プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.出雲第二中学校

  B/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話


  当時の感覚としては「出雲第一・出雲第二」というと吹奏楽の超名門チームとか
  「金賞は取って当然・・」みたいなイメージがありましたけど、
  ま・・・それを普通の公立の中学生たちにあれだけ長期間の間求め続けるのは
  酷なのかもしれませんよね。
  何かそうした思いを感じたのが、この年の出雲第一と第二の演奏だったと思います。

  出雲第二の演奏を一言で書くと・・「上手いのだけど、すごく薄味・・・・伝わってくるものが希薄・・・」
  そんな感じがします。
  やはり・・・「伝統」とか「連続金賞」みたいな重圧に少し抑制されてしまい
  なんか指揮者の先生が「このように吹きなさい・・」と言われたからその通りに吹く・・みたいな感じになってしまい、
  奏者として「こんな感じで吹きたい!!」みたいな気迫が少し乏しかったのは勿体なかったような気もします。
  
  課題曲B/序奏とアレグロは、序奏こそ雰囲気は何とかキープ出来ていたもの、
  アレグロ以降は、確かに音は洗練されているのだけど、肝心の「キレ」に欠けるため
  何か淡々と無表情に進行していったのが気になります。
  自由曲の「海」も課題曲とほぼ同様な印象です。
  少しトランペットの音が荒目だったのもマイナスポイントかも・・・
  
  それと・・・一つ問題点を指摘すると、「海」のアレンジがあんまり良くない・・・

  編曲者は一中の錦織先生でしたけど、この錦織先生のアレンジ版で1980年に出雲高校も
  「海」で全国大会に出場しましたけど
  例えば・・・・後半のトランペットのオプションソロあたりの箇所でなぜだか唐突に原曲には存在していない
  「小太鼓」がロールを掛けてクレッシェンドしてくる珍妙な解釈を取るなど
  アレンジが良くないのですよね・・・
  ま・・・幸い出雲二中の場合は、確か・・私の記憶ではああした「小太鼓」のロールは出てこなかったけど
  アレンジが何かいかにも「厚化粧」という感じで、
  繊細な部分でも
  「ま、いっか・・ユーフォとかバリトンサックスを重ねてしまえ!!」みたいなノリで
  何か分厚いサウンドの構成となっていた部分もあり、印象を悪くしていました・・・

  ま・・結果的にこの年は銀賞でしたけど、
  翌年は「シチリア島の夕べの祈り」をしっとりと音楽的に聴かせてくれて
  一年間で不調を乗り越えたのは「さすが・・・!!」としか言いようがないですね!!


18.当麻中学校

 C/吹奏楽のための木挽歌

 自由曲が金津中学校と被ってしまいましたけど、
 金津がいかにも中学生らしい伸び伸びとした素直な演奏を聴かせてくれた演奏とは対照的に
 こちらは・・
 プロ顔負けの演奏で大変技術力の高く、中学生とは到底思えない驚異的なレヴェルの演奏です。
 テクニックがとにかく素晴らしく、技術的には全く文句のつけようがない素晴らしい演奏を
 聴かせてくれていました。
 課題曲C/アイヌの輪舞からして既に驚異的な演奏・・・・
 最近の記事の中で、この年の課題曲Cは石田中が全部門を通して最高の演奏と記しましたけど、
 そうですね・・・
 私の記憶の中では、二番目はブリジストン久留米
 三番目はこの当麻中だと思います。
 石田中が中学生らしい素直な演奏を聴かせてくれたのに対して、当麻の課題曲Cはプロ顔負けの
 余裕の貫録勝ちという感じがありますし、
 逆に上手すぎて「なんか・・すかしている・・」みたいな印象すら感じたものです・・(苦笑・・)
 中間部の踊りが終わって、トランペットの朗々としたソロがあるのですけど、
 当麻の演奏はこのトランペットソロが実に上手い!!
 「こんな単純なメロディー、余裕のよっちゃんだね・・・フン!!」みたいな奏者のつぶやきが聞こえてきそうだ・・・と
 同じ課題曲を演奏した私の高校のトランペット奏者が
 この当麻の演奏を聴いて愚痴っていました・・・
 
 でも圧巻は「木挽歌」でしたね!!

 Ⅰの主題のコールアングレのソロが実にうまい!!
金津の奏者もよかったけど当麻のコールアングレの場合、ヴィヴラートの掛け方が室に自然で
 聴いていてその「揺れ方」が実に自然だったと思います。
 Ⅱの盆踊りも雰囲気満点でしたし、いかにも「鄙びた」感じがうまく出ていたと思います。
 Ⅳのティンパニーソロも完璧に決まっていましたし、
 あれだげ鳴らしているのに全然やかましいと感じさせないその強弱のコントロールは実にお見事でした!!
Ⅳでドラがゴワーーーーンと鳴っているのをバックに
 バスクラの陰鬱なソロも見事に決まり、
 曲全体をひっそりと閉じていたのが素晴らしかったです!!
 全体的にソロをはじめ「個人プレーの上手さ」が光っていましたね!!

 このチームは5年後の1987年にも同じ指揮者で同じ自由曲を演奏していましたけど
 あの時は・・・随分と「抑制しすぎているな・・」・「おとなしいな・・」という印象を
 私は受けていました・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2374-d48353a9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |