プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


テレビ埼玉で3月まで再放送されていた「スイートプリキュア」ですけど、
そうですね・・・
今年の3月頃辺りまではスイートの事も、ホーント、よーく記事にしていたのですけど
再放送が完結してからは、ま・・当たり前なのかもしれませんけど、あまりスイートの事は
最近はあんまり触れていません・・・

ま・・そんな訳で・・・たまにはスイートの事も書いてみたくなりましたし、
第17話の響とまりあさんの母娘交流会の「ママはいつでも子供の味方ニャ」の回の話は
このブログでも以前に何度か記事にしていたのですが、
その名作の誉れ高い第17話の一つ前の回の「交換スティ」のお話は・・・実はこのブログでは
一度も書いたことがないものでして、
実は・・・この第16話というのは、ある意味第17話との連作回でもありますし、第17話と同じくらい、いい話でも
ありますので、
改めてこの第16話についても簡単ではありますが振り返ってみたいと思います。






それにしても・・・「スイートプリキュア」の場合、
キュアビートが登場する前・・・まだセイレーンがマイナーランドの悪の黒猫時代の頃は、
歴代プリキュアにおいては、少し珍しいほど一つ「やっかいな事」がありました。
それは勿論・・・「響と奏の喧嘩」という事なのですけど、
ま・・・あの二人の喧嘩は・・・「バカップルの痴話げんか」みたいな様相ですし、
「喧嘩するほと仲がいい」の典型例ですし、物語が中盤まで進展してくると、この二人の距離も初期の頃とは
考えられないほどググッと縮まっていてまさしく「親友」と呼ぶにふさわしい間柄になっているので、
それは・・・この頃には既にそれ程気にならない問題になっていたのですけど、
それではなにが「厄介な事」かと言うと・・・それは・・・
セイレーンの類稀なる「変身能力」という代物でした・・・
でも・・・改めてスイートの初期~中盤を見てみると・・・
結構何度もセイレーンが変身能力を悪用し、響達に関連する人に化けては
響らに色々と悪意ある事を言ったり態度に出したりして
響達を動揺させたり悩ませたり、はたまた・・・この第16話のように「喧嘩のネタ」を作ったりしていて
ホント・・・厄介なものはありました・・・
歴代プリキュアで「化ける力」がある人は結構いたような気もしますが、それをセイレーンほど多用&悪用している人は
珍しい・・・
ドキドキでも、かつてベールがジョー岡田に化けていましたけど、聡明なドキドキのメンバー達には
とっくに見抜かれていたのがお茶目でした・・・
(れいかを除くスマイルのメンバーとかハピネスのめぐみとひめならば、簡単にだませていたような気も・・・??)
初代プリキュア【無印版】においては、ポイズニー姉さんが、ほのかに化けていました・・・
しかも・・・
あのシーン・・・・多くの乗車客がごったがえす電車の中ですよ・・・・
車内には・・なぎさとニセモノと本物のほのかがいましたけど、それに対して何にも驚かない乗客の方に
ある意味びっくりなのかも・・・・??
この時は・・・なぎさはどうやって本物とニセモノを見分けたのか・・・??
あのシーンは・・・かなり興味深かったです。
なぎさは・・・色々とニセモノと本物に質問を浴びせます。
担任の先生の名前とかある程度公式的なものは二人ともよどみなく答えます・・・
面白いのは、この際・・・本物ほのかがなぎさに「私の目をしっかりと見て・・」と言っている辺りかな・・・
だけど・・徐々に本物ほのかとなぎさの二人にしか絶対に分からない「秘密」が出てきます・・・
この辺も面白かったな・・・
「なきさが好きな食べ物は・・?」→本物ほのか:チョコレート ニセモノほのか:たこ焼き・・・
ま・・・両方正解なのだけど、
どちらがより濃い正解か・・・??
そりゃ・・・・歴代プリキュアファンの方ならば分かりますよね・・・・(苦笑・・)
そして決定的なのは・・・・
「なぎさに対する評価」
ニセモノほのか→スポーツが得意・頼まれると嫌とは言えない
本物ほのか→勉強が嫌い おっちょこちょい・・・・そしてなにりも・・・なぎさの靴下はちょっと臭い・・

うーーむ、これで勝負あった!!という感じでしたね・・・!!

あれれ・・なんで、私・・・こんな所で初代の話を熱く語っているのでしょう・・・(苦笑・・・)

今は・・・スイートの話だっちゅーに・・!!

そんな訳でスイートに話を戻します・・・

とにかく・・・そうしたセイレーンの厄介な変身能力のおかけで、またまた響と奏は朝から大喧嘩状態・・・
本当に・・・この二人は・・・
特に初期から中盤の頃は、喧嘩ばかりの「バカップル」でしたね・・・(笑)

そうした二人を見かねてハミィが提案しちゃいます・・・

「今度の休みの時に二人で交換スティをしニャさい・・・」と・・・・
要は・・・響は奏のラッキースプーンの店へ一日お泊り
そして・・奏は響の家でお泊り・・・
つまり・・・・お互いの家で泊り、お互いに今まで気が付かなかった部分を知り、お互いをもっと分かるようにして
お互いに理解を深めなさい・・・という事なんでしようけど
これは・・・・アホなお人よしネコのハミィにしては・・・上出来な提案・・・・
ま・・・確かに誤解とすれ違いを繰り返す二人の「距離」を縮めるためには、
まずは・・・
お互いを知る事は確かに大切な事ですからね・・・・
それにしても・・・改めてですけど、ハミィは妖精なんですけど、見た目は・・・ネコそのまんまですね・・・
だけどな・・・
現役の姫プリのパフだって・・・・見た目はわんこそのまんまですからね・・・

そうそう・・こういう「交換スティ」とかプリキュア5【無印版】で見られた各部の足りない予算を巡る部内同士の
「物々交換」とかそうした「交換」という発想は・・・女性特有の発想らしいですね・・・
これが男性だと・・・
「奪取」とか「略奪」という発想になるそうです・・
これは以前読んだとある本に書かれていました・・・このあたりは男女の違いというものもありそうですね・・・

それにしても・・・意外とハミィは・・・お人よしの振りして計算高い別の側面も発見できて楽しかったです。
渋る奏に対しては・・・
「言う事聞かないと(奏が大のお気に入りの)肉球を触らせない」と半分脅したり、
更に渋る響に対しては・・
「奏の家はケーキ屋だから、お泊りすれば多分・・ケーキをたらふくゴチになるはず・・」とたぶらかす辺りは・・
うーーん、このお人よしポンコツネコは、ただの「お人よし」ではなかったですね・・(苦笑・・)
意外と・・・「策略家」だっりして・・・??

でもな・・・・改めてですけど
セイレーンって初期の頃は黒いしやっかいですよね・・・
やはりあの「変身能力」は相当やっかい・・・・
この回も、冒頭で奏に化けてわざと響との喧嘩を誘発させて、
物語の中盤では、今度はご丁寧な事に・・・響の母親にまで化けて・・・響を色々とたぶらかしている・・・
そうですね・・・
これ、本当に嘘偽りなく「本音」を書いてしまうと、
私は、スイートをリアルタイムで見ていた頃は、セイレーン=黒川エレンが「キュアビート」に覚醒しても
正直・・・・全然好きになれなかった・・・
理由は・・・とにかく・・・プリキュア覚醒前の言動が、特に・・・あの変身能力をあそこまで悪用し、
響と奏を切り裂くあのいやらしさが・・・何か嫌でしたし、正直・・・好感は持てなかったです・・・
この点・・・セイレーン=キュアビートと似たような経緯があるイース=キュアパッションは・・・・
プリキュアに覚醒して以降は・・・
とてつもなく応援してあげたい気持ちで一杯でしたね・・・
「そんなにせつなは悩まなくてもいい・・・」
「もうこんだけ悩んだんだから、もういいじゃない・・」そんな気持ちで一杯でしたね・・・
ま・・・その辺りは現役の姫プリのトワも全く同じでしたね・・・
せつなとトワに関しては・・・
「もう十分苦しんだんだ・・・もういいじゃない・・・これ以上・・贖罪なんて・・・誰もあなたには望んではいない・・・」と
温かい目で見てあげたい気持ちで一杯でしたけど、
やはり・・・セイレーン=キュアビートに関しては・・・
あまりにも悪行というのか・・・あまりにも人の心をもてあそび過ぎたその極悪振りが
なんか許せなかった・・という気持ちがあったのは本当です・・・
これは嘘偽りの無い当時の私自身の感情でした・・・

だけど・・・ま、これは既に何度も書いているのですけど
ハミィの「こらニャ!!」のセリフと
エレンの海岸での「ごめんなさーーーい!!」のあの大泣きがとてつもなく私の心を打ってしまい・・・
結果的に・・・
全ては水に流れてしまいました・・・

ま・・何よりも・・その後のエレンのとてつもないポンコツ振りがとっても可愛かったのが
「ま・・・・しょーがないね・・(笑・・)」みたいな感情へとすっかり変わっていってしまいましたけどね・・・・


63ccb50f_convert_20150823000931.jpg


02540f32_convert_20150823000955.jpg


今回の話の「交換ステイ」つまり・・お互いの家でのお泊り回は・・

これは本当にあのおとぼけネコのアイディアとは全く思えないほど、素晴らしいものでしたね!!
本当にこれは大正解だったと思います。
響も奏も、お互いの家に泊り、相方の「家での過ごし方」とか「家庭環境」にじかに触れて
ま・・ハミィのいう通り・・「相手の良いところ」がくっきりと浮かび上がってきたような感じがありましたね。
奏は、あの明るく元気な響が家では実は「一人で」いる事が多く、
外国に単身赴任中(?)の母親と仕事がとにかく忙しい父親との交流が少なく
実は響は寂しがり屋なんだという事に気が付き、それでもそうした素振りを全く見せずに気丈に振る舞う
響のそうした「強さ・気丈さ」を改めて認識し、
一方響は、奏は、家にいる時は、弟の面倒を見たりお店を手伝ったり、お店の後片付けをしたり等
何かと忙しい日々を過ごしながらも、
そうした「忙しさ」を愚痴る事も無く、逆に常に周囲の人たちを色々と気遣っている奏の「優しさ」を
改めて再認識していくというものでした。

いやいや、ホント、くどうようですけど、これ、ハミィが考えたにしては上出来すぎるほどの
素晴らしいアィディアですよね!!
どうしても学校の中だけですと、お互いの「欠点」とか「嫌な所」ばかりを意識してしまいがちになるのかも
しれませんけど、
お互いの家で「いつもとは違う時間」を過ごす事で、逆に相手の「いい所」を意識するようになり、
普段の日常では
「こいつ、本当にガミガミ言うばかりで嫌な子だな・・」と感じても
それは、相手の事を気に掛けた上でのお小言なんだな・・と逆に普段の「嫌に感じる事」が「美点」に
感じる事もあるのかもしれません。

それにしても奏の肉球好きはかなりなものですね・・・(笑)
あのまんま響の家に泊まり続けていたら、ハミィはずっと触られまくりだったでしょうね・・・
そっか・・響にとっては、ああした家族3人以上でご飯を食べる事自体、類稀なる経験なんでしょうね・・
響にとっては、やはり「羨ましい・・」という気持ちはあるのかもしれませんよね。
だけどそうした気持ちとか自分自身の「寂しい」という気持ちは一切吐露することなく
「相手に余計な心配をかけない」という気丈な振る舞いこそが響らしい事なんでしょうけど、
やはり・・それは普通の女の子にとってはかなり無理をする事にもなってしまうのかな・・・
ま・・・その辺りはこの次の回の「ママはいつでも子供の味方ニャ」の名作誉れ高い回への伏線という感じ
なのかもしれませんよね。
それにしても響と奏太は、自分の皿からではなくて相手の皿からおかずを奪い合うなんて・・・
ホント、この二人・・・実の姉弟みたいな雰囲気すらありましたね・・・(笑)

ハミィのセリフではありませんけど、
人と人との誤解・すれ違いの原因って、実は・・・お互いの事を実はよく分かっていないから・・・というのが
ほとんどじゃないのかな・・・?
だからこそ・・・
例えば・・・一緒に登山に行くとか一緒に料理等の共同作業を行うとか
こうしたお互いの家での「交換お泊り」というのは、
確かに、今まで見えてこなかった「相手の素顔」を知るためにはうってつけの事なのかもしれませんよね。

ま・・・ヘンな話ですけど・・・
奏は・・・一人っきりで自分が通う中学の音楽教師と一つ屋根の下でい一夜を過ごした・・・・という事になるのかな・・(苦笑・・)

それと・・・余談ですけど
奏の母親の美空さんは、歴代でもかなりの美人ママさんですよね!!
響の母親のまりあさんと一緒に「ふたりはママキュア!」しても何か全然違和感が無い様な気もします・・・
そうそう・・美空さんもポニーテールでしたね!!
奏も一応・・ポニーテールですので親子で同じ髪型ですね。
ま・・個人的には美空ママの髪型のほうがツボに入っていますけど・・・



c2b0e876_convert_20150823001100.jpg


そんな訳で・・・無事に二人も仲直り・・・

ま・・・「喧嘩するほど仲がいい」とか「バカップル」なんて言葉は、歴代プリキュアにおいては
この二人ほどお似合いの言葉は無いですね。
セイレーンの策略は大失敗、ハミィの戦略が・・・意外にも大当たりという感じでした・・

ハミィから「交換スティどうだったニャ?」と聞かれて二人同時に「楽しかった!!」と声が揃ってはもっている所は
まさに・・・「バカップル」以外の何者でも無いですね・・・

そうそう・・・奏は、響の家のテレビ電話にて響の母親のまりあさんと色々と話し込んでいましたけど、
まりあさんの・・・
「あの子は明るく元気だから心配ないけど、私がいつも家を空けてばかりで寂しい想いをさせているわよね・・・」と
しんみりしている場面があったのですけど、
大抵普通の人の普通の感覚ですと他人の母親に余計な心配を掛けまいとするヘンな気遣いから
「いやいやそんな事ない・・・しっかりやっていますよ・・」と言いそうなところを
奏ではあえて・・
「そうですね」と肯定をした上で
「普段はそういう所を見せませんけどね・・」と響の立場をきちんと認めて肯定している所は
奏の素晴らしいところだと思ってしまいますね。



c9e6f975-s_convert_20150823001206.jpg


60202a04_convert_20150823001023.png


さてさて・・・
物語の後半では再度セイレーンの悪だくみ&厄介極まりない変身能力が炸裂・・・
冒頭シーンは、奏に化けていましたけど
後半は響の母親に化けた上
響に対して耳元で・・・
「奏は私に、響はママの事なんか大嫌いと余計な告げ口ばかりしている・・あの娘はそんな悪い子・・
(二人が受賞したペストフレンド大賞の記念ピアノ連弾演奏発表の場で)わざと間違えて
あの娘に恥をかかせてやりなさい」と囁くのですけど
この耳元での「悪魔の囁き」というと・・・
何だかハピネスでのアンラブリーがめぐみに対しての「めぐみは本当にダメな子・・・」と囁いた
あの名シーンを彷彿とさせるものがあります・・

だけど・・・・

響にとってはこれはかなりストレスがかかるシーンですよね・・・
親友の奏がそんな事言う訳ない・・私は奏を信じたい・・・だけど・・・
自分の産みの親である母親がそうまで言うからには・・・何かあるではないか・・・
私はどうすればいいの・・と
本番のステージ上で悩み苦しむ響が・・・
あれ・・、リアルタイムで見ていた時は・・・
「え・・・これどうやって決着つけるんだろ・・・いくらなんでも響が気の毒・・・」と思っていたものですけど
本物のまりあさん登場で無事に一件落着してしまいましたね・・・・

それにしても・・・・

黒猫時代のセイレーンって、ホント、やり方はあくどかったですね・・
プリキュアの母親を利用しての「心理的揺さぶり」は・・・ちと・・やり過ぎかな・・・
ま・・・現役の姫プリのロックもかなりやり方はえげつないし、それになによりも・・・
上司であるディスピア様を出し抜こうとするスケベ根性は・・
ま・・・色々と賛否両論はありそうですね・・・
それでもセイレーンって・・・なんかどことなく間が抜けているのですよね・・
結構あくどい事しているのに、何か憎めない所はあったりします・・・
イースとトセイレーンは立場的にはよく似ているのですけど、
イースはとにかく生真面目で頭が固く、イースとしてもプリキュアになって以降も基本的に自らボケる事は
ほぼ皆無だったような印象があります。
それに比べてセイレーンは・・・黒猫時代からある意味ボケまくりでしたよね・・
だからこそ・・・
プリキュアになって以降は・・例の「ごめんなさーーーい」以降は・・・・すっかりボケ要員になってしまったのですけど
その辺りは、イースと比べると全く違和感は無かったですね。



c8f1df28_convert_20150823001136.jpg


9f5d6d10_convert_20150823000908.jpg


1bceaf50_convert_20150823000841.jpg



戦闘シーンでは・・・この「交換ステイ」のお話に相応しく、メロディとリズムはお互いのベルティエを
交換し合う展開になるのですけど、
これはこれで中々見栄えがしました!!
メロディが交換ベルティエを握ると、やはりとっても凛々しく見えてしまうのですけど、
リズムが交換ベルティエを握ると・・・
何だか・・・
ベルティエが「鈍器」みたいな凶器に見えてしまいます・・・(苦笑・・)
だって・・・
リズムのあのいかにも「これで人を思いっきりぶん殴りますよ・・!!」みたいな感のある鈍器・・じゃなかった
ベルティエを見てしまうと・・・
ホント・・・ヒステリーを発症した際の奏をついつい想像してしまい、
本当に敵をぶん殴りそうな雰囲気がありましたね・・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2392-423f3f45
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |