FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


5.土佐女子高校


 C/ディオニソスの祭り(シュミット)

結果的にこの年が土佐女子の初出場の年でしたね・・
 最近ここ何年もこの学校の名前を全国大会では耳にしないから少し寂しい気持ちはありますね。
 まさに伝統的で王道の「純白のセーラー服」の学校でしたので、
 男子高校出身の私としては・・・なんか・・・「憧れ」みたいな感情は持ったりもしましたね・・(苦笑・・)
 この学校は個人的な印象ですけど、
 1987年のサロメと88年の寄港地が大変印象的です。
 特に「寄港地」の演奏は素晴らしいものがあり、結果として銀賞なのですけどあの演奏は金賞でも
 全然遜色ないと思います。
 そうですね・・・この学校は、今の所全国大会最後の出場となった1998年の
 ウィルソンの「コンサートバンドとジャズアンサンブルのためのラプソディー」で唯一の金賞に輝いているのですけど、
 あくまで私個人の感想で言うと、
 何か今一つ盛り上がらない感じの98年の演奏よりは88年の「寄港地」の方が大好きです!!

ま・・・それはいいとして、
 初出場の1984年の演奏に関して言うと・・・
 うーーん、誠に申しあげにくいのですけど、とにかく・・ひどい出来の演奏でしたね・・・

 ま・・・多分・・・四国大会ではもう少しよい演奏が出来ていたと思うのですけど、初出場という事もあり
 多分緊張してしまい、何が何だかよく分からない内に普門館での本番を迎え
 よく分からない内に本番の演奏が終わってしまい、
 普段の実力・・本来の実力を全く発揮できないまま終わったような感じがあります。
 ま・・曲が技術的に全然消化できていないし、
 こんな「ディオニソスの祭り」みたいな難曲中の難曲の表現に関しても
 聴衆に「何か」を伝える所までは全然至っていなくて、譜面に掛れている事をとりあえず音にする事で
 精一杯という感じでしたね・・
 技術的に未消化だから、とにかく課題曲も自由曲も終始ヒヤヒヤ・・・
 「ディオニソスの祭り」の音が薄くかかれている部分なんかは、少しですけど・・
 「あれれ・・演奏が止まってしまうんじゃないの・・・?」みたいな不安感は終始つきまとっていたと思いますし、
 この曲、元々が不協和音に変拍子に特殊楽器が交錯する曲なのですけど、
 特にラストの一音が・・・
 多分間違いだとは思うのですけど、とにかく壮絶な不協和音の塊りのようなヘンな響きになっていたことも
 大変印象を悪くしていたと思います。

 ま・・・申し訳ないのですけど選曲ミスですね・・・
 
 もう少し実力相応の曲を選んで、もう少ししっとりとした演奏を目指していれば、少なくともこうした崩壊状態の
 演奏にはならなかったような気がします。

 だけど・・・

 このチームは翌々年以降は指揮者に森本真由美先生を迎え、森本先生の指揮以降は
 このチームは急速に実力をメキメキと付けていき、
 全国大会の常連校にのし上がっていきましたね・・
 森本先生の指揮で初めて迎えた全国大会が「サロメ~七つのヴェールの踊り」でしたけど、
 あの1987年の演奏を聴いて、率直に・・・
 「84年の演奏と同一校とは思えないほど劇的に進化&成長したものだな・・」と感じてしまいました。

 やっぱり・・スクールバンドの場合、こうした指揮者の変更という要因だけで劇的にサウンドが化ける場合が
 多々散見され、
 この辺りは・・
 ま・・吹奏楽コンクールにおける「一つの楽しみ方」なのではないかと思います。

 あと・・・そうですね・・・

 1984年の土佐女子の全国初出場以降、四国支部では色々と変化が見られ、
 そうですね・・
 1970年代~80年代前半の四国の高校の部は、毎年毎年判で押したように高松第一か観音寺第一の
 どちらかで「全国の出場枠」を争うという感じでしたけど、
 83年に四国の代表枠が2つに増えて、
 そして84年以降は・・・伊予とか土佐女子とか
 高松一と観音寺一以外の色々な学校が全国に出るようになり、
 少しは・・「競争意識」みたいなものが芽生えてきたような感じもありました・・・
 ま・・高松一とか観音寺は、どちらかというと・・・殿様商売みたいな演奏というのか、おっとりとした演奏と言うのか
 激戦の関西や関東に比べると
 正直・・・レベルは全然低いという印象がありますし、
 そうした傾向は・・・そうですね・・何か今現在も大して変わりがないのかな・・とも思っています。

 だけど・・・たまーに四国支部代表の演奏は「爆発」してくれる時もあり
 その典型例が1991年の伊予の「バリの喜び」なのかな・・・
 あの演奏、結果的に金賞を受賞したのですけど、そうてすね・・・客観的に聴くと
 「少し追い込み過ぎ・・・煽り過ぎ・・」みたいな印象もあります。
 だけどコンクールと言うものは特に面白いもので・・・
 1991年のあの煽りに煽った演奏は金賞で
 ほぼ同様の傾向の解釈&演奏の1993年の「イタリア奇想曲」は銅賞・・・
 ま・・コンクールはまさに・・・「水物」ですよね・・・

 2014年の伊予高校のマーラー/交響曲第5番終楽章は、多分・・選曲ミスの範疇なんでしょうし、
 演奏は・・・
 一言で言うと・・大変「痛い演奏」です・・
 だけど・・・やっぱり高校生はいいもんですね!!
いかにも・・「若さ爆発!!」とか「青春の光と影」みたいなナイーヴな香りも十分漂い、
 コンクールとしては銅賞以外の何者でもないのですけど、その「際立つ個性」と「苦い青春」みたいな
 意味では・・・
 大変印象に残りました・・・

 あ・・なんか・・1984年の土佐女子から、随分と方向がそれたものですね・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

四国支部のバンド

個人的な発言ですが、四国支部のバンドのサウンドは凄く音が素朴で好きですね(^^)
土佐女子、また懐かしいですね(>_<)
確か土佐女子は95年にもディオニュソスの祭りを選んでるはずなんですが、確かにこのバンドのサウンドに合う曲では無いですね(>_<)
(ちなみにこの年の銅賞は3団体、完全に水を開けられた感じでしたね(>_<))
この演奏は後でCDを入手して聴きましたが、崩壊気味な感じで何か残念だなぁって感じましたね(>_<)

でもそろそろ四国支部にも金賞が欲しいですね(>_<)

確かに・・・

大昔の四国代表といえば、
中学=富田中
高校=観音寺第一・高松第一
という印象が強いです。

中学の部は78年の菊間中以降は結構いろいろな学校が出てるんですけど、高校は・・・

ウチも中学高校ともに「四国大会金賞まで」は常連だったのですが、全国への切符はとうとう手に入れることができませんでした。

その後中学の部はいわゆる「鈴木旋風」は吹き荒れ、高校の部は伊予・伊予・伊予。。。

まぁ、伊予の場合は先生が代わられても上位の成績を維持してきたというところで評価はされそうですがw

私は高校卒業後、自衛隊の音楽隊に所属していたんですが、そういえば、私以降で四国の高校出身者は退官するまでなぜか1人も入ってこなかったなぁ。。。

土佐女子と関係ないコメントになってしまいました。。。><

土佐女子

esakui69  様


1995年の土佐女子は、確か中学と高校でダブル出場を果たしていましたから
当時の森本先生もさぞかし大変だったでしょうね・・
中学のグラズノフの「バレエの情景」は普門館で生の演奏を聴く限りでは大変素直な演奏で、
翌日の高校の「ディオニソスの祭り」は、84年に比べると格段の進化を見せてくれ
中学でしっかり基礎を身につけ、高校で更に開花しました・・みたいな雰囲気が感じられたのは
大変印象的です。
だけど・・
95年の土佐女子は、全体の中では今一つなんですよね・・
ま・・全国では上手い学校が一杯ありましたからね・・・

四国の高校の演奏・・・というか伊予ですけど、
「絶えず何かを精一杯表現しよう!!」という意欲は毎年毎年痛いほど伝わってきます・・・
ま・・・毎回毎回・・・゜空回りしてしまうのですけどね・・

ちなみに・・・

なおりパパ  様


ちなみにですが・・・

自分の父親も陸上自衛隊勤務でしたので、子供の頃は「自衛隊の音楽の夕べ」のコンサートを
何度か聴いた事がありますけど、
とにかくうまかったですよね!!
特に・・マーチを演奏すると、まさにドンピシャ!!の演奏になるものですね!!

伊予は毎年毎年「絶えず何かを精一杯表現しようとする意欲」はよく伝わってくるのですけど
時にそれが
空回りしてしまうのが少し勿体無いですね・・
高松一や観音寺一とか丸亀のような知的な演奏も素晴らしいのですけど
伊予の方向性は、悪くは無いと思います。
ま・・・昨年の選曲はちと・・・痛すぎましたけど・・

70年代の中学では、拓南中というのもありましたね・・

79年のチャンスの交響曲第2番の演奏は、私、結構好きですよ・・・

高知県人です

土佐女子は2年前にもディオニソスを演奏してましたが結果は銀賞でした。
最近は技量にあわない曲ばかり演奏して聞いている身としてもつらいですね

土佐女子中学の話題ですが、なぜか全国大会出場した92年と95年の翌年はコンクールに出場していません。(93年のプログラムには4とハンガリー狂詩曲と掲載されてましたけど)
そして97年の自由曲は「バラの謝肉祭」
残念ながら四国大会で銀賞でしたが全国大会を狙える団体がこの選曲をするのは素晴しいことだと思いますね。


話が変わりますが管理人さんにとって高知県は最悪な県かもしれません。
なんとプリキュアが放送されてません。TV朝日系列が無いからです。ケーブルTVに加入すれば見えますけど。
サザエさんは97年くらいまでは月曜日の19時に放送してました。

さりげなく「恐ろしい話」を・・・(笑)

こーち 様


地元ならではの興味深い話の数々ありがとうございます!!

へー、そうなんですか・・・私、普門館で1995年に土佐女子中の「バレエの情景」を聴いたのですけど
その翌々年がオリヴァドーティのあの古典的な名曲の「バラの謝肉祭」ですか・・・
これは初めて知りましたが、
森本先生の意図としては「初心に戻ろう」という事なのかもしれませんよね。
そう言えば、土佐女子も1994年は自由曲にリードの第二組曲~Ⅳ.パソ・ドブレを選曲していましたけど、
これは是非是非普門館でも聴きたかったですね!!

そうそう・・・

こーち様はさりげなく、私にとってはある意味恐ろしい話をされていましたね・・・

え・・・高知県みたいな四国の要の県が「プリキュア」が放映されないのですか・・・!!

うーーむ・・・これは・・・極めて意外ですね。
あ・・・そういえば、このブログのリンク先のとある方よりも
「プリキュアを普段見れないのでこうした感想は・・」というコメントを頂いたことがあるのですけど、
もしかしてその方も高知在住の方かもしれませんよね・・

とにかく、今回は色々と教えて頂きありがとうございました!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2420-b610ab23
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |