FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.金津中学校

 D/吹奏楽のための木挽歌


 結果としてこのチームは、この年は銅賞と言う結果に終わるのですけど
 「はい、銅賞・・・残念でした・・」で片づけるには少し勿体無い様な気もする演奏だったと思います。
 何て言うのかな・・・
 中学生らしい大変伸び伸びとした素直な演奏で、聴いていてとても「心地よい」と感じさせる演奏であり、
 何となく涼風がさーーーっと普門館に入り込むような爽やかな印象をもたらしてくれたと
 思います。

 ま・・反面、課題曲のマーチは、金管が少し鳴らし過ぎというか音量過剰みたいな面も無くは
 なかったと思いますけど
 同じく北陸代表の粟野中が「これでもか・・・!!」とガンガンがなり立てた課題曲Dとは少し違うものも感じられ、
 ほんの少しだけセーブして「荒さ」をコントロール出来ていれば
 また全然別の表現にはなっていたような気もします。
 ま・・・あれはあれで素敵な演奏であることは間違いはないのですけどね・・

 自由曲の「木挽歌」は実に素朴な味わいが感じられて、とても好感が持てる演奏でしたね。
 何よりも・・・・
 Ⅰ.主題の鋸の音が実に巧み!!
あれは・・・目を閉じて聴いていると、木こりがなつの暑い盛りにぎーーーーーっとノコギリをひいているような感覚が
 十分に伝わっていたと思います。
 あの「鋸」の音は何を代用していたのかな・・・
 最近のこの曲の譜面では、サウンドペーパー使用となっていますけど
 紙やすりでああした音は出せるのかな・・とも感じてしまいますし、普門館での演奏は何を持って代用したのか
 私・・・・とっても気になります・・・・
 (by 「氷菓」の千反田える・・・)
 鋸に乗っかる形でソロのメロディーを担当するコールアングレの音も実に素朴で味わいがあり
 中々お見事だったと思います。

 但し・・・このチームにとって少し気の毒だったのは、この後すぐに当麻中が全く同じ自由曲を
 中学生離れした圧倒的に高い技術で演奏してしまい、
 そうですね・・・
 単純に技術論で比較してしまうと・・・・
 うーーん・・・、正直、金津の見劣りは否定できないですね・・・

 ま・・・当麻はかなり大人びた演奏でしたけど、金津の場合は逆に中学生らしい素朴な味わい・・・
 どっちが正しいとは決して単純に評する事は出来ないのですけど
 この辺りは・・「コンクール」としての残酷さも露呈する事になってしまいましたね・・・
 ちなみに・・・・当麻は・・金賞を受賞しています。
 金津のⅠの主題は大変良かったけど、Ⅳ.フィナーレあたりは・・
 そうですね・・・
 もう少し「軽さ」というか「遊び心」が欲しかった感じはありましたね。
 金管セクションの細かいタンギングが少し不安定感があったし、全体的には「余裕」に少し欠ける演奏だったのかも
 しれません・・・

 さてさて・・・・

 この曲は、小山清茂氏の作曲なのですけど、
 前橋商業の大木隆明先生から「どうしても・・・」と頼まれて小山氏自身が吹奏楽用に再構成し
 それを更に大木氏がコンクール向けに細かくアレンジしたという経緯があるのですけど、
 やはりこの曲のⅠ.主題のあのソロは、「コールアングレ」が一番合っているような気がします。
 最近のこの曲が演奏される場合、
 どういう経緯があるのかは良く分かりませんけど、
 東京佼成の演奏もそうである事から、おそらくは・・・スコアの上ではⅠのソロは「テナーサックス」が
 ソロ楽器として指定されているみたいですね・・・
 だから、最近、この曲が演奏される場合、テナーサックスがソロ楽器として使用される事がほとんど
 なのですけど、
 何か・・・違和感は感じてしまいます・・・

 やっぱりこの曲は・・・・

 前橋商業・金津中・当麻中・・・そして1992年の宝梅中のように「コールアングレ」を使用して欲しいな・・・とも
 感じてしまいます。
 そうですね・・・
 なんかテナーサックスだと、アメリカのジャズっぽく聴こえてしまい、
 日本の素朴な単旋律がとてつもなく商業主義の安っぽい音楽のように聴こえてしまう感覚が
 あるのですよね・・・
 これがコールアングレだと、実に・・・情緒たっぶりの日本のメロディーに聴こえてしまうから
 ホント、不思議なものはあります・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なつかしい。当時演奏後、ロビーのモニターで当麻中の演奏を聴いて、同じ曲なのにゆったり演奏してるなーと思ったのを思い出しました

木挽き歌

名無し 様


コメント頂きありがとうございます!!

そうですね・・「木挽き歌」という同じ素材でもやはり指揮者の解釈と奏者の感性によって
大分「違い」は出てきそうですね。
当麻は確かに、大人っぽいしっとりとした演奏が印象的でした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2365-bd2be48f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |