プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


23.吉原第一中学校


 C/スペイン奇想曲


 私の勝手なイメージがあるのかもしれませんけど、
 「静岡県」ってものすごーーく住みやすい街というイメージがあったりします。
 気候が温暖で、住んでいる人達も温厚な人柄の方が多く、食べ物も美味しい、
 おまけに「浜松」はヤマハ浜松があるせいもありますが、何か個人的には「音楽の街」みたいな
 イメージがありますし、もしかして・・「スイートプリキュア」のモデルは浜松市なのでは・・・??みたいな妄想も
 あったりします・・・(苦笑・・)
 何かそのくらい「おっとり」というすごくいいイメージがあるのですよね。
 あくまで個人的な話なのですけど、知人とか職場で知っている人で静岡出身の人ってみんななんか
 おっとりとしていて人がよくて人間的に魅力がある人が多い・・みたいなイメージがあったりもします。
 何でそんな印象を持っているかと言うと、
 以前もこのブログで書いている通り、私、1990年~96年の間は山梨県の支店に在籍していたもので、
 その際の甲州人の「強引さ・よそ者排除意識・身内意識の強さ・甲州弁のガラの悪さ」等に
 いささかうんさ゜りしていた面もかなりあり
 (あ・・・勿論、甲州には甲州の良さは一杯ありますよ・・・)
 当時、仕事上、隣接県という事で静岡の方と色々と接点を持つ機会も多く、
 その「人柄の良さ・おっとり感」に正直驚いてしまい、
 「え・・・なんで隣同士の県なのに、こうまでも違うんだ・・・やっぱり今でも県民性の違いってあるもんだ・・・」と
 しみじみと感じたものです・・・

 あ・・・なんか前振りが長くなってしまいました・・・

 この吉原第一の演奏を聴くと、
 なんか個人的には・・・特に現在の視点で聴いてしまうと、
 「なんか思いっきりおっとりとした演奏であり、いかにも静岡らしい演奏だな・・・」と
 感じたものです。

 演奏者一人一人の個人の技術は相当高いと思います。
 特にそれが「スペイン奇想曲」のクラリネット・フルート・オーボエ・サックス等のソロで遺憾なく
 発揮されています。
 だけど音楽自体は、そうですね・・・とってもおっとりしていて、
 この年の他のチームによるスペイン奇想曲の演奏(雄新中学校・尼崎西高校)に比べると
 リズムの切れ・躍動感・ダイナミックスさはかなり弱いです・・・
 正直・・・同じ「スペイン奇想曲」でも演奏チームによってこんなに違うんだ・・・みたいな事をはからずしも
 立証しているような感じもあります。
 余談ですけど、吉原第一は、前年の1981年は「シェエラザート」で全国初出場を果たしたのですけど
 その際、吉原第一の一つ前のプログラムは伊丹東だったのですけど、その自由曲もシェエラザート・・・
 結果的に被ってしまいましたが、この両校のシェエラザートの演奏の違いは、すごーく面白いと思いますよ・・・
 大変攻撃的で積極果敢にダイナミックスに演奏する伊丹東に対して
 吉原第一は・・・・なんか・・その・・・ボケっ・・・・とした演奏で(笑・・・)、受け身の音楽なんだけど
 いかにも人のいいおじいちゃんが孫をあやして千夜一夜物語を聞かせているような感じもありました・・・

 課題曲C/アイヌの輪舞は、そうした「おっとりさ」が大変良い意味で表現されていて
 ついつい煽りたくもなる中間部の踊りの場面も大変落ち着いたテンポで表現されていますけど、
 やっぱり・・・少しもやっとしてるというのか・・どんくさくも感じる部分もあったりします。
 自由曲は、とにかく・・ソロが上手いな・・・!!という印象が大変強いです。
 全体的に木管の技術が極めて高く、それがサウンドの安定感に繋がっていると思うのですけど、
 反面・・・金管は少しもたつき気味・・・
 そしてマイナス点は・・・多分・・・演奏を聴いた人なら誰でも感じるかもしれませんし、BJでも指摘を
 されていましたけど、打楽器セクションがかなりモタモタしている印象があります。
 結果的に雄新中みたいな躍動感には欠く演奏になってしまいましたけど、
 優雅なスペイン奇想曲・・・可愛くてチャーミングなスペイン奇想曲・・・みたいなもう一つのスペイン奇想曲みたいな
 可能性を感じさせる演奏であり、
 決して悪くは無い演奏だったと思います。
 第5楽章のラストのコーダの一直線に駆け抜ける演奏は、大変素直で溌剌としたものを聴かせてくれて
 特に良かったと思います。
 全体的には、第3・第5楽章でこのチームの良い面が遺憾なく発揮され
 第4楽章で「もたつき感」という弱さが出てしまった感じはあると思います。
 ま・・・だけど・・・どうしても「え・・・なんで雄新はあれだけの演奏を聴かせても銅賞なんだ・・」みたいな結論に
 なってしまいますね・・・・(苦笑・・)

 さてさて・・・

 この当時は「スペイン奇想曲」というとウインターボトムアレンジ版が主流だったと思いますが
 (1981年の中村学園はハインズレー編曲版)
 以前も書いたと思いますが、この年の翌年に、私の高校時代最後の定期演奏会の曲目が
 このスペイン奇想曲だったわけで、
 指揮者不在の時にたまーーに私もこの曲を指揮したことがありまして、自分自身が振ってみてよーく分かったのですが、
 第三楽章なんて、ウインターボトムのアレンジ通りに演奏してしまうと、
 ファーストクラリネットのみがメロディーラインを担当し、残りの楽器は、タン・タタ・タン・タタみたいなリズムというか
 ビート刻みをしてしまうので、
 全然メロディーラインが浮き上がってこないで埋没してしまう・・・という問題点を抱えてしまう事になります。
 そのため・・・
 指揮者の判断で、ウインターボトムアレンジ譜面に少し手を入れる必要が出てくるのですよね・・・
 ま・・それは厳密に言うと著作権法違反になってしまうのでしょうけど、
 あれじゃ仕方ないのかな・・・
 結果的に、クラリネット全員がメロディーラインを担当する事になり
 アレンジ譜では、トリルをしていたフルート・オーボエにもメロディーラインに加わって貰い
 金管セクションのビートに関しては、各パートで調整し、その部分は半分の人のみ吹いて後の半分の人は
 お休み・・・みたいな手の入れ方をしていたと思います。

 吉原第一は、確か指揮者の先生による自らのアレンジだったかな・・・

 演奏全体が大変バランスが良いのも、多分・・・このあたりも関係しているような気がします。
 
 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

根っからの、、

う〜ん、県民性まで演奏に出てしまうのかぁ〜、と興味深く読ませていただきました。

わたし自身 静岡市に3年住んでいた経験からすると、同じ県内でも、静岡市民の方が数倍おっとりしてますね。浜松まつりは凧揚げ合戦やラッパで練り歩きとかありますけど静岡まつりは大名行列で”しゃなりしゃなり”って感じですしね。

静岡市って本当に冬でも暖かくて、冬でもコートがいらないくらい。
浜松のあの「遠州のからっ風」に吹かれ慣れていたわたしには、ポカポカの陽気に衝撃でした。

確かにあの温暖な土地では、競争心も育たないかも、、、。
争うのが苦手、なんとなく周りとうまくやっていく、買い物も決して値切らない、よくも悪くも平均的。普通が一番。

わたしも40数年間、生まれてから一度も静岡県から出たことがないし、先祖代々のSizuoka-DNAも濃く受け継いでしまってマス。


県民性

ゴーヤーサンド  様


そーですよーー!!

必ずしも絶対的にという訳ではありませんけど「県民性」というのは演奏に幾分は
反映されると思います。
古い話ですけど1970年代の吹奏楽コンクールでは
「沖縄サウンド」と呼ばれる木管を主体としたしっとりとした響き+溌剌とした明るさ
みたいな事も言われていましたし、
特に関西系のチームですと、例えば・・・兵庫高校とか西宮高校とか洛南高校みたいに
「これでもか!!」みたいなえげつない個性の塊りみたいな表現をするチームが色々とありましたからね・・・

静岡では、過去の演奏では富士宮第四中とか富士見高校なんかは、
静岡特有のあのおっとりとした温厚な響きを聴かせてくれていたと思います。
ま・・過去には・・東海第一(現・東海翔洋だったかな・・)みたいなえげつない個性の塊りみたいなするチームも
ありましたけど、
ま・・・あれは指揮者の個性ですからね・・・(苦笑・・)
ま、あの指揮者は・・あんな事件によって・・・
あ・・このお話は静岡の吹奏楽関係者の方にはタブーなのかな・・・

私、1990年から6年近く山梨にいましたけど、
とにかく彼らは「自己中」の塊りみたいでしたよ・・・(苦笑・・)
やっぱり山に囲まれた厳しい環境ですと、伝統的にああした県民性になってしまうのかもしれませんよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2393-b85932ea
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |