プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・
「Go! プリンセスプリキュア」第26話は、アロマとパフのロイヤルフェアリー覚醒回という事で
この二人のトワ様を「守りたい!」という強い気持ちが新たなるパワーアップを呼び込んだというお話なのでしょうけど、
ま・・・正直、そんな事はどうでもいい・・・・(苦笑・・)
とにかく・・・
この回は・・・・
あのトワイライト様、じゃなかった・・・トワが夏風邪をこじらせて寝込んでしまったり
熱でうなされたり、氷で頭を冷やしたり
コンコンとセキをしていたりと、
とにかく・・・トワの可愛らしいお姿を楽しませて頂き「大満足!!」という感じでした・・・!!
そうですね・・・
なんか結果論としては、
あれれ・・・はるか・みなみ・きららって今回いたっけ・・・・??という印象ですね・・・
余談ですけど、はるかが利用していた駅は、
前回、西武新宿線かも・・と記しましたけど、何となく・・・・東武東上線の川越市駅にも似ているような
雰囲気も・・・・??
いずれにしても、はるはるの実家は、多分、埼玉県川越市で間違いないと思います。
話はそれますけど、
埼玉県川越市は、JRの他にも西武新宿線・東武東上線が停まり、本川越・西武新宿線の川越駅・東武線の川越駅と
駅だけでも結構あり、
川越と言うと街全体が大変広いし商店街が数多く存在し、街としてはかなり開けているという印象があります。
もしかして・・・
浦和・大宮よりも街としては洗練されているのかもしれません・・・
(ま・・・それを言ってしまうと・・・「浦和の調ちゃん」の調の立場はどうなってしまうんだ・・・みたいな感じもするのですけど、
あのアニメは・・・・ま、その・・「浦和の街には何にもないない・・」をある意味・・・
ネタにしたような所がありますから・・・
それにしても・・・・
私の居住市の川口なんて、川越よりははるかに人口が多く、埼玉県で3番目に大きい市なのに・・・・
ある意味・・・・浦和以上に何にも無いない・・・・苦笑・・・)

ま・・・・それは完璧にどうでもいい話なのですけど・・(苦笑・・)






d8e271d9_convert_20150809204526.jpg


今回のお話は、トワが誰もいないノーブル学園寮内で、なぜかはしゃぎ・・・
階段の手すりをさーーーっと滑り落ちていったあのシーンは、本当に素晴らしいものがありました!!
そうですね・・・・
あのシーンだけで、既にお腹一杯状態・・・
あとのシーン以外を全てカットでも全然構わない・・
なんかそんな感じでした。
ま・・・・考えてみると、つい最近まで「黒のプリンセス」としてディスダーク内で洗脳されていて
ホープキングダムの姫君時代は・・・とてもとても、そんな・・・階段手すりを滑り落ちたとしたら
周囲から「姫様、はしたない・・・!!」と諌められるのがオチでしょうし、
まして、学校が休みでない時にこんなことしたら・・・・
「え・・・あのトワ様が・・」みたいな目で見られてしまうでしょうし、
ま・・トワとしても、誰一人いない状態だからこそ、たまには・・・羽目を外したかったのでしょうね・・・・
だけど、その気持ちはなんかよく分かりますよね・・・
そうですね・・・・日本のことわざ風に言うと・・・「鬼の居ぬ間の洗濯・・・」という感じなのかもしれませんよね。


だけど、改めてですけど、
トワって本当に可愛いというか正統派美人さんですよね・・・
元が「タレ目」という事もあるのですけど、
基本が可愛い上に、歴代プリキュアでは数少ない「気品と優雅さ」を兼ね揃えたプリキュアと言えると
思います。
それでいて、プリキュアに変身すると、あの紅白の対称性が実に鮮やかな炎のプリキュアでありますし、
更にまた・・・・
トワ=キュアスカーレットの前身(?)は・・・・あの誇り高きトワイライト様ですから・・・・
うーーん、ある意味無敵なプリキュアという感じもありますね。



d78e2ba2-s_convert_20150809204551.jpg


歴代プリキュアでも、
なぎさ・ラブ・めぐみあたりが熱を出して寝込んだシーンがありましたけど、
何か・・・・トワが熱を出して寝込んでいる時のような「はかなさ」が全く無いのは・・・
ま・・・いかにも元気&おバカが売りのピンク系らしい話ではありますけど、
こうやって、トワ様が夏風邪で熱を出して寝込んでいるシーンだけで、何か思わず・・・・
「守ってあげたい・・・!!」と思わせてしまうのは、まさにトワの人徳なのかもしれませんよね・・・
ま・・それはある意味世の「スケベ男性視聴者」の共通の認識なのかな・・・??

ま・・・ほんの数か月前までは、あのトワイライト様だったお方がこうやって熱を出して寝込んでいる
普通の「弱さ」をさらけ出しているだけでも
ある意味すごーくギャップがあるのですけど、
Goプリ全体の一つの魅力は、トワイライトとトワのすさまじいギャップというのもあると思いますので、
ま・・・それは仕方がないのかな・・・・


6d7300b5-s_convert_20150809204249.jpg


さてさて・・・・今回の第26話の影の(?)主役が実はもう一人・・・

そう・・・言うまてもなくシャットなのですけど、この方・・・・前回、川越まで傷心旅行に行っておきながら
まだ「傷心旅行」を続けていたのですね・・・・
そう言えば・・・
このブログでも既に取り上げておりましたけど、
8/1(土)の埼玉県川口市のたたら祭りのイベントの一つの「Go! プリンセスプリキュアショー」でもこのシャツトは・・・
クローズに変って登場していましたけど
あれも・・・・
同じ埼玉という事でやはり「傷心旅行」の一環だったのかな・・・・(苦笑・・・)

というか・・・こんなノコノコといつまでも傷心旅行を続けていると
ホント、マジでディスダークでの居場所がなくなると思うのですけど・・・
この第26話よりOPとEDが変わりましたけど、OPの画像には何やら新しい敵幹部(ネズミ二匹・・・・??)も
登場していましたけど、
ホント、そろそろ目に見える成果を出さないと、ディスピア様のお怒りをかっても知らないっすよ・・・・(苦笑・・)

というか・・・・

このシャットですけど、何か・・・フレッシュのウエスターに少し似てきたかも・・・・

だって・・・・ウエスターも海に行くのになぜか山まで行き、川を泳いで海まで来たのはいいけど
そこにプリキュア達はいなくて・・・
「誰もいねぇ――」の名言を残してくれましたけど
今回のシャットも夏休みで誰もいないノーブル学園にやって来て
「誰もいないじゃないか」とまさに・・誰だかさんと同じセリフを吐いていましたよね・・・・

だけど・・・・

ウエスターも最後までイース=せつな=キュアパッションを「イース、イース」と仲間意識で呼び続けていましたけど
シャットも・・・
トワイライトのプリキュア覚醒以降もずっと
トワイライト=トワ=キュアスカーレットをずっと「トワイライト」と呼び続けているのですよね・・・

あれはもしかして・・・・

最終的にはシャットも何か「救済」の対象になる事を示唆しているのかな・・・・??


7b1a144d_convert_20150809204313.jpg


698e4713_convert_20150809204404.jpg


だけどね・・・・

シャットも「セミ」をゼツボーグ化するなんて・・なんてみみっちい話・・・・

このしょぼさは・・・・

スマイルのマジョリーナが時折出したちびっこいひまわり等のアカンベエを彷彿とさせてくれますね・・・

セミのゼツボーグとパフの戦いは・・・・ま・・・確かに白金さんの言葉通り
はた目には、セミと犬一匹の戯れにしか見えませんよね・・・(苦笑・・)
というか・・・白金さん、夏休み中も寮内にいたのですね・・・
ま・・・さすがにトワ一人だけを寮内で生活させるわけにはいかないでしょうし、
海藤家が特別ボーナスを出すからという事で・・・・みなみが白金さんに、「トワをお願いね・・・」という事を
裏で手を回していたのかもしれませんよね・・・・


それにしても・・・・少しだけパワーアップしたパフはやっぱり可愛いですね・・・

あの時、パフはアロマを思いっきりゼツボーグに向けて放り投げて、すっ転んでいましたけど、
パフは・・・スカートの下は・・
何も着用していないのですね・・・・(苦笑・・)

と言うか・・・・

ゼツボーグがちびっこい内に「殺虫剤」をパフが使用していれば、
意外と簡単に浄化出来ていたのかも・・・・?


baa04458_convert_20150809204433.jpg


ま・・・・今回は完全にトワが主人公でした!!

特に、特に・・・やっぱりあの階段手すり滑り落ちシーンがとっても印象的でした!!

あれは更に磨きをかけて学校再開以降もたまーにはやってほしいものですね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2356-e9a28963
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |