FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


「越天楽」というと、宮廷音楽というのか「雅楽」の中では一番知名度がありますし、
和式の結婚式ではすっかり定番のBGMですよね。

「雅楽」といっても、日本と西洋の楽器の種類の違いというのはあっても
基本的には、弦楽器・管楽器・打楽器から構成されています。
西洋の弦楽器に相当するのが、琵琶と筝
西洋の管楽器に相当するのが、竜笛・笙・篳篥
打楽器が、楽太鼓・鉦鼓
と言えると思います。

「なーんだ、楽器の基本的構成が同じならば、越天楽を西洋楽器でも
 表現できるじゃーん」と考えたのが、
近衛秀麿編曲の管弦楽版「越天楽」だと思います。
近衛秀麿は元々お公家さんの一族でしたけど、西洋音楽もしっかりと勉強されていて、
楽器の移し替え・移調は、案外造作はなかったのかもしれません。
例えば、琵琶と筝はヴァイオリンに、篳篥はオーボエに、竜笛はフルートに、楽太鼓はスネアドラムに等
色々苦労はあったのかもしれませんが、
こうして西洋楽器としての「越天楽」が完成したのでした。

自分自身、管弦楽版/近衛秀麿編曲の「越天楽」は、あまり耳にした事がない感じの曲でしたけど
確か2001年頃に、ナクソスから、沼尻竜典指揮/都響の「邦人作品集」のCDが出て、
この中にこの「越天楽」が収録されていたのです。

最初聴いた時は、正直驚きました・・・
全く違和感がないのです・・・
以前何となく感覚で聴いていた雅楽としての「越天楽」を
西洋楽器の管弦楽版で聴いても、
それ程大きく変わったという感じは正直しませんでした。
演奏が、テンポがゆっくり気味で、非常に音色が洗練されているというせいもあるのかもしれませんけど、
とにかく意外な程違和感はありませんでした。

以前何かの音楽番組で、
雅楽の楽器でチャイコフスキー等の西洋音楽を奏でると大変な違和感があり、
例えると・・・西洋人が「能」を舞っているみたいな違和感があったのですけど、
和の楽器で西洋音楽を奏でると違和感がありながら、
西洋の管楽器で越天楽みたいな和の音楽を演奏しても特に違和感は感じない・・・
うーーん、この違いは何なのかな・・・
正直私もその辺りはよく分かりませんけど、何か興味深いものはありそうですね。

さてさて・・・それと似たような傾向の曲もあったりします。

それが何かと言うと黛敏郎の「BUGAKU」(舞楽)です。

この曲ですけど、そもそもはニューヨークのバレエ団から委嘱を受けて作曲された作品なのですけど
提示された条件が・・・
「出来る限りバレエ音楽らしくなく」
「演奏会用みたいな純音楽つもりで書いて欲しい」
「雅楽のようなデリケートな響き・音の絡みを重視して欲しい」
という少し変わったものであり、
その委嘱から生み出されたのがこの「BUGAKU」なのです。
このバレエ音楽も前述の「越天楽」と同じように日本の伝統的な楽器は一切使用していません。
全て西洋の管弦楽用の楽器です。
ピアノ・ハーブも普通にも使用されていますし、
使用されている打楽器も、ティンパニー・シロフォン・グロッケン・ドラ・大太鼓・シンバルのみで
「橋鈴」というものだけが唯一日本的なものを感じさせる楽器ですね・・
だけど・・・・
このバレエ音楽、使っている楽器は西洋の楽器なのに
響いてくる音楽は・・・まさに「雅楽」そのものなのですよね・・・
この感覚、本当に不思議としかいいようがないです・・・
なんで西洋楽器の音だけでこうした「和の響き」を演出できるのだろう・・・
前述の通り、雅楽の楽器で西洋音楽を奏でるとすごい違和感を発生させるのにね・・・・
ちなみに、この「BUGAKU」は第一部と第二部の二部構成なのですけど、
これは・・・
「左方の舞と右方の舞」が一対になって上演される「舞楽」の伝統的な上演スタイルをそのまんま踏襲したものと
想われます。
あくまで個人的な感想なのですけど、
そうですね・・・正直第一部はあんまり印象がないです・・荘厳さと強弱のコントラストが記憶にある程度・・・
だけど・・圧巻は第二部の方ですね・・・
全般的に打楽器を主体として進行していくという印象があり、
出だしはティンパニと大太鼓の反復から開始され、それに乗っかる形でのオーボエ、そしてピッコロが奏でる
「音のうねり」には大変ぞくぞくとさせられるものがあり、
そして徐々に曲が高潮していき、怒涛のラストのコーダへとなだれ込んでいきます・・・

そうですね・・・これホントにバレエ音楽なの・・?? この曲でどうやってダンサーは踊るのだろう・・・
振付師はこの曲の振り付けを考えるのは至難の業だっただろうな・・とも思ってしまうのですけど
聴いていて大変面白いですね・・・
曲自体、特に難解な響きもないし、ま・・出てくる音が「和の感覚」だし
どこか「なつかしい・・」みたいな感覚もあったりします。
だけど・・・くどいようですけど、こんな西洋楽器のみで「舞楽」みたいな日本の伝統芸を再現出来る事が
何よりも驚きですし、
それを実現させてしまった黛敏郎には・・・本当に「驚き」の一言しかないです・・・!!

最後に・・・・

こうした背景から作曲された「BUGAKU」なのですけど
それを更に吹奏楽にアレンジして、
ただでさえ「西洋楽器のみで和の感覚を演奏する」という制約が課されているのに
更に・・
弦楽器を使用しないで、管楽器と打楽器のみでこの曲をやってのけたチームが
かつて日本の吹奏楽コンクールで一度だけ登場していました。
それが・・・
このブログでも散々、1982年の東北大会でウォルトンの交響曲第1番を演奏した花輪高校の話題は
登場するのですけど、当時の花輪高校の指揮者で、
1995年当時には秋田南高校に赴任されていた小林先生が秋田南の自由曲として選んだのが
この「BUGAKU」だったのです。
あの演奏、私も1995年に普門館の全国大会で聴かさせて頂きましたが、
いや・・・あの演奏凄いです・・・!!
前述の通り、あんな制約が課され、指揮者としても奏者としても多分やりにくい曲だったと思うのですけど
全然そうした「制約のやっかいさ」を感じさせなかったばかりか
むしろ・・・「自由さ」が溢れていて
なんか小林先生の・・・・
「管打楽器だけでもこうした曲も自由自在に表現できる・・・
今回はたまたまこうした少し特殊な曲を自由曲に選んだのだけど、
本当に満足いく演奏ができた・・
たまたま使用していた楽器が管楽器と打楽器だけという吹奏楽編成だったに過ぎない・・」みたいな
「心の叫び」(→ドヤ顔みたいな感じ・・・??)が聞こえてきそうな素晴らしい快演でした!!

そうそう・・この「BUGAKU」ですけど、昔はこの曲を収録したレコードやCDが中々見つからなかったのですけど
現在は・・・
湯浅卓雄指揮/ニュージーランド交響楽団の素晴らしい演奏がナクソスよりCD化されていますので
興味がある方は是非是非聴いて頂ければ幸いです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2383-9f40adf0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |