FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.札幌白石高校


 D/序曲「春の猟犬」(A.リード)

 前年の「ハムレットへの音楽」が全国大会初出場でしたので、この回が2回目の出場という事になります。
 後年の・・・例えば、1990年~94年の栄光の5年連続金賞の偉業を達成した頃のあの貫録に比べると
 この頃は・・・さすがに初々しさがあったと思いますね。
 前回、この年のプログラムの余白に18歳当時の私の直筆による(?)演奏に関するコメント・メモが
 びっしり書き込まれていると記しましたけど、
 この札幌白石に関しては、なんかやたらと「チャーミング」・「可愛い」・「生き生きとしている」・「躍動感」という単語が
 頻発しています。
 同時に、「音が少し生臭い」とか「クラリネットのタンギングの発音が甘いからもたついている印象あり」とも
 書かれています。
 そうですね・・・
 印象としては、決して上手い演奏ではないのですけど、音楽が大変生き生きとしていたのは
 大変印象的です。
 いかにも・・・「ワンちゃんがあちこちを跳ね回る・・」みたいな光景が見に浮かびそうな感じもありました。
 そして表現自体がとっても素直だと思います。
 高校生らしい若さがいい意味で溢れた演奏をしていたと思います。
 この「春の猟犬」は、吹奏楽コンクールの上では、1982年の福岡工大付属の正統派の演奏と
 1988年の野庭高校の少しやり過ぎなんですけどいかにも個性溢れる演奏の
 二つが過去演奏の中では双璧と思っているのですけど、
 この年の札幌白石の演奏は、丁度その中間地点に位置している演奏のようにも感じられます。
 でも当時の自分のメモでも無いのですけど、少し音が生臭く感じるのはなぜなんだろう・・?
原因の一つとして、金管楽器特にトランペットの高音の音域が少し破裂音みたく聴こえる事と
 クラリネットがこの当時は少しモタモタしている感じがあり、音の透明さに少し欠いていたからなのかなとも
 思ったりもします。
 それとまだこの当時は全体のバランスが少し良くないようにも感じられます。
 音が客席に向けてストレートにどんどん響いてくるような印象もあり、それが「生臭い」と感じてしまった理由の
 一つのような気もします。
 だけど全体的にはとにかく気持ちの良い演奏で、このチームの銅賞は少し気の毒のような感じもありました。

 翌年は北海道大会でまさかのダメ金でしたけど、翌々年の1986年以降から、このチームの
 快進撃が開始されます。
 その意味では・・
 この年の演奏は、その快進撃に向けての途中経過だったのかもしれませんよね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は、リードのこの「春の猟犬」について
過去記事をベースに少しだけ書かせて頂きたいと思います。

改めて感じる事ですけど、
A.リードの吹奏楽オリジナル作品って本当に素敵な曲が多いですよね。
例えば・・・・
アルメニアンダンス【パートⅠ バートⅡ】、オセロ・ハムレットへの音楽、エルサレム讃歌、
パンチネルロ序曲、エル・カミーノ・レアル、第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」なとなど
ほーんとキリが無いですよね・・・

その中でも8分半程度の曲なのですけど
序曲「春の猟犬」も決して忘れる事が出来ない素晴らしい作品だと思います。

この曲いかにもリードらしい感じが満載で、
まず出だしの「ウキウキとした感じ」がたまらなく素敵ですし、
中間部のうっとりさせられるロマンティックで甘い曲想が本当に堪らないです・・・
曲の構成も
A-B-Aと実にシンブルなのもいいですけど、
あえて少し注文を付けると、もう少しAの部分が長くても良かったような気もします・・・

この曲が日本の吹奏楽コンクールで演奏され始めたのは1982年だと思いますけど
この時の表記は序曲「春の猟犬」となっていましたけど、
1984年の全国大会・高校の部でこの曲を演奏した札幌白石高校のプログラム表記を見てみると
スゥイバーンの詩に基づく管楽器のための序曲「春の猟犬」となっていましたが、
実際はこちらの方が正式タイトルみたいですね。

この序曲は19世紀の詩人A.スウィンバーンが1865年に出版した詩の印象に基づいて
作曲されたらしいのですけど、

その詩とは・・・・

春の猟犬が冬の足音をたどる頃
月の女神が牧場で草原で
暗がりを、風吹く場所を
葉音、雨音で満たす
微笑み隠す唇ほど柔らかな
木々の茂みを陽気に分け入り
追い求める神々の目を逃れ
かの乙女は身を隠す

といった内容のものです。

リードは、この詩から「若さ溢れる快活さ」と「甘美さ・優雅さ」の二つをこの序曲に
託したようです。
6/8拍子を中心とした軽やかな明るいリズムは、「快活さ」を・・・・
そして中間部の4/4拍子の甘いメロディは、「恋という青春の優美さ・甘さ」を
それぞれイメージしたものなのかもしれませんよね。

実際聴いていて、
「こんなに分かり易い曲無いよな・・・」と思わず頷いてしまうくらい実にシンブルな曲です。
分かり易いメロディーに、躍動感と甘さが加わり、形式もA-B-Aと非常にシンプル・・・
ほーんと、「分かり易さ」を絵に描いたような序曲です。
リードって色々な演奏会用序曲を残していますけど
こんなに分かり易くてメロディーラインが魅力的な曲って
意外と少ないような感じも無くは無いのですけど、
個人的にはリードの「序曲」というと、
この春の猟犬と、ジュビラント序曲、そしてパンチネルロ序曲が三大名序曲という
感じもします。

私の高校も定期演奏会でよーくリードを演奏していました。
高校一年の時は、アルメニアンダンスパートⅠとパンチネルロを・・・
高校二年の時に、第二組曲とジュビラント序曲を・・・
(リードの第二組曲の事は、このブログでも確か2013年1月頃にかなりしつこく書いていたような記憶が・・・??)
そして高校3年の、自分にとって最後の定期演奏会では、
是非是非、ハムレットまたはオセロ、それが無理ならばせめて春の猟犬は演奏したいと思っていましたが、
残念ながらボツになってしまいました・・・(泣・・)
アルメパートⅠと第二組曲という大本命を演奏出来たのだから、これ以上望むのは
確かに高望みだったかもしれないけど
せめて「春の猟犬」は演奏してみたかったですね・・・

ま、でも一応この「春の猟犬」は大学で演奏する事は出来たから、ま、それはそれで仕方ないか・・・・

この曲の出だしのウキウキとした感じはまさに「春の陽気」ですね。
吹くだけで聴くだけでもとても「ハッピー」な気持ちになれます。
そして中間部のしっとりとした歌が実に素敵ですね。
徐々に盛り上がっていく感じが実にいいのですけど、その中間部の頂点での
トランペットの高音が実にいいです!!
この部分を聴くだけでも何か胸が「きゅん・・」となってしまいますね・・・・(笑)
再度アレグロの部分に展開した際のトロンボーンのアンサンブルが素敵ですし、
ラスト近くのティンパニーのソロを経てラストの全合奏のffで閉じる感じもまた実に魅力的です。

全体的に楽しいけど実にロマンチックな曲ですね。

パンチネルロの中間部も実にしっとりとした歌がありましたけど、
パンチネルロの場合、多少「哀愁」みたいなものがあったのに対して「春の猟犬」は
実に抒情的でロマンチックというのが二つの序曲の違いかな・・・・

この曲、1980年代~90年代前半までは、コンクールでもかなりの人気曲でしたけど
最近はとんと聴かなくなりましたね・・・・
支部大会でも、A部門(大編成)では中々耳にする機会も無くなっています・・・
こういう名曲は是非、しっかりと受け継がれて欲しいものですね・・・・


 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

リード

確かに、最近はリードの作品を聴きませんね
個人的にはリードの作品で演奏したことあるのは、アルメニアン1・パンチネロ・春の猟犬、そして、エル・カミーノ・レアルですね。
ちなみに・・・・
 アルメニアン(大学コンクール3rdCl・社会人定演BassCl)
 パンチネロ(大学コンクール3rd)
 春の猟犬(大学定演3rdCl・社会人定演BassCl×2回)
 エルカミ(社会人定演BassCl×2回)

・・・3rdとBassばっかりですね(笑)

アルメとパンチネルロだけ被っていますね!!


某大学の卒業生 様


そうなんですよ・・・

最近のコンクールは邦人オリジナル作品が大人気と言うのも大変喜ばしい事なのですけど
リードのオセロ・アルメニアンダンス・ハムレット・エルサレム讃歌など「古典的な名曲」は
永遠に演奏され続けて欲しいものですし、
こうした曲は22世紀以降も誰かが知っていてほしいです。

私も高校の時、リードは定期演奏会で4曲も演奏する機会に恵まれ
アルメニアンダンスパートⅠ・パンチネルロ・ジュビラント序曲・第二組曲を演奏出来た事は
本当によかったと思います。
「パンチネルロ」は、男子校ですとどうしても金管対木管のバランスが崩れてしまいがちなのですけど、
某大学の卒業生様の1991年の演奏のように「クラリネット」パートが上手で強いと
小編成でもああした立派な名演が出来るのですから、
やっぱり吹奏楽は、クラリネットの縁の下の力持ちの力量が問われそうですね。

リード

楽器をはじめたばかりの頃は、リードの作品はすべて同じに聴こえてました。
 アルメニアン(→ヤパパ―――ン、パ―――ン♪)
 パンチネロ(→ヤパパン・パーン・ブ―――ン♪)
 猟犬(→ヤーンパパ・パ・パーン、パパーンパパパ♪)
 エルカミ(→ヤンパパ・パ―――ン、パ――ン♪)

曲構成もどれも似通っていて
 A(急)→B(緩)→A(急)で、
 木管がスケール、金管がファンファーレで、
 変拍子が入ってて、
 あと、ホルンがおいしい(笑)

エルカミ(前半)→アルメニアン(変拍子)→パンチネロ(中間部)→猟犬(後半)とメドレーでつないでも、さほど違和感がないかも。

それが、リード作品も魅力なのかとも思うのですが・・・

いつも聞こうかと思ってたのですが、
91年の全国大会の時は、会場でリアルタイムで聞いておられたのでしょうか?

代りに、1992年の仙台の「ディヴェルティメント」は生で聴いています・・

某大学の卒業生 様


そうですよね・・・
ま・・・リードに限らずスウェアリンジェンの序曲とかバーンズの「アルヴァマー序曲」とか
エリクソンの序曲「祝典」とかオリヴァドーティの序曲「バラの謝肉祭」などの
不滅の吹奏楽名序曲はいずれも
A-B=Aのシンプルな構造が特徴でしたし、ああいう「分かり易さ」こそが現代にまでこれらの曲が
しぶとく生き残っている要因なのかもしれませんよね。
そういえば、リードの「ジュビラント序曲」も出だしは、
パン! ヤパパッパー!!という王道からの開始でしたね・・・

1991年の全国は広島でしたので、残念ながら生では聴いていないのですよね・・・
結果的にあの年は、大学・職場・一般の部の同時開催日となっていましたので、今にして思うと
是非是非聴きたかったですね。
では、なんで私がT大学の課題曲を含めて1991年の演奏を語れるかと言うと
自由曲のCDもそうですけど、
広島のブレーン社で特注注文できるアナウンス~課題曲~自由曲~拍手までが収録されている
オリジナルカスタムテープを持っていたからです。
だって・・・
BJで「クラ4本であれだけのサウンドを・・」と書かれていて
しかもパンチネルロという懐メロですよ!!
これは絶対に聴かないと・・という感じでしたし、
期待を裏切らない素晴らしい演奏だったと思います。

翌年の1992年は、私・・・元々仙台出身という事もありますので、
初の記念すべき大学の部単独開催の年の演奏は生で聴いております。
ま・・・あの時は・・・・会場の残響が最悪の最低ホールでしたので
演奏される方も大変だったと思いますね・・

BJ

その当時はバンドジャーナルの存在を知らなかったので、
取り上げられてるとは思いませんでした。
入学当時は自分含めて3人で、しかも大学デビュー。
パート譜も1st~3rdまでなので、2年生の時に1人増えたとき、4人のうち誰が補欠になるのだろうか?と本気で思ってた位です(元体育会系発想)。

仙台、懐かしいですね。
仙台のときの演奏(バーンスタイン)はニコ動でアップされているので、
かろうじて聴くことができるのですが、
それ以外は聴くことすらなく(当時、コンクールのCDを買いそびれたため)
どんな演奏だったのかなぁと、記憶は忘却の遥か彼方。

あと、仙台といえば、今のところ人生で唯一東北地方に降り立った場所で、
もっとも遠距離の移動です(ほぼ、本州の橋から端までの移動)。

バーンスタイン/ディヴェルティメント

某大学の卒業生 様


ちなみに・・・秋本先生の全国大会初出場の1983年の会場はやはり仙台ですよ・・

1992年の仙台の会場は本当に音響が最悪で、なんか出演者の方には申し訳なかったですね・・・

あのバーンスタインの演奏、よーく覚えていますよ!!
一言で言うと、大変シャープな演奏です。
切れ味が大変鋭く、特にⅠとⅧの切れ味はなかなかでした!!
欲を言うと・・・・ⅣとⅤにおいてもう少し「粋な感じ」が欲しかった気がしますね・・・
全体的に金管優勢でしたけど、
バランスは決して悪くは無いという印象もあり、それは多分選曲がよかったというせいもあると
思いますね。
一つ前の演奏・・・龍谷大があまりにも上手すぎたので
多分・・・ステージ裏では相当プレッシャーがあったのでは・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2411-29eef2d5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |