FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


1986年の衆参同時選挙で歴史的大勝利を収めた自民党は、翌年に中曽根総理から
竹下総理へと禅譲がなされました。
その際、当時「ニューリーダー」と称された、竹下・宮沢・安部の三氏は既にこの世の人間ではなく、
(現総理はその息子ですからね・・)
中曽根さんがいまだにこの世に生を受けているのも何か不思議な感じもします。
だけど、最近90歳を超えた中曽根氏のインタビューを拝見しましたが、
年をとっても全然ボケていないし、自分なりの世界観や歴史認識・自分の果たすべき役割を
きちんと把握されている様子には、正直感服いたしました・・・
ああいう年の取り方はまさに理想的ですね・・・

〇野田中学校

 佐藤先生の初出場の年です。
 だけど、野田中の演奏って全体的に何か印象が薄いのですよね・・・
 洗練され、演奏が柔和なのだけど、何かインパクトに欠けるのですよね。
 そう、何か自己出張があまり感じられないのです。
 この年の「バッカスとアリアーヌ」も何か官能的な曲をやんわりと仕上げ
 何となく印象もないまま終わってしまったという感じなのです。
 「もやもやしている」ような霞のような感覚の音楽なのです。
 指揮者の佐藤先生は、確かBJの1981年の「川越高校吹奏楽部」を一年間ドキュメンタリーとして
 追いかけていた時に、「鬼コーチ」として登場していた人でして、野田中の指揮者としてよりも
 何となく川越高校の鬼コーチとしての印象が何となく強いのですが、
 その割には、この年も含めて佐藤先生の演奏は、88年のダフクロも92年のシンフォニーポエムも
 何か印象が薄いのは、妙なギャップを感じてしまいます。
 ちなみに、川越高校と言うのは、埼玉県では大変な進学校として知られていますが、
 吹奏楽部は、佐藤先生が指揮して一度だけ1981年に「アンティフォナーレ」を自由曲として
 関東大会にまで駒を進めています。
 だけど、関東大会は確か別のコーチがタクトを振っていたようですが・・・

〇武蔵村山第四

 1987年の中学の部の銅賞団体は4団体だけです。金賞も少なくわずか6団体のみです。
 その銅賞4団体の内の一つですが、これは正直気の毒な感じがします。
 他にも「銅賞候補?」の学校がいくつかあっただけに、かなり意外な評価のような気がします。
 演奏は、少々粗削りだけど、
 とにかくのびのび楽しんでいるハロー!サンシャインとローマの祭りです。
 12分と限られた時間の中で、「持てるものを全部ステージで出してしまおう」とか
 「今できる精一杯の力をこの瞬間瞬間に出し切ろう」とか
 「絶えず何かを精一杯表現しようとする姿勢」が演奏に前面に出ていて、とにかく
 聴いていて気持ちの良い演奏でした。
 例えるなら、1986年の伊予高校の「ローマの祭り」に近い感覚の演奏だったと思います。
 このチームの演奏は、都大会の時も聴き、「素晴らしい」と感じましたが、全国でも都大会の
 再現、いやそれ以上のものが出来ていたと思います。
 初出場とは思えないのびのびとした演奏で本当に好感が持てました。
 余談ですが、確かこのチームは打楽器奏者が5人しかいなかったと思います。
 5人でローマの祭りは大変だったと思いますが、部分的にティンパニー奏者がタンバリンに持ち替えたり
 5人で多種多様な打楽器を大忙しで扱っている光景は、バタバタ感濃厚ですが、
 非常に微笑ましいものがありました。

〇永山南

 ステージ衣装のインパクトがすごかったです・・・
 一見どう見ても「マーチングコンテスト」にしか見えない白のズボン・スカートの衣装は
 かなり目立っていました。
 女の子のスカートは、白なのだけど、ひらひらの部分が確か青色だったと思いますが、
 その衣装は、現在放映中の「ドキドキプリキュア」の大貝第一中学校の女子の制服と似ている
 面があり、何かわくわくします。
 演奏は、一言で言うと「大らか」
 だけどこのチームは不思議なチームですよね。
 この年は、かなり大らかなのだけど、翌年の「オセロ」はクラシカルな正攻法
 89年の「シェエラザード」は音量控えめな端正な演奏 91年の「ローマの祭り」は爆演と
 年ごとのチームのメンバーの個性によって
 演奏スタイルも変えていっているのが、面白い所です。
 だけど、それはメンバーを「伝統的な〇〇サウンド」と型にはめないで
 毎年のチーム事情によってスタイルを変えているのは、非常に好ましい事だと思いますし
 理想的な運営方法だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/241-f3987424
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |