FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今年の南関東の「猛暑」は明らかに異常ですよね・・・・
こんなにクソ暑い夏というのも初めてなのかも・・・??
確かに西日本に比べると関東の夏の暑さと言うのは、大したことがないのかもしれませんけど、
今年に関しては・・・
なんかニュースを聞く限りでは、西日本と大して変わりがないのかもしれませんよね・・・
その位の記録的な酷暑なのかもしれません・・

さてさて、こんな時は「涼しい音楽でも聴いて心身をリフレッシュさせたい・・・」と思うものの
「あれ、真夏の暑さを吹っ飛ば涼しさ溢れる音楽なんてあったっけ・・??」という
感じです。

それでも気持ち的に多少「涼しさ」を感じさせる曲をあげてみると・・・

〇ヘンデル/水上の音楽

〇メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」

〇   同     / 序曲「静かな海と楽しい航海」

あたりかな・・・・
だけど今一つどれも「決定打」に欠けるような感じもしますね・・・

吹奏楽オリジナル作品ではどうかな・・・

ま、「吹奏楽オリジナル曲」は、どれも「管楽器の華やかな響き」を全面に出した曲ばかりなので
どれも「暑苦しい曲」ばかりですし、
あまり「涼しい」イメージの曲はないですね・・・と思っていたら
一つだけ思い当る曲がありました。
それが何かと言うと、V.パーシケッティーの「ああ、涼しい谷間」です。

パーシケッティーというと日本ではほとんど忘れられた存在かもしれませんが、
私は大好きな作曲家の一人で
またまた「吹奏楽オリジナル曲で好きな曲を10曲あげなさい・・・」という質問をされたら、
「吹奏楽のための仮面舞踏会」と交響曲第6番「吹奏楽のシンフォニー」は確実にランクインするくらい
大好きな作曲家の一人です。

パーシケッティーというと、この交響曲第6番と仮面舞踏会の他には、

〇吹奏楽のためのディヴェルティメント

〇ページェント

〇吹奏楽のための聖歌

〇コラール前奏曲「汝、振り向くなかれ・・・」

〇吹奏楽のためのパラブル

あたりがいいですね。

「ああ、涼しい谷間」なのですけど、
これは非常に「地味」な曲です。
というか、金管楽器・打楽器はほとんど活躍しません・・・
冒頭のクラリネットによって演奏される非常に涼しげでひそやかなメロディーが
色々な楽器によって変奏・継承され、
途中一か所だけ高らかに盛り上がる部分がほんのわずかにある以外は
終始静かでおとなしい「内面的」な曲なのです。
速度もアレグロの部分は一つも無く、終始ゆったりとしたテンポを維持しています。
多分、この曲で使用される打楽器は、ティンパニー・小太鼓・サスペンダーシンバルだけ
ですけど、打楽器はほとんど見せ場はありません・・・

だけどこの木管主体の一つの「コラール」ともいえるこの作品は、
聴いていて本当に心が癒されますし、ホッとするものがあります。
とにかく「美しい・・・」以外の言葉しか出てきません・・・

真夏の暑い日に聴いても、おそらく「カリカリ・イライラ」することは間違いなくないと思います。

そうなんか「イライラした気持ちをすーーーっと静かに穏やかにさせてくれる不思議な曲」としか
いいようがないけど、
私は大好きな曲です。

この曲は、ジョイスという作家・詩人が出版した詩集「室内楽」を霊感を受けて作曲されたと
言われています。

その詩の内容を一部列挙すると・・・・

「いま、あの谷間が涼しいから

恋人よ、出かけてみよう

大勢のコーラスが唱っていから、いつかエロスの神々も行った所だ。

ツグミの呼ぶ声が聞こえるか・・・

僕たちをよんでいるのか・・・

あの谷は涼しく楽しい。

さあ、恋人よ、ここで遊ぼう・・・」

ま、何となく分かったような分からんような・・・・??


パーシケッティーの作品はフェネル/東京佼成をはじめ、結構いろいろな方が録音されていて
私はとても嬉しいです。
特に、アモス指揮/ロンドン交響楽団管楽器セクションによるCD集は結構貴重な録音だと
思います。
だけど、この「ああ、涼しい谷間」なのですけど、
確か汐澤安彦指揮で演奏団体は記憶にないのですけど、
この曲の他に、シンフォニア・ノビリッシマ、兼田敏/パッサカリア・ネリベル/フェスティーヴォ
モーツアルト/フィガロの結婚序曲などが収録されたレコードが確かあり
このレコードが確か高校の吹奏楽部の部室にあったはずなのです・・・
勿論、フェネルやアモス指揮の演奏も素晴らしいのですけど、
このレコードの「ああ、涼しい谷間」の演奏が大変素晴らしかったと今でもふっとたまに思い出します・・・
このレコード、出来ればCDとして復刻しないかな・・・・
(無理とは思いますが・・・)
ついでに書くと、パーシケッティーの吹奏楽のための「仮面舞踏会」も
個人的には、ハンスバーガー指揮/イーストマンが一番好きなのですけど、
これもCD化されていないのですよね・・・





638dcb69_convert_20150707202157.jpg


73dd4d9e_convert_20150707202052.jpg



このパーシケッティーの「ああ、涼しい谷間」なのですけど、
プロの吹奏楽団の生演奏とか上手な演奏団体の演奏は残念ながら一度も聴いた事がありません。
というか・・・
コンクールで演奏するには、盛り上げるに欠けるし音が大変薄くかかれているから
大変不利な側面があるから
コンクールで演奏される事は・・・まず無いと思います。

だけど・・・
この「ああ、涼しい谷間」は、一度だけ生で聴いたことがあります。
しかも吹奏楽コンクールで・・・
だけどこんなコンクールに不向きな曲をよく自由曲として演奏しましたね。
実は、私が中学3年の中学最後のコンクールの県大会で、
自分達の前の学校の出場チームがこの曲を演奏していたのです。
ま、だからこそ印象に強く残っているのかもしれませんけどね・・・
最近、「響け! ユーフォニアム」の記事の中で、
自分達の一つ前の演奏チームの演奏は、大変気になるもの・・・・
どんな演奏をしていても、それがかなり上手く聴こえてしまうもの
ましてや、課題曲や、滅多にないけど自由曲が被ってしまった場合は、
その傾向が強いと書きましたけど、
私の中学最後のコンクールでの前の団体の課題曲は確か・・・D/オーバー・ザ・ギャラクシーだったから
自分達はCでしたので、
ま・・・被りはしませんでしたけど、自由曲のあの清らかなコラールは、何か今でも印象に残っています。

改めてですけど・・・・

コンクールの本番って、本当に緊張しますよね・・・

一番緊張する瞬間と言うのは、やはりうす暗いライトの中で、打楽器等のセッティングを行い
ライトがパッ・・・と明るくなり
「プログラム××番 泉塩地区代表 △△中学校吹奏楽部 課題曲Cに続きまして
自由曲は、エリクソン作曲 序曲「祝典」
指揮は・・・・」と
アナウンスがされ、指揮者が一礼し、演奏が開始されるあの一瞬なのかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2350-29cf6b6c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |