プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の記事の中でもイギリスの作曲家・ウィリアム=ウォルトンの事は書いたりしているのですけど、
私個人としては、
どうしてもウォルトンと言うとあの交響曲第1番となってしまうのですよね・・・
曲の圧倒的な重厚感には、いつ聴いても毎回違う発見があります。
この曲自体、「暗⇒明」「絶望⇒希望」「敗北⇒勝利」という曲ではありません。
第四楽章のティンパニー2台による轟音も決して「勝利の嘶き」ではありません。
曲が終わっても何か「不安感」は付きまといます。
結局は、「不安」には「不安」を持って臨むしかないという事を暗に示唆しているのかもしれません。
だけど、曲の圧倒的なスケールの大きさと真摯な逼迫感は、聴くだけでゾクゾクします。

だけどこうした重厚感ある曲というのは、ウォルトンにとっては意外と少ないジャンルの作品であり、
ほとんどが軽い感じの曲、映画音楽、ユーモア感たっぷりの茶目っ気のある曲が多いというのも
すごく意表を突かれるものがあったりもします。
最初は、その軽さと交響曲第1番の重厚感のギャップに驚いたものです・・・
ウォルトンの中で、例外的に深刻な曲というと他には、ヴィオラ協奏曲あたりかな・・・
ちなみにですけど、ウォルトンには・・・滅多にと言うかほとんど演奏されないのですけど
交響曲第2番という作品もあったりします。
1番から約25年後に作曲された作品ですけど、
1番と2番を結びつけるものは何も無い様な気さえします・・・
2番はどちらかと言うと・・・渋すぎる作品で、
何て言うのかな・・・人生の最後のあたりで自分の名人芸を静かにそして孤独に楽しむ心境という
印象を私は持ったりもします。
ま、それだけ・・・あの交響曲第1番は、ウォルトンにとっても・・・
そして当時のイギリスを取り巻く国際環境と言うのも、相当に「厳しいもの」があった・・・という事になるのだと
思います。
それでもウォルトンは・・・・歓喜と勝利に満ちたフィナーレを書かなかった・・・・
やはりそれは・・・
第二次世界大戦が開始される以前から、もしかしてウォルトンには・・・
「今回の対ドイツ戦が幕を閉じたとしても・・・人間にとって、不安要素は永久に解消されない・・・
自分達は永遠にこうした不安感を抱えたまま生きていかねばならない・・・
戦争が一旦終わったとしても、自分達を悩み苦しませる不安要素は次から次へと沸き起こってくる・・」みたいな
何かこう・・
「予感」みたいなものはもしかして既にあったのかもしれませんよね・・・・

だからこそ、ウォルトンはその生涯に一度だけ・・・「自身の心の本音を吐露した曲・・・何か後世に伝えたいメッセージ」を
交響曲という形式で
残してくれたのかもしれません・・・

だけど、前述の通り、ウォルトンは、生涯としては比較的洒落っ気の多い曲を随分と残してくれた・・
みたいな印象が強いですね。

例えばその作品としては・・・

組曲「ア・ウォータイム・スケッチブック」
喜劇的序曲「スピカーノ」
ファサード
メジャーバーバラ

あたりが代表例だと思います。

ま、中には・・「バトル・オブ・ブリテン」のように
いかにも「戦争映画」みたいな作品もあったりします・・・

他にも管弦楽用の戴冠式マーチにも素晴らしい曲を残してくれています。

それが
グランドマーチ「クラウン・インペリアル」と
グランドマーチ「宝石と国王の杖」なのですけど、この二曲、特に「クラウンインペリアル」は、
聴いていて気品はあるし、楽しいし、重厚感はあるし、とにかく全体として大変「優雅」です!!
何か優雅さと気品と言うと、
カテゴリ違いになってしまいますが、Go1 プリンセスプリキュアの「キュアスカーレット」みたいですけど、
確かに・・・スカーレットの雰囲気になんかとってもぴったり・・みたいなものも
感じてしまいます・・・

このグランドマーチ「クラウンインペリアル」を邦訳すると
多分・・大行進曲「王冠」という感じになると思いますが、
まさに・・・王室の伝統と威厳と気品さ・優雅さを曲が雄弁に物語っていると思います。
でも・・聴いていてとっても楽しくもなりますし、
決して「とっつきにくい」とか「エラそうにしている・・」とか「上から目線みたいな曲」という訳では
全然ありません!!
とにかく・・・聴いていて本当に、楽しいですし独特な高揚感を味わえると思います。

そうですね・・・感じとしては、
エルガーの行進曲「威風堂々」の世界につながる部分も多いと思います。

クラウンインペリアルは、威風堂々のように気品のある中間部が素晴らしいですし、
威風堂々以上に重厚感が漂います。
曲ラストの追い込みも見事だし、パイプオルガンの響きが更に曲にスパイスを利かせてくれています。
あのラスト近くのホルンの高音域は・・あれは奏者は大変ですね・・・・

個人的には、プレヴィン指揮が断然良いと思います。
このプレヴィン盤には交響曲第1番も収録されていますので、ウォルトンの世界を知るには
もってこいの一枚にも思えます。

先日の話なのですけど、
お墓参りに行く際、家から結構遠いもので、BGM用に何か曲を持っていこうとしたら・・
9/2の記事にも書いている通り、
周様という方より、1982年の吹奏楽コンクール・東北大会の花輪高校の素晴らしいウォルトン1番の演奏が
You tubeにアップされているという情報を頂き、
この花輪高校の演奏を聴いているうちに原曲の演奏も聴きたくなってしまい、
BGMとしてこのプレヴィン指揮のCDをついつい持っていった所・・・・
うちの奥様は・・・このウォルトンの1番はどーも苦手のようでして・・・
「前から言ってるでしょ、この曲嫌い・・!!」とか
ガッカリした事を言ってくれています・・・・(苦笑・・)
ま、彼女は元々クラシック音楽は全く聴きませんし興味も無いお方・・・
以前も書いたと思いますが、結構昔・・・サントリーホールとかオペラシティ―ハウスにて
チャイコフスキーの悲愴とかシューマンのラインとかを聴きに行ったのですけど、
ま・・彼女は・・・終始爆睡していましたね・・・・(苦笑・・)
ま・・・それは仕方ないと思うのです・・
だって・・人の価値観はそれぞれ違うのですから・・・
話を戻しますと、以前からよく車内でのBGMにこのウォルトンをかける事がありまして、
その時の彼女の印象は・・・・
あの第四楽章の後半のティンパニ2台の凄まじい叩き付けは、「落雷音」にしか聴こえないみたいで
雷が大嫌いな彼女にしてみると・・
ま・・・それは無理がないことでしょうね・・・
だけど・・・その第四楽章が終わって・・・このグランドマーチ「クラウン・インペリアル」が始まると
「あ・・・これは何となく分かる」とか言っていますので、
やはりこのマーチは誰からも愛される資格があるのかもしれませんよね・・

あ・・これは完璧に脱線でした・・・

そして・・・このCDが終わると、うちの奥様は・・・すかさずCDを
アニメソング・・・具体的には緒方恵美のキャラソン集とセーラームーンのサントラ盤に
チェンジしていました・・・
ま・・・私の場合、こうしたクラシックもアニメソングも両方とも違和感なく
聴けちゃうのですけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

同感です。ところで

管理人様 お久しぶりです。

実は私もこのCD持っています。
「クラウン・インペリアル」と
「宝石と国王の杖」
私もとても好きです。

もう「完成されている」一つの形という印象です。

「威風堂々」もそうですが、
最後のリタルダンドの後の一発目の音で、
鳥肌が立ちます。

なかなか普段耳にすることは少ないのが不思議なほどの
名曲ではないかと思います。


ところで管理人様は、「花輪高校吹奏楽部同窓会」のフェイスブックがあるのをご存じでしょうか?

何気なくそこを見ていたら、2つ気づきました。

一つ目 ウォルトンの1番のリンクが張られていたこと
二つ目 管理人さんのブログのコメントについてリンクが張られていたこと

お気づきでしたか?


花輪高校OBの皆様も、管理人様の記事に注目されているのですね。
個人的にたいへんうれしい気持ちでありました。

なんか照れますね・・・

周 様


ウォルトンというと喜劇的序曲「スピカーノ」も結構大好きな曲です。
確かに、あの交響曲第1番とは全然世界観が違うのですけど
これもやはりウォルトンの世界だと思います。

花輪高校のOBのHPがあるのは知ってはいましたが
まさかFBに私の過去の「今では全く演奏されない自由曲」の記事が貼られていたとは・・・
これは・・・
全く気が付きませんでした!!
教えて頂きありがとうございます!!
というか・・・大変光栄ですけど
なんかとっても恥ずかしい感じはあります・・・(苦笑・・)
ま・・・あんな大昔の過去記事よりは最近の東北大会の記事を載せて欲しい気持ちは
ありますけど、
それでもなんか非常に嬉しいですね!!

そうそう・・・

予定では、花輪の「シンフォニーポエム」関連記事は9/26あたりに記事にして掲載するつもりです。
宜しければ
是非是非またコメントでも頂けると大変嬉しいです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2416-1fcab4fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |