FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.東海大学第四高校


  D/天使ミカエルの嘆き(藤田玄播)

改めて総括的な事なのですけど、
  この年、1984年の全国大会・高校の部は、正直・・・金賞と銀賞のレヴェルがかなり接近しており、
  どの銀賞チームが金になっても、逆にどま金賞チームが銀と言う評価を受けても
  「ま・・・仕方がないか・・審査は水物だし、審査結果が絶対的な価値を有するものではないし・・・」と
  割り切る事は出来ると思います。
  というか・・・ま、この後に色々と述べる事になるとは思いますが、
  例えば・・・東海大学第四・習志野・富山商業・淀川工業の銀賞は・・・正直、腑に落ちませんでした・・・
  あの時・・・審査結果発表の際、特に・・富山商と淀工の銀賞発表は
  会場も・・・相当・・ざわついていたのが大変印象的でした・・・
  そしてあくまで個人的な感想なのですけど、愛工大名電・市立柏・中村学園・川本の金賞は・・・
  「え・・・?? うそでしょ・・」みたいな感じもありました。

  そうですね・・・
  以前も書いたと思いますが、この年は私自身、初めて全国大会を聴くことが出来、そして初めての普門館
  でした・・・
  だから・・・
  吹奏楽コンクールの評価基準と自分の価値基準に結構・・・「ずれ」みたいなものはあったと
  思いますし、
  なによりも・・あの当時は・・まだ私はそれ程「クラシック音楽」に詳しくなく、分かってもいなかった・・・
  そうですね・・・
  この大会から2年ほど後になってくると・・・
  なんか自分自身も、少しばかり・・「通」(苦笑・・)ぶった思い上がりもありましたし、
  何となく審査傾向と言うのも分かりかけてきましたので、
  自分自身の賞の予想と実際の審査結果においては、それほどの「ずれ」は生じなくなっていました・・・
  でもな・・
  これ逆に言うと自分が何か「権威」みたいなものに飼いならされたという事でもあるのかな・・・??
  これは今でもそう思っているのですけど、
  やはり最後に信用できるのは・・・自分の耳と「自分自身の価値基準」なのだと思います。
  要は・・・
  自分が「素晴らしい!!」と感じた演奏こそが「素晴らしい!!」という事以外の何者でも無いのだと思います。
  だって・・・
  私は別にプロでそれでメシを食っている本職の音楽評論家でも何でもないし、
  あくまで・・・
  吹奏楽もクラシック音楽も・・・そして「プリキュア」も・・
  私の「楽しみ方」の一つなのですから・・・


  ま・・・それとどうでもいいとして・・・

  1984年のコンクールに話を戻しますと・・・
  特徴的だったのは・・・金と銀の差はほとんど無いに等しいけど
  「銀賞」と「銅賞」の差は・・・
  とにかくすさまじいほどの「開き」があったと思います。
  そうですね・・
  この辺りは近年の吹奏楽コンクールとの明確な差だと思います。
  だって・・・最近のコンクールは、金と銀と銅の差なんて・・・ほとんどない・・・
  あるのは・・・・ほんのちょっとした「言いがかり」みたいなもの・・・
  まさに重箱の隅をつつくような技術的な事と
  あくまで審査員の「好き嫌い」なのだと思います。
  だって・・・今は・・普通に埼玉栄とか伊奈学園が銅賞取る時代ですよ・・・
  だけど・・・
  この当時の「銅賞」の演奏は・・・かなりひどかったです・・・
  ホント、マジで今の価値基準で聴いたら・・・
  「よくこれで支部を通過し全国まで進めたもんだ・・」と逆に感心すると思います。
  具体的には・・・嘉穂・土佐女子・伊予・東邦・浜松商業・金山学園は本当にある意味凄まじい演奏を
  聴かせてくれていたと思います。
  そうですね・・・
  私自身、初めての全国大会を聴いたのですけど、
  銅賞チームがここまでレヴェルが低いとは全く予想外でした・・・
  (この傾向は・・1985年も同じ感じです・・・銅賞チームの演奏がかなり向上したのは86年以降だと思います・・)
  私の記憶なのですけど、
  この年の閉会式の審査員講評にて、確か・・・
  「技術的なものをもっと磨いて欲しい・・・具体的には課題曲Cの中間部が終わって再度アレグロに
  なる際の木管、特にクラリネットの指の動きがもたついているチームが本当に多過ぎた・・」
  と言っていたような記憶が・・・??
ま・・それほどの「水準」だったのでしょうね・・・・


  この年、プログラム一番にいきなりあの超名門・天理高校が登場し、2番が高岡商業・・・
  なんか朝からいきなりハイレヴェルの吹奏楽を見せつけられたような印象があるのですけど、
  プログラム3~5番は・・・
  うーーん、申し訳ないけど少し残念な演奏が続き(結果として3チームとも全て銅賞・・)
  正直・・・
  「あれれ・・・全国大会と言っても意外とレヴェルが低いじゃん・・・
  これじゃ・・自分自身が2年前に聴いた1982年の東北大会の方が数段レヴェルが上じゃん・・」とも
  感じていました。
  だけどそうした流れを断ち切ってくれたのが東海大四だったと思います。


  結論から先に行ってしまうと、この年のこのチームの評価は「銀賞」です。

  だけど・・・
  
  この年の2年前の1982年も東海第四は自由曲にこの「天使ミカエルの嘆き」を選んでいるのですけど
  この年は金賞・・・
  これはあくまで私の主観なのですけど、
  82年の金賞は大甘・・・84年の銀賞は・・・極めて意外という感じです。
  82年の課題曲B/序奏とアレグロはサウンドが不透明だし、アレグロがもたもたしているし、
  天使ミカエル・・・も静と動の対比が全然鮮やかじゃないし、音楽的緊張感があるとは思えない・・  
  というのが率直な感想です。
  だけど・・
  1984年の「天使ミカエルの嘆き」は・・・まさに不滅の名演だと思います。
  この曲は1978年のヤマハ浜松が初演ですけど、ヤマハすらも上回る素晴らしい内容だったと
  思います。
  ではどこが良かったかと言うと・・・
  前半の激しい盛り上がりと高揚感と後半から終盤の静粛さの静と動の対比がとにかく鮮やかでした!!
前半の盛り上がり箇所で、シロフォーンが激しく乱打する部分があるのですけど、
  あれは・・奏者が何かに憑りつかれたかのような・・「狂気さ」が感じられ
  金管セクションの鳴らし方も・・・・豪快なんだけど音は洗練されているという大変贅沢なものであり、
  この前半だけで「勝負あった・・・!!」という感じでした。
  だけど・・・
  圧巻は・・・ラスト近くの「静粛さ」にあると思います。
  (82年の演奏には・・この静粛さの説得力が欠けていたと思います・・)
  聴いていて・・・とてつもなく哀しい・・・胸が締め付けられる思い・・・
  泣きたいのをぐっと・・・こらえているような雰囲気・・・
  全てがはかなくてせつなくて・・・「繊細な砂糖菓子」をスプーンで壊していくような・・・そうした「もろさ」
  みたいなものが演奏から凛として伝わり・・・
  私はとても胸が打たれたものです・・・
  こういうのを「ピアニッシモの熱演」というのでしょうね・・・

  どこまでも爽やかな課題曲Dと合せて全く文句のつけようがない演奏を聴かせてくれていたと
  思うのですが、
  結果は・・・銀賞・・・

  うーーん、やっぱりこうしたコンクール審査は「水物」ですよね・・・
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2421-251ac5a6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |