FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


浄化

2/24はやっと日曜日です。(私は仕事ですが・・・)
「ドキドキプリキュア」は、2/24でまだ四回目なのですが、既にもう楽しみで仕方がないという
展開です。
でも昨年の今頃も同じでしたね・・・
「スマイル」が待ち遠しくてたまらず、仕事から戻るや否や、録画をすぐに再生という
感じでした。
昨年の第四回目というと、「キュアマーチ」登場の回でしたが、
初登場時のなおちゃん&キュアマーチは、ホント格好いいアニキという感じでしたからね。

いよいよ黄色のプリキュアが登場します。

歴代プリキュアを見てみると、サンシャインとミューズは別にすると
黄色系はどちらかというと、戦闘⇒弱い ボケ要因 あざといというイメージが既に
出来つつありますが
(スマイルのピースは、まさしくその典型例ですよね・・・)
ロゼッタに関しては、どうなのでしょう・・・??
財閥系お嬢様という設定ではありますが、一方で文武両道という設定でもありますので
歴代のような「単なるボケ要因で戦闘力が低い」プリキュアという感じには
ならないような予感があります。

だけど、それよりもありすも何か「マナちゃん好き好き」オーラを発揮していますが、
正妻の「六花さん」といかに調和していくのでしょうか?
それも今後の楽しみです。
今回のプリキュアは、全員「聡明な」プリキュアですので、その点では安心して
見れそうですよね。




前回「まこピー」のコンサートがどうたらこうたら言っていましたので、
展開としては、剣崎真琴のコンサート時に、「ソード」と「ハート・ダイヤモンド・ロゼッタ」の
初接触があるのかもしれません。
頭が固いというか、クールで何でも自分で解決しようとするソードがいかに
チームとして融合していくのか、その辺りが前半のメインテーマになりそうですよね。

ところで、敵の怪物を倒す際「浄化」というワードが今回も用いられましたが、
「浄化」というのは、ハートキャッチ辺りから登場してきたワードですよね。
フレッシュ以前では敵の怪物を倒すという事に主眼が置かれ、
その怪物までもを「救済」するという発想はなかったと思いますが、
ハートキャッチで、「怪物イコールその人の持っているココロの弱さ・コンプレックス」という設定が
登場してから、比較的、敵を倒すという単純な構図ではなくて、
怪物までもを「浄化」させるという方向性に変容したのではないかと
思う事もあります。
今度の「ドキドキ」の怪物も、人の心の暗部を象徴したものですので、「浄化」というワードは
非常に分り易いと思います。
だけど、ハートキャッチにおいては、ココロの弱さ・コンプレックスが「魔物」になった際
大抵の場合、その魔物はそのコンプレックス等をはっきりと言葉にして、戦っていましたので
何かあれは、放置プレイみたいな気もします。
というか、大声で自分の弱点を叫び、自分の抱えている悩みを世間に大声で叫ぶことで
かえって「自分のココロをオープンにしている」という印象さえあります。

そして、「自分のココロをオープン」にする事が、既に「浄化」ということなのかもしれませんよね。

マリンは、何と二回も浄化されています。
一回目は、ブロッサムの初変身時 二回目は、確か恋人同士のプロポーズ回の水のデザトリアン
登場時に、なぜかその水のデザトリアンの体内に取り込まれたマリンが、ブロッサムによって
デザトリアンごと浄化されてしまいます・・・
そうですね、二回も浄化されたから、結果的にえりか様も
初期段階の「相手の気持ちも考えないでズケズケ喋る」子から
ある程度周囲との調和が出来る子になっていったのも
もしかして「浄化」が一つの要因なのかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/240-1960b4b5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |