プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本記事でもってこのブログの「クラシック音楽」がやっとこ・・・300記事に到達しました・・・
え・・・・、何なのこの亀のような遅い足取り・・・
まるで・・・かつてPKO法案審議の国会の場で旧・社会党が演じた「牛歩戦術」みたいな
あゆみでしたね・・・(苦笑・・)
確か・・・このブログは元々は・・・吹奏楽とクラシック音楽の過去の素晴らしい名演とか
埋もれた名演・名曲を後世に語り継いでいく・・・というのが本来の趣旨で開始したような気がするのですけど、
ま・・・いつの間にか・・・「アニメ感想」ブログになっちゃいましたね・・・(苦笑・・)
ま・・・それはそれで全然構わないのです!!
なぜなら・・・
私にとって、プリキュアも少しお堅いクラシック音楽も私にとっては「素敵な楽しみ方の一つ」なのですし、
この両者に本質的な違いは無いと思っています。
ま・・・・時折・・・・
「なーーんで、ウェーベルンの管弦楽のための六つの小品みたいな超難解マニアック記事を書いた次の瞬間に
ハピネスチャージプリキュアの事を書いちゃうわけ・・・??
このブログの管理人は頭が狂っているのか、それとも多重人格者なのか・・」みたいな
お小言コメントは頂く事はありまして・・・
ま・・・それに関しては・・・
くどいようてすけど、
現代音楽もハピネスチャージプリキュアも私にとっては、楽しみ方の一つ・・・・その人なりの多様な楽しみ方というか
価値観を分かって・・・
としか言いようが無いですね・・・

ま・・・とにかくそんな訳で「クラシック音楽カテゴリ」もやっとこさっとこ300記事に到達・・・!!

このカテゴリ記事に関しては・・・そうですね・・・管理人にとっては一番書きにくいカテゴリというのか
書く際にはついつい肩に力が入ってしまうカテゴリなんですけど、
実は・・・・潜在的に一番多くのネタを抱えていて、
最も「書くネタには全く困らないカテゴリ」とも言えますので、
ま・・・このブログを管理するにあたって、正直・・・何も書くことが無くてネタに困っている際は
今後もこの「クラシック音楽ネタ」を書きたいと思っていますので
何卒お付き合いの程・・・宜しくお願い申し上げます!!

さてさて・・・その節目の300記事で何を書こうかな・・と思ったら、
ショスタコーヴイッチの交響曲第5番以外思いつきませんでした・・・・
ま・・確かに自分の「原点」は、このブログでも何度も書いている通り、
ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲とプロコフィエフの交響曲第5番なのですけど、
私のこれまでの生涯で、生演奏・CDを含めて一番数多く聴いた交響曲と言うと
ショスタコーヴィッチの交響曲第5番である事は、多分間違いないと思いますので、
過去記事でこの交響曲についてごく簡単に書いたことはあったのですけど、今回改めて記してみたいと
思います。


ショスタコーヴィッチは、その生涯で二度ほど政治的に「やばい状況」を迎えます・・・
当時のソ連体制においては、国家権力によって睨まれたり、監視の対象になってしまうという
「やばい状況」とはこれすなわち、自身の「死」とか「シベリア流刑」とか「強制収容所送り」という事を
意味しましたので、
ま、かなり相当やばい状況だったのでしょうね・・・

本来、音楽とは作曲家の自由意思というか
「自分はこのように感じたからこうした曲を作る!!」みたいな事が尊重されるのは当然の事なのですけど、
当時の共産党一党独裁のソ連にはそうした自由は無く、
「人民が喜びそうな外面的効果の高い音楽」を量産する事を求められ
「自身の内面」を描くといった抽象的な音楽は、国家権力によって敬遠され
ひたすら外面的に明るい音楽を作曲する事が求められていました。
だからこそ、「自由な音楽」を求めてソ連体制を嫌って祖国からの「亡命」を求めたのが
ストラヴィンスキーとかプロコフィエフだったのでししょうね。
だけどショスタコは律儀にも「祖国愛」が強いのか、面倒な事を嫌ったのか、家族の反対にあったかは
よく分かりませんけど、生涯一度も亡命する事もなく
ずーーっとソ連体制の中で生き続け、
その生涯をソ連の中で閉じた方なのです。
本当は、マーラーみたいな音楽を書きたかった欲求もあったのかもしれませんけど、
時に自分の内面に忠実な作品を書き、それが国家からの批判を招き、その反動として
外面効果が高い分かり易い曲を残すという「御用作曲家」みたいな面を持つという
本当に苦労が絶えない人だったと思います。
というか・・・ショスタコーヴイッチの交響曲第4番とか交響曲第15番を聴いてしまうと、
「あれれ・・・・もしかして・・・マーラーの音楽史的な後継者はシェーンベルクじゃなくて実はショスタコじゃないのか・・??」
みたくも感じてしまいますね・・・

前述の「やばい状況」の内の一回目は
交響曲第4番やバレエ「明るい小川」を作曲していた頃・・・・
これらの音楽が「抽象的で訳がわからん・・・」という事で睨まれ
その代償として作曲されたのが、ショスタコの代表作、交響曲第5番というのも
何だか不思議な感じがします。
やばい二回目は、第二次世界大戦終了後に、
戦争勝利記念作として発表された交響曲第9番・・・
スターリンにとっては、
「この交響曲は特別な存在であるべき・・・なぜなら我々は戦勝国だからである。
だからこの祝祭的な交響曲は、合唱などを入れ大規模に国家の勝利を讃える必要がある」などと
思ったかどうかはよく分かりませんが、
そうした気持ちは幾分は持っていたのかもしれません。
だからこそこの第9交響曲が「洒落っ気に溢れたかるーい曲」であったことに
スターリンは激怒し、
「俺の顔を潰しやがって・・・」みたいな気持はどこかにあったかもしれません。
そして二回目のやばい状況が訪れるのです。
ショスタコは、この危機に対しては、オラトリオ「森の歌」で大衆迎合用の分かり易い曲を提出し
難を逃れています・・・
ちなみの「森の歌」の初版の歌詞のラストは「スターリン万歳!!」だそうです・・・
(スターリンの死後削除されています・・・)

さてさて・・・・そうした色々複雑な背景&事情があった交響曲第5番ですけど
とにかく・・・・作曲者本人にとっては自分自身の生命が掛ったある意味起死回生みたいな曲だったと
思います。
音楽評論家の解説、指揮者の解釈によって様々な見解が分かれる曲ですし、事実様々なアプローチが可能な
曲だと思います。
同時に、「ショスタコーヴイッチの証言」という本(実は・・・創作物という見解も根強いようですが・・)の一節に
ある通り「終楽章は歓喜ではなくて、強制された歓喜の悲劇」という解釈も一理あるのかもしれません。

でも実際はどうなんでしょうね・・・・?

この曲は生演奏で聴く機会が比較的多かったもので、何回か聴いた事はありますが、悲劇的な感じとか強制された
という感じはありませんでした。

むしろ、何か「当時の権力者・社会・自分を快く思わない人達」とショスタコ自身が戦った結果としての
「讃歌」のようなものを感じてしまいます。
終楽章は、「当時の権力者に迎合して彼らが気に入るような曲を書くのも一つの自由、それに反抗して
結果的に自分の命を縮めてしまうのも自由、それを選択するのは権力者自身ではなくて、自分自身なのだ!」
というようにも聴こえてしまいます。
もっとも、作曲者自身が「あの終楽章は強制された歓喜」というメッセージをこめたいのならば、
100人中45人程度は「確かにあの曲にはそうした意図があったんだ」という事を分からせるような曲の構成を
取らないと伝わりませんけどね。
何て言うのかな・・・・
ショスタコーヴイッチ自身がもしも仮に本当に「あの終楽章は歓喜では断じてない!!
あれは強制された歓喜の悲劇なのだ!!」という事を確実に伝えたいのならば、
そうしたメッセージを明瞭に曲に折り込むべきで、
そうした意図が伝えきれなかった時点で、それは実は作曲者の負けなんだ・・みたいな解釈も可能なのではないかと
思っています・・・・
ま・・・それが自由に出来る政治状況ではなかっのが当時のソ連=スターリン体制なのだという事は
勿論百も承知しているのですけどね・・・

ショスタコーヴィッチの交響曲は、19歳の時に作曲され、その自由な発想が今現在でも高く評価されている
交響曲第1番から開始されるのですけど、
2~3番においては、素材は「御用作曲家」みたいなものを使用しながらも音楽としての表現方法はかり自由・・・
そして第4番においては自虐的でかなり内面的で分かりにくいものを残しています・・
ここで改めて考えてみたい事があるのですけど、
確かに交響曲第4番を聴いたすぐ後にこの5番を聴いてしまうと・・・
「え・・・なにこの両者の極端すぎる違いは・・・この曲を作曲した人、本当に同一人物なの・・・??」みたく思ってしまうのかも
しれませんけど、
もしも・・・・
交響曲第4番を作曲した頃のショスタコーヴイッチ自身が、
前述の政治的危機が仮に無かったとしても、
あまりにも2~4番のシンフォニーのウケの悪さとか「なんか・・・ちと違う・・」みたいな違和感を既にショスタコ自身が
感じていて、
「自分が作りたい音楽はこうした前衛的方向性ではない・・・」と既に悟っていて
意外と・・・前述のような自身の命にかかわるようなヤバイ状況が無かったとしても、案外交響曲第5番は
作られていたような気さえします・・・
ま、それは・・・古典的で明快で分かりやすい交響曲第1番を発表しながらも
亡命時代の2~4番で複雑怪奇で訳の分からん交響曲を残していながらも
ソ連復帰後の交響曲第5番であんなにも霊感と才気煥発に溢れた素晴らしい名曲を残したプロコフィエフとも
なんか重なる面はありそうですね・・・
プロコフィエフ自身も、案外・・・・交響曲第4番を作曲していた頃は、そのあまりのウケの悪さに対して
ショスタコ同様
「いやいや・・・自分が目指したい方向性はこんなのじゃない・・・」と悟っていた可能性もあるかもしれませんよね。

それにしてもショスタコーヴィッチの交響曲第5番は、20世紀が生んだ名曲の一つだと思います。
ある意味、こんな分かりやすい曲は無い・・・
こんな曲を聴いていると、正直・・・前述のショスタコ自身の真意とは・・とか
本当は何を言いたかったのか・・
みたいな事はどうでもよくなります。
自分自身への「問い」みたいな第一楽章・・・この楽章は冒頭から前半はゆったりとしたテンポで開始されるのですけど
前半は・・・
「本当に自分のやっている事は本当に正しいのだろうか・・他に選択肢は無いのだろうか・・」みたいな
かなりの深刻さが暗示されています。
面白いのは、ピアノの重低音が唐突に入る事で曲想とテンポをガラッと変えている点ですね・・
第二楽章は、何か「過去の自分との対話」みたいなものがイメージされます。
第三楽章は一転して瞑想的な音楽が15分ほど展開されていきます。
そして圧巻の第四楽章・・・・ティンパニーが実に格好いいです!!
ラストのトランペットとホルンの超高音&強奏は、とにかくすさまじい迫力があります。

ま・・・・だけど・・・
今回の結論になってしまうのですけど、
何回聴いても・・・・どう捻くれて解釈してもあの第四楽章に「悲劇性」は感じられないのですけどね・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ソ連・共産主義

こんにちは。
スターリン時代は想像を超える恐怖デス。
世界史最大の独裁者はスターリンと言えます。
密告と粛清の繰り返し。
ちなみにロシア語で万歳をウラーと言いますが、ガルパンでプラウダ高校が叫んだときは、恐ろしさしかありませんでした。

スターリン

五航戦の愛鷹 様


ここでもコメント頂きありがとうございます。

そうですよね・・・20世紀最大(最悪)の独裁者はスターリンと毛沢東と言えるのかも
しれませんよね・・
スターリンは、「スターリン憲法」という当時の世界で最も民主的な憲法ほ制定しながら
最も粛清と横暴の限りを尽くした人と言えるのかもしれませんよね・・・
ま、確かにスターリンがいなければ独ソ戦争を勝ち抜く事が出来なかったのかも
しれませんが・・・


そうそう・・・

ガルパンの「ウラ―」ですが、教えて頂きありがとうございました。
9/5(土)の当方の記事で、五航戦の愛鷹 様の事も少しだけ触れさせて頂いております・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2395-ca5cc591
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |