プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.出雲第一中学校

 A/バレエ音楽「火の鳥」


 そうですね・・・この年のこの名門チームは結果的に銅賞と言う結果で終るのですけど
 当時片田舎の高校生だった私なんかは
 「え・・・あの泣く子も黙る吹奏楽界の超名門のあの学校が銅賞・・・
 うーーむ、時代も変わったもんだ・・」と素直に驚いていたものです。
 1960年代の吹奏楽コンクールの中学の部の雄というと、西の今津 東の豊島第十という感じで
 この両校によって昭和30年代の吹奏楽コンクールは支えられ、それが他校にも色々と影響を
 与えていたと思います。
 そうした情勢に「ちょっと待った―!!」と彗星のように現れたのが、1967年の出雲第一の「トッカータとフーガ 二短調」
 なのだったと思います。
 そうですね・・・・あの「トッカータとフーガ」なのですけど、正直・・・今現在の視点・感覚で聴いても
 全然今でも通用しそうな中学生離れしたとてつもない超名演なんですよね・・・
 (最初にあの演奏をレコードで聴いた時は・・・私もぶったまげました・・・)
 その後出雲第一は1976年にも「ダフニスとクロエ」第二組曲の驚異的名演も残してくれましたし、
 1970年代の吹奏楽コンクール・中学の部は、まさに・・今津・豊島第十・出雲第一の「御三家」が
 牽引をしていった時代なのだと思います。
 出雲第一はその間に、片寄先生→渡部先生→錦織先生と優れた指導者にも恵まれ、指揮者が変わっても
 結果を出し続けていたのはある意味驚異的でしたね・・・
 今津と豊島十は指揮者はずっと変わりませんでしたからね・・

 だけど1980年代に入ると、今津と豊島十のあの名物指揮者の先生たちも勇退され、
 同時に吹奏楽コンクール自体のレヴェルが驚異的に底上げされ、
 「出雲第一だから、出場すれば確実に全国大会で金賞は取れる」という時代は既に去っていて
 当然実績のある学校でも、あまり芳しくない演奏をすれば結果もあんまり芳しくないものになるという
 当たり前の時代に入っていったと思いますし、
 その意味では、「実力の平準化」が着々と進行していったのだと思いますね。

 だから・・・当時の出雲第一の銅賞というのは、そうした時代の流れを象徴していたのかな・・とも
 今にして思うと感じる面はあります。
 ま・・・もっとも翌年以降、82年の屈辱に対して83年以降は3年連続金賞と完璧に再度復活してしまいますけどね・・
 そして・・・錦織先生からバトンを受け継いだあの原田先生でさえも・・・
 最初の2年間は支部大会落ちという事でしたから・・・
 やはり吹奏楽コンクールで素晴らしい演奏を聴かせ続けるという事は難しいものですよね・・

 さてさて・・・・この1982年の出雲第一の「火の鳥」ですけど、
 うーーん、演奏以前の問題として、申し訳ないのですけど指揮者自身のアレンジが極めて良くないのが
 かなり気になりますし、
 「カット」が極めて無神経で、唐突に場面が切り替わり、何か「火の鳥」のファンタジーな物語にすっかり
 水を差しているという印象が強いです。
 というか・・・なぜか「序奏」という大変音がうすく書かれている場面から開始し、悪い事にこの部分のアレンジが
 極めて悪く、まるで「厚化粧をしたままお葬式の会場に出かけてしまったおばさん・・」みたいな雰囲気で
 サウンドがべったりと重たい状態で進行し
 「魔王カスチェイの凶悪な踊り」も木管の動きが悪い上に、
 やはりここでも・・細かいカットを次から次へとしてくるものですから、火の鳥の物語というイメージが湧かない・・・
 という困った事態に陥っています・・
 普通こうしたカットというものは、一か所をバッサリカットという傾向が強いと思うのですけど
 細かい部分のカットを何か所もやられてしまうと、聴いている方としては・・・
 「うーーん・・」となってしまいますね・・・
 だって・・あの感動的な終曲にすら、カットを入れる始末で、すっかり音楽的緊張感をそいでしまっていました・・

 カットもアレンジも良くないし、切れ味もスピード感もなければ・・・ま・・・そりゃ銅賞も当然・・という
 感じですよね・・・
 元々高い技術を有しているだけに「もったいない・・・」とは感じる演奏でした。

 出雲第一は、原田先生時代の1992年にもこの「火の鳥」を取り上げていますが、さすがにこの時は
 デューカーアレンジ版を使用し、82年同様序奏から開始していましたけど
 細かい継ぎはぎだらけのカットはなかったので、10年前の「学習効果」はあったのだと思われます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

名門でも納得な銅賞

この演奏はおっしゃる通り。納得な銅賞です。よく中国大会を抜けられたと思ったものです。

原田先生に交代した初年度(86年)の中国大会は生で聴きましたが、やはり指揮者交代の一年目はちぐはぐな印象でした。徐々に回復していき名門復活させるのですから流石でしたね。

Re: 名門でも納得な銅賞

渚スコープ 様


ま・・・あの演奏は・・技術以前の問題でとにかくアレンジとカットが悪すぎるのが
致命的だったような気もします・・・
錦織先生のアレンジは、たまにひどいものがあり
その典型例が1980年に出雲高校が全国で演奏した「海」だと思います。
だって・・「海」の後半のオプション扱いのトランペットソロが入る箇所前後から
なんで小太鼓のロールを入れちゃうんですか・・・(苦笑・・)

錦織先生からバトンを受け継いだ原田先生も当初は色々とご苦労が多くて大変だったと思います。
原田先生として出雲第一では初出場の1988年の「海」もとにかく・・・演奏が固くてなんかぎくしゃくしていて・・・・
やっぱり伝統あるチームの指揮者の交代は大変ですよね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2380-b8556f13
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |