fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


ショスタコーヴイッチの交響曲第五番「革命」は20世紀を代表する交響曲の一つだと
思います。
20世紀に作曲された交響曲の中では群を抜いて演奏頻度も高いと思いますし、
作曲経緯とか作曲者の本音は別として、
クラシック音楽というジャンルでは「不滅の交響曲の一つ」だと間違いなく思います。

だけど、この偉大なる交響曲第五番の一つ前の
交響曲第4番は実にヘンな交響曲です。
以前このブログでショスタコの交響曲第14番は「不思議なシンフォニー」と記しましたが、
この第4番は、不思議という概念を超越した「謎のシンフォニー」という感じです。

交響曲第5番が(例え作曲者の真意がどうであれ)暗⇒明 絶望⇒希望
問題提起⇒過去の振り返り⇒瞑想⇒勝利という非常に分り易い明確な構成を取るのに対して
この交響曲第4番は、そうした「分り易さ」は全くなく、
「結局、この人何を言いたいの?」という謎だけが残ってしまう、
ホント、ヘンな曲なのです。
この交響曲第4番だけを聴いてしまうと、
「実はショスタコはマーラーの直弟子なの?」とか
「ショスタコって実はバリバリの現代音楽作曲家なの?」とか
「実は精神分裂病の患者さんだったの?」などなどの
疑問を持たれてしまうのかもしれません。

この交響曲を作曲している頃は、実はショスタコ自身は人生最大の危機と言っても過言ではない
「プラウダ批判」のさらしもの状態になっている最中であり、
正直「逮捕⇒収容所送り」という可能性もなくはない状態だったのです。
この当時の作風がソ連の求める「音楽の分り易さ」とは明らかに違うものだったためなのでしょう。
だからこそ、こうしたヤバい時期に、こんな抽象的な訳の分からない交響曲第4番なんて
世間に発表したら、それこそ「お前、ソビエト政府をなめとんのか」という事で
逮捕という可能性も濃厚になっていたかもしれません。
だからこそ、一旦曲の発表と作曲そのものの事実を撤回したのは、当時としては
正解だったのかもしれません。

だけど、この曲を改めて聴いてみると、
本当に一つ後の不滅の名曲の「交響曲第5番」とは全く次元が異なる作風ですね。
確かにショスタコとしては、人生の危機の時期に「一発逆転の名誉回復」的な意味でこの第5番を
作ったのかもしれませんが、両者のあまりの違いに愕然としてしまいます。
「極端から極端へ移りやすい」というのがロシア人の一つの特徴という話を聞いた事が
あるのですが、その点から捉えると
ショスタコーヴイッチは典型的なロシア人だったのかもしれませんよね。

番号が一つ違うだけでこんなに作風が異なる作曲家って結構いるのかも
しれませんが
(例/「悲歌のシンフォニー」のグレツキとか・・・)
ショスタコは、まさにその極端な例なのでしょうね。

日本でこの交響曲第4番が初演されたのは、実はそれ程古い話ではないのです。
自分が大学3年の時だから、確か1986年かな・・?
しかもこの初演は、プロではなくて芥川也寸志氏指揮の新交響楽団というアマチュアオケ
なのです。
確かプロ初演は、1989年のNHK響だったと思います。

それにしても交響曲第4番は、決して「前向き」な曲では100%ないと
思います。
というか、膨大なマイナスのエネルギーを感じる「負」の交響曲です。
この曲を聴いて「よーーし、明日から頑張るぞー」とか
「明日から昨日までの自分をチェンジさせよう」という気持ちには間違ってもならないと
思えます。
第3楽章なんて、前半が比較的盛り上がりますが、後半は静かに静かにつぶやくように
フェイドアウトしていきます。

第一楽章の冒頭は、確か1989年頃に、レディボーデンか東京モード学園のどちらかのCМで
使われていた記憶があります。
でもこの曲をテレビCМに使う勇気には感服いたします・・・
だけど1991年には、アリナミンVが同じくショスタコの交響曲第7番「レニングラード」を
CMとして使っています。
だけどこちらの場合、シュワルツネッガーを使い、「チチンプイプイ」と明るい調子のCМなので
4番ほどの驚きはありませんでしたけど・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/239-a2bd1f5a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |