FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


一つ前の記事で、ラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲の記事を書いていたら
「あれれ・・・確か、このダフニスとクロエをモチーフにした小説って昔読んだ記憶があるな・・・」と
ふと思ったのですけど
それが・・・
北杜夫の「神々の消えた土地」という小説でした。


蛹誉convert_20150807204727


北杜夫ですけど、私が20代の頃は結構読んだ作家の一人です。
何て言うのかな・・・・
ま・・・、これはよく言われている事ですけど、ご本人の躁鬱という気質の問題も多分にあるかとは思うのですけど
シリアスな作風とおふさげな作風が
あまりにも極端すぎるのですよね・・・
前者の代表例は、
楡家の人びと・夜と霧の隅で・幽霊・木霊あたりだと思いますし
後者の代表例は、
どくとるマンボウ航海記シリーズとかぼくのおじさんあたりかなとは思いますけど、
あえて作品名はあげませんけど、本当にひどい短編も結構ありましたよね・・・(苦笑・・)
おふざけな作風は、人によっては「ユーモア作風」とか善意に解釈される方もいますけど、
そうですね・・・
例えば・・・
「高みの見物」なんて作品は・・・
ま、一応・・「ユーモア」と言えば、ま、確かにそうなのかもしれませんけど、
夏目漱石の「吾輩は猫である」のパロディーみたいに、
何と・・・あの「ゴキブリ」の視点から人間界を描くというある意味とんでもない作品ではあります・・・・
「奇病連盟」とか「あくびノオト」なんかも・・・ま・・・その・・・結構ひどい作品でしたね・・・・

だけど・・・

このお方は、シリアスな作風の時は徹底的にシリアスという面も持ち合わせていて
(ま・・・その辺りは・・・プリキュアとクラシック音楽をゴチャゴチャにしているこのブログとかその管理人も
相当ひどいものはありますけどね・・苦笑・・・)
「夜と霧の隅で」に収録されている他の作品なんかも同時に読むと、このお方のシリアスシリーズには
結構魅かれるものはあります。
また、北杜夫の最大の特徴と言っても過言ではないと思うのですけど
自伝的な作品の場合の、その瑞々しい感性は・・・本当に「素晴らしい!!」としか言いようがない瞬間もあると
思います。
特に・・・幽霊・木霊の二つの作品は、少年特有の感性と言うのか
そうした思春期で無いと絶対にわからない「感覚」を大人の視点で大変瑞々しく爽やかに描いている点は
高く評価されて然るべきだと思います。

これは、あくまで個人的な感想なのですけど
私、北杜夫の作品で一番大好きなのは「酔いどれ船」という作品なのですけど、
この作品については、いずれ機会があればじっくりと語りたいと思っています。

さてさて・・・

「神々の消えた土地」なのですけど、
実はこの作品の出版はかなり遅い時期で、1995年の出版ですから、この作家の作品としては晩年作の部類に
入ると思います。
だけど、実はこの作品は、
幽霊・楡家の人びとあたりの優れた作品よりもはるか前に書かれた作品であり、
感覚としては、北杜夫の初期の初期の作品・・・・という位置づけなのかもしれません。
確か記憶では・・・
北杜夫自身が60代の頃に若い頃の創作ノートをパラパラとめくっていたら、この埋もれた作品を発見し
60代の感覚として、それに加筆修正をしたのが
この作品なのです。

だけど・・・この「神々の消えた土地」ですけど、私、結構この作品好きです。

何よりも・・・

感覚が大変瑞々しいし、とても・・・後年に、あんなヘンな作品を残した人とは思えないほど
少年の視点から太平洋戦争・空襲・人間の死・男女などを情感たっぷりに描いています。
ま・・・前半は・・・当時の軍国教育とかうざい上級生とか確かにちと・・・痛い感じはあるのですけど、
中盤から後半にかけての
本作のヒロインである知子との出会い、そして・・・ラスト近くの二人っきりでの美ヶ原でのあのシーンとか
ラストのあまりにも哀しすぎる結末とか
色々と感じるものはあります・・・

そして、この作品の最大の見どころは後半の「美ヶ原」での登山・・・そして・・・二人の濃厚なラブシーンというか
最後の一線を越えてしまったあの濃厚なシーンなのですけど
この辺りは・・・・
何と・・
前述の「ダフニスとクロエ」の世界をベースにしています。

でもこのヒロインの知子ですけど、今風に表現すると・・・・少しヘンな子・・・というか・・・
頭のネジが2~3本程度緩んでいる娘でもあり、
多分・・・現代の女子高校に通っていたら・・同級生から、無視とかイジメの対象になりかねない
少し変わった娘と言えるのかもしれません。
そうですね・・・
傾向としては
「木霊」に出てくるノッ子のように、自分のことを名前で呼ぶ女の子に近い感じがあるのかもしれません。
ま・・・知子も・・・ある意味自分自身の一つの憧れでもある「神話ごっこ」を強要し、
お互いをダフニスとクロエと呼ばせてしまう・・というのも
何かノッ子と被る側面はありそうですね・・・

主人公の則雄とヒロインの知子の出会いのシーンは、中々印象的でした・・・

「しかし、すでに私の横を通り過ぎようとする少女は、かつて私が惹かれたどの少女の何層倍も、
私の心を魅するものを有していた。
その瞬間、恥ずかしいことに、電光のように私は彼女に恋していた。
胸がこのように妖しくおののいたことは、かつてないことであった。
私は無意識に、あやつられたごとく彼女のあとを追った。映画のことなどは、もうどうでもよかった・・」

ま・・・要は・・・一目惚れという感じでしたね・・・

だけど、時代は太平洋戦争末期で敗戦濃厚な重たい陰鬱な空気の雰囲気・・・

そうした自由な恋愛なんてのは許されるものではなかったのですけど、
それだからこそ・・・
ラストシーン近くのあの美ヶ原でのあの濃厚で抒情性たっぷりのシーンが
生きてくるのだと思います。

則雄と知子は「ダフニスとクロエ」のように、
美ヶ原の森で・・・・ま・・・要は「初体験」を経験するのですけど、
あの登山のシーンから
この辺りの描写は実にうまいですね・・・
それと・・・前述のように美ヶ原登山あたりから知子は自分の事をクロエと呼ぶようにと則雄に強要するのですけど、
ま・・・この辺りは・・・現代風に言うと「うざい女の子・・、だけど可愛い・・・」みたいな感覚なのかな・・・??

そして・・・この場面から一週間後・・・・


1週間後に再会を約束したものの、いつまで待っても知子は来ない・・・
どうやら空襲に遭った可能性がありそうな感じ・・・
不安な気持ちを抑えて彼女の疎開先の甲府に行った所・・・・
甲府の街は既に焼け野原だった・・・
色々な人に訪ね歩いてみると・・・
どうやら知子の家族は全員死亡したらしいとの事・・・

文字通り・・・・一週間前のあの美ヶ原でのあの出来事は・・・
永遠に二人にとっての「楽園の世界」になってしまった・・・・
という則雄の茫然自失状態でこの小説は閉じられます。

戦争というものは、まさしく「狂気」の世界・・・

だけど、そうした狂気の世界でも、美ヶ原でのあのシーンのように・・・間違いなく・・・
「ダフニスとクロエ」のような神話の美しい世界は存在していた・・・
だけど・・・・
戦争と言うものは、そうした「美しい世界」すらも崩壊させてしまう・・・・

そして・・・

戦争は終結しても・・・

美ヶ原でのあの神話の世界も・・・そして自分自身の「美しい心の思い出」も全て消えてしまった・・・

そうした喪失感が・・・

この「神々の消えた土地」というタイトルに繋がっているような気がしてなりません。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2349-0de2e878
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |