいるのですけど、
  マーラーが「望んでも望みようがなかった世界観」を大変ユニークに表現されていて、
  これはこれで解釈として十分成立するような気がします。

  さてさて・・・この年の伊予高校は、前述の通り、これが全国大会初出場となります。

  しかも・・・・!!

  これある意味凄い事なのですけど、この時点では伊予高校はまだ創立2年目で
  つまり・・・1~2年生のみで普門館の切符を掴んだ事になります。

  まさに・・・・伊予高校の「伝統」はここから始まり、ここから受け継がれていった・・という事に
  なりそうですね・・・

  ちなみに余談ですけど、
  同じ四国代表の土佐女子はプログラム5番、伊予は第7番・・・
  今現在でしたら、同じブロックの学校の演奏が偏らないように、あらかじめ例えば・・・
  関東Aはプログラム××番 関東Bはプログラム△△番というように、
  ある程度枠が決められているのですけど、
  この当時はそうした配慮が無かったから、こういう事もよくありましたね・・・
  ちなみに、1983年の全国大会・高校の部は、東北代表3チームは、プログラム21~27番に偏っています・・
  うーーん、これは今では絶対にありえない話・・・

  さてさて・・・伊予高校の演奏ですけど、
  一言で述べます・・・
  とにかく・・「素直でクセがない演奏」です・・・
  (ま・・・この頃は上甲先生赴任前でしたけどね・・・)
   課題曲の冒頭のファンファーレもゆったりとたっぷりと歌い上げていましたし、
  マーチに入ってからも、とにかく・・・チャーミングで可愛らしい演奏でした・・・
  自由曲も大体同じ傾向なのですけど、
  一つ勿体無い事がありました・・・
  何かと言うと・・・原曲では弦楽合奏の部分を吹奏楽アレンジ版では、サックス四重奏として編曲
  されているのですけど、
  このサックス四重奏の中で、アルトサックスが
  サックスとしては珍しいくらい、すさまじい「リードミス」をやらかしてしまい、
  せっかくその部分までは、ある程度、チャーミングさと堅実さが維持されていたのに、
  ここで一気に今まで「ピーンと張りつめていた緊張感」が崩れてしまい、
  別人チームのような崩壊した演奏になってしまったのは、何か大変惜しまれるものがありました。
  それと・・少しバランスが悪かったかな・・・
  どちらかというと金管が優勢みたいなサウンドであり、
  少し「鳴り過ぎ・・」みたいな感じも無くは無かったですね。

  うーーん、少し惜しまれましたね・・・

  課題曲のあのチャーミングさを自由曲でも維持できていれば・・・
  あのミスが無ければ・・・
  ま・・コンクールに「もしも・・・」という文字は無いのですけど、
  もう少し高い評価は得られていたような気がします・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

伊予高校・・・

私が高校生の頃にはまだなかった学校なので、イメージが・・・
全くといっていいほどないんです><

当時の愛媛県の高校吹奏楽部といえば、四国大会では善戦(ダメ金)までは行くけど全国は・・・
というイメージが強かったんですね。

松山商業、今治南、今治北(ウチの学校ですw)、川之江、松山南、松山東の6校で代表枠(4校程度)をほぼ押さえていた状態でした。

その後、伊予、北条、松山中央などの現在の常連校が台頭してきたようです。

最近の少子化で、吹奏楽部は有名どころ以外の学校は部員の確保にも苦しんでいるようです。
ウチの高校も当時は90人ほどいた部員が今は30人前後まで減り、大編成用の曲がやりにくくなっている状態です。

まぁ、鈴木先生時代の菊間・雄新中のように、少人数でもいい演奏はできると思いますので、後輩の皆さんには無理をしない程度に頑張ってほしいものですね。

最近は復活されているようですね・・・

なおりパパ  様

伊予高校は80年代以降の学校ですから、それは仕方がない話ですよね。

なおりパパ 様の高校は最近は・・・古豪復活と言う感じで最近の四国大会に何回か出場
されていたと記憶しています。
とにかく・・・初の全国出場目指して後輩ちゃん達には頑張って欲しいものですね。

そうそう・・・

私自身の母校は男子校という事もあり、私が在籍していた頃から部員は30~35名集めること自体
大変厳しかったのですけど
数年前に学校統廃合により男女共学になって以降は
自然と部員が増加し、ま・・・ほとんど女子部員ばかりですけど、
2012年に・・創部50周年の節目に・・・
悲願の東北大会初出場を果たしてくれ
OBとしては・・・感涙・・・という感じであります・・・・
(結果は銅でしたけど・・)

愛媛県勢の高校の部は、公立高校が頑張ってくれていていいですね。
吹奏楽部に限らず、野球部やバスケットボール部あたりも私立高校が台頭の時代ですが、限られた部の予算でやりくりして、また公立高校では避けて通れない異動による指導者の先生の交代もある中、支部大会・全国大会で好成績を出している公立高校は素晴らしいと思います。
公立高校の部員の皆さんと指導者の先生に「頑張れ‼」とエールを送りたいです。

公立校、頑張って!!

一秋田県民 様


コメント頂きありがとうございます。

「公立校がんばれ」に関しては私も全く同感です。
野球もサッカーも吹奏楽も「資金力と実績」が全然違う私立がやはり有利なのかな・・とも思うのですけど
「何もないない ないない尽し」の中で頑張る公立校に
心からエールを送りたいと思います。
ま・・そういう私自身も田舎の県立高校出身ですけどね・・・

そうそう、秋田県だって
秋田南とか花輪とか素晴らしい公立校があるではありませんか!!
今年の全国大会は久しぶりに秋田南が出場しますけど、心の底から応援させて頂きたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2427-c12466ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |