FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです。

「二つの嬉しい事」の一つ目は、ゆりあ様からの素敵なイラスト絵だったのですけど、
果たして二つ目とは・・・??


繰り返しになって誠に恐縮なのですけど、
このブログの当初の(今もそうなのですけど・・・・)開設目的は
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会における
秋田県代表・花輪高校吹奏楽部によるウォルトン/交響曲第1番変ロ短調終楽章の
あまりにも壮絶で素晴らしい演奏を
歴史に埋もれさせてしまうのは勿体ない・・・
これは・・・一人ぐらい当時の花輪高校のあの素晴らしい演奏を何か「記録」にして残す人間が一人ぐらい
いたっていいじゃないか・・
否、それを語り継いで、花輪のあの「素晴らしい名演」を後世に受け継がせていくのが
自分の使命・・・と思ったのがそもそものきっかけだったのですけど、
今では・・・「プリキュア」がメインになってしまいましたね・・・(笑・・)
ま・・それはそれで全然構わないのです!!
なぜなら、私にとっては、プリキュアも吹奏楽もクラシック音楽も花輪高校吹奏楽部も就実高校吹奏楽部等は・・
全く「同じ意味」を持っているからです!!
そう・・・ながーい人生における「楽しみ方」という一つの香辛料としてですね・・

ま・・・それはいいとして・・・

以前もこの事は既に記させて頂きましたが、このブログ内にて
花輪高校のウォルトンの1番の記事を色々と記していた所、周様と言う方より今年の7月に
思いがけない嬉しいコメントを頂く機会に恵まれました。

その内容とは・・・

「私は花輪高校のウォルトン1番が、生涯聴いた演奏の中の最高の演奏だと、30年以上たった今でも思っています。
そんな思いを共有できる方がいたことは私にとっては奇跡的なことです。」
といったものでした。

これを読んで、私自身も正直・・・・驚きましたし、
世の中にはこうした貴重な偶然もあるものだな・・としみじみ感じたものです。
というのも・・・・
私自身、花輪高校の1982年の東北大会でのあの素晴らしい名演、ウォルトンの交響曲第1番を聴いた事が
まさしく私がその後「クラシック音楽」という深い森の中に迷い込むきっかけとなったそのものの曲であり、
1982年の福島でのあの東北大会のあの会場で・・・
そうした「思い」をされていた方が、私以外にもまさかいるとは・・・なんて正直夢にも思わなかったものですので
本当にあのコメントには・・・
私自身、やはり「忘れていたもの」とか「自分の原点」を知らしめる結果ともなりました。

だけど・・・

この時の花輪高校は残念ながら東北大会ダメ金という事で普門館で開催される全国大会には進めなかったため、
全国大会としてのレコード等の音源は残されていません。
確か、東北大会の実況録音としてのレコードは制作されていたと思いますが、
地方のローカル制作会社ですし、発売枚数が極めて限られた数十年前のレコードですから
入手は・・・まず無理だと思われます。
だから、あの1982年の花輪高校の演奏は、私にとってはまさに「幻の演奏」で、
聴きたくても聴くことが出来ない演奏なんですよね・・・
(以前このローカルレコードを持っていた私の吹奏楽部仲間がいて、彼から何回かこの時の花輪の演奏を
 聴く事は出来てはいましたが・・
 でもその彼も今では音信不通状態・・・)
以前、周様からのコメントにも
「前にYou tubeにてこの年の花輪の演奏がアップされていたけど、いつの間にか消滅していた・・・」というお話を
聞いてもおりまして、
やっぱりあの年の花輪高校の演奏は「幻の名演」なのかな・・と思っていた所・・・

なんと・・・!!

周様より9/1にコメントを頂き、あの時の花輪高校の演奏が・・・
幻の名演と言われていたあのウォルトンの1番の演奏が、You tubeにアップされている!!という情報を
頂きました!!
これが二つ目の嬉しい事です!!

いやいや、周様、素晴らしい情報をありがとうございました!!

最初にこの情報を耳にした時は・・「まさか・・!!」という感じでしたけど
いやいや「夢」ではありませんでした!!
先ほど結構何回も何回もYou tubeで花輪高校の演奏を聴いてしまいました!!
まさに私の心境は・・・
アニメ「響け! ユーフォニアム」第8話の久美子のセリフではありませんが、
「この時・・・私は命を落としても構わないと思った・・・」という感じのものでしたね!!

さてさて・・・演奏なのですけど、
多分これは音源はレコードだと思います(随所に針の音が入っていましたね・・・)
そして相当古い・・・
演奏はモノラル録音に限りなく近いと思います・・

だけど・・・・

当時の花輪の演奏のあの雰囲気・・指揮者の小林先生が意図していたもの、
奏者が伝えたかったものは・・・
私には伝わってきました!!
自分の過去記事でも何度か書いているのですけど、この時の花輪高校の演奏は・・・
既に今から30年前の演奏なのですけど、
今でも私の脳裏に焼き付いているのですよね・・・
うーーむ、当時17歳の私の「あの時の記憶」は鮮明に残っているのに
どうして・・・「三日前に打合せをしたばかりの顧客との会話」は全然覚えていないのでしょうか・・(苦笑・・)
ま・・・人の記憶とはそんなものなのかもしれませんよね・・
あ・・それはどうでもいいとして・・・
ま、そんな訳で
今回のYou tubeでアップされていた演奏を聴いて、自分自身の記憶と実際の演奏には
それ程大きな違いがあった訳でも無くて
誠に失礼ながら・・・
「あ・・・聴かなきゃよかった・・・」とか
「やっぱり・・・自分の当時の勝手な思い込みと実際の演奏は随分と違うんだ・・」みたいな失望感は
全くありませんでした!!
というか・・・
安堵しました・・・
やっぱり・・・当時自分が感じていた事は、あながち「的外れ」ではなかったのだと・・・

ま・・・細かい点では・・

あ・・実はそんな感じだったんだ・・・みたいな事も色々と発見はありました。

冒頭が私の記憶と少し異なっていて
小林先生はかなりゆったりと遅めにテンポを設定していた事とか
カットの方法が少し自分の記憶と異なっていたりとか
自分の記憶の中では、二人のティンパニ奏者が連打連打の大活躍をしたような強烈な印象があったのですけど、
実際は・・・
中盤の金管セクションのコラールの後に
原曲においてはティンパニ奏者が2名に入る部分あたりをかなりバッサリとカットしていたので
曲の最後の最後の方以外は、実はそれほど二人の叩きつけみたいな場面は意外と少なかったとか
色々と「記憶と現実の相違点」はよーーく分かりました。
この辺りは大変興味深かったです!!

だけど・・・

全体的な印象・・・・小林先生のアクの強さ、金管セクションの圧倒的な力強さ、不安感と孤独感の表現
魂の孤独・・・
これらは当時も本日改めて聴いてみても、全く変化はありませんでしたね・・・!!

とにかく・・「凄い・・すさまじい・・壮絶・・」としか言いようがない素晴らしい演奏だと思います。

それと・・・

このウォルトンの交響曲第1番は、音楽の形式で言うと「変奏形式」なんだな・・・という事をこの指揮者の小林先生の
解釈からして読み取る事も出来たような感じもありました。


とにかく・・・

「二度と聴く事は出来ない」と思っていた「幻の名演」を改めて耳にする事が出来た事は
本当にうれしかったです。

改めてですけど・・・

周様!!

本当に今回は貴重で素晴らしい情報を頂きありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

よかったです!

管理人様
あの後、何度か私も聞いておりますが、本当にすばらしいですね。
…少しの傷はちょっとしたスパイスです。
そして管理人さんのおっしゃるとおり、金管のすばらしさがよく分かる演奏です。
そして再確認できたのは、オーボエ奏者の音のすばらしさです。
さすが桐朋でオーボエを専攻され、その後新日本フィルでのキャリアをもつ小林先生の直接指導を受けただけありますね。
この演奏は県大会のシード演奏ですが、もはやそこでも本気モードでやっていることがよく分かります。
この後何か力がほしいとき、また演奏を聴きに行くことがあると思いますので、ぜひ長くアップし続けてほしいと願うところです。

そして今回分かったことでありますが、
けっこうな方がもしかしたら、この時のウォルトンを「伝説の演奏」と思っているかもしれない、ということです。
ツイッター情報も「伝説の演奏」と書かれておりましたし、
佐藤正人氏のコメントにも、小林先生の選曲のすばらしさを書かれているところにウォルトン1番がありましたから。

小林先生のような方はもはやこの後出てこないのかもしれませんね。
最近の演奏は「勝つための」選曲になっているように思うのは私だけでしょうか。
「ガジベコフって誰だ?」なんてこと、もうないんでしょうか…

私は花輪のウォルトンと秋田南の「火の鳥」を聴けたこと、本当に幸せだったと思います。
この時代に吹奏楽をやってて本当によかった、と、強く思わされたこの数日でありました。

80年代の高校の演奏については、私もけっこう思い出がありますので、この後また書き込ませていただくことがあるかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「素晴らしい!!」としか言いようがないですね!!

周 様


コメントありがとうございます。

実は私自身もあれから何度もあの演奏を聴いていますけど
聴けば聴くほど小林先生のその「意図」が見えてきますね。
いかにもイギリス人の魂らしい「孤高さ」がとにかく熱いほど・・・そして時には痛いほど
伝わってくる演奏ですね。
出だしのゆったりとした感じ、威厳のある風格、トランペットからオーボエのソロの当たりの
不安感と孤独感
ラストの壮絶な響き、小太鼓の鋭さ
とにかく全てが「素晴らしい」と感じさせてくれますね。
85年のガジペコフの際も感じたのですけど、とにかく花輪の持ち味は、あの風格のある音だと思います。
それが遺憾なく発揮され、
そこに「魂の孤独」が加わるのですから、ある意味無敵な演奏だと思います。
本当にあれは「伝説の演奏」だと思います。
出来れば・・・是非是非普門館でも大勢の人に聴いて欲しかったです!!

最後に・・・

このブログでは近々1984年の高校の部を取り上げる予定にしていますのて
当然ながら花輪の「シンフォニーポエム」も取り上げる予定です。
あのシンフォニーポエムの全国初演を直接普門館で聴くことが出来たのは、本当に幸運な事でした!!

私も聴きました‼

この東北大会での花輪高校の演奏を最近私も聴きました‼
ホント、素晴らしい演奏ですね。この演奏は今の全国大会で演奏しても間違いなく上位入賞できるレベルですね。当時の東北大会の審査員はなぜいわゆる「ダメ金」という評価をしたのか……。きっと当時の花輪高校の部員さんたちは「悔し涙」だったろうと思うと、お気の毒…。
生の演奏は聴いてませんが、1988年も東北大会で課題曲の演奏をし始めようとしたそのときに、審査員がまだ着席してなかったことが判明し「待った」をかけられ、その後は部員さんたちは精一杯の演奏をしたらしいですが、出た結果は「銀賞」…。この年は「東北大会20年連続優勝・金賞」の大記録がかかってたそうですが、幻に…。これは連盟・審査員の不手際ですし、なんとかならなかったのかと思いましたね。
仁賀保高校は「秋田県大会」が不運な印象がありましたが、花輪高校は「東北大会」でまさかの結果になる印象がありましたね。
個人的にも、花輪高校の「ウォルトン」は今一度再評価してほしい演奏ですね。

花輪高校/ウォルトンの交響曲第1番

一秋田県民  様


あ・・・・こうやって1982年の東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番終楽章の
あの素晴らしい演奏を分かって頂ける人が一人でも増える事は
このブログの最大の目的でもありますので
そう仰って頂けることは、管理人にとってはまさしく感涙状態であります!!
本当に
嬉しいコメントを聞かせて頂きありがとうございます!!
本当に・・・
そういう嬉しいお言葉を頂くと、
「生きていてよかった・・そういう言葉だけで今後も生きていける・・」と何か「生きるチカラ」を貰ったようでして
本当に感謝感激です!!
本当にいつもありがとうございます!!

あの東北大会でのウォルトンの演奏はまさに神がかっていました!!
結果的にあの演奏がきっかけとなって、私はウィリアム=ウォルトンの交響曲第1番の世界にはまり
吹奏楽コンクールにはまり
自分自身も「いつかは普門館で吹きたい!」と思うようになり
そして・・・
クラシック音楽の深い森の中に迷い込むきっかけとなったものですので
あの花輪高校の演奏はまさしく私の「原点」なのです!!
あの演奏を生で聴くことが出来たのは、私の一つの財産だとすら思っています。
本当にあの素晴らしい演奏を普門館で再現して欲しかったですね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2413-52abeac1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |