プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


全日本吹奏楽コンクールも「県大会」あたりは既に佳境に入っていて
ほぼ支部大会代表も出揃った感じもします。
関西・四国・九州のように早い支部では今月の22~23日あたりで
全国大会代表のチームが決まるのですね・・・・

私が在住している埼玉県も先日県大会が無事に終了し、西関東大会に進める代表校も
既に決まっているようです。
今年は・・・・残念ながら日程の関係で聴くことが出来ずとても残念に思っているのですけど
(土日は仕事ですからね・・・お盆前後に開催する年もあったりして、夏季休暇とうまい具合に被ると
 聴きに行けるのですけど、ま・・・それは仕方がないです・・・
 ま・・・本音は・・・昨年の全国大会で見事に念願の初金賞に輝いたさいたま市南区の岸町中学校の演奏は
 地元ですし、是非是非聴きたかったのですけどね・・・
 昨年の県大会での「バラの騎士」は本当に素晴らしい演奏でした!!)

とにかく・・・

県代表校に選ばれたチームの皆様は・・・・

是非是非普段通りのリラックスした状態で演奏が出来れば最高ですよね・・・
(ま・・・それが中々出来ないから一発勝負のコンクールは難しいのですよね・・)
私のように・・・
とにかく一度でいいから・・・普門館・全国大会は無理としてもせめて一度ぐらいは支部大会のステージに立ちたいと
思いながらも結局10年間で一度もその「夢」が実現できなかった人間・・・
代表チームに選ばれなかった人達の方が代表に選ばれた人たちよりもその数は数十倍・・という事を
少しでも胸に秘めて頂き
「選ばれなかった者たち」の思いも受け継ぎながら本番で素敵な演奏を聴かせてくれる事を
心の底より祈願させて頂きたいと思います。





92081a25_convert_20150707115112.jpg


1643b211_convert_20150604013024.jpg


でもね・・・・

こうやって真夏の暑い時期が来ると・・・

今現在は別に自分自身が出場する訳でも何でもないのですけど
「さー、夏だ!! 吹奏楽コンクールの季節だ!!」と感じてしまうのは・・・・
やはり・・・
三つ子の魂百までという感じですね・・・(苦笑・・)

振り返ってみると、私、1978年のコンクール初出場から1987年の大学4年の時まで
合計10回も一応は・・・
吹奏楽コンクールに出場しているのですよね・・
中学3年間の時は、あれだけ・・・
「音楽は嫌い、吹奏楽はもっと嫌い 吹奏楽コンクール何てくたばっちまえ!!」と
吹奏楽というか指揮者の先生が大嫌いだった私が
なぜか・・高校以降は・・・
誰よりも・・・
「吹奏楽コンクールで是非是非県代表または都予選代表として支部大会に出場したい!!」と気合が
入るようになったのは、何か今考えると随分と皮肉なものはありますけどね・・・
だけど・・・
ま・・・確かに色々な事はあったけど、あの10年間は今でも「私の誇り」ですし、貴重な財産だと
思っています。

社会人になって以降は、聴く専門になってしまいましたけど、やはり今でも・・・
「あの吹いている感覚」は忘れられないですね・・・
それに何よりも・・・
これはもう何度も過去記事で記していますけど、私が「クラシック音楽の深い森の中」に迷い込むきっかけを
作ってくれたのは・・・・
そう、他ならぬこの「吹奏楽コンクール」ですからね・・・!!

改めてですけど・・・

最近の吹奏楽コンクールの日程は随分と早くなった印象がありますね。
私が中学の頃なんて、
県大会は9月上旬、支部大会は10月上旬 全国大会は11月初めという感じでしたからね・・・
ま・・これは多分・・・
3年生という受験生に配慮した教育的措置なのかもしれませんよね。
大体、中学の時も高校の時も、運動部の場合、6月前後の中体連・高体連が終わると3年生はそこで引退、
後は受験勉強に専念というパターンだったと思いますけど、
吹奏楽部の場合、あの頃は県大会が9月でしたから、
夏休みの期間は3年生でもずーーーーっと「練習」の日々でしたよね・・・
中学の頃なんて、
周囲の運動部の人達は夏休みに入ると、やれ塾だ、やれ夏期講習だ、やれ模擬試験だとか
××高校に入るためには、あと偏差値をこんだけ上げる必要がある・・・
だから、この夏休みの間に徹底的に苦手科目を克服するみたいな話になっているのですけど
3年生の吹奏楽部員は相変わらず・・・・
音楽室や体育館で夏休みに入っても毎日毎日指揮者の先生に
「下手くそ!!」
「どーしてお前たちはオレの指示を守れないんだ・・・!! どーして少しも進歩しないんだ・・・
このバカ集団共は・・・!!」と
毎日毎日罵詈雑言を浴びせられ、ひたすら譜面と指揮棒を追っかけていましたからね・・・

夏休みに入ると・・・・

当時の音楽室には現在のようなエアコン何て気の利いたものはありませんし、
騒音防止のため、窓を閉め切ったり
また・・・アニメ「響け! ユーフォニアム」の一つの場面でもありましたけど、
わざと・・・残響音を出さないようにするために音楽室と窓に毛布を敷きつめるという事もよくやっていて
正直・・・・
音楽室内は・・・時に蒸し風呂状態・・・

そういう場合は、気分転換もありましたし、
体育館という残響音がすさまじい所で吹く事で、
現在の自分の音はどんな感じなのか・・という事を自覚させるために
体育館を使用して練習をする事もありました。

だけど・・・

体育館を使用して練習すると・・・
体育館を使用して練習している運動部、例えば・・バレー部・バスケ部・剣道部・卓球部あたりからは
よーーく
「吹奏楽部、マジにうぜー、煩くて敵わん・・・
おめーらは別に音楽室で吹いていればいいじゃん・・・なんでわざわざ体育館で
吹くんだよ! このボケがよー!!」とか
嫌味を言われたものです・・・
ま・・・嫌味を言われるだけならまだいいのですけど、
時折・・・
バレー部のアタックの打ちそこないのボールが譜面台を直撃したり、
時には・・・・
チューバ奏者の顔面を直撃みたいな事も・・・・
たまーーにあったものですね・・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2353-788e2025
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |