FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事でも書いたのですけど、テレビ埼玉を見る事が出来るエリアにお住まいの方または
BSを見れる都内近郊の方は・・・
なんと・・・週に4作品もの「プリキュア」を見る事が出来ます。
9/3は、昨年放映されていた「ハピネスチャージプリキュア」の再放送が早くも東京MXテレビにて
開始されました。

いやいや・・、とにかく再放送3本とは言え、歴代プリキュアシリーズの4作品を、一週間の内、
日・木・金の曜日に見る事ができるなんて
気分は「ウルトラハッピー」、そしてめぐみ風に表現すると「ハピネス満点!!」という
気分ですね・・・!!





あ・・・、そうそうハピネスとは全然関係が無いのですけど、
私、現役の姫プリの後期EDのスカーレットヴァージョンのあの歌詞にかなり惹かれるものがあったりします・・・


どの過去も生きるチカラに

私の炎、誰にも消せない

つないだ手、永遠に信じて

特に特に・・・あの「どの過去も生きるチカラに」
のフレーズにとっても胸を打たれるものがあるのですよね・・・

そうなんですよね・・・

人間と言うものは、現在と未来は「自分の気持ち」次第でいくらでも変える事は出来る可能性はあると
思うのですけど
「自分自身の過去」は絶対に変えられない・・・
だけど・・・
そんな「辛い過去」でもそれをしっかりと自分自身で認めて全てを受け入れる事で
その「辛い過去の記憶」から何か「生きるヒント」になるものはあるはずだと思うのですよね。
現在のトワ=キュアスカーレットだって・・・
本音では・・自分のトワイライト時代の記憶を全て抹消または封印したいと思っているのかもしれませんけど、
そうする事も無く・・・
トワイライト時代の記憶を胸に秘めながらも、
子供の頃からの自らの夢=グランプリンセスになろうとしている事は大変尊い事だと思いますし、
それが何か私自身がトワイライト様としてではなくてトワ=キュアスカーレットに心惹かれる一つの要因だと
思います。

でもそうした「どの過去も生きるチカラに」というのは、別にトワの専売特許ではないとも思います。

歴代プリキュアの中には・・・過去の様々なトラウマとか悩みとかコンプレックスを抱えている人達は
一杯いたと思いますし、
そうした意味においては、ハピネスのメンバーも例外ではなかった・・・

初期の頃は・・・とにかくポンコツだったひめ・・・

物語の中盤まで・・・意外と・・・「自分自身」を大切にする意識に幾分欠けていためぐみ・・・

そして・・・初期から中盤までは、ひめを一切認めなかったいおな・・・

ま・・・色々と「過去」はあったと思います。

そしてそれを皆乗り越えてきた・・・・その乗り越えられるチカラこそがプリキュアを見る一つの醍醐味のようにも
思えますし、
あの歌詞がなんか心に響く要因にもなっているようにも感じられます。




0581ea18_convert_20150903230256.jpg



このハピネスの第一話なのですけど、言うまでも無く私はこの第一話からすっかりハピネスの世界に
完璧にはまってしまい、
そうですね・・・今年の1月終わりにハピネスが最終回を迎え、2月から現役の姫プリが始まっても、
自分にしてはかなり珍しく、
(ほとんどの場合、新しいプリキュアが開始されると第一話でその新しいプリキュアに気持ちが完全に切り替わるのですけどね・・)
中々・・・前作の余韻から抜ける事が出来ず、正直に書くと・・・
私が現役の姫プリに本格的にはまりだしたのは・・・4月のあのトワイライト様登場以降なのかも・・・??
(ま・・だけどフローラのあの甘えん坊でまっすぐな所とか
トゥインクルの歴代ではかなり珍しい小悪魔振りとか自由人さは、当初から素敵だな・・とは思ってはいましたけどね・・)
このブログのリンク先の一つであるとある管理人様より
「それは・・・ハピネスの燃え尽き症候群・・・ハピロスですね・・・」と指摘され、
我ながら・・・
「なるほど・・・!!」と感じたものです。

さてさて・・・そのハピネスの第一話ですけど、
ま・・・言うまでも無くこの時の第一話については、2014年2月頃の記事で相当熱くなって書いていたのですけど、
これ・・・改めて自分で読み返してみると・・・
第一話については、「キュアプリンセスの」の事ばかり書いていて
意外にも・・・・
ラブリーの事にはあんまり触れていない・・・

あ・・・・これ改めて過去記事を読んで見ると、今の視点から見てしまうとすごーく意外ですね・・・

ま・・だけどこれは仕方ないか・・・
第一話に限らず、ハピネスの物語は序盤~中盤のいおなとの和解辺りまでは、
ひめ=キュアプリンセスに焦点が当てられてる傾向が強く、第一話を見る限りでは、
「今作の主人公は、ピンク系ではなくて実は青系なのか・・・」と思わず本気で考え込んでしまう程
ひめの視点から物語が展開されていましたからね・・・

でもこれって歴代の中ではかなり異色だけど斬新に感じたのも事実です。

改めて第一話を見てみると・・・キュアプリンセスは・・まさに伝説級のポンコツちゃんでしたね・・(苦笑・・)

ま・・・一例をあげてみると・・・

〇全戦全敗→プリキュアになって以降、実は一度も勝っていない・・・
 
  というか・・・よく鏡に閉じ込められず、ここまで生き残ってきた事がすさまじい奇跡・・・・

〇「またー、まけたー」

〇「だって怖いんだもん・・・」

〇初回から既に必殺技を持っているが、計2回発動しても、ヘナチョコ過ぎて全く効かない・・・


〇「そんなこと、あるけど・・・」

〇初変身のラブリーの方がはるかに強い・・

〇コミュニケーション障害みたいに、人見知りがひどくて、初めて会う人とまともに会話が出来ない・・
  だけど一度おだてられると、すぐに調子に乗る・・・

〇友達の事を「役に立って使えるもの・・・」とまるでドキドキのレジーナみたいな事を言っている・・・

〇挙句の果て、フォーチュンに「絶対に許さない」発言をされてしまう・・・
 →というか・・・・物語開始早々5分で、逃走→敗北→ピンチをフォーチュンによって助けられたものの
  「私はあなたを許さない!! 絶対によ!!」と超・超・超強烈発言をされてしまう・・・

なんか早くも一人でネタのてんこ盛りという感じですね・・・

当時は・・・
「ひとりハートキャッチ」とか「キュアマリンセス」みたいに言われていましたけど、
これって実に上手い表現ですね・・・
初期の頃のブロッサム(へたれ・弱虫・人見知り・臆病・内気)と
マリン(お調子者・図々しい・人の痛みに無頓着・自分勝手)のそれぞれの短所を
プリンセス一人で抱え込んでいるという感じですからね・・・

ハピネスは、物語開始前の前評判では、「なんかアイカツみたい・・」とも囁かれていましたけど
いやいや・・
これは・・・まさに「ハートキャッチ」の世界を受け継いでいましたね・・・

一般的に、少し頭の悪いピンク系を知的なブルー系が補佐するというのが歴代のパターンなのですけど、
このパターンは、ハピネスに限っては全く適用されませんでしたね・・・

とにかく・・・・第一話からひめ=キュアプリンセスは相当のインパクトを与えてくれていたと
思います。
あと・・・第一話ののフォーチュンの「星よ! 天に帰れ!!」のあの決めポーズは本当に格好良くて
リアルタイムで見ていた頃は、
ラブリーよりはむしろフォーチュンの方が「格好いい!!」と感じたものです・・・



3b31ec35-s_convert_20150903225951.jpg


1b243afe_convert_20150903225924.jpg


歴代プリキュアの場合、どうしてピンク系主人公がプリキュアになってしまったかと言うと、
ま・・・色々とパターンはあるものの
大抵の場合、
自分の家族・友達等「自分が大切に思っている人」を守るために、妖精系から渡されたアイテムを使って
何だかよく分からないけどプリキュアになっちゃた・・
みたいなファジーさが一つの魅力だと思うのですけど、
この点、ハピネスは・・更にテキトー・・・(笑)
要は・・・
「これに当たった人が私の最初の友達!!」という事でキュアプリンセスがテキトーに空に向かって放り出した愛の結晶という球が
たまたま・・・
そこを通りかかっためぐみの頭を直撃したから・・・という
大変テキトーな理由でめぐみはプリキュアになってしまいます。

リアルタイムで見ていた時は、正直この場面は特に何とも感じなかったのですけど、
実は・・・このシーンは、最終回において、
結構大事なエピソードとして提示されています・・・

つまり・・・

たまたま・・クラスが同じだったから・・・

たまたま・・・テキトーに投げた愛の結晶が当たったから・・・

たまたま・・・プリキュアになってしまったから・・

たまたま・・・幼馴染だったから・・・

ま・・人と人との出会いは・・そのきっかけというのは色々とあるとは思うのですけど
ほとんどの場合、それは「偶然」という「たまたまな事」だと思うのです。
人が生きていく場合・・・・全てが計画通り、予定通りという「予定調和」で進展する事は・・まずないと思うのです。
出会いにしたって・・・
「こういう人と知り合いになりたい!!」と思っていても、中々そううまくはいきませんし、
ほとんどの場合・・
たまたまクラスが同じだった・・・職場でたまたま部署が同じだった・・たまたまご近所さん同士だった・・・
たまたま席が隣同士だった・・
たまたま部活が同じだった・・・など
色々な「偶然」というものが人と人とを繋いでいるのかもしれません。

ハピネスの場合・・・・

人と人が知り合うきっかけと言うのは、そうした「偶然性」・「たまたま」要因が強いのだから、
「一期一会」ではないけど、
そうした人と人とのつながり・出会いを大切にしていきましょう・・・みたいな事を最後に
「メッセージ」として伝えたかったのではないのかな・・・とも思ってしまいます。

そしてそれを一番私達に強く提示していたのは・・・そう、他ならぬめぐみ=キュアラブリーだと思うのです。

確かに・・・第一話だけでは意外と影が薄いところもなくはないのですけど、
やはりこうしたエピソード一つとっても
ラブリーはやっぱりハピネスの最大の主人公なんだな・・・と思ってしまいますね・・・!!


3bbf2ba8-s_convert_20150903230019.jpg


4d0352ad_convert_20150903230117.jpg


ハピネスの大事なテーマの一つが

「自分に出来る事ってなーに?」とか

「自分にとっての幸せってなーに?」みたいな感じもあったと思いますが、

ラブリー(愛乃めぐみ)が得た事は色々とあるのですけど、

「自分に出来る事には限界がある・・・、それならば自分が今この瞬間に出来る事を誠実に
身の丈に合わせてやってみよう・・・」

「まずは・・・自分の身近にいる人達との縁を大切にしよう・・・・、そうした小さい世界に案外と
幸せは潜んでいる・・・」

「愛なんて、別に男女間の愛とかそういう事だけではない・・・・近所・学校・職場・地域などさまざまな形で
繋がっている他人との関わりとか接し方も愛の一つ・・・・」

みたいな事だったのかな・・・・

そして・・・・

クイーン・ミラージュが最初から言っていた「愛は幻、幸せは一瞬」というのは
確かにその通りなのだと思います。
別に間違ったことは言っていない・・・・

だけど・・・・「スイートプリキュア」の世界で提示されているように
幸せと不幸は縄目のごとし・・・・というように両者は二つで一つなのです・・・・

要は・・・・

幸せは持続しないけど、同時に不幸も決して持続するものではないのです・・・・

もしも・・・・

不幸とか愛の喪失なんて事態に遭遇したとしても
またそれを最初から構築すればよいのです・・・・

それを・・・・

最初にプリキュアシリーズで明確に提示したのは「フレッシュプリキュア」の
「せつなの再生の物語」だったと思いますけどね・・・・

今回、ま、確かに賛否両論あるとは思いますが、ハピネスの最終回で
レッドが最終的に「滅亡した惑星レッドの再生と復活」を生きるバネとして
ラブリーの愛を受け入れ浄化された・・・・というのは、
まさしく「不幸があったとしても、愛を喪失したとしても・・・・最終的に人はもう一度やり直せばいい・・・」という事
なのだと思います。

スイートで「幸せと不幸は二つで一つ、だから不幸も受け入れよう・・・」という発想を更に
ハピネスの物語は進化させ、
「不幸や愛の喪失に遭遇しても、もう一度やり直して、再生してみよう・・・」みたいな事も
最終的には意図していたのかな・・・

やはりハピネスの物語をよーーく見てみると・・・

人と人との繋がりとか幸福感とか「自分に何が出来るのか・・」みたいな哲学的な問題も相当含まれているようにも
思えます。
どうしても初期の頃だけを見てしまうと・・・
「どんだけこいつらポンコツなんだ・・・」みたいな印象も・・ま、決して無くは無いのですけど
意外とハピネスは奥が深い物語なんだな・・
改めて実感する今日この頃です・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ハピネスは最後まで「神様が全部悪いんじゃ・・」と思いながら見てました(苦笑)
神話の世界でも神様はろくでもないですし・・・
プリンセスは、まさに3歳頃の子供達を見ているようでした(^_^;)
ハピネスは色々世界観を広げすぎて包みきれなかったのが惜しいですね。
世界のプリキュア、ぐらさんとまりあ、
ゆうこがどうやってプリキュアになったとか
もっと色々知りたかったのですが・・・
めぐみの母親とか(さらっと病気の事は言ってましたが)
個人的にぐらさんの回が無かったのがガッカリです。
ひめと誠司の話に尺を取りすぎたのかなと。
(この辺りは子供達ろくに見ませんでした)
せっかくの10周年、もっと気合入れて欲しかったのですが
空回りだったのが残念です。

ありがとうがいっぱい

ぬくぬく先生様

ドキドキとハピネスは視聴者のメイン(子供)対象を
他のシリーズより、やや高めの年齢に設定して制作されました
このことは東映アニメーションから公表されています
特にハピネスは恋愛に関しては大人向きであったことは確かです
その良し悪しについての受け止めかたは個々で大きく違うと思います
私がハピネスチャージプリキュアの第1話を視聴して最初に衝撃だったことは
フォーチュンに助けてもらった一般女性がフォーチュンの手を握り
「助けてくれてありがとうキュアフォーチュン」というセリフでした
えっ!!一般の人がプリキュアを知っているの!?それも名前まで・・・
こんなことはプリキュアのテレビシリーズでは
考えられないことでした(映画では、ありますけれど)
一般人はプリキュアの正体どころか存在さえ知りませんでした
正体バレとしてはフレッシュでは、みゆきさんにバレたというか・・・
そして最終決戦に行く前に家族に打ち明けました
ドキドキでは最終決戦中(テレビ中継されている)マナが叫んじゃいました
あとシリーズで、お笑い芸人にバレてしまうとか、ありすの父にはバレていたような?
現役のプリンセスプリキュアでも、ゆいちゃんにバレたとかありますが
ハピネスは初回から、それも一般人がプリキュアを知っているということに私は、とても驚きました
でも、助けられた女性はプリキュアと知り合いなのかもと思い、ひとまず冷静に・・・しかし次に
中学生が登校している場面で、ふたりの女の子が会話をしていました
1人がプリキュアの活躍や自分もプリキュアになりたいと興奮して話していて
もう1人が、その話を微笑んで聞いているシーンです
私はそれを観て、やはり今回のプリキュアは世間の誰もが
プリキュアの存在を知っている設定なんだなぁと、あらためて驚きました
ちなみにプリキュアのことを興奮して話していた女の子は、めぐみちゃん
それを笑顔で聞いていた女の子は、ゆうゆうです
じつは、この時点で、ゆうゆうは、すでにプリキュアをやっていたんですよね
・・・それは、あとでわかることですが(笑)

ぬくぬく先生がプリンセスプリキュア後期EDのことを書かれていたので
ハピネスチャージ後期EDの話をひとつ・・・
ハピネスチームがパーティ ハズカムを踊っている舞台が飛行船の中ということが
ハピネスの映画EDで描かれています
これは意識して見ていないと気がつかないかもしれません

ハピネス再放送でもOPの10周年挨拶に感動

それでは

全く同感ですね・・・・!!

ハピネスに登場してくる神々は・・・ブルー=レッド兄弟が象徴するように
なんか・・「クズ神さま」という印象が大変強いですね・・・
そうですね・・・
私も初期から中盤の頃までは、
「まあまあ・・ブルーにも何か事情があるんじゃないの・・」とか
「神といえども万能ではない」等
数少ないブルー擁護みたいな立場の時期もありましたけど、
あのめぐみの大泣き以来・・・
「めぐみをたぶらかし失恋させて大泣きさせてしまうブルーは爆発炎上してしまえーーー!!」
とかなり本気で思っていましたからね・・・
めぐみの目の前でミラージュとキスシーンを演じていたのも大減点の対象です!!
ホント、あれは許せなかったですね!!

ま・・・最終回でレッドと共に、惑星レッド復興に尽力するため地球を離れるとか何とかいっていましたけど、
あれは・・・
私の解釈としては・・
単なる「地球追放」処分です・・・!!

そうですね・・・確かにハピネスは評価が分かれるシリーズかもしれないですね・・
(私は大好きなシリーズの一つですけど・・)
確かに・・
合宿でめぐみが熱を出したシーンから
ひめと誠司のつり橋効果みたいなあの流れは・・・不要ですね・・・
めぐみの母親に関しては・・難しいですね・・
もしも・・
 カードを全て揃えて母親の病気を完治させたのだけど、元気になった事で、今までめぐみがやってきた事が
 必要なくなってしまい、
 結果的にめぐみが・・
 それじゃ私の今までやってきたことは意味が無いの・・? と
 新しい悩みが生ずる事も考えられるし
 それだと・・
 なんか・・・願いを叶えたけど新たな苦悩も発生するみたいな「まどか☆マギカ」みたいな事にも
 なりかねないので、
 あんまり深入り出来なかった・・というのもあるのかもしれませんよね。

ハピネスは一つの実験作なのかも・・

桜 舞 様


そうですね・・・

私の感じとしては、ハピネスは一つの革新的で意欲的な実験作だったのかもしれません。
それを象徴していたのが
やはり、あの恋愛関係と一般人のプリキュア認知度という事なのでしようね。

冒頭でOLさんっぽい人が「ありがとう、キュアフォーチュン」とか言っていたのは、
この時点で既に世界の人たちは
サイアークの侵攻に苦しんでいる・・・何とかしないと・・という事を強くアピールしておきたいという
意図があったのかもしれませんよね。
ま・・・めぐみの設定上、
こうした「プリキュアの秘密」を歴代と同じように一年間隠し通す事自体は
なんか難しそうですね・・・(苦笑・・)

ハピネスで「少し行き過ぎたかな・・」みたいな感じを修正したのが
現役のプリンセスプリキュアなのかな・・という感じもありますね。

ハピネスチームがパーティ ハズカムを踊っている舞台が飛行船の中・・・
これは全く気が付きませんでした!!
教えて頂き、感謝感謝ですね!!
まもなく10周年挨拶でドリームも登場してきますからとても楽しみです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2422-c68a8645
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |