FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この年、1982年の全国大会・中学の部を振り返ってみると印象的に感じる事は二つほどありまして、
この年は1978年大会以来久しぶりに銅賞が出たという事で、金・銀・銅の三段階評価が久しぶりに復活したと
いう事と
それまで長い間中学の部をリードし続けた島根県代表チーム二つがいずれも金賞を逃すという事が
大変強く印象に残っています。
一つ目の方ですけど、
別にこの年、1982年のレヴェルが低かったから銅賞が出たという事は全く無く
そうですね・・・正直に書くと、1979年~81年の中学の部では、結構ひどい演奏もいくつかあり
「なんでこのチーム銅賞じゃないの・・」という感じの演奏も数多くあったのですけど、
なぜかこの3年間は、評価としては金と銀しか出していないのですよね・・・
そうですね・・・
これは長期的な視点で捉えると、吹奏楽連盟の「一貫性の無さ」が出てしまったのかな・・・
連盟としては、規定の上では、吹奏楽コンクールの評価は「相対評価」を採用し、
全出場チームに対して、金・銀・銅を所定の割合によって振り分け評価すると明記されているのに
なぜかあの3年間は銅賞ゼロというのも、今にして思うと何かヘンな話ですよね・・・・
そうした中、この年1982年大会は「第30回大会」というある意味記念すべき節目の年なのに
吹奏楽連盟は、余計な揉め事を起こしてしまいます・・
それが何かと言うと・・・・
当初、大学の部は、何と・・・・成績発表の際は「金賞ゼロ」という結果で終っているのです。
というか・・・・
これ、絶対に誰がどう聴いてもおかしいですよ・・・!!
だって・・・・
あの神奈川大学の「ディオニソスの祭り」、近畿大学の゜アンティフォナーレ」
亜細亜大学のボロディン/交響曲第2番が「銀賞」なんて、絶対にありえないし、
これは・・・・
あの事件から既に33年が経過しているのですけど、今現在の視点・感覚で聴いても
あの素晴らしい演奏は、今現在でも十分に通用しそうな特筆すべき演奏だと私は今でも確信しています。
それが・・・銀賞なんですよね・・・
上記の通り、吹奏楽連盟の規定でも「相対評価のため、金・銀・銅は必ず所定の割合で割り振る」と明記しているのに
金賞ゼロなんですよね・・・
これには当時指揮者&名アレンジャーの小長谷先生も激怒し、
「私は、この日、一般の部(上尾市民)と大学の部(亜細亜)を振ったが、当日の演奏の出来は
私自身が一番よく分かっている・・・・
素晴らしい演奏を聴かせてくれた亜細亜は銀で、もう一方は金
これは到底納得できない・・!!」とかなりお怒りの様子ですけど、
この気持ちよーーく分かりますよね・・・
だって・・・上尾市民みたいなポンコツ演奏(リード第三組曲のフルートソロはあまりにも痛すぎましたね・・・)が金で、
歴史的名演、特に課題曲D/サンライズマーチの驚異的圧倒的名演を残した亜細亜が銀というのは
多分・・・
誰がどう聴いても疑問に感じると思います。
ま・・結果的に大学側の猛抗議により、その後吹奏楽連盟は、審査結果を訂正し、
亜細亜・近畿・神奈川・関西学院・三重に金賞を受賞させていますけど、これってもの凄く後味が悪いですね・・・・
しかも・・・
なんであんな三重とか関西学院みたいな銀以下としか思えない演奏が
ついでに金賞に格上げされてしまうのか・・・・
全く・・・理解不能であります・・・・

あ・・・・話が全然ヘンな方向にぶれてしまいました・・・(苦笑・・・)

二つ目の出雲第一と出雲第二という長い間中学の部を牽引し続けた二つのチームが、銀と銅という結果で
終わった事も、
そうですね・・・
全体的なレヴェルの向上という事を象徴しているのだと思います。
だけど・・・
あの年の出雲第一の「火の鳥」は・・・申し訳ないけど、目を覆いたくなるような惨憺たる演奏でしたね・・・
というか・・あの演奏・・・
指揮者のアレンジとカットの構成力に一番の問題があったようにしか思えないのですけど・・・・

この年の中学の部は、前述の通り、久しぶりに金・銀・銅の三段階評価が厳格に適用された年でも
ありましたけど、
そうですね・・・・
感覚としては、金と銀にそれ程大きな「差異」はないけど、銅のチームとの格差は結構ついているな・・・という感じも
ありましたね。
(ま・・・最近の記事でも書いた通り、雄新中の銅賞は今でも絶対に納得いっていませんけどね・・・)
この年の金賞の中では、特に、弘前第三・柳町・石田・当麻が特に際立っていましたけど
私個人の感覚では・・・
もしもこの年に1970年代以前のような「順位制」があったとすると、第一位は石田中学校にあげたい気持ちです・・・


12.石田中学校


 C/交響曲第8番第四楽章(ドヴォルザーク)

 いやいや、この演奏、私とにかく大好きです!!
何が素晴らしいかと言うと、とにかく音楽が素直・・・
 中学生らしいとってものびのびとした爽やかな好演を聴かせてくれています。
 人によっては、圧倒的技術で聴衆を圧倒させた弘前第三こそがこの年のグランプリと評する方は多いとは
 思いますが、
 私は・・・
 表面的な大迫力よりも、
 こうした素朴な味わい、素直な情感をたっぷりとのびのびと表現した石田中の演奏に思いっきり惹かれますね・・・

 課題曲C/アイヌの輪舞も素晴らしかったですね!!
 あくまで個人的な感想なのですけど、全部門を通して最高の課題曲Cだったようにも感じられます。
 どうしてもこの曲は、中間部の踊りの部分のテンポを煽ってしまい、結果的に散漫な演奏になってしまう傾向が
 大変強いのですけど、
 石田中の場合は、序盤も中間部はテンポ設定は比較的遅い傾向にあり、
 それが結果的に「落ち着き」・「しっとり感」・「寂しさ」みたいなものをうまく引き出せていたと思います。
 だけど圧巻は自由曲でしたね・・・
 ま、課題曲もそうでしたけど、このチームの木管、特にクラリネットパートの音の「しっとり感」は聴いていて
 鳥肌が立ちそうなほど、とにかく・・・・美的限界に達していると思いますし、
 素朴な音なんですけど、
 何か・・・・人のハートをグっと引き付けて放さない音なんですよね・・・
 正直・・・・最初に石田中のレコードを聴いた際、
 同じクラリネット奏者として、
 「へーー、こんなしっとりとした吹き方もあるんだ・・・」ととにかく感心してしまい、
 このチームのクラリネットの「しっとりとした響き」が私に与えた影響も決して少なくないと思っています。
 冒頭は、トランペットのファンファーレ的な感じで始まるのですけど、
 そうですね・・・この曲は原曲の管弦楽版もそうなのですけど、決して金管がバリバリと鳴らす曲ではありません。
 全体を通して、やっぱり・・・木管、特にしっとりとした響きが曲自体を大変「清涼感」・「調和のある響き」に
 まとめていたと思います。
 行進曲風の中間部の躍動感も大変素晴らしかったですね。
 
 余談ですけど、この原曲では、使用する打楽器はティンパニーのみなのですけど、
 このシェイファーの吹奏楽アレンジ版では、
 大太鼓・シンバル・小太鼓も加わり、
 当時ドヴォルザーク自体は「新世界」すら知らなかった私は・・・・
 「この曲の大太鼓・シンバル・小太鼓の行進曲風のリズムをカッチリと決めている部分はとっても爽快・・・・!!」と
 思っていたのですけど、
 後日・・・・クーペリック指揮/バイエルン放送響の演奏を聴いたら・・・
 そう・・・私が感じていた「吹奏楽アレンジ版としてのドヴォルザーク/交響曲第8番」とは随分と・・・異なる印象が
 あったもので・・・
 当時は・・・・思いっきり「違和感」を感じたものです・・・・(苦笑・・・)

 ま・・、当たり前の話ですけど、
 今現在の感覚としては、当然ながら優先されるべきは原曲のオケ版としての演奏、そして・・・
 オケ版には当然オケ版としての優れた魅力もあるのですけど、
 もう一つの別の解釈というか表現方法として「吹奏楽アレンジ版」の演奏があるのも決して悪い話ではないと
 思っています・・・・
 ま・・・佐渡裕さんも似たような事を以前言われていましたよね・・・
 例えは悪いのかもしれませんけど、
 アニメ「プリキュア」という完成された素晴らしい世界観があるのですけど、それに対して「漫画版」という形で
 上北ふたご先生の「なかよし」に連載中の漫画としてのプリキュアもあったりします。
 だけど・・・・この漫画版としてのプリキュアの世界も、これまた素晴らしいと思います。
 要は・・・「もう一つのプリキュア」という感じなのですよね・・・

 勿論、全ての管弦楽曲に「吹奏楽アレンジ版」が適合するとは私自身全く思っていません・・・
 中には・・・
 「えーーー、この曲を吹奏楽で演奏する事は絶対に止めてほしい」と思える曲もかなりあったりします。
 (例/マーラー交響曲第5番 ラヴェル・左手のためのピアノ協奏曲)
 だけど・・・・
 原曲とはまた違う表現形態としての「吹奏楽アレンジ版」も
 「もう一つの表現」として解釈して頂けることも、私的には・・・・ありなのかな・・とも思っています。
 事実、私がこうやってクラシック音楽の深い森の中に迷い込むきっかけとなったのは、
 1982年の花輪高校のウォルトン/交響曲第一番変ロ短調の吹奏楽アレンジ版ですからね・・・・

 最後に・・・・

 ドヴォルザークの交響曲第8番について少々・・・・

 ドボルザークの交響曲第8番は、音楽愛好家からはよく省略されて「どぼはち」なんて
 呼ばれることがあります。
 だけど・・・6番なんかは「どぶろく」なんては、呼ばれてはいませんよね・・・・(苦笑・・)

 よくこの交響曲は以前は、「イギリス」なんて表記される事が多かったのですが、
 別に作曲者自身が「イギリス」とかイギリス国内の自然等を意識したものでもなんでもなくて、
 単に出版社がイギリスだったからという理由だけらしいです。
 日本フィルのサンデーコンサートでよくこの交響曲が演奏されるのですが、
 その場合、なぜか「自然交響曲」なんてタイトルが付けられることもありました。

 でもこの交響曲は、本当に分り易くて親しみやすくて素敵ですよね。

 第一楽章のゆるやかな出だしとトロンボーン3本のユニゾンで俄然盛り上がる中間部
 第二楽章のゆったりとした歌、第3楽章のなつメロみたいな素朴さ
 終楽章の行進曲みたいな感じ
 どれも味わい深くで好きです。
 特に終楽章のトランペットのファンファーレで開始される部分は印象的です。
 中間部でいったん静かとなり朗々と歌われる中、ラストは一気に駆け上がって終わる感じも
 中々いいと思います。
 それと、第一楽章のフルートソロも何かうっとりする感じです。


 よく言われる事ですが、
 この終楽章の中に「黄金虫は金持ちだぁー」のメロディーがしばしば登場してくるのは
 何か笑ってしまいますよね。
 私、その辺の事よく分らないのですが、「黄金虫は金持ちだぁー」っていうのは
 元々日本の俗謡なのですかね、それとも外国の何か俗謡の一種なんでしょうかね??

 タモリ倶楽部の「空耳アワー」ではありませんが、
 よーく聴いてみると何となくそれっぽく聴こえる曲の例としては、
 R・シュトラウスの「アルプス交響曲」がウルトラセブンのメロディーとよく似ているのが
 その代表例なのかな・・・・??

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

石田のドボ8

この演奏、僕も大好きです。
いろんな団体(5年後の87年に阪急も)が演奏してますが、
吹奏楽ではこれ以上の演奏に出会ってませんね。
冒頭のラッパのファンファーレから始まって木管群の
しなやかな音色、テンポアップしてからのホルンのトリルが
本当にすごいの一言です。
ここの学校は本当に丁寧な音(楽)作りをしていますよね。

Re: 石田のドボ8

ゆーすけ 様

コメント内容に全く「同感」です!!

石田中は81年のナブッコとか80年のシチリア島の夕べの祈りも素晴らしい演奏を聴かせてくれていましたが
いずれも「木管セクション」を主体に金管を従としている所がよかったようにも感じますし
まさしく82年の演奏はそれが全て良い方向に出ていたと思います。
あの82年の演奏は今聴いてもクラリネットの「音のしなり・美しさ」が本当に申し分ないですね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2357-190abea3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |