プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前から何度か書いている通り、私自身は、生まれは青森、育ちは主に仙台、
高校卒業以降は、親元を離れ一人暮らしを開始し、
大学卒業以降も都内で就職し、結果的にずっと関東近辺で生活をしてきてきました。
ま・・・何度か書いている通り、自分自身・・・子供の頃から親兄弟とはあまり折り合いが良くなく
結果的に・・・18の時に合法的に家出をし(つまり・・親元を離れ都内の学校に進学する事)、
それが今現在に至るまで・・ずーーっと家出中・・という事になるのかな・・と思っています・・・
だから、この1984年というのは、私が親元を離れて初めて一人暮らしを始めたある意味記憶に残る年であり、
ある意味・・
私の生涯の「原点の年」なのかな・・とも思っています。
その意味では、大変思い入れがある年というように認識しております。

生涯で初めて「普門館」に足を踏み入れ、普門館での演奏を初めて聴いたのもこの年が初めてです。
ま・・・当初の自分の目論見としては・・・
大学の吹奏楽団に入団し、
ここでどうにかこうにか大学の部の予選会を突破し、本選が開催される普門館での都大会に出場し、
ここで悲願の・・「普門館デビュー」を図るというのが
私の「夢の実現」という感じでしたけど、
ま・・・世の中・・・そんなに甘くは無いですね・・・
私の代の一代前までは、なんとか都大会本選に出場出来ていたのですけど
私の代以降から「没落」を開始し、
結局・・私自身は・・一度も都大会予選を突破できずに10年間の吹奏楽生活にピリオドを打ち、
結局・・・長年の私の「悲願」であった「普門館で開催される吹奏楽コンクールで奏者として演奏する」という事は
実現できずに終わりました・・・
ま・・・・この辺りは、過去記事でこれまで散々ぼやいていますし、
最近では・・・アニメ「響け! ユーフォニアム」の感想記事で、「これでもか・・・!!」というくらい・・・愚痴りまくっていましたね・・(苦笑・・)

ま・・、だけどそれはいいんです・・・

私は別に10年間の吹奏楽生活については全く「悔い」は無い・・・
ホント、この10年間の歩みこそは、「私の生涯の誇り」だと思いますし「かけがえのない財産」だと
思っています。

それに・・確かに吹奏楽団としての顔の自分もいましたけど、
「とにかく・・・・誰に気兼ねする訳でもない一人だけの生活を満喫したい!!」とか
「親の助けを借りないでさっさと自活したい!!」とか
「高校の頃に迷い込んでしまったクラシック音楽の深い森の中を更に探索したい・・」
「関東の可愛い女子大生のお姉さんとお付き合いしたい・・・!!」とか
そうした夢は・・・・一応は実現出来たのかな・・・と思っていますし、
この1984年以降の「一人暮らしの開始」は、間違いなく自分自身の「新しい歴史の始まり」だったと
思っています。

この年、前述の通り、予選会落ちしてしまったので普門館で開催される都大会本選には出場できなかったのですけど、
(この頃の中央大学は、まだ全盛期のような個性を発揮するには至らず、この年の自由曲は
シャブリエの狂詩曲「スペイン」でしたけど、正直・・・そんなに上手いとは感じなかった・・・
だけど上手いと感じなかった学校に完敗しているようじゃ・・・ダメですよね・・・苦笑・・・)
初めて「普門館」に足を踏み入れ、
初めて普門館のあの独特な雰囲気に入り込み、
全国大会という「一つの頂点」に立つ各支部代表の演奏を耳にする事になったのでした。

この話、既に過去記事で一度書いたと思うのですけど、
今現在は・・・「吹奏楽コンクールの入場券」というと、すさまじいくらい「プレミア価値」が付いてしまい、
入手する事自体大変困難です・・・
まして・・現在の全国大会は5000人収容できる普門館の開催ではなくて、他の2000人が限度のようなホールで
開催しているので、発売チケット枚数自体が昔よりは全然少ない・・・
だけど吹奏楽コンクール人気は過熱するばかり・・・
それじゃ・・・入手困難というのは自明な事ですよね。

だけど・・・・

この話を書くと、今現在の皆様からは・・・「そんなばかな・・」
「またまたこのポンコツ管理人、話を作っている・・・」みたいに言われるかもしれませんけど、
本当に・・・・本当に・・・
1984年の吹奏楽コンクール・全国大会【高校の部】は、
私は・・・全く行列に並ぶことなく「当日券」を普通に買って、入場していました・・・
これって・・今だったら・・・100%絶対にありえない話ですよね・・・(苦笑・・)
だって・・・高校の部ですよ・・・・しかもプログラム一番が・・・あの天理高校ですよ・・・
それですら・・・当日券は余裕のよっちゃんで買えてしまえるし・・・
それに何よりも・・・・
プログラム一番の天理高校の演奏開始の時ですら、会場の席は・・・6割程度しか埋まっていませんでした・・・

うーーむ・・・これ、今だったら本当に絶対にありえない話ですよね・・・


1.天理高校


 A/フェスティヴァルヴァリエーション(C.スミス)


 1980年代以降の吹奏楽コンクールの傾向の一つとして、
 「プログラム一番は不利」というのがよく言われている事です。
 だけど・・・
 例えば・・・1978年の天理、1979年の市立川口、1980年の就実、そしてこの年1984年の天理は
 いずれもプログラム一番を引き当てながらも
 1978年の天理を除いては、いずれも歴史的名演に相応しい素晴らしい演奏を後世の私達に
 残してくれています。
 前述の通り、私自身にとっても、普門館で生の演奏を聴くのも初めてならば、
 全国大会を生演奏で聴く事も初めて・・
 そしてプログラム一番は・・・・当時は泣く子も黙るあの名門中の名門の天理高校・・・
 そりゃ・・・聴く方も無茶苦茶緊張しますよね・・・
 あのプログラム一番の演奏が開始される前の私自身の凛とした緊張感は、実は・・あれから既に30年以上の歳月が
 経過しているのですけど
 あの感覚は・・・いまでも覚えていますね・・
 そう・・・あの感覚は・・・
 1986年に生まれて初めて「サントリーホール」で生演奏を聴いた時のあの凛とした緊張感にとっても
 似ているものがあったと思います。

 この年の天理の課題曲は、現代的シリアス作品の課題曲A変容-断章でしたけど
 (ちなみに・・・この年、全部門でこの課題曲Aを選択したのは天理を含めてわずか6チームのみです。
 しかし・・・出雲高校以外の5チームは全て金賞というのもなんか興味深いものがありますね・・・
 そして・・・出雲高校の立場は・・・??)
 冒頭から、大変クリアで洗練された響きが普門館に鳴り響き、
 冒頭はすさまじい不協和音の強奏という開始なのですけど、その不協和音がちっとも不愉快な響きではなく
 どこまでも透明感のある響きであった事にまず驚いたものでした。
 この課題曲Aは、大変な難曲で、この曲をまともに消化していたチームって、ヤマハ浜松・花輪・天理の3チームだけ
 だったような印象があります。
 あの神奈川大ですら、この課題曲は必ずしも完璧な演奏ではなくて、ミスも未消化の部分もかなりあったと
 思います。
 花輪の場合、どちらかと言うと、少し「和の響き」みたいなものもイメージしていたような感覚があるのですけど、
 天理の場合は、どちらかというと機能的にまとめてきたような印象があります。
 不協和音でも美しく響かせるとかサウンドに一切濁りとか未消化の部分が出ないようにするとか
 そうした機能性重視みたいな印象もあり、
 とにかく手堅くまとめてきた印象がありました。

 そうした中でスミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」の演奏が開始されたのですけど
 とにかく・・・
 一言で言うと・・・とにかく完璧で全く文句の付けようが無い演奏・・・
 ホルンをはじめ特に金管セクションが大変難易度の高い技術が連続する難曲中の難曲なのですけど、
 そうした「難しい・・」という事を全く聴衆に感じさせず、
 リラックスさせた状態でこの難曲を最初から最後まで聴かせてくれたこの天理高校の技術の高さには
 本当に脱帽以外ないですね・・・
 まさにため息ものの演奏です。
 演奏も大変手堅く、未消化な部分とか音の濁りは皆無で、とにかく知性的で理性的な演奏を聴かせてくれました。
 ま・・今現在の視点・・・
 そうですね・・・最近の精華女子とか1997年の愛工大名電の「熱すぎる演奏」を聴いてしまった後に
 この年の天理の演奏を聴くと・・・
 「少し真面目すぎる・・」
 「いかにも優等生みたいな模範解答過ぎる演奏」とか
 「もう少し遊びがあってもいいんじゃない・・・??」
 「演奏がクールすぎる・・・」
 みたいな感想も出てくるのかもしれませんけど、
 例えば・・・中間部のあの「高まる感情」を理性的に包み込み、
 またラストの追い込みも本当はもう少しガンガン鳴らしたかったところを・・・理知的に抑制し、
 この曲を過度な「感情の爆発」とか「曲芸」みたいな印象で終らせず、
 むしろ「吹奏楽オリジナル作品としての芸術性」みたいな作品としての魅力をどちらかと言うと
 前面に出していたようにも思えます。

 冒頭のホルンは・・・やはり天理でも少し難しいのかな・・・

 少し・・・・外していましたね・・・ ま、全体の流れが素晴らしいので全然気になりませんけど・・・

 導入部分が無難に終了した後で、ピッコロとファゴットのデュエットのバックでアルトサックスがリズミカルな動きを
 見せる部分があるのですけど、
 この年の天理のアルトサックス奏者は極めて・・・異常なほど優秀で、
 このピッコロのバックで奏でるアルトサックスのあまりにも流麗でなめらかな響かせ方は・・・
 本当に一聴の価値があると思います。
 ブレーン社から「レジェンタ゜リー 天理高校編」というCDが出ていますけど、是非是非
 フェスティヴァル・ヴァリエーションのこのアルトサックスの部分を聴いて頂きたいと思います!!
本当にあの部分のアルトサックスを超える演奏は存在しないはずだと思います・・・
 あれ・・・生で聴いている時も、ホント、背中のゾクゾクが止まらない・・という感じでしたね・・・・

 この曲の中間部を奏でるパターンとして二つほどあると思います。
 この曲の中間部の盛り上がりは、二か所ほどあるのですけど
 一つ目のパターンは、1983年のヤマハ浜松がそうしたように、
 ホルン・ファゴット・チューバのソロが終わった後の中間部の高まりは、最初の一つだけで終わらせて
 比較的あっさりと終わらせるパターンであり、
 もう一つは、愛工大名電などのように、二か所とも演奏するか、または二つ目の盛り上がり部分だけを
 演奏するパターンであり、
 前者の場合はクールな印象を、後者の場合は熱い印象を与えがちです。
 天理は前者のヤマハパターンでしたけど、
 そうですね・・・ここは少しクールすぎたかな・・・
 高まる感情を少しコントロールし過ぎたというか、
 もう少し熱い自発的な感情の高まりがあってもよかったと思いますが、その中間部の鬱憤は
 ラストで完璧に晴らしてくれます。
 ラスト近くをどんどん追い込みを掛けていき自然に大きく盛りあがっていく中、最後のホルンパートの
 冒頭部分を再現する雄叫びは、今度はほぼ完璧に決め、
 そしてラストのトロンボーンのグリッサンドも大変理性的、且つ豪快に決めてくれ
 スッキリとこの曲を締めくくってくれました。

 とにかく・・・朝一番からすごいもの・・とてつもないものを聴かせてくれた・・・という感想しか
 ないですね・・・
 私の聴く方のしての普門館デビューの幕開けとしては、あまりにも強烈な印象を残してくれた
 素晴らしい演奏でした!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、ここから先はクロード=スミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」について
過去記事を少し編集加工して
記したいと思います。

C.T.スミスの「フェスティヴァル・ヴァリエーション」は、数ある吹奏楽オリジナル曲の中でも
一際輝く不滅の名曲だと思います。
もしも「あなたが大好きな吹奏楽オリジナル作品をあげなさい」と質問されたら
間違いなく十本の指には入ると思います。

一応専門的に書いてみると・・・

アメリカ空軍ワシントンバンドと当時の隊長アーナルド・D・ゲイブリエル大佐の委嘱で作曲され、
1982年2月10日、ゲイブリエル大佐指揮のワシントンバンドで初演され、大反響を起こし、
翌年に日本でもヤマハ浜松が自由曲として演奏し、一気に日本でもブレイクしました。
とにかくこの曲の難易度は高く、あまりにも有名な冒頭のホルンの超難関の高音とか
コーダにおけるホルンのウルトラ高音域は、アマチュアでは演奏困難とも思えます。
これは当時のワシントンバンドの首席ホルン奏者が大学時代のスミスのライバルであったことから、
わざと難しく書いたという有名なエピソードが残されています。

この曲を一言で書くと・・・

「労多くして実りが少ない曲」と言えるかもしれません・・・
勿論上手なチームがノーミスで吹きこなせば、元々の曲自体があまりにも素晴らしいので
「すさまじい名曲」に聴こえ大変な感動を生むのですけど
並以下のチームが無謀にもこの曲に挑んでしまうと
大抵外しまくり「玉砕」するケースを
コンクール・コンサートで何度耳にしたか分かりません・・・
それほど大変な「難曲」ですし、ホルンセクションは気の毒なくらい難易度の高い技が要求されます・・・

この曲は吹奏楽コンクールでは、
1983年に宮城県民会館で開催された第31回全国大会でヤマハ浜松が初演し
その素晴らしい名演と共に翌年以降
色々なチームがこの曲に挑んだものです・・・
ちなみにこの年、大学の部で神奈川大学もこの曲を自由曲として選んでいるのですけど
この演奏はほとんど誰も語っていませんね・・・
(私も聴いた事はありません・・・)
ま、この年の神大は小澤先生の指揮ではないし、銀賞だから、あまり注目されなかったのかも
しれませんよね。
当時私は仙台の高校三年生でして、
本音を言うと、
「せっかく地元開催なんだから、何が何でもこの年の全国大会の大学・職場・一般の部は
絶対に聴きに行きたかった・・」のですけど
あいにく当時は受験生・・・
ましてや自分は、9月まで県大会に出場し、受験勉強なんて本当に全くしていませんでしたし
非常に立場がやばい上に、
その日は日曜だったのですけど、あいにくうちの高校の「統一模擬試験」の日と重なり、
その模擬試験の結果を重視して、志望校を決定するという事になっていたため
さすがにこれはさぼれませんでした・・・
だけど、チューバ奏者の三年生の部員は、「腹痛」とかテキトーな理由を付けてその模擬試験をさぼり
何と全国大会を聴きに行った強者でした・・・
(後日バレて、何か顧問に怒られていたみたいですけど・・・)
そいつが、翌日得意げに
「いやーーー、近畿大学の「大阪俗謡による幻想曲」とヤマハの「フェスティヴァルヴァリエーション」は
素晴らしかった!! あれを聴けて自分は幸せ・・・もう来年の受験落ちても全然後悔しない・・
あれ、君達はこの素晴らしい演奏聴いていないの・・・残念だねーー」とかなんとか
自慢げに嫌味たっぷりに吹聴するものですから
当時は内心では「こんちくしょー」と思ったものです・・・(笑)
ま、後日談ですけど、そのチューバ奏者は見事に第一志望をすべり翌年浪人していましたので
全部員心の中で「ざまーみろ・・・」状態でしたけどね・・・

だけどこの近畿大学とヤマハ浜松の怒涛の名演を当時の2年生部員も聴いていて
「これはすごい・・・何とか自分らも演奏してみようじゃないか・・・」と何を血迷ったか
この2曲を翌年の定期演奏会で取り上げ、
見事に本番では外しまくり「玉砕」していました・・・
「フェスティヴァルヴァリエーション」のホルンセクションは、
本番はまったくいいところがなく、ほぼ全て外しまくり、
この時は既に卒業しOBとなっていた自分達に「あーあ・・・やってもうた・・だからあの時やめときと
言っていたのに・・・」というボヤキを与えてくれました・・・

とにかくこの曲はそれほどホルンセクションは難しいのです。
あ、勿論、トランペットとか他のパートも相当というかウルトラ級の難易度ですよ・・・
この曲のパート譜を後輩から見せてもらった時
直感しました・・・
「あ、自分にはとてもじゃないけど吹けない・・・・」と・・・

この曲は過去の全国大会では計8回自由曲として演奏されていますけど
そのうち6回が金賞というのは凄いですね・・・
ちなみに、今年2015年の全国大会では、中学の部において初めてこの難曲が搭乗します。
ま、この曲余程腕に自信がないと指揮者にとってもとても選曲出来ないし、
本番の特にホルン奏者のプレッシャーは大変なものがあると思います。
だって曲の冒頭からあんなハイトーンで開始されますからね・・・
最近も精華女子とか東海大学高輪台が素晴らしい演奏を聴かせてくれ、
「こんな30年以上前の吹奏楽作品も、こうやって現在にまで受け継がれて素晴らしい演奏を聴かせてくれた事」に
何かとても深い感銘を受けたものです。
特に昨年の精華女子の演奏は、まさに「神がかり」としかいいようがない奇跡の名演でしたね。

この「フェスティヴァル・ヴァリエーション」の過去の演奏では、
一度面白い事がありましたね・・・
当時自分も普門館の客席にいて「おいおい・・」と思ったのですけど
1997年の愛工大名電の演奏時に、
このチームは、中間部をほぼノーカットで演奏し、バスクラのソロをはさんで
後半展開部に一気に飛ぶという豪快なカットを聴かせてくれましたが
この中間部がふまりにも感動的に高らかに鳴り響き、
聴衆の中でかなりの人が
「あ、これで演奏終了したか・・」と勘違いし、何を思ったか、その中間部の高まりが鳴り収まった瞬間に
フライングの拍手をしてしまったのです・・・
しかもかなりの人が・・・
(CDにはその様子がしっかりと収録されています・・・)
「あれ、この素晴らしい曲を知らない人も結構多いんだ・・・」と当時思ったものですけど
おかげで、バスクラの弱奏のソロがまったくかき消されてしまい、
すごーく「ドン引き」した記憶があります・・・
名電のプレイヤーも驚いたかどうかは分かりませんが、後半の展開部のトランペットが
ヘロヘロ状態になったのは少し惜しまれます・・・
だけど冒頭とラストのコーダのホルンはほぼ完璧に決まり
トロンボーンのラストの強烈なグリッサンドも見事に決まり
演奏終了後は凄まじいブラボーコールを受けていました。

でも何か少し勿体なかったですね・・・・


 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

普門館

中学生当時、毎年夏休みに普門館でしたが
「乗り換え乗り換えで不便な場所」
「とにかく中学生いっぱい」位の感想でした(笑)

支部予選とはいえ、3年間普門館で演奏出来たのは
一応名誉な事なのかな?

吹奏楽コンクールって今はそんなに人気なんですね。
地域差なのか、あまり西多摩は吹奏楽は・・・です。
(小さい吹奏楽バンドは結構ありますが、
 大会等の実績が無いので)
と言うより音楽自体の盛り上がりが少ないかも。
(楽器を買うのがやはりネック)
昔は上位に来た「ピアノ」も今では
「ダンスやリトミック」に変わってる気がします。

Re: 普門館

りえ太  様


いやいや・・・とにかく「普門館」で演奏出来た事は、大変名誉な事ですし、
是非是非生涯の「誇り」として感じて頂ければ幸いです!!
だって・・
私なんか・・・
高校から大学の頃って
「とにかく普門館で一度は吹いてみたい!!」という気持ちしかありませんでしたから・・
まさに高校野球で言う所の「甲子園」と同じくらい
「あこがれ」という気持ちは大変強かったです!!

吹奏楽コンクールの「全国大会」のチケットは、今やプレミアチケットですので
びあでの発売開始と同時にほぼ完売状態です。
入手は大変難しいですね・・・
都内の多摩方面というと・・
昔は都立永山
現在は都立片倉高校が
素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたね。

ま・・確かに現在は少子化が進行していますので、吹奏楽コンクールも大編成よりは
東日本大会へと進める可能性がある「小編成」チームの方が
圧倒的に数が多いというのも分かる気がしますね。

二人のお嬢様のうち、どちらかお一人でも「吹奏楽」に携わる事が出来るとするならば、
親御さんのお気持ちとしては
嬉しいものはあるのかもしれませんよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2406-caa7ade6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |