FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


作曲家の場合、やはり「もしかしたらこの交響曲は自分の現在の体力や創造力等を考慮すると、
もしかしたら・・これが最後の作品になってしまうのかもしれない・・・」と意識してしまうと、
やはり、その作品には「死」を何かしら意識した作品になってしまうのは
ある意味当然なのかもしれませんね・・・・
その最後の作品に「何」を伝えたいのか・・・というそうした「ダイニングメッセージ」を意識して
その作曲家の最後のシンフォニーを聴くという事は意外と興味深いのかもしれません。
というか・・・
当たり前の話ですけど、
作曲家が百人いれば百通りの解釈というか違いは出てきそうですね。
例えば・・・・
プロコフィエフの場合は、若い頃はあんなに前衛音楽を好んで曲を作っていたのに
その最後の交響曲は・・・
悪く言うと・・「子供の頃の記憶への幼児退行化」ともいえるものかもしれないし、
ショスタコーヴイッチの最後の交響曲は・・ま・・その・・・いかにもこの人らしいというか
結局「本音の本音」は隠しきってしまったというのか、
本当に伝えたい事は、「自分の胸」だけに秘めておいてあの世にその秘密を抱えたまま旅立ってしまった
ような人もいますし、
中には・・・シベリウスのように最後の交響曲を書きあげてから半世紀以上経過し、
そんだけ時間がたっぶりあったにもかかわらず、次の交響曲を結局は完成させることが出来なかったような方も
いたりします・・・

そうした中・・・・

自分自身の最後の交響曲に「死」の香りをプンプンと残して旅立った作曲家と言うと
やはり・・・
チャイコフスキーとマーラーがその典型例なのかもしれませんよね。
私の場合・・出来ればそこにM.アーノルドも加えたいです。

チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」は名曲中の名曲で、
この曲を実際に聴いたことがない人であっても「悲愴」というタイトルだけは
耳にされた方も多いのではと思います。

この曲は正直聴くだけで気持ちが重たくなります。
「死」の香りがプンプンと漂ってきます。
作曲者が「死」を本当に意識して(自殺という可能性もあるとの事です・・)曲を書いたかどうかは
今となっては誰にもわからないのですが、
やはり何かしらの「決意」を持って曲を書いたのは間違いないと思います。
人間余程の覚悟がないとこうした曲は書けないはず・・・

第一楽章の冒頭から重たいアダージョで開始されます。
こういう時、ファゴットはいい仕事をしますよね。
ファゴットは、とぼけた味わいとか異国情緒を表現したい時にも打ってつけの楽器ですけど
こうした「やりきれない悲しみ」みたいなイメージを表現する際にも
かなり適していると思います。
第一楽章の中間部で突然オーケストラが咆哮します。
最初に生でこの曲を聴いた時、それまでアダージョでゆっくりと静かに曲が展開していたのに
突然感情が爆発というか、暴発し
とてつもない「負のエネルギー」で曲を展開させていきます。
そして最後は静かに曲が閉じられます。
第二楽章は、「心の回想シーン」みたいな雰囲気です。
圧巻は第三楽章・・・
メロディーラインは恐ろしいほどシンプルで、同じことの繰り返しという内容なのですけど、
何か「ええじゃないか、ええじゃないか」みたいな集団ヒステリー現象みたいな音楽が
延々と展開されていきます。
イメージとしては、集団死刑を執行される直前に、集団で刑場まで
半狂乱となってひたすら歩いていくような感覚です。
第四楽章は、延々と重たいアダージョが展開されていきます。

思うのですが、この曲を聴くたびに
「ああ、なんで自分はこの世に生を受けだのだ・・・
 こんなつまらない人生を送るために自分は生まれたというのか・・・
 一体生きることに何の意味があるというのだ・・・」
みたいな「心の呻き」を自分の心の奥底から引きずり出されるような感覚を感じます。

同じく「死」を意識した交響曲としては、前述の通り、
マーラーの交響曲第9番があると思うのですが、
マーラーの場合、何もかもやり尽くした上で、覚悟の上で「死」を受け入れる準備が出来ているというのか
「死」については諦め・諦観の意識を持って臨んでいるような気がします。
だからマーラーの場合、この交響曲を聴いてもそれほどチャイコフスキーみたいな「後味の悪さ」は
感じられません。
むしろさっぱりとした気持であの世に旅立てるという感覚すらあります。
何て言うのかな・・・
マーラーの交響曲第9番は、人によって感じ方は相当違いはあるとは思いますが
あれは・・・・
私の感じ方としては・・・・「死」を受け入れた・・・・「死」に対しては「諦念」の感覚を持ち
諦めの気持ちをもって潔く受け入れた・・・・
だから未練はないという感じがあります。
これ、ヘンな表現になってしまうのですけど、
特にマーラーの9番の第一楽章の冒頭の低音とミュートを付けたホルンとハープのあの独特な響きとか
そして第四楽章の「全ては空の下・・すべては消えてなくなる・・・」みたいな音楽を聴いてしまうと
一度死んだはずの人間が何かの間違いで生き返ってしまい、
死者の感覚として「現世=この世」を見てしまう・・みたいな感覚も感じたりもします。
だけど一方チャイコフスキーの場合は・・・・・
うーーん、私の感覚としては・・・・美しいけどとにかく後味が悪すぎる・・・・
なんかいかにもこの世に未練たっぷりで、
「死にたくないよ・・・・死にたくないよ・・・、まだ自分にはやるべき事が残っているというのに・・・」みたいな
心の叫びがエコーしてくる感覚があります。

同じ「死」を意識した交響曲でも、やはり人によって違いは出るものだなーと改めて感じてしまいます。

最後に・・・・

そうした「死の意識」を自身の最後の交響曲に反映させたと思われる
21世紀に逝去された、現代人・アーノルドの感覚はどのようなものだったかと言うと・・・

とにかく「痛々しい」としか言いようがない音楽だと思います。
その音楽はまさに「絶望」に満ちていると言えると思います。
何かその点、同じくイギリスの作曲家のヴォーン=ウィリアムズと何か近いものがありそうな気がします。
アーノルドもV.ウィリアムズも
交響曲第一番第一楽章冒頭で「高らかな希望」を謳い上げる事で作曲家生活をスタートさせた・・・
だけど同じく最後の交響曲第9番は、二人とも・・
長い道程の中で果たし得なかったものを思う苦渋というのか「断念」が
伝わってきます。
V.ウィリアムズの場合は、それが何とも言えない「寂寥感」を感じさせてくれます。
だけど・・・・
アーノルドの場合は少し違うような気がします。
第四楽章はずっと沈鬱で陰々滅々としたギスギスした荒涼感に閉ざされた音楽が20分以上延々と
展開され、
これ・・・・正直聴くだけでマジで自殺したくなるほど「痛い音楽」がかすかに鳴り響きます。
でも・・・・本当にラストのラストで光がさーーっと差し込んでくるように聴こえます。
最後にアーノルドが渾身の力を振り絞って「希望の光」を楽譜に残したような感覚があります。
「人生はいろいろあるもんだ・・・・」と語りかけて微笑んで曲を静かに終わらせる・・・・
なんかそんな感じがあります。
ま、人によっては・・・
「え・・・・あの第四楽章のラストのどこに希望があるの・・・」という人もいるかもしれませんが
私にはそのように聴こえるのです・・・・
だから・・・・この交響曲は、全体としては「後味の悪さ」はあんまり感じないものでして、
とにかく・・・・「不思議」としか言いようがない曲なのだと思います。

何て言うのかな・・・

確かに「生き方」は人それぞれ・・・

そして「死に対する意識」というのも人それぞれ・・・

とにかく・・・現時点で「生」がある限りは、生きている事に感謝をしつつ
とにかく・・刹那的かもしれないけど、その時間その時間を大切にしていきたいものですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2371-75deadd2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |